アベノミクスの成果は?「景気動向指数」から見えてくる真実

5094.jpg

このレシピを実行して

0貯まる!
<材料>

・なし

<Point>

1株価や金利が動く背景には景気の動向がある

2内閣府は景気に敏感な指標を集約・合成して毎月発表している

33系列の中でも先行系列の動きを投資判断に活かしたい

※マーケット解説のため

桜の開花から1週間。ようやく日差しも暖かくなり、つぼみの膨らみが大きくなっています。

春はフレッシュマンの季節。桜吹雪の中を新しいスーツで闊歩す姿をあちこちで見かけます。ここ数年の新社会人の就職内定率はアップしています。最新の厚生労働省の発表では、2015年度3月は87.1%となり、昨年と比較して1.1%改善されました。これは、景気が回復した結果と言えるのでしょうか?
庶民感覚では、まったく景気がよくなったという実感はありませんが、一部上場企業の雇用状況が上向きになり、株価が上がっているという動きがあるのは事実です。

今回は、元日銀マンの小松英二氏の記事より、景気を見る代表的な経済指標である「景気動向指数」について紹介します。

曖昧な景気を総合的にまとめる指標
株価などが動く背景には、景気(経済活動の状況)の動向(上向きか、下向きか)があります。一般的に景気が上向きだと株価や金利が上昇しますし、景気が下向きだと株価や金利は下がります。そのため、景気の動向をある程度つかめれば、投資判断にも活かせます。

景気をつかむ経済指標には、生産、消費、雇用関係などさまざまな種類があります。馴れていないと、どの経済指標が重要か分かりません。また、複数の指標が常に同じ方向を向くとは限りません。上を向く数値あり、下を向く数値あり、上昇数、下降数のカウントも容易ではなく、全体の動向はとてもつかみづらいのが実情です。このように曖昧模糊(あいまい・もこ)とした景気を総合的に捉える“おまとめ指標”が景気動向指数。内閣府が景気に敏感な経済指標を集約・合成して毎月発表しています。

投資に役立つのは先行系列
具体的には28種類の経済指標が選ばれています。そしてポイントは3系列に分けていること。景気の動きを先取りして動く指標を先行系列(機械受注、新設住宅着工床面積など11指標)、景気と歩調を合わせて動く指標を一致系列(鉱工業生産指数、大口電力使用量など11指標)、景気が変化した後、しばらくしてから動く指標を遅行系列(家計消費支出、完全失業率など6指標)。それぞれの系列内における指標の動きを合成して一本の数字にまとめています。

3系列の中でも、投資判断に役立つのは先行系列です。3カ月から6カ月先の景気の動きを示唆するといわれていますので、景気の先行きを見るためには有力な材料です。

先行系列の1つ「新設住宅着工床面積」をピックアップしましょう。この床面積が増えるということは、住宅を建て始めた人が増えていることを示します。そうすると、まず建築資材(材木、コンクリート、ガラス、タイルなど)の調達が必要ですので、これらの売上高が増えることが予想されます。また、住宅が完成すると、家具や大型家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど)の売上も増えるでしょう。景気が良くなっていく道筋が想像できます。
アベノミクスが始まり上昇基調にあった先行系列は、2014年3月を境に横ばい、ないし若干の低下基調にあります。消費増税の影響が想定外に大きかったとの政府の説明です。

さて。2016年3月発表の最新の景気動向指数は、昨年8月より下降傾向が続いています。昨年12月にアベノミクス開始後の最低を記録し、2016年1月ではやや上向きになりましたが、以前として低下基調です。基調判断としては、「足踏みをしている」となっていますが、果たしてそうでしょうか?マイナス金利にインフレ傾向で物価が上がると財布の紐はますます引き締められていき、景気がよくなる要素が見出せません。

今後も「景気動向指数」をしっかり見守って、自ら判断することが必要です。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

非公開: 「アベノミクスってなに?」マネギャルのケツ論

マネギャル第6回のテーマは「アベノミクスって何?」。

僕らが知っていた、いや知ったかぶりをしていた「アベノミクス」とはぜんぜん違うものでした。まさかそんな意味だったとは!?
マネギャルパワー全開!
本当にこの通りだったらで日本は確実に明るくなりそうです!

