【発売初日レポート】iPhone SEは懐かしいサイズ感

5152.jpg

 アップルは31日、4インチのスマートフォン「iPhone SE」、9.7インチの「iPad Pro」を発売した。東京地方は春らしい穏やかな快晴にも恵まれ、アップルストア(Apple Store)表参道にて開店前に列を作って待つ購入希望者の表情も心なしか穏やかに見えた。

 今回の新製品は、両方とも発売日の1週間前から予約受付がはじまり、早めに予約を入れれば発売当日には各家庭にデリバリーされるということもあってか、当日の購入希望者がストアの前に長大な列を作って混乱することもなかった。表参道のストアも通常の営業日の通り10時に開店。オープン直前にはおよそ30人ほどの購入希望者が並んでいた。

 ただ、筆者は開店から約1時間店舗のまわりで取材していたが、その間は絶えず店外に新しく行列ができていた。店内での購入・契約を済ませた方々が店を出た後、行列に並ぶ新しい購入希望者を招き入れるという形でスムーズな接客が行われていたのが印象的だった。

 10時の開店と同時に、ストアのスタッフが朝一番に来店した購入希望者を拍手とハイファイブでお出迎え。開店から約15分後、iPhone SEを買ったという第1号の購入者にインタビューすることができた。この方は18歳の大学生で、本日はiPhone SEのSIMフリーモデル/16GB・シルバーを購入。「アルバイト先の職場で使う端末として購入」したのだという。購入してすぐ、店舗の外でパッケージを開封。「なんだか懐かしい大きさですね」と満足げな笑顔でコメントしてくれた。

 また、64GB・シルバーのSIMフリー版iPhone SEを購入したという別の男性は、いままで使っていたiPhone 6をアップルストア表参道に持ち込んで下取りに出して、31,000円のギフトカードをゲット。差額でお得にiPhone SEに乗り換えることができたと語る。さらに詳しくうかがってみると、これまでの端末はソフトバンクで契約していたが、「これからはSIMカード単体で契約するスタイルに変えてみようかと考えて、端末もSIMロックがかかっていないものにした」のだという。iPhone 6からだとまた若干画面が小さくなってしまうが、「困ることはないでしょう」と決断に自信ありの様子。ケースなどのアクセサリは、今日これから地元に帰って近所のショップで選ぶとのこと。

 店内を見渡せば、本日発売のiPhone SEとiPad Pro 9.7インチを両方購入している方や、iPhone SEのキャリア契約をアップルストアで行い、ストアのスタッフにアクティベートまでサポートしてもらいながら購入している方の姿もみかけた。iPhone SEは4インチという片手持ち操作も無理なくできるサイズ感であることから、この時期に“初めてのスマホ”を購入する方には最適な端末として推す声も多い。アップルストアでは操作や設定方法をスタッフに教わりながら使い始められるので、iPhone初心者の方々が購入する場所としてはおすすめだ。

 アップルストアの取材を終えて、原宿駅前にあるソフトバンク表参道の開店後の様子ものぞいてみた。オープン前の整列入場も本日は行われていなかったが、同店ではどうやらほとんど予約販売で在庫を完売していたようだ。開店後にショップのスタッフに訊ねたところ、「iPhone SEはローズゴールドとゴールドの16GBが若干数残るだけ。iPad Pro 9.7インチは売り切れた」という。本日の仕事明けに購入を考えていた方は早めに在庫を確認して、確保できそうなら予約を入れてしまった方がよさそうだ。

画像一覧

  • 1階にはiPhoneとiPadなど端末が中心に並ぶ。B1がアクセサリーのフロア
  • iPhone SE/iPad Pr 9.7の発売日。Apple Store表参道では発売を待ちわびた購入希望者を拍手で迎え入れた
  • 賑わう店舗の様子
  • カラバリごとに並ぶiPhoneシリーズ
  • 右が新しい9.7インチのiPad Pro。12.9インチのモデルと並んで展示されている
  • 4インチのiPhone SE
  • iPad Pro 9.7インチ用のSmart Keyboardは、Apple Store表参道では売り切れてしまったという
  • iPhone SEをApple Store表参道にて初日にゲットしたお客様。片手に持ちながら「懐かしい大きさですね」とコメントしてくれた

