毎月これで3万円!お金が貯まらない人でも簡単に実践できる貯蓄法とは

5131.jpg

このレシピを実行して

30,000貯まる!
<材料>

・貯蓄の方法

<Point>

1貯蓄は最初にする

2浪費癖はなかなか抜けない

3毎月貯蓄している社会人は少なくない

※毎月1万円貯蓄し、月に+αで2000円ずつ増やして行った場合、10ヶ月後に達成できる貯蓄額

なかなか思うように貯金が貯まらないと感じるサラリーマンは少なくないでしょう。毎月の月初めには「今月こそは○万円貯金するぞ!」と考えているのに、いざ月末になれば銀行の残高は3桁になっている。

今月それほど多くの出費をした記憶もないのに、なぜか財布にも銀行にも全然お金がない!と感じる人は実に多いものです。

では、どうすれば貯蓄が苦手な人でもお金を貯めることができるのでしょうか。今回は貯金ができないと悩むあなたのために、必ずできる堅実な人の貯金方法をお話しします。
この方法が実践できれば、あなたは見事堅実にお金を貯められる人になることができます。特に以前と大きな変化はないはずなのに、毎月の銀行預金額が1万円2万円と増えて行くのです。
貯蓄が貯まれば、さらにそのお金を増やすことも可能です。数十年にも渡って貯蓄型保険で増やす方法もあれば、投資に踏み出すこともできるでしょう。
株主優待株であれば、3000万円の資金があれば、働くことなく生活をすることができると言われています。若いうちからコツコツとお金を貯めることで、このような生活を手に入れることも可能なのです。
ですから、しっかり次の貯蓄方法を実践してみて下さい。
それは、給料日の当日に決まった金額だけ貯蓄するという方法です。

なぜ、それで貯蓄がしっかりできるようになると言えるのでしょうか。一般的に貯蓄が苦手な人はお金がある給料日に貯蓄するのではなく、1ヶ月後の給料日直前に残った金額を貯蓄しようと考えます。
しかし、元々無駄遣いに慣れてしまっている状態では、この方法は効果的ではありません。それよりもまず、給料から天引きで貯蓄することにより、使えるお金に上限を設定してしまうのです。
そのようにすれば、自然と普段の生活において無駄遣いが減っていきます。無駄遣いが減れば、さらに貯蓄に回せるお金が増えるというような好循環になるのです。
もちろん最初から月に数万円の貯蓄額を設定するのは現実味がありません。ですから最初は1万円から毎月2000円ずつ貯蓄額を大きくしていき、月に数万円の貯蓄額を達成して行きましょう。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

春に重なる出費を節約!簡単に実践できる節約レシピを紹介します

春はなにかと出費が多くなる季節ですね。会社の歓送迎会に子どもの入学式や卒業式、スマホの契約や車検といった出費も春にあるという方も少なくないのではないでしょうか。

出費が多いとイライラしてしまうという人も多いでしょうし、できることならば春の出費は抑えたいでしょう。そこで今回は春に抑えたい3つの出費ポイントについてお話しします。

・お出かけには動物園を利用しよう
春となればお出かけの機会も多くなります。しかし、家族揃ってお出かけともなれば、なかなかの出費にもなります。そこで利用したいのが動物園や映画館、美術館や公園といった比較的入場料が安く済む施設。
アトラクションの待ち時間が長い遊園地よりも、元気いっぱいに公園などで走り回る方が子どもにとっても楽しい1日が過ごせるかもしれません。

・スマホの契約を見直そう
春にはスマホの契約が切れるという人も多いのではないでしょうか。大手3社に限って言えば、スマホ料金が「高い」と感じている人は利用者の85%にもなります。
それほどスマホ料金が高いと感じているのであれば、改善しない手はありません。今や格安スマホでも十分快適であることがわかっていますし、キャリアのスマホが良いという方でもネットとセット割で安くすることもできます。
また、4月に始まる電力自由化でもセット割でスマホ料金を安くすることが可能です。この春、スマホ料金を見直してみてはいかがでしょうか。