※ホントの高橋先生による「アベノミクス」解説動画はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『アベノミクスってなに?』

左からフウカ、シエナ、キョン

キョン「テーマはアベノミクスってなんでしょう?だって」
シエナ「あべ?あれのあべ?」
キョン「あれのあべだよ。あれのあべ」
シエナ「あれのあべ」
キョン「あれのあべ」
シエナ「あべちゃんがパーリーしたい、パーリーMIX?」
キョン「あ〜、あべMIXでパーティMIXね。チャラ(笑)」
シエナ「なんか若者にアピールしたいってこと?」
キョン「あ〜」
フウカ「若者アピール???」
キョン「確かにね〜」
シエナ「なんかあべちゃんが好きな人はほとんど年上じゃない?」
キョン「あ、まぁまぁまぁ、じいちゃん、ばあちゃんの方が高いよね。」
シエナ「そう、だから、若者にアピールしたいキャンペーン」
キョン「あ、だから、あべちゃんのMIX」
シエナ「DJ ABE〜」
フウカ「今のは面白い。面白さまんてん」
フウカ「アベ・ノミクス?アベ・ノ・ミクス?」
キョン「ミクス?お好み焼きミックスみたいな」
シエナ「なんかオバマちゃんの真似じゃない?オバマケアみたいな、アベノミクスみたいな」
キョン「あ、パクリってこと?」
フウカ「パクリ?アイツ?」
キョン「ヤベェな!?バイヤー、バイヤー」
フウカ「お金、お金?? (話に)お金混ぜる?」
シエナ「お金しか考えないから」
フウカ「でも経済系のなんかってことはさ、やっぱお金絡んでるんじゃないの?」
キョン「ん〜、なんかオリンピックとか絡んじゃってるテイスト?なのかね?」
フウカ「何?何?何?」
キョン「なんかまぁ、とりあえずなんか目立ちたかっただけって感じじゃないかな?
    別に対してなんかやったってわけじゃないから」
フウカ「キャッチコピーみたいな?」
キョン「そうそう「サンジャポ」みたいな」
フウカ「音だけで選んだ、みたいな」
キョン「そうそうそう」
シエナ「はい。新しい使命感見つかりました〜。DJさんでーす。」
キョン「どうする?スーツ、スーツでさぁ、なんか溜池山王でDJしてたら」
シエナ「ギャップ良いんじゃない?」
キョン「でも逆にね、若者受けするよね。」
シエナ「うんうんうん」
フウカ「若者受けして投票率とか上がるんじゃない?」
キョン「ね、そうだよね。」
キョン「でも、あべさんで考えると、なんか最近そのニュースで見てたのが、
    夏のボーナスに320万くらいもらってるんだよね。あの人」
フウカ「アイツ!?」
キョン「だからDJ機材買えるよ!多分。DJ機材買える買える。
    全然良いの買える。多分。」
フウカ「一式揃えられるね。」
キョン「でもパニックになりたかったから、とりあ、なんかその横文字?」
フウカ「横文字(笑)」
キョン「でもさぁ、アベノミクスってそういうことじゃない?
    シエナが言った、なんだっけ?あべちゃんの」
シエナ「あべちゃんの・・どっちだっけ?」
キョン「パーテティMIXでしょ」
シエナ「ABEのパーリーMIX」
キョン「はい。じゃああべ、、あべじゃない、
    マネギャルの結論は「DJ アベのPartyMIX」
    アゲテけー!!日本のtopこれだぞって自慢できる(笑)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜いまさら聞けないアベノミクス〜【第13回】高橋先生の教えて経済ニュース

アベノミクスは3本の矢からなる安倍政権の経済政策です。

約20年間、日本は円高やデフレによって経済が成長しない期間が長く続いていました。
この円高やデフレからの脱却がアベノミクスの目的です。

3本の矢とは。
1つめは大胆な金融緩和です。
これは、世の中に出回るお金の量を増やして景気をよくしていこうというものです。
2つめは機動的な財政出動です。
これは、老朽化した道路や橋の修復等、公共事業により経済を活発にしていこうというものです。
3つめは民間投資を喚起する成長戦略です。
日本では企業の活動において様々な制約やルールがありますが、これを緩和し、自由に経済活動を行ってもらおう
というものです。

アベノミクスによって経済状況は大きく改善しましたが、すべての国民が恩恵を受けられている訳ではありません。
また、海外の景気動向にも影響を受けてしまいます。
そういった意味では日本全体で景気が良くなるにはまだ時間がかかるかもしれません。

動画はこちら

アベノミクスでおトクなローンはコレだ!

住宅ローンを組む時、一番悩むのは「金利タイプ」でしょう。
どの金利タイプを選択すべきかは、「経済状況(金利水準)」と「家計の余裕度」で決まります。

まず、経済状況との関わりから見ていきましょう。
おさらいですが、基本的に「景気」と「金利」は連動します。景気が良くなる局面では金利が上昇し、景気が悪くなると金利は低下すると覚えておきましょう。

金利がボトム圏(十分に下がりきってこれ以上は低くならないような状況)にあるときには、低金利の恩恵をできるだけ長く享受するために、「全期間固定型」を選ぶのが賢い選択です。反対に、景気が絶好調で金利水準もピークに達しているときは、金利の下降に伴って返済負担を軽くできる「変動金利型」を選ぶのが有利です。

現在は、アベノミクスにより異次元的にお金をジャブジャブ状態にし、人為的に金利を低く抑えこんでいる状況。一生で二度と遭遇することがないかもしれないほどの超低金利です。このような時期には、フラット35などを利用し、全返済期間を超低金利で固定してしまうのがセオリー。変動金利型や短期の固定期間選択型に比べて金利が高めで、当初の返済額が多くなったとしても、30年、35年といった長期で見れば、お得で安心と言えるでしょう。

金利タイプを選ぶうえで同時に確認したいのは、家計の余裕度です。
これは、将来金利が上昇して、返済額がアップすることに対し、どれくらい耐えられるかを見るものです。
住宅購入後もそれなりに貯蓄が残っている、毎月しっかり貯蓄ができている、子どもの教育費の負担が小さい(あと数年で終わる)、いざとなったら妻が働くことができるなど、金利が上昇しても対応可能であれば、変動金利や短期固定を一部ミックスしてもOKです。複数の金利タイプを組み合わせるミックスプランは、全期間または長期の固定期間選択型で金利上昇リスクを抑えると同時に、金利が早い時期に大きく上昇しなかった場合には、変動または短期の固定期間選択型で低金利のメリットを享受するという一挙両得を狙えます。

逆に、貯蓄や収入が少ない、子どもの教育の負担が大きい(今後増えていく)、いざというときも妻が働きに出られないといった状況であれば、金利が上昇するリスクを避け、借入の全部または大部分を全期間固定型にするほうが無難でしょう。

【マネーゴーランド意識調査】2日休めば10連休!!今年のGWを有効活用せよ

2016年のカレンダーを見て気づかれた方も多いかもしれませんが、今年のゴールデンウィークはその名の通り“黄金週間”になりそうな予感。

5月2日(月)と6日(金)を休みにすれば、最大で10連休という超特大サイズの休暇が訪れます。そこでマネーゴーランド編集部では、ゴールデンウィークの過ごし方についての意識調査を独自に実施しました。

その結果によると、すでに予約済みという方は4.3%、検討をはじめている方は17.7%、旅行の予定はなしという方は42.6%、その他が35.4%という結果に。それらをふまえてさらにアンケートを進めたのが以下の内容です。予定を決めている方もそうでない方も、こちらを参考にして有意義なGWを過ごしてみてはいかがでしょうか。

●(アンケート分析1)10連休でも国内強し!
「今年のGWに行きたい(行く予定の)場所を教えてください」という設問では、国内と答えた方が76.1%もいました。有効回答数の4分の3を占める圧倒的な割合です。逆にいえば、国内は混雑、海外は狙い目とも言えるでしょう。10 連休というめったにない休暇だからこそ、海外を選ぶのもおすすめです。

●(アンケート分析2)憧れのヨーロッパ旅行を実現
今度は海外/国内それぞれの行きたい(行く予定の)地域を具体的にうかがってみました。海外とお答えいただいた方ではハワイが一番人気で、全体の約3割を占めています。次いでヨーロッパ、グアム・サイパンという結果に。なかなか行けないヨーロッパも今年のGWならいける!!と思い切った方も多いようです。

●(アンケート分析3)国内ドライブもおすすめ
行きたい地域の傾向がバランス良く分かれた海外に対し、国内での行きたい地域はみなさんバラバラ。北海道がトップの14.2%、次いで東京、沖縄と続きましたが、それ以降は全国各地の地名が並んでいます。これは日本各地にインフラが整い、電車でも車でも自由に出かけられる証なのかもしれません。国内旅行は、目的地に向かうまでのルートも醍醐味のひとつ。北海道にはいくつもの断崖をトンネルで走り抜ける追分ソーランライン(国道228号)や、これぞ北海道!! といえる景色が広がる美瑛の国道237号線などがあり、沖縄には両サイドに真っ青な海と珊瑚礁が見える全長1960mの古宇利大橋があったりと、国内の絶景ドライブルートを満喫するのもおすすめです。

●(結論)数字から見えてくること
GWを有意義に過ごすためには、他人の動向も気にしておきたいところ。国内が混んでいるならいっそ海外へ、ハワイが人気なら東南アジアのビーチリゾートへと、アンケート結果の数字から自分なりのGWの過ごし方が見つかります。目的地を決めるだけではなく、そこにたどり着くまでの過程を楽しむドライブなど、工夫次第でGWはいくらでも楽しめるのではないでしょうか。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数2,500名)

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング