【嘘の経済効果】4月1日だけではなく本当に欲しい!Google製キーボードなど夢の新商品が登場!

5256.jpg

 本日4月1日は「エイプリルフール」。各企業もノリノリで、さまざまな(嘘の)新製品や新サービスを発表している。報道するメディア側としては、実は一年で一番頭がイタイ日でもある。

 とくに最近は、4月1日付の発表というだけで、「エイプリルフールのネタだよ」と明言していない、紛らわしいリリースもあり、そのまま信じて報道すると誤報になってしまいかねない。そういうわけで、メディアの立場としてはなかなかノリについていけない・ついていきたくないのだ。

 だが、各企業がかなりのリソースを割いて出してくるだけに、そのままスルーしてしまうのがもったいない“ネタ”も多い。とくに個人的に、「新商品」として発表される、“未来の発明品”ネタが意外と気になる。そういうわけで、今年の「エイプリルフール」ネタから、そういったハードウェア系アイデアを絞って紹介したい。

■Google「日本語入力物理フリックバージョン」
 ピロピロ型やマジックハンド型など、毎年、新しい日本語入力のデバイスを発表しているのはGoogle。今年は、「Google日本語入力物理フリックバージョン」だ。ようはフリック入力専用のキーボードで、スライドさせる動作を物理的に実現したとのこと。Bluetoothキーボードとして、PCやスマートフォンで利用可能だという。

 ……エイプリルフールネタとのことだが、これ、意外と需要があるのではないだろうか。「片手で入力できる」というのと「物理」だというのが大きい。今回のネタは、基板回路や3Dプリンターのデータが、オープンソースとして公開中。自作に挑戦するのも一興だ。

■スバル「アイサイト ビジネス仕様」
 スバルは、運転支援システム「アイサイト」の“ビジネス仕様”を発表。自動車ではなくビジネスマンが装着することで、「会議でぶつからない技術」「上司についていく技術」「出世コースをはみ出さない技術」「メールが飛び出さない技術」などの、安全技術で守ってくれるという。

 13,110円という低廉な価格で購入可能。各種センサーとともにヘルメットに搭載されているので、物理的な事故にも対応できる。

■講談社「ヒト型多脚ロボット『Paper』(ペイパー)」
 講談社は、ヒト型多脚ロボット『Paper』(ペイパー)を発売。まとめサイト風の「講談まとめ速報」も開設し、多脚ロボット『Paper』を紹介している。

 某社のロボットそっくりな上半身に多脚の下半身というケンタウロス仕様。名前のとおり、1秒に1ページのスピードで本をスキャンし、読み込んだ本を読み聞かせすることも可能だ。育児サポートからパーティの盛り上げ、強引な集客、ラジオ体操の指導にまで対応。レーザー光線で虫を殺すこともできるという。

■アイドラッグストアー「ウェアラブル型抜け毛チェッカー『アイドラグラス』」
 育毛・発毛の「アイドラッグストアー」からは、 オリジナルのウェアラブル端末「アイドラグラス」が4月1日だけ限定販売。その日の抜け毛の本数をメガネ越しにカウントし、目の前にあたかも数字が浮いているかのようにデジタル表示する。

 抜け毛の本数をカウントし、グラフ化する機能も搭載。専用クラウドサービスにデータを蓄積し、育毛仲間の「いいね!」をコレクションすることもできる。蓄積されたデータは、 専用アルゴリズムを実装したAI(人工知能)によりディープラーニングされ、 持ち主ごとに最適化した抜け毛タイプの分析や、 最適な育毛ケア方法を提案するという。

■ソニー「心霊体を捕える『プロトンパック』」
 そして、とくにガチな発表がソニー。世界で初めて「ゴースト捕獲装置」の開発に成功し、それを『プロトンパック』として実用化するという。ソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaスマートフォンにも搭載されているSTAMINAモードを採用することで、長時間バッテリーを実現。サイバーショットRXシリーズに採用されているスーパースローモーション機能によって、毎秒960フレームの高速動画撮影にも対応する。ソニーの平井一夫社長 兼 CEOも「私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な『WOW』をまさしく体現するものです」とのコメントを寄せている。日本国内での展開は、2016年8月19日を予定しているという……。

 エイプリルフールなどといった甘い説明は一切無し。リリースの体裁もまったく通常のものと変わらず、なんとも対応に悩む体裁だが、通常のリリースとは異なり、画面左上のソニーロゴにマウスカーソルを合わせると、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがリブートする新作映画『ゴーストバスターズ』のロゴに変化する。また特設ドメインを使用しているのもポイントだ。

 とりあえず、エイプリルフールネタのなかから、ハードウェア系の発明品に絞って、今年は紹介した。そのほかにも各社のコラボ、タレントの発表など、いろんなネタが流布している本日。情報の真贋に注意してほしい。

画像一覧

  • Google「日本語入力物理フリックバージョン」
  • スバル「アイサイト ビジネス仕様」
  • 講談社「ヒト型多脚ロボット『Paper』(ペイパー)」
  • 講談まとめ速報
  • ウェアラブル型抜け毛チェッカー『アイドラグラス』
  • 心霊体を捕える『プロトンパック』

提供元

関連記事

関連記事

【嘘の経済効果】“ゴースト捕獲装置”の開発に成功!ソニーも本気で楽しむエイプリルフール

4月1日(金)、世界で初めて“ゴースト捕獲装置”「プロトンパック」の開発に成功した事をソニーが発表した。

ソニーが30年の開発期間をかけて発表した「プロトンパック」は、ソニーのエンジニアと専門家であるジリアン・ホルツマンによって共同開発されたゴースト捕獲装置。最先端の小型超伝導加速装置を搭載し、水素プラズマ細胞から抽出されるプロトン(陽子)の動きを加速させることで、ゴーストの捕獲を可能にすることに成功した。

内蔵の液体ヘリウムタンクが加速時の超伝導温度を一定に保ち、超低温冷凍機能を実現することで、低温デュワーをはるかに上回る長時間駆動が可能。さらに、本機には自動光線操縦技術を採用し、人間工学に基づいて設計された操作バーにプロトンビームを自動的に誘導。この操作バーは、プロトンビームの射程精度を最大限に高められる空洞共振器の役割も兼ねており、重さ6.66キログラムのバックパック形状の本体は、使用時に背中に自動的に貼り付き、心霊体によるノイズ反響も低減。防水・防スライム機能も備え、耐久性にも優れている。

また、プロトンパックにはソニーの様々な最新技術が搭載され、Xperiaスマートフォンと同じSTAMINAモードを搭載し、バッテリーは長持ち。サイバーショットRXシリーズに採用されているスーパースローモーション機能によって、毎秒960フレームでのゴーストの高速動画撮影が可能となった。さらに、近距離無線通信技術NFCにも対応しており、液晶テレビブラビアやXperiaスマートフォンなどのソニー製品にワイヤレスで接続し、捕獲物体を閲覧・転送・シェアしたり、画像をキャプチャして編集することもできる。これによって、簡単に、そして楽しく“ゴースト”を捕獲できる時代になる。

ソニー株式会社社長兼CEOの平井一夫は、「プロトンパックの完成は、コロンビア大学のスペングラー博士が開発に着手して以来、世界の名だたる技術者にとって長らくの夢でした。今回の偉業は、常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、また、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な“WOW”をまさしく体現するものです」と、平井氏お馴染みの“WOW”のキーワードと共に偉業達成の喜びのコメントを発表している。

ゴースト捕獲装置「プロトンパック」の日本展開は、2016年8月19日(金)を予定している。

…というのは真っ赤な嘘! 本製品開発のニュースは、エイプリルフール企画としてソニーが考案したものだ。

プロトンパックとは、今から約30年前の1984年、世界中そして日本中で大ブームとなった『ゴーストバスターズ』において、幽霊退治を仕事とするゴーストバスターズの面々が背中に背負ってゴーストを捕獲する際に使用する装置。現在でも“つなぎ姿”とプロトンパックは、ゴーストバスターズを象徴するアイテムとなっている。

上記平井氏のコメント内での、プロトンパックの開発に着手したという“スペングラー博士”は、オリジナル版『ゴーストバスターズ』に登場するキャラクター名。ソニーのエンジニアと共同開発を行っていた“ジリアン・ホルツマン”は、今年公開される『ゴーストバスターズ』にて、ケイト・マッキノンの演じるキャラクター名であり、なんとも洒落たジョークに満ちたコメントになっていたという訳だ。

さらに、4月1日限定でプロトンパックの製品サイトが公開。プロモーション映像まで作られるなど、たった1日限定のエイプリルフール企画ながらも、かなりのクオリティで展開されている。

また、製品サイトのSONYロゴの「O」の文字にマウスオーバーすると、『ゴーストバスターズ』を象徴する“あの”マークが…! 今日しか現れないゴーストを見逃さないで。

『ゴーストバスターズ』は、8月19日(金)より全国にて公開。

【嘘の経済効果】エイプリルフールは、世の中のためにも景気向上のためになる!

4月1日といえばエイプリルフール。1年に一度だけ嘘をついても許される日です。

はっきりとした起源は分かっていませんが、世界各地でも知られている代表的な習慣です。特にヨーロッパでは、格式高い新聞が嘘の記事を掲載したり、報道番組でジョークを真面目に報道するなど、4月1日だけはやりたい放題。国内でもこの数年になって盛り上がりを見せ、大手企業各社が競ってユニークな嘘の広告や商品発表をして話題にもなっています。

そこでマネーゴーランド編集部では、エイプリルフールを目前にして「嘘についての意識調査」を独自で行ないました。ハロウィンのような注目イベントになれば、エイプリルフールにも経済効果が期待できるのではないでしょうか。

●4月1日のエイプリルフールに嘘をついたことがありますか?
「ある」と回答した人が全体の約6割を占めています。嘘の大きさは置いておき、日本人の半数以上が4月1日になると「何か嘘をつこう」という意識が働いているようです。クリスマスやバレンタイン、近年ではハロウィンが社会的にも認知されてきた昨今、エイプリルフールを新しいイベントとしてもっと注目するべきかもしれません。

●あなたが嘘をつく相手で多いのは誰ですか?
エイプリルフールに限らず嘘をつく場合、相手によっては冗談で済まされない場合もありますが、最も多かったのは一番身近な「家族(39.3%)」。旦那さんや奥様、子供や親などであれば、嘘がバレても謝れば無事におさまりそうです。意外だったのが、2番目に多かった「仕事仲間(23.9%)」。信頼を最も大切にしたいビジネスパートナーにも、実は隠れて嘘をついている人が多いのかもしれません。逆にいえば、エイプリルフールでは普段嘘をつかない相手を選ぶとその効果が高まるようです。

●嘘を見破られやすいですか?
あくまで自己判断ですが、「はい」と答えた人よりも「いいえ」と答えた人の方が圧倒的に多数。およそ6割近くの人が、自分の嘘は見破られにくいと考えているようです。嘘は見破られてこそ楽しいもの。墓場まで持っていけば嘘も真実になってしまいますので、楽しい嘘をぜひ思いついてみてください。

●嘘を見破られやすい原因は?
最も多かったのが「顔に出てしまう(62.2%)」という回答。そのほかにも「態度に表れてしまう(12.8%)」「話のつじつまが合わなくなる(11.4%)」と続きます。原因が分かれば対策も見えてくるもの。嘘が見破られるという方は、(嘘をつくときの)自分の欠点を見直すことが重要です。

●新しいイベントとして注目したい“4月1日”
日本人の6割以上が意識しているエイプリルフール。せっかく1年に一度だけ嘘が許されるのであれば、参加しない手はありません。洒落にならない嘘ではなく、嘘をつかれた相手も楽しくなるような嘘を思いついたら、家族や会社の同僚、あるいは仕事先のクライアントまで巻き込んでエイプリルフールを思いっきり楽しんでみましょう。その際には、ぜひ自分の嘘が見破られるようにさり気ないヒントを残しておくのが大切。最後は笑って済ませるのが一番です。

ハロウィンに続き新たにイースターが注目されていますが、エイプリルフールは老若男女はもちろん国籍すら問わずに参加できる気軽さが魅力。エイプリルフールの経済効果を期待して、みなさんも趣向を凝らした楽しい嘘を考えてみませんか。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,700名)

【嘘の経済効果】えっ!嘘!?あなたの汗が電気になる

いよいよ本日、4月1日のエイプリルフールからはじまる電力自由化。私たちにとっては安くてお得な電気の選択肢が増えてうれしいところ。その市場規模は、経産省資源エネルギー庁の発表によると8兆円といわれています。

これまでの電力会社に加え、さまざま異業種もこのビッグウェイブに乗ろうと続々と参入やコラボしてきています。そして今日、新たに注目の電力サービスが発表されました。それが複数のスポーツクラブを運営するワンコインパワーの『俺の汗プラン』。

この『俺の汗プラン』が画期的なのがその電力源。再生可能エネルギーや地球環境に優しいエコな電力源を選びたい!という利用者が多い中、まさに究極の電力源かもしれません。

●注目はその発電スタイル!
ワンコインパワーが運営する全国のスポーツクラブ。そのスポーツクラブで多くの会員が利用するトレーニングマシンのひとつ、サイクルトレーナー。そうなんです!このサイクルトレーナーで生み出されるエネルギーを蓄電し、加入者に供給するという嘘のような発電スタイル。まさに俺の汗が俺の電気にという事なんです…

というのは、マネーゴーランド編集部が考えたエイプリルフールの嘘の記事です。ここまでお読みいただき、申し訳ありません。

景気の不透明感や老後の不安、マイナス金利に消費税問題。私たちのお金を取り巻く環境はけっして明るいものではないですが、私たちマネーゴーランドは「楽しくお金持ちになる!」そんな事を考えながら、皆さんに記事をお届けしています。

ですのでエイプリルフールの今日は、楽しい嘘で日本、そして世界のお金を回して、世の中を楽しく豊かなものにしたいと思い企画いたしましたました。ご気分を害された方には、深くお詫びを申し上げます。ですが、笑い飛ばしていただけるとうれしいです。

これからもマネーゴーランドでは、私たちが“お金レシピ”と呼ぶ「お金が貯まるノウハウ」を知っていただき、みなさんがお金が少し好きになり、面白く、楽しくお金を貯めていただくことに繋がるような本物の記事をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願い致します!

※本文中の会社名、サービス等は架空のものです。

ランキング