提供元

関連記事

関連記事

新端末の発売!だからこそ注意したい「iOS端末を狙う不正アプリ」

 新端末「iPhone SE」が販売開始となり、盛り上がっているが、iPhone、iPadなどの「iOS端末」は、ウイルスなどに攻撃されない・されにくいという“安全神話”が、長年流布してきた。しかし近年は、大きく揺らぎ始めている。

 セキュリティ企業のトレンドマイクロがまとめた資料によると、もともとiOS端末を狙う不正アプリは、2009年頃から確認されていたという。もっとも古い、初の不正アプリとされるのは、オーストラリアで確認された「IKEE(アイキー)」。当初は壁紙を変更するだけものだったが、後に、iOSの遠隔操作を行う改造版も登場している。ただしこれらは、いわゆる「脱獄(JailBreak)済み端末」を対象としており、非改造の通常端末は、当初無事だとされていた。また正規の「App Store」からアプリをダウンロードする限りは安全と思われていた。

 しかし2012年には、ユーザに許可を求めることなく、iOS端末の連絡先情報をリモートサーバに送信する不正アプリ「Find & Call」が、App Storeに登場。この流れが加速し、2014年から、iOS端末を狙う不正アプリの数が増加する。とくに注目を集めたのは、有名アプリ「Akinator the Genie」を模倣した詐欺アプリ「Akinator Genie」だろう。これは、App Store上で配布されたこと、非改造の通常端末を対象にしていたことによる。

 そして昨年2015年5月、ワンクリック詐欺アプリをインストールさせようとする、日本語の不正サイトがいよいよ確認された。この不正サイトは「プロビジョニングプロファイル」を悪用することで、アプリインストールを可能としていた。「プロビジョニングプロファイル」は、信頼できる開発者であることをAppleが保証する、証明書のようなもの。これを悪用されたため、App Store外の不正なサイトであっても、不正アプリであっても、iPhoneが誤認して、インストールが可能となってしまったのだ。

 さらに同年9月には、アプリ開発ツール「Xcode(エックスコード)」自体に、不正コードが混入。汚染された「Xcode」でアプリを開発すると、完成したアプリ自体が不正アプリ化する。これは主に中国語圏のアプリで確認されたが、「WeChat」「Angry Bird 2」「Baidu Music」といった著名アプリも含まれており、不正アプリ化した正規アプリがApp Storeでも公開されたことで大きく話題となった。

 こうして歴史を振り返ると、iOS=安全と盲信するのではなく、セキュリティアプリを導入する必要性が高まっていることが分かる。「パソコンやAndroid端末に比べて」というのではなく、もはやiOS端末も等しく危険にさらされているのだ。iOSを取り巻く危険度が高まっている現在、あらためてiOS向けセキュリティアプリ導入を検討してほしい。たとえば、データベースに危険性について問い合わせを行い接続をブロックする「Webレピュテーション」技術などが、セキュリティアプリでは利用可能だ。

【本日発売!】帰ってきた4インチの「iPhone SE」をiPhone 5sと比較レビュー

 アップルから約2年半ぶりに4インチのスマートフォンが本日31日、発売された。「iPhone SE」は女性に限らず、片手持ちで操作しやすいコンパクトなiPhoneを待ちわびていたという方に、どれぐらいおすすめできるスマホなのか、その実機をひと足早くお借りできたので、同じ4インチの「iPhone 5s」と比較しながらチェックしてみよう。

■デザインや使用感はほぼiPhone 5sのまま継承した

 画面は4インチの大きさだけでなく、解像度も1,136×640ピクセルと同じ。本体の外形寸法にも変わりはなく、質量が1gだけiPhone SEの方が重いが、手に持ってその違いが気になる人はいないだろう。

 外観のデザインは大枠そのまま変わらないが、サイドフレームと背面パネルのアルミ素材の触感が、ほんのわずかにザラッとしたように感じた。サイドフレームはエッジの部分がiPhone 5sは光沢仕上げだったが、iPhone SEではマットフィニッシュになっている。背面のアップルロゴは表面の鏡面仕上げに磨きがかかって、のぞき込むと自分の顔がはっきりと映る。ロゴの表面を指で撫でるとiPhone 5sの方が高さがフラットなのがわかる。もう一つとても些細な違いだが、背面パネルの下側に刻印されているモデル名は「iPhone」の文字がiPhone 5sが光沢に、iPhone SEがマットになっている。

 各ボタンにイヤホン端子、Lightning端子、スピーカーとマイクの位置もiPhone 5sから変更なし。iPhone 5sの保護フィルムやケースがそのまま使えそうだ。

 ストレージサイズは64GBと16GBの2機種に絞り込まれた。iPhone 5sにはあった32GBが今回は無くなっている。アップルのオンラインサイトで販売されているSIMフリーモデルの価格は16GBが52,800円(税別)、64GBモデルが64,800円(税別)。カラーバリエーションにはローズゴールドが加わって、ゴールド/シルバー/スペースグレイの全4色構成になる。ちなみに今回はSIMロックフリーの64GB、シルバーのモデルをハンドリングしている。

 SIMカードスロットは本体正面に向かって右サイドにiPhone 5sと同じように配置されている。スロットのフタはパッケージに付属するSIMピンで開けて、nano SIMカードを装着する。Biglobe LTEのSIMカードで試してみたが、SIMカードを挿入してAPN構成プロファイルをインストールすればネットワーク設定がシンプルに完了する。テザリング(インターネット共有)も難なく使えた。なおiPhone SEではLTEの下り通信速度が最大150Mbpsに対応したほか、新たにVoLTEやTD-LTEもサポートする。ただしLTEのキャリアアグリゲーションには非対応だ。

 筆者が使っているワイモバイルのSIMカードもiPhone SEで使えるか試した。同じようにAPNの構成プロファイルをインストールすれば通話とデータ通信ともに使うことができたが、4G LTEの回線表示はソフトバンクになった。そしてテザリングを使うためには、「ソフトバンクがオプションとして提供しているテザリングサービスの申込みが必要」になる旨を知らせるガイダンスページに飛ばされる。ワイモバイルを契約しているのに、ソフトバンクのテザリングオプションが使えるのか不明だ。ワイモバイルのSIMカードのユーザーでiPhone SEの導入を検討されている方は、詳細をキャリアに確認した方がよいかもしれない。

 iPhone SEでは新たにNFCに対応した。そのメリットはアップルの決済サービス「Apple Pay」で活きてくるのだが、まだ日本未導入なので上陸の日を待つしか無さそうだ。Touch IDによる指紋認証センサーはiPhone 5sと同世代のものが採用されている。

■処理スピード、カメラ機能は進化を実感できた

 CPUには64bitアーキテクチャー搭載の「A9」チップ、モーションコプロセッサー「M9」を、それぞれiPhone 6sと同様に盛り込んでいる。まさにiPhone 6sの処理性能を持つ4インチのiPhoneと言える。ベンチマークアプリでプロセッサーの処理性能を比べてみるとスコアに大きな差が付いた。

 同一のWi-FiネットワークにつないでWebブラウザの表示速度を確認してみると、iPhone SEの方がやはりページの表示から埋め込み動画の再生までが素速い。VODの「dTV」、音楽配信の「AWA」を使ってみても、アプリを起動してからコンテンツを読み込んで再生するまでの時間はiPhone SEの方が短くストレスがない。この速さは、おそらくiPhone 5sからiPhone SEに買い換えた多くのユーザーが実感できると思う。

 カメラ機能はメイン側であるiSightカメラの進化の幅が大きい。センサーの解像度がiPhone 5sの8MP(メガピクセル)から、iPhone SEでは12MPに飛躍した。撮影した写真の作例も本稿に載せてみるが、昼間の公園の水場で撮った写真では水飛沫のディティールがつぶれずに良く再現される。レンズの明るさはどちらもF2.2で一緒だが、夜景を撮ってみてもiPhone SEの方が輪郭部分の滲みが少なく、全体に精彩感が高い。iPhone 6sにも採用されている「Focus Pixel」技術が俊敏で正確なオートフォーカスを実現。セルフィ撮影時に便利な、メインディスプレイの発光をストロボ代わりにする「Retina Flash」や動画の4K撮影対応など、iPhone 5sから乗り換えれば便利さがすぐに感じられる機能が増えている。

 ただし、センサーの解像度が少し上がるので動画や写真のデータはサイズはやや大きくなる。特に4K動画撮影は1件のファイルサイズが大きくなるため、内蔵ストレージが16GBのモデルだとすぐにiCloudの有料プログラムのお世話にならざるを得ない。今回テストで1分間夜景を撮った動画のファイルサイズは382MBにもなった。ここは少し頑張って64GBを選んでおくべきだと思う。

 内蔵バッテリーについては詳しい容量が明らかではないものの、3G連続通話時間はiPhone 6sと同じ14時間を実現。同じく公称スペックでのインターネット利用時間はLTE、Wi-FiともにiPhone 6sを凌ぐ長さである点は頼もしい。今回は本稿執筆の間、Wi-Fiをしばらくの間オンにして、通話やWebブラウジング、動画再生をいつものようにに使っても、バッテリーが丸1日間以上持つことが確認ができた。

 iPhone 5sからデザインがほとんど変わっていないので、新しいiPhoneを買った充実感や高揚感はいつもより少なめなのは否めないが、4インチの心地よいハンドリング感はそのまま継承しながら、要所の機能や使い勝手は確実にレベルアップしているので、程なくしてしっかりと満足感がやってくる。一度iPhone 6シリーズに移行してから戻る場合は、下世話な言い方だが、一度別れた恋人に再開してまた元の鞘に収まったような安心感も得られるだろう。iPhone 5sからの乗り換えは、少しでも変化が欲しいユーザーを中心にカラーバリエーションは特にローズゴールドの引き合いが強そうだ。価格的にも初めてのスマホ、あるいは初めてのSIMフリースマホを検討している方にも最適な選択肢だ。

協力:アップル・ジャパン

人気のお花見場所の価格は一体いくら?

満開の桜の下、春の木漏れ日を浴びながらビールを一口…。
お花見って最高ですよね。日本に住んでいて本当に良かったと思います。

さて、お花見といえば重要になってくるのが「場所取り」です。場所取りが成功すればお花見の半分は成功と言っていいかもしれません。

満開の桜の下でお花見ができたら最高ですが、公園等の中でもベストスポットを確保する為には、早朝、もしくは前夜から場所取りをしなければならないでしょう。
そんな苦労の上に成り立っている人気のお花見スペース。一体どのくらいの価値があるのでしょうか。

今回は、東京の花見の名所「上野公園」を例として、年々増えてきている「場所取り代行サービス」の料金から、人気のお花見スペースを取るにはどのくらいのお金がかかるのかを見ていきます。

■代行サービスの相場を知る
まずは基本的になところで、場所取り代行サービスの相場を見ていきましょう。
以下、代表的な代行サービス会社の一時間あたりの料金イメージです。

handyman 3,240円〜
らくだ暮らしのサービス 4,200円〜
ワンストップ代行センター 8,300円〜
(基本料 2000円 + 出張費 3000円 + 1時間 3300円)
代行サービス「孫の手」 一律 約40,000円(総計)

付加サービスやかかる人員ににもよりますが、1時間あたり3,000円~6,000円からお願いできるところが基本になりそうです。
※全国各地に沢山の代行サービスの会社があるので、依頼を検討される場合は「お住まいの地名+代行サービス」で検索されることをおすすめします。

■上野公園の人気お花見スペースの価値
それでは、上野公園の人気スペースの価値を見ていきましょう。
基本情報ですが、上野公園は23時~5時の間公園内に入ることができません。このルールにそって話を進めいきます。

〈休日の場合〉
ほとんどの方は休日に実施されますよね。
休日の場合ですが、満開の時期は始発で行ってもほぼいい場所はありません!戦いは前日夜から始まっているのです。
前日の夜、夜桜を見ながら宴会をしている人が撤退し始める、20時あたりから場所取りを開始するのがベストスポットを取る最良の方法でしょう。
さて、その場合の金額ですが、お花見開始をお昼の11時、代行料金を1時間4,000円と仮定して、
20時~23時+5時~11時=9時間
9時間×4,000円=36,000円。ここに深夜料金や早朝料金が入るので約40,000円といったところでしょうか。

上野公園の中でも人気のスペースを確保するには安くてもこのくらいの金額がかかるのです。
今週末上野公園の素敵な場所でお花見をする方、そのスペースには40,000円以上の価値があるのですよ!