・必要なものにはお金がかかると割り切ろう
最後に正しく節約する方法として考えたいのが、春に発生するイベントの出費は避けられないということです。ある程度は仕方ないと割り切って節約に励むというのも一つの方法と言えるでしょう。
そのために必要なことは事前にどれくらい大きな出費があるかを把握しておくこと。事前に把握しておくだけでも出費に対応できますし、ある程度の覚悟ができるので節約にも力を入れることができます。

仕方ないものは仕方ないと出費を割り切ることも重要なことではないでしょうか。

その医療保険本当に必要?今すぐ見直したい保険の現実とは

日本は世界の中でも保険大国と呼ばれるほど様々な保険に加入している人が多いです。入院や手術をしたときに一定の金額が給付される医療保険にも実に74%の人が加入しています。

おそらくこの記事を読んでいる人の中にも医療保険に加入しているという人は少なくないのではないでしょうか。しかし、実際のところ過去5年の間に病気や怪我で入院したという人はわずか15%程度しかいません。
つまり、およそ60%前後の人が、少なくとも過去5年の間には医療保険に入る必要がないということがわかります。もちろん、医療保険に加入している人は、これからいつ病気や怪我で入院するかわからないと不安に思っているからこそ加入しているのでしょう。

しかし、本当にその医療保険は必要なのか?と質問された場合、イエスと確実に答えられる人は多くありません。毎月払っている保険料を貯蓄に回した方が、老後の自分や子どものためになるのではないか?と考える人も少なくないのです。
今回はそのような迷えるあなたのために本当に医療保険の加入はすべきなのかどうか?ということについてお話しします。

まず、一度入院するとどれほどのお金がかかるのでしょうか。一般的に医療保険の保障期間は60日までというプランが多いです。というのもどのような入院もおおよそ60日以上入院することはないからです。
60日入院した場合、日額1万円であれば入院費は60万円、手術費を50万円と考えると110万円で収まる計算になります。一方、毎月支払う医療保険は1万5000円〜2万円が平均的金額と言えるようです。
毎月2万円であればおよそ5年半、1万5000円でもおよそ6年あれば110万円の金額を支払うことになります。つまり、過去5年の間に入院した人はおよそ15%であるというデータを考えても、医療保険に入るべきなのかどうか正直微妙と言わざるをえないのです。

もちろん上記のデータは全て平均をとったものであり、自営業や過去に大きな病気をしたなど、医療保険が必要不可欠だと言う人も多いでしょう。しかし、大半の人はもう一度自身の保険を見直してみてはいかがでしょうか。

【電力自由化〜関東編〜】どれくらい電気代が安くなるのかシミュレーションしてみました!

いよいよ電力自由化が始まるまで0.5ヶ月を切りました。

各企業が新しい電気代プランを発表していますが、結局のところどこが一番お得なの?と思われるのが当然ではないでしょうか。
やはり誰でも電気代を抑えたいと考えますし、毎月の電気代を節約することは毎月の決まった支出(固定費)を削減することにもつながります。このような固定費を削減することができれば、毎月に使えるお金も増やすことができます。

では実際に電力自由化によって、“一人暮らし”と“4人家族”では年間でどのくらい節約することができるのでしょうか。また、どの電気プランを申し込むのが最も電気代の節約になるのでしょうか。
そのような疑問にお答えするために、実際に電力自由化が行われたあとの電気代シミュレーションを行ってみました。今回のシミュレーションにはエネチェンジ(https://enechange.jp/)というサイトでシミュレーションすることにします。また、関西にお住まいの方はこちらをご覧下さい。

・一人暮らしの場合
社会人の方ですと平日は朝と夜しかいないため、月の電気代平均額はそれほど高くなく、年間で42,309円、ひと月あたりの平均額は3,525円だそうです。このような方でも電気代は安く抑えることができるのでしょうか。
関東にお住まいの方でしたら、myでんきという東燃ゼネラルグループが提供しているプランが最安で、年間2,000以上もの節約になるようです。年間で2,000円と考えると少ないようにも感じますが、もともと4万円代と価格が安いことを考えると、さらに電気代が安くなると考えただけでも驚きではないでしょうか。

