元バーテンダーがおくる”モテ男”が実践している3つのポイント

5093.jpg

新生活の始まる春の季節。新たな環境や出会いに心ときめく場面も多くなってくるのではないでしょうか?
歓迎会などもほどほどに、二次会には気になるお相手とそっと二人きりに…。
今回は二次会にうまくたどり着けた場合のお話です。

現在はマネーゴーランド編集部に所属している筆者。元々はBARを営んでいた経験もあり、カウンター越しに繰り広げられていた熱戦を振り返りつつ、かっこ良かった男性像をお届けして参ります。

1.行動をシンクロさせろ
順調に事が運ぶ男性の多くはこれが出来ていました。もちろんコンマの狂いもなく合わせる必要はなく、相手がグラスを持ったらグラスをもち、喫煙者であれば同じタイミングでタバコを吸い始める。ハイエナの様に相手を見続ける必要はありません。

単純に手元にグラスとタバコがあればよいだけです。上司にランチを誘われたらついていくように、何気なく相手の後を追うだけで大丈夫。

2.ウンチクの発信はするな
お酒の場ということもあり饒舌になる事も多いでしょう。その場のお酒や、BGM、身につけているブランドetc…。多くの事柄が周りにはありますが、自己発信のウンチクは事故発信になるパターンが往々にしてありました。

その一番の理由は女性がその話に興味がないというパターン。

カープ女子でもない女性に黒田投手のすごさをいくら説いてもイチロー選手の方がすごいと思っています。普遍的な話を振ってあげるだけで女性は会話が出来ます。会話のキャッチボールができれば「楽しかった二次会」になりえます。

3.さりげなくイニシアチブをとれ
今回一番お伝えしたい事はこれです。

「もう一杯飲む?」

よく耳にしたセリフなのですが、男性からこのセリフを発して女性が乗ってくる可能性は低かったように思います。なぜなら断る選択肢を与えてしまっているから。

「もう一杯飲んでいい?」

ダメ!なんていう女性はほとんどいないはずです。(女性におごってもらう場合はNGですが。)自分のドリンクを頼んでから女性に進めましょう。ランチやディナーでも女性より先に食べ終わってしまうと女性が恥ずかしいように、自分だけ飲むことなんてありません。

いかがでしたでしょうか?
すべてが当てはまる条件は難しいでしょうが、心の隅に置いておいていただければお互いに楽しい二次会を過ごす事ができるかもしれません。

そしてこの事は飲み会の場だけでなく、ビジネスの場として考えてみても参考になるかもしれませんね。

※あくまでも筆者の主観に基づいております。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

ハイスペック美女は男性からのアタックを待っている モテ男の恋愛コミュ術(実践編)

こんにちは。なごやめぐみです。「モテ男の恋愛コミュニケーション術・実践編」です。

※基礎編はこちら

ハイスペック美女ほど「?」な男性とカップルに(美女と野獣)

周囲を見回すとなぜこの男性にこの美女が? というカップルが意外に多いと思いませんか?
女性は「101回目のプロポーズ」のようなシチュエーションを夢見ています。断られてもめげずにアタックし、貴女は世界一と傅いてくれる、武田鉄矢のような男性の登場を待っています。それなのに、独身男性は「断られたらどうしよう。」とハイスペック美女を敬遠しがちです。

ハイスペック美女は男性からのアタックを待っている

いい男と同様、いい女も結婚している事が多いのですが、独身美女に関しては案外空いている、または不倫中の女性もいます。
なぜなら、既婚男性は断られても戻る場所が確保されているせいかめげません。ハイスペック美女相手にもダメ元で遠慮なくガンガン行けてしまいます。
そのせいかハイスペックな美女ほど、独身男性が寄り付かず、図々しい既婚男性 or バツありおじ様が猛アタックし、ゲットしてしまいます。

ああ勿体ない!

独身男性こそ安全パイ滑り止め狙いを止めて、本命第一希望を誘わなくちゃ!です。
だってハイスペック美女ほどプライドが高く自分からアプローチできずに、武田鉄矢のような男の熱いアタックを待っているのだから。

ちょっとしたきっかけを逃さずに、「ありがとう」からお礼に○○でもと誘ってみる

前回復習。営業も恋愛も同じ。相手をよく観察する事、相手の話をよく聞く事。
いきなり「うちの商品(僕)を買ってください。」ではなく、「何かお困りありませんか?」「何かお役に立てる事はありませんか?」が先でないといけません。
まず相手のニーズ・課題を聞き出し、お手伝いしてあげましょう。

仕事でも雑用でも彼女のために一肌脱ぎ、「ありがとう。」の対価に「それではワイン一杯だけお付き合い願えませんか」でも「コーヒー一杯だけ」でも、あくまでもさりげなく誘ってみましょう。
それが最初のデートへ、コーヒー一杯からデザートへ、ワイン一杯からフルコースへ繋がるきっかけにもなります。(前回復習。必ず奢る事)

あ、よく男性雑誌に掲載されている「最初のデートで彼女を落とす方法」なんて鵜呑みにしてはいけませんよ。ワンナイトラブはルックス命ですから。あなたがキムタク並みのルックスを持ち合わせていない限り止めておきましょう。嫌われるだけでなく捕まりますから。

まずは、男として以前に人として信頼される人間になりましょう。

ご検討を祈ります!

※ハイスペック美女:外見も中身も好条件な女性

好みでない男性でもデートは受け入れられる モテ男の恋愛コミュ術(基礎編) 

こんにちは。なごやめぐみです。
恋愛におけるコミュニケーションについて、「基礎編」「実践編」と2回に分けて、お伝えします。まずは「基礎編」です。

※実践編はこちら

男の誠意は「命がけで女を守れるか」か「命がけで稼いだ金を捧げるか」で表せ

女性が好みでない男性とデートをしてそのまま交際に発展し、ゴールインした例は案外少なくありません。かく言う私もその1人。
「断られたらどうしよう」ではなく、断られてもめげないメンタルは大事。でも相手の都合や気持ちを一切考えない自己中心的な態度は嫌われるのが当然です。あくまでも『貴女の事を好きだから役に立ちたいので、どんなご要望にも全力お応えします』というスタンスでいってください。

『男の誠意の表し方は2通りしかない。命がけで女を守れるか、命がけで稼いだお金を捧げるかである。』

うえさきひろこ著『パワーウエディング』の名言です。婚活女性にこの本が一押しですが、男性が読んでも参考になる名著です。

誠実さと表裏のないストレートな態度が大事

私が過去に好みでない男性とデートしたのは、屈託なくストレートに誘ってきたからです。更にその時たまたま予定が空いていて、デート先も行っても良い場所だったから。
そして誘われた時予定があり断った相手でも、別段卑屈にならず、再度又は再々度誘ってきたからデートした経験も多数あります。

こういう時、邪心ある自己中男だと、断られた際、あからさまに不機嫌になる事もありますが、そうでない場合、前回断って悪かったから行ってあげようかなという気になるものです。やはり、女性は誘われるとウレシイものです。

反対に明らかに私に気がある好みの男でも、よく目の前をちょろちょろしたり、連絡はしてくるくせに、具体的にデートに誘ってこない奴は永遠に友達止まりです。なぜなら、幸運の女神はちゃんと行動した人にしか微笑まないですから!

自分に自信を持とう!あとは行動あるのみ、ただしセコイのは絶対NG!

営業も恋愛も同じ。相手の話をよく聞く事、相手をよく観察する事。その上で相手のニーズを満たす為に頭も体もフル回転させる事が大事です。
今の日本で命がけで女を守るシチュエーションに遭遇する確率は低いけど、命がけで稼いだお金を捧げる誠意は見せて下さい。
女性の平均賃金は男性より低いのに、綺麗を保つ為のメンテコストが高いのはご存知ですよね。

最悪なのは奢った代わりにすぐに肉体関係に持っていこうとするセコい男。相手の気持ちを考えないデリカシーゼロ男は、幸せの到来も永遠にゼロですから。
女性の貴重な時間を頂いてデートしてもらっているのだから、ケチらず段階を踏んで行きましょう。

ご検討を祈ります!

モテ男はなぜか出来てる”デート必勝マナー”とは? モテ男の恋愛コミュ術(マナー編) 

こんにちは。さかいしのぶです。

2月といえばバレンタインデー。意中の女性から何かアクションがあるかと期待に胸をふくらませている男性もいるでしょう。ホワイトデーにお返しとして「お食事に誘って一気に距離を縮めよう!」なんて目論んでいる肉食男子、このご時世は少ないのでしょうか。

とは言え、初デートの定番といえばお食事ですよね。「そこでいかに好印象を残せるか?」がその後の明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。今日は、私がマナー講座でお伝えしている“普通のマナー”を飛び越えて、“モテるマナー”について考えていきたいと思います。

メニュー選びで試される決断力
まず、レストランの席に座って最初に腕が試されるのがメニュー選びと注文です。フランス人は食前酒を頂きながら、じっくりとメニューを選ぶと言われています。しかし、ここは日本。しかも初デートです。日本男児たるもの1分以内にサクッと決めましょう!迷いに迷って女性を待たせると「決断力のない男」「優柔不断」と判断されてしまいますので、くれぐれもご注意ください。とにかく注文なぞで悩むな!という事です。

もし、コースに3段階のランクがあったなら、中間のランクを指して「これにしようと思うけどいい?」と提案しましょう。ケチったり見栄を張ったりするのは、後々自分の首を締めます。身の丈に合ったお店を選び、お誘いする時に「ホワイトデーだからご馳走させてね」と言っておくのは当然です。

グラスが空いたタイミングを見逃さない
さて、お料理や飲み物が運ばれて楽しいお食事が始まります。そんな時、女性のグラスに飲み物がなくなったら、すかさず「次、何飲む?」と聞いてあげましょう。良識のある女性なら、「ご馳走になるのに自分からお酒のお代わりなんて言い出しにくい」と思っています。その辺を汲み上げてあげると、とても好印象です。お酒の好きな女性のハートをギュッとつかむポイントは、相手のグラスの飲み物がなくなったタイミングを見逃すな!という事です。

支払いはさりげなく、財布は見せない
最後にお会計です。初デートでしたら、女性が化粧室に立ったタイミングで支払を済ませるのがスマートでしょう。もし、席を立ちそうもなければ、あなたが化粧室に立ったついでに会計を済ませましょう。支払う際には、くれぐれも お財布を見せるな! です。
お会計は誘った側がするのがマナーですが、女性がどうしても払うと言った場合は、気持ちだけ頂きます。総支払額の三分の一程度、多くても5,000円まででしょう。

マナーは思いやりの心
マナーの基本は、相手を思いやるこころです。そして、相手を心からおもてなしする気持ち、それは欧州貴族の紳士たちは皆、身に着けています。女性は、ちゃんと見てくれていると思う事が幸せなのです。2人で好き勝手に食べていたら、同僚とのランチと何ら変わりません。ほんのちょっとした気遣いで、幸せな時間が作られるのです。それが、次のデートをしたい!と思う事に繋がります。騙されたと思って、ぜひ実践してみてくださいね

【バレンタイン特集】モテ男と大人女子の~マネゴ流~恋愛術、6記事まとめ

こんにちは。マネーゴーランド編集部のGONです。

2月。今年もやってきました、バレンタイン。2016年は当日が日曜日とあって、木曜日あたりからオフィスでは前哨戦が始まるかもしれません。

マネーゴーランドでは、バレンタイン特集として、「モテ男と大人女子の(マネゴ流)恋愛術」をテーマに、恋愛コミュニケーション術を公開。3人の専門家による、大人の男女に向けた恋愛の極意を具体的なアドバイス満載でお届けします。
とかく恋愛下手、リアルなコミュニケーションが苦手と言われる人たちも、この記事を読めばきっと大丈夫。気になる異性に自信を持ってアプローチしましょう!

4005.jpg

女性向けには、「大人女子の恋愛力アップ術」として、恋愛戦略家でメンタルコーチの黒岩弘幸氏による、さまざまなテクニックを駆使したアプローチ方法を伝授します。

1 出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング

2 ライバルから抜きん出るために、わかりやすい差をつけろ!

3 お水の花道から学ぶ。彼との心の距離を一気に縮める秘策

4009.jpg

男性向けには、「モテ男の恋愛コミュ術」として、ティティス代表で婚活セミナーを通して若い人たちの出会いを演出するなごやめぐみ氏と、グローバルなプロトコールも取得するマナー専門家のさかいしのぶ氏による、実践で使えるモテ男のワザを紹介します。

基礎編 女性が好みでない男性でもデートは受け入れられる

実践編 ハイスペック美女は男性からのアタックを待っている


マナー編 モテ男はなぜか出来てる”デート必勝マナー”とは?

「バレンタインデー」は、古代ローマ時代にローマ皇帝に禁止されていた結婚を秘密に行っていた「聖バレンタイン」が処刑された日。そこから男女が愛を誓う日となったといいます。さらに、「バレンタインデー」は恋愛のみならず、人間関係を円滑にするコミュニケーションイベントとして利用すれば、こんなによい機会はありません。
日本ではチョコレートという便利なツールもあります。「本命」「義理」「献上」「友達」「家族」「お礼」「感謝」など相手に対する気持ちをこめて、チョコレート(やちょっとしたプチギフト)といっしょに贈れば、それだけでコミュニケーションがスムーズになることは間違いありません。たいせつなのは、相手への思いやり。決して金額ではありません。

ステキなバレンタインデーを過ごせますように。 Happiy Valentain!

「昔は黒髪清楚よりギャルの方がモテた!」マネギャルのケツ論

今や少数派(?失礼!)となってしまっている「ギャル」。
そもそもなぜマネギャル達はギャルになったのか。
今回は、彼女たちがギャルになったきっかけを教えてくれます。

彼女たちが最初にギャル文化に触れたのは子供の頃に見た「雑誌」だったり「漫画(GALS)」なのだそう。

また、今20代のマネギャル達は
「小学校にの時にあゆ(歌手の浜崎あゆみさん)が流行っていて、みんなあゆになりたかった
「当時厚底スニーカーが流行っていて、これが自分の中の超可愛いアイテムだった」
など、小さい時に流行っていたものが、今のギャルの元になっていると話しました。

化粧については、
「雑誌に出ているBefore/Afterのスッピンがビックリで、これなら私にもなれんじゃね?
化粧すれば可愛くなるんだ!
と思ったのが、化粧(ギャルメイク)を意識し始めたきっかけのようです。

また、今の若い女の子については
「今の中高生が何に憧れているのかが気になる」
「今後ギャルが増えてもらっていかないと困る!」

更に
「今のアイドルが増えてきているっていう流れはちょっと敵」
「結局、男は黒髪清楚が好きなんかい!」
昔はギャルの方がモテたのにねー。」
など、昔はギャルでいる方が男の子からも人気だったようで、
今のギャルよりも黒髪清楚が主流の流れは残念な様子。
(今の男性はギャルよりも黒髪清楚が好きなのかは気になります(笑))

果たして、今後のギャルの繁栄のためにもマネギャルが出したケツ論とは!
この先、彼女たちは「ギャルの子孫」は残せるのか!

ランキング