【動画編】〜今さら聞けない!?ふるさと納税とは?〜【第34回】高橋先生の教えて経済ニュース

5119.jpg

〜ふるさと納税とは?〜

ふるさと納税とは、納税という名称ですが、地方自治体に寄付をする制度です。寄付をするとお礼の品がもらえて、その分一定の税金が軽減されるという仕組みとなっています。寄付金額から2000円を引いた額の税軽減が受けられます。つまり、2000円の負担で地方の特産品がもらえるということになります。

ふるさと、というのは特に出身地でなくてはいけないということではありません。どこの地域に対しても寄付をすることはできますので、多くの方は目当ての特産品がもらえる自治体を選んで寄付している状況です。

いくらまで寄付できるかというのが、非常にわかりにくい部分ではありますが、年収や家族の構成によって変わってきます。例えば年収400万円の方であると、だいたい4万円前後まで寄付をすることができます。

昨年、制度が一部改正をされています。
改正内容としては、寄付する限度額が2倍に拡大されましたし、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」によって、これまで確定申告をしないと軽減が受けられなかったものが、一定の条件を満たすと確定申告を不要にすることができるようになりました。これにより、非常に使いやすくなりました。


動画はこちら

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

【おトク+節税+地域貢献】 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

自分の好きな地域に貢献ができ、節税対策としてだけでなく地域の名産品を入手する方法としても注目を集めるふるさと納税。

このふるさと納税でもらえる商品というと、産地直送の名産品など食材が主なものだと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、そのラインナップはみなさんの想像をはるかに凌駕するほど豊富なバリエーションが用意されています。

そこで今回は、ちょっと変わった“変化球”ともいえるふるさと納税プランを厳選してご紹介します。「えっ!? こんなものまでもらえるの?」というような驚きのプランもあるので、じっくり検討してみてください。

【オススメふるさと納税:ちょっと変わったもの編】
おすすめ●6 『川中島合戦戦国絵巻足軽役への参加』
山梨県笛吹市 1万円以上でもらえる
桃や巨峰、マスカットといった果物やワインセットといった魅力的なプランが揃っている笛吹市。その一方でいちご狩り体験やワイン造り体験、そば打ち体験などの観光プランも用意されています。そんな中で変わり種といえるのが、「川中島合戦戦国絵巻足軽役への参加」というプラン。笛吹市桃源郷まつりでて開催される同イベントの参加権を1万円以上の寄付で獲得することができるというもの。限定20名というプレミアムチケットです。
●どんな町なの?『石和温泉のある街』
甲府盆地のやや東寄りに位置する笛吹市。日本でも有数の温泉地として有名な石和温泉を有する地域で、甲斐百八令嬢の寺社が多くある場所としても知られています。名産品であるブ葡萄を使ったワイナリーも多く、ワインなどの名産品が多いのも特徴。毎年夏には山梨県下最大級の花火大会「石和温泉花火大会」が開催されることでも知られています。
●アクセスガイド
新宿駅から電車で約95分
新宿から車で約80分
新宿から中央高速バスで約110分

【オススメふるさと納税:ちょっと変わったもの編】
おすすめ●7 『CASIOプロジェクター』
山形県東根市 20万円以上でもらえる
山形県の中央部、村山盆地に位置する東根市。山形市や天童市に隣接し、温泉のある自然豊かな田園都市です。さくらんぼやりんごといった果樹産地になっているほか、ハイテク産業が集積する大森工業団地がある街としても知られています。
●どんな町なの?『ハイテク産業が集う都市』
山形県ならではのさくらんぼや桃、ラ・フランスといった果物類が多い東根市ですが、寄付金が高くなるとその内容は一転。4万円台を境にして、電化製品が非常に多くなってきます。ものづくりの街である特性を生かしたふるさと納税プランは、東根市ならでは。山形カシオ株式会社があることから、CASIOのプロジェクターがふるさと納税の商品にラインナップされています。さらにこのプランでは製品のほかに東根の銘産品ももれなく付属。20万円以上の寄付からプロジェクターがもらえます。
●アクセスガイド
東京(羽田)から飛行機で約60分(山形空港)
東京から電車で約180分
東京から車で約270分(東根IC)、仙台から車で約60分(国道48号線)、山形から車で約30分(国道13号)

今回はちょっと変わった変化球のふるさと納税プランを厳選してご紹介しました。このほかにも観光プランや体験プラン、電化製品や日用雑貨、美容品など多種多様なプランが豊富に揃っています。どうせ税金で支払うくらいなら、地方に貢献してついでに美味しい体験プラスアルファを獲得できるのがふるさと納税の最大の魅力。まだまだ世間には知られていないふるさと納税の魅力がありますので、これからも随時紹介していく予定です。

次回もちょっと変わったふるさと納税プランを厳選してご紹介しますのでお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税は、目移りするほど豊富なラインナップ

自分の好きな地域に貢献ができ、おまけに税金まで安くなるとして話題になったふるさと納税。今では、節税対策としてだけでなく地域の名産品を入手する方法としても注目を集めています。

全国各地にある各市町村が独自の地域色を活かし、名産品などの商品や各種サービスを展開し、どれを選べばいいのか迷ってしまうほど。定番の食材から変わり種のサービスまで、マネーゴーランド流に“おトク”に絞り込んだ魅力的なプランを厳選して、『トリプル効果のふるさと納税』をご紹介します。

【オススメふるさと納税:食品編】
おすすめ●3 『佐賀牛 ステーキ用400g(1枚セット)』
佐賀県嬉野市 1万円以上でもらえる
お茶やお米、温泉サービス券など豊富なラインナップを揃えていますが、一番人気は何といってもブランドの佐賀牛。1万円の寄付で400g、2万円なら800g、5万円で2kgのステーキ用のほか、さいころステーキやすき焼き用など、豊富な佐賀牛のお礼品が揃っています
●どんな町なの?『歓声のが聴こえる嬉野市をめざして』
日本三大美肌の湯である嬉野温泉で知られる嬉野市。緑豊かな自然に恵まれる、旧長崎街道の面影を残す町としても知られています。国の重要伝統建造物群保存地区に指定されている塩田津を有し、和紙や鍛冶、石工といった職人たちの技が今もなお受け継がれている伝統の町です。
●アクセスガイド
福岡市内から車で約60分、北九州市から車で約120分
福岡空港から電車&バスで約95分
JR博多駅から約90分(JR佐世保線特急・JRバス)

【オススメふるさと納税:食品編】
おすすめ●4 『地物 活きサザエBコース』
三重県南伊勢町 1万円以上でもらえる
ふるさと納税で断トツの人気を誇っているのが伊勢エビ。中には10万円以上の寄付で10~12尾(約3kg相当)という超豪華なお礼品も用意されていますが、ほとんどは受付即終了になるほどの盛況ぶり。そこでこちらでは活きサザエに注目してお礼品をセレクトしてみました。1万円以上の寄付で2.4kg相当の地物サザエがいただけるのは、かなりおトクなのではないでしょうか。
●どんな町なの?『紀伊半島屈指の観光の町』
伊勢志摩国立公園を有する南伊勢町。三重県内でも多くの観光地がある町としても知られています。まちの魚には鯛、まちの木にはみかんの木、まちの花には桜が指定されています。土地柄として海産物や水産加工品にとても恵まれており、ふるさと納税のお礼品にも水産関係の品が数多く用意されています。
●アクセスガイド
名古屋方面から車で約120分、伊勢市から車で約30分
JR名古屋駅から宇治山田駅(約80分)-三重交通バス(約60分)南伊勢五ヵ所・道方下車

【オススメふるさと納税:食品編】
おすすめ●5 『むろとの味・新鮮野菜セット』
高知県室戸市 1万円以上でもらえる
室戸市で採れる新鮮な野菜を詰め合わせにしてお届け。野菜は採れる季節によって変わりますが、いずれも充実した内容になっているのが最大の魅力。さらに海洋深層水を使ったドレッシングがセットになっているのも見逃せません。
●どんな町なの?『年間を通じて温暖な地』
日本八景として有名な室戸岬を有する風光明媚な町として知られています。水産業とホエールウォッチングで有名で、特産品委はビワや土佐文旦、海洋深層水などが挙げられます。ふるさと納税のお礼品には海産物が多いのかと思いきや、主力商品になっているのは野菜類。さつまいもやじゃがいも、トマトのほか、かんきつ類などが数多く揃っています。
●アクセスガイド
高知市から車で約50分、高松市から車で約210分
JR高知駅から土讃線御免駅-ごめん・なはり線奈半利駅-バスで約130分

今回のふるさと納税ガイドでは、肉・水産・野菜に絞り込んで、おすすめのお礼品をご紹介しました。ほかにも数えきれないくらいの名産品がずらりと揃っています。自分の好きな食材だけでなく、「こんなものがあるんだ」といったような新しい発見に出逢えるのもふるさと納税の魅力です。その地域に足を運んだ気分になって、美味しくおトクにふるさと納税を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

次回は一風変わったふるさと納税のプランをご紹介します。こんなものまで!! と思わず目を疑ってしまうようなアイテムが登場しますのでお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

【海鮮】ふるさと納税のおすすめ自治体を紹介します

海で上げられたばかりの新鮮な海の幸は誰もが好きです。

白い筋が光に反射してキラキラ光る脂の乗ったサーモン、適度に茹で上げられて真っ赤に染まった身の詰まった蟹、濃厚なタレをたっぷり浸けて焼き上げられた香ばしい香りのするうなぎの蒲焼き。
どのような調理法でも美味しく食べられる魚はまさに日本の伝統食と言っても過言ではありません。
そのような新鮮な海の幸をふるさと納税で手に入れてみませんか?ふるさと納税とは地方の自治体に寄付を行うことですが、最近は地方からのお礼の品として特産品がもらえることにも注目が集まっています。
寄付金も必要書類を送るだけで税金が大きく控除されるため、実質2000円で様々な地域の特産品を手に入れることができるのです。今回はふるさと納税で手に入れられる海の幸を少しだけ紹介します。

・長崎県平戸市
まずは長崎県からの紹介です。この平戸市ではウチワエビやサザエといった様々な種類の貝や甲殻類がお礼として送られてきます。あまりにも人気であるため、現在でも9ヶ月待ちと非常に人気が高いふるさと納税です。
とにかく美味しい地方の特産品を手に入れたい!と考える方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

・愛知県碧南市
続いて愛知県からです。碧南市では1万円の寄付で手に入れられるうなぎの炭火焼が人気なようです。愛知県といえばやはりひつまぶしが有名ですよね。つまり、ひつまぶしに使用されるような美味しいうなぎをふるさと納税でもゲットできてしまうのです。
確実に味の保障はできると考えられるので、うなぎ好きな人はぜひ試してみて下さい。

・北海道根室市
最後はやはり北の大地、北海道から紹介します。やはり北海道とだけあって、ふるさと納税でも豊富な種類の海の幸が用意されています。その中でも注目なのがずわいがに、しまえび、いくらのセットがわずか1万円の寄付金額で手に入れられるということ。
日頃なかなか贅沢できない人は、ふるさと納税くらいは贅沢を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税で損をしない!今すぐしたいあなたが取るべき1つの行動とは?

ふるさと納税は地域に寄付を行うことで、特産品がもらえる非常にお得な制度と言えます。今ではふるさと納税セミナーというのも開催されるほど、注目を集め、実践している人も増えています。

しかし、ふるさと納税で全ての人がメリットを受けられるのか?と聞かれればイエスと答えることはできません。というのもメリットばかりが強調されるふるさと納税にも、デメリットが存在するからです。
そこで今回はふるさと納税で失敗したくないあなたのために必ず確認しておきたいふるさと納税のデメリットについてお話します。
この話を知っておくとふるさと納税で最大限メリットを受けられるのは言うまでもありません。
彼を知り己を知れば百戦殆うからずとの言葉にもあるように、メリットとデメリットの両方を把握した上で、ふるさと納税を実践すれば余計な心配をする必要がなくなります。
後は淡々と手続きを終えれば、あなたはふるさと納税で大きなメリットを受けられるのです。
ですからふるさと納税のデメリットもしっかりと把握してください。

それは、低所得者にはふるさと納税のメリットがそれほど大きくないということです。
なぜ低所得者にはメリットがあまりないのか?と思われたかもしれません。というのもふるさと納税は税金の控除が成り立って始めてお得と言える制度になります。
しかし、元々国に収めている税金額が小さければ小さいほど、ふるさと納税による控除も小さくなるのです。もちろん年収だけでなく家族構成にも依存します。
子どもがいる家庭ほど支払う税金は少ないので、当然ふるさと納税による控除額も小さくなります。控除額が小さくなるということは寄付金額が小さくなるため、ふるさと納税を行える地域数も少なくなります。
ですから損をしないためにも、実際にふるさと納税で控除される税金額について事前に調べておかなければならないのです。今やふるさと納税の上限額シミュレータはネットにいくらでもあります。
ぜひ一度シミュレータで自分の上限額を調べてもらえたらと思います。

結局ふるさと納税って何がお得なの?ふるさと納税3つのメリットをおさらいします

今や節約上手な主婦であれば、ふるさと納税は聞いたことがないという人はほとんどいないでしょう。

総務省のデータによると、寄付金の総額は年々増えており、26年度では14億円もの寄付金がありました。
これはふるさと納税を利用する人が増加しており、ふるさと納税の魅力を感じる人が多数いることを表しているとも言えます。
今回はさらなるふるさと納税の魅力を知ってもらうために、3つのメリットをご紹介します。

・地方の特産品がもらえる
ふるさと納税とは、そもそも地方に寄付することを言います。どうして寄付をしただけで、特産品がもらえるの?と思われる方もいるかもしれません。
それは、寄付を受けた地方がふるさと納税をしてくれた人に対するお礼として特産品を送ってくれるからです。
このお礼の品が非常に豪華であり、普段のスーパーで買わないような高級肉や海の幸、さらにはパソコンまでもらうことができる地域も存在します。
寄付をしただけで、豪華なお礼がもらえるということが一つの大きなメリットと言えるでしょう。

・税金が控除される
地方に寄付を行った場合、その寄付金額に応じて税金が控除されます。この控除額が非常に大きく、寄付金額−控除額=実質負担が2000円で上のような豪華な特産品がもらえるのです。
控除される税金の金額は収入によっても大きく変わるので、一度税金控除の目安を見ておくとよいでしょう。

・手続きが簡単
最後のふるさと納税の魅力として、ふるさと納税の手続きが簡単であるということが言えるでしょう。
というのも必要な書類は個人を証明する書類やワンストップ特例制度という、確定申告が不要で済む書類などを自治体に発送するだけ。
以前は確定申告が必須となっておりハードルが高かったですが、そのハードルもワンストップ特例制度によってずいぶんと下げられました。

このように豪華な特産品がもらえて、税金が控除されて、手続きも簡単なふるさと納税をぜひ試してみましょう。

ふるさと納税で大失敗!?ランキング上位ほど、気をつけなければならない理由とは!

今や、やっていない人は確実に損をしているとも言われるふるさと納税という制度があります。

地方の自治体に寄付を行うことで、税金が控除される制度であり、寄付を行った自治体からの豪華なお礼の品にも注目が集まっています。
実質2,000円の負担でA5ランクの牛肉や新鮮な海の幸を手に入れたという話は非常に魅力的であり、誰もが一度そのような制度を利用しない手はないと考えるのではないでしょうか。

しかし、あまりにもふるさと納税のお得な面ばかりに目が行ってしまうと大きな失敗をすることにもなりかねません。もちろんふるさと納税はノーリスクで地方の特産品が手に入る素晴らしい制度なのですが、落とし穴も存在します。
この落とし穴を知らずして、次々にふるさと納税をしてしまうと、あなたは必ず後悔するでしょう。特にふるさと納税ランキングでも常に上位に入るような地方からの特産品には注意が必要です。
なぜランキングでも常に上位に入るような地域では、よりいっそう注意する必要があるのでしょうか。

それは、ふるさと納税のお礼の品はいつ届くのかわからないからです。

つまり、ふるさと納税をすることによって、お礼の品が届くのはもちろんなのですが、お礼の品が届くまでの期間を正確に把握することができません。場合によってはふるさと納税をした時期が1ヶ月ずれていても同じ時期にお礼の品が届くことがあります。
お礼の品が同時に2個かぶるくらいだったら、それほど大きな問題にはなりません。しかし、3個、4個と同時期にふるさと納税のお礼の品が届いた場合、処理に困ったという話は少なくありません。
特にお礼の品が人気の地域であるほど、お礼の品も豪華であると考えられます。例えば、同時期に豚肉が4kg、かにが1kg、牛肉が2kg届き、3人家族で食べることばかりに必死になり、結果的に美味しく食べられなかったではせっかくのふるさと納税の旨味も半減してしまいます。
ですから、お礼の品がどれくらいで届くのか?ということも考えながら、ふるさと納税を行ってもらえたらと思います。

ランキング