続いて夫婦と小学生の子どもが2人いる家庭を考えたシミュレーションを考えてみましょう。

・4人家族の場合
4人世帯での電気代の平均は13万2516円、ひと月あたり1万1043円だそうです。子どもにかかるお金も増えて行く中で、できるだけ電気代を節約したいところですがどれくらい安くなるのでしょうか。
ENEOSでんきが単体のプランだと最も安く、年間でおよそ9,000円もの節約になるという結果になりました。およそひと月分の電気代が丸々安くなると考えると十分安いのですが、他のプランとして検討したいのがずっとも電気1という東京ガスが提案しているプランです。

このプランでしたら、ガスとインターネットのセット割引で年間1万6000円以上安くなる場合があります。電力自由化の機会を逃したくない!と考える方はぜひ検討してみて下さい。

【マネーゴーランド意識調査】2日休めば10連休!!今年のGWを有効活用せよ

2016年のカレンダーを見て気づかれた方も多いかもしれませんが、今年のゴールデンウィークはその名の通り“黄金週間”になりそうな予感。

5月2日(月)と6日(金)を休みにすれば、最大で10連休という超特大サイズの休暇が訪れます。そこでマネーゴーランド編集部では、ゴールデンウィークの過ごし方についての意識調査を独自に実施しました。

その結果によると、すでに予約済みという方は4.3%、検討をはじめている方は17.7%、旅行の予定はなしという方は42.6%、その他が35.4%という結果に。それらをふまえてさらにアンケートを進めたのが以下の内容です。予定を決めている方もそうでない方も、こちらを参考にして有意義なGWを過ごしてみてはいかがでしょうか。

●(アンケート分析1)10連休でも国内強し!
「今年のGWに行きたい(行く予定の)場所を教えてください」という設問では、国内と答えた方が76.1%もいました。有効回答数の4分の3を占める圧倒的な割合です。逆にいえば、国内は混雑、海外は狙い目とも言えるでしょう。10 連休というめったにない休暇だからこそ、海外を選ぶのもおすすめです。

●(アンケート分析2)憧れのヨーロッパ旅行を実現
今度は海外/国内それぞれの行きたい(行く予定の)地域を具体的にうかがってみました。海外とお答えいただいた方ではハワイが一番人気で、全体の約3割を占めています。次いでヨーロッパ、グアム・サイパンという結果に。なかなか行けないヨーロッパも今年のGWならいける!!と思い切った方も多いようです。

●(アンケート分析3)国内ドライブもおすすめ
行きたい地域の傾向がバランス良く分かれた海外に対し、国内での行きたい地域はみなさんバラバラ。北海道がトップの14.2%、次いで東京、沖縄と続きましたが、それ以降は全国各地の地名が並んでいます。これは日本各地にインフラが整い、電車でも車でも自由に出かけられる証なのかもしれません。国内旅行は、目的地に向かうまでのルートも醍醐味のひとつ。北海道にはいくつもの断崖をトンネルで走り抜ける追分ソーランライン(国道228号)や、これぞ北海道!! といえる景色が広がる美瑛の国道237号線などがあり、沖縄には両サイドに真っ青な海と珊瑚礁が見える全長1960mの古宇利大橋があったりと、国内の絶景ドライブルートを満喫するのもおすすめです。

●(結論)数字から見えてくること
GWを有意義に過ごすためには、他人の動向も気にしておきたいところ。国内が混んでいるならいっそ海外へ、ハワイが人気なら東南アジアのビーチリゾートへと、アンケート結果の数字から自分なりのGWの過ごし方が見つかります。目的地を決めるだけではなく、そこにたどり着くまでの過程を楽しむドライブなど、工夫次第でGWはいくらでも楽しめるのではないでしょうか。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数2,500名)

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング