【歩いておトク】歩くだけでdポイントがたまる! ドコモの新しいヘルスケアサービス

5189.jpg

 NTTドコモは31日、健康支援の新しいサービス「歩いておトク」と、同サービスを含む既存ヘルスケアサービスを4本まとめて月額500円で利用できる「dヘルスケアパック」を4月19日からスタートさせることを発表した。

 dヘルスケアパックは、すでにドコモがdマーケットで提供している「からだの時計 WM」「カラダのキモチ」「Runtastic for docomo」に加えて、新開発となる「歩いておトク」の4つのサービス(12種類のアプリ)が、通常であれば4サービス契約の合計が1250円(月額・税抜き)となるところを500円(同前)で利用できるというもの。さらに、これらのサービスと連携できるバイタルセンサー、ムーブバンド(オムロンヘルスケア)の割引購入、ABCクッキングスタジオの入会金が無料になるなど、dヘルスケアパック契約者向けの特典もいくつか用意されている。

 新サービスの「歩いておトク」は、いわゆるスマートフォン向けの万歩計サービスだが、歩数に応じたdポイントをプレゼントとして受け取ることができる。サービスはゲーム要素を取り入れたものとなり、アプリに設定された仮想コース(国内外の観光地や名所)をチェックポイントを通過しながら踏破していく。付与されるポイントは歩数に連動するものだが、最終的なポイント数は設定された仮想コースのゴールに達するまでわからないようになっている。

 NTTドコモ 執行役員 ライフサポートビジネス推進部長 村上亨司氏は、サービス開発にあたって「簡単に始められて続けられるサービスを目指した」と、歩くだけの健康管理とポイントおよびゲーム性を導入した理由を説明した。そのうえで、ユーザーが継続利用することで、健康意識が高まり行動変容までにつながれば、生活習慣病の予防、医療費増大への対策にもなるとした。

 「歩いておトク」は、個人向け遺伝子簡易検査サービス(MYCODE)を手掛けるDeNAライフサイエンスが企画・開発・運営を行う。ドコモヘルスケア 代表取締役 和泉正幸氏によると、ドコモがDeNAライフサイエンスと協業の形をとったのは、同社の健康支援サービスの開発力、運営能力を評価してのことだそうだ。

 利用料金は「歩いておトク」単体の場合は月額300円(税抜き)。「dヘルスケアパック」にすれば月額500円となるが、和泉氏によれば、1日7000歩以上歩くと500ポイントはたまる設計になっているといい、よく歩く人の場合、利用料分くらいのポイントを取得することができる計算だ。また、同サービスは、リストバンド形式のムーブバンドにも対応しており、これを利用すれば、スマートフォン本体を持っていないときの歩数もカウントできる。

 なお、村上氏は、現状でdヘルスケアパックの4つのサービス間のデータ連携や名寄せなどは行われていないが、将来的にはヘルスケア事業関連のデータを一元管理し、より付加価値の高いサービス開発につなげたいとしている。

<関連記事>

画像一覧

  • アプリの画面。歩数に応じてキャラクターが仮想コースを進む(写真左)。NTTドコモ 執行役員 ライフサポートビジネス推進部長 村上亨司氏(同右)
  • ドコモのヘルスケア事業
  • ドコモヘルスケア 代表取締役 和泉正幸氏
  • アプリの画面。歩数に応じてキャラクターが仮想コースを進む
  • あるくだけでdポイントがもらえる「歩いておトク」
  • 歩いておトクのサービス概要
  • dヘルスケアパックに含まれる4つのサービス
  • 利用者特典
  • NTTドコモ 執行役員 ライフサポートビジネス推進部長 村上亨司氏
  • 利用者特典として割引やサービスが受けられるもの
  • オムロンヘルスケアのムーヴバンドにも対応する「歩いておトク」
  • チェックポイントでプレゼントをゲット
  • ゴールすると最終的な獲得dポイントが表示される
  • ログ機能で歩数履歴をチェック。将来的には他サービスともデータ連携も

提供元

関連記事

特集

関連記事

ポイントは2重でお得に!新生活を機に電子マネーをうまく活用しよう。

寒い寒い冬ももうすぐ終わり。暖かい春はもうすぐそこです。

春から新しい生活をスタートするという方、お引越しの準備はもう始めていますか。お引越しや新生活には何かとお金がかかりますよね。新生活を始めたもののお金があまりない。そんな不安もできるだけ解消したいものです。今回は、普段の支払いを電子マネーに切り替えてオトクな生活をはじめるコツをご紹介したいと思います。

1.現金を持ち歩かずに電子マネーで支払う
普段の生活では何かと現金でのお支払いが多いものですが、大手のコンビニエンスストアや、スーパーマーケット、あるいはクレジットカードの加盟店で使える電子マネーを使うと、通常のお支払いにポイントが必ずついてきます。あらかじめ料金をチャージしておくことで現金なしでのお支払いができるし、金額に応じてポイントがつくので、後々のお支払いの際にたまったポイントでお支払いもできます。つまり、現金で支払うよりも電子マネーでのお支払いの方が断然オトクになるわけです。電子マネーの種類はたくさんありますので、よく使いそうなお店で使えるものをお持ちになることをおススメします。

2.入金の際は、クレジットカードで支払う
電子マネーへの入金は現金以外にもクレジットカードで支払うほうが断然オトク。なぜなら、ポイントの二重取りができるからです。電子マネーによっては入金金額に応じてポイントが付与するものもあります。加えて、クレジットカードで支払いを行うことで、クレジットカードにもポイントが付くため、1度の支払いでポイントが二重で獲得できるのです。また、クレジットカードと相性のいい電子マネーというのもあります。たとえば、JR東日本「Suica(スイカ)」は、ビューカードが発行するクレジットカードで入金すると、1000円ごとにポイントが6ポイントと通常の3倍ものポイントが発生します。「リクルートカード(VISA)」では、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使えるナナコ、楽天エディ、スイカへの入金で1.2%分のポイントが発生します。ポイント賢くゲットしてオトクな新生活はじめましょう。

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

【マイルを貯めてどこに行こう!】JAL、りそな銀行と提携で、口座利用でマイルがたまる

日本航空(JAL)は、りそな銀行と業務提携し、口座利用でJALのマイルがたまる「りそなJALスマート口座」の取り扱いを3月21日から開始した。

「りそなJALスマート口座」は、スマホで簡単に口座開設の手続きができる。申込書の記入や印鑑は必要なしに、「りそなJALスマート口座」専用のスマホアプリで、口座残高や入出金明細を簡単に確認できる。

「りそなVisaデビットカードJMB」の利用でショッピングマイルがたまるほか、オプションサービス申し込みで、年間の利用額に応じてマイルがたまる。既存のJALマイレージバンク会員も、会員番号をそのまま引き継ぎ、利用できる。

また、JALグループ便への搭乗でFLY ONポイントを1000ポイントプレゼントするほか、空港宅配サービスなど、空港関連のサービスが優待価格で利用できる。このほか、りそなグループのATM・コンビニATMの入金手数料がいつでも無料となる。

ランキング