〈平日の場合〉
平日は始発で行ってもまだスペースは空いています。
とはいえ始発からなので、先ほど同様11時からの開始と考えると
6時間×4,000円=24,000円。早朝料金が入っても30,000円以内といったところでしょうか。
平日とはいえ、いい場所を取るにはなかなかの金額がかかりますね。

いかがでしたでしょうか。
今回は代行サービスの金額を例として挙げていますが、基本的には時間さえ使えれば自分自身でもいい場所をとることはもちろん可能です。

最近では海外からの観光客も増えて来ており、お花見の場所取り戦線はますます激化しています。今後はさらに「場所の価格」が上がっていくのではないでしょうか。お花見に行くか迷っている方は今のうちに行っておいたほうが良いかもしれませんね。

【マネーゴーランド意識調査】調達データを征すれば、お花見は何杯(倍)も楽しめる!

桜前線が北上を始める頃になると、待ちに待ったお花見シーズンがやってきます。新入社員の歓送迎会を、桜の木の下でおこなう会社も多いのではないでしょうか。

そこでマネーゴーランド編集部では、「飲み会についての意識調査」を独自に実施。ちょっと意外な事実や納得できる情報などが判明しました。お店とは違い自分たちで飲み物をすべて調達しなければならない若手社員の方にも、ぜひ参考にしてもらいたいマネープランです。

●何はともあれまずはビール
最初にうかがったのは、「お花見や歓送迎会、同僚や知人との飲み会の席でアルコールを飲まれる際に、おもに何を飲まれますか?」という質問。アンケート結果では、ビールを飲まれる方が全体の45.0%と圧倒的多数。次いでカクテルが続き(18.8%)、以下サワー(12.6%)、梅酒(6.0%)、焼酎(5.2%)と続きます。飲み会の席における「とりあえずビール」は、アンケート結果によっても証明されています。

●ウーロン茶とコーラは必須
もちろんお酒を飲まない方もいらっしゃることから、「ソフトドリンクを飲まれる際には、おもに何を飲まれますか?」という質問も同時におこなってみました。結果は、ウーロン茶(41.6%)とコーラ(16.3%)で半数以上を占めています。それ以外の飲み物は、人それぞれの嗜好によって分散傾向にあることが分かりました。

●アルコールの補充は抜かりなく
今度はアルコールを召し上がる方を対象に「お酒は何杯飲まれますか?」という質問を実施。男女別に分けて集計してみました。男女とも2杯飲まれるという方が1番多く、続いて3杯と答えたのが男女とも2番目という結果に。お酒は1杯だけでやめるという方は少ないようです。おもしろいのは、同じ2杯飲むと答えた割合が、男性よりも女性の方が多くなっているということ。お酒は男性の方が強いというのはもはや過去の話。現代の働く女性はお酒も強いという結果になっています。

●現場の対応力を発揮して飲み会をスマートに乗り切ろう
「女性が多いからアルコールは少なめでも大丈夫」そんな常識は過去のものといえる今回のアンケート結果。男女関係なくお酒を飲まれる方は、2杯目、3杯目と召し上がる頻度が高いため、お酒は多めに用意しておきましょう。まずはビールを半分以上用意し、次いで梅酒と焼酎を確保。ソフトドリンクと焼酎を割れば即席のサワーがつくれるので、ほかのアルコール類は適宜あれば問題なし。一方ソフトドリンクは、ウーロン茶とコーラをとりあえず用意。あとはジンジャーエールやオレンジジュースがあれば、サワーを作るときに重宝するはずです。必須のアルコール銘柄とソフトドリンクは欠かさずに、あとは柔軟に現場対応することで、会社におけるあなたの評価も確実に上がります。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,200名)

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング