マイナス金利の今、株を買ってハッピーになるための基本の「キ」

5088.jpg

このレシピを実行して

50,000貯まる!
<材料>

・使い道の決まっていないお金 約10万円~

<Point>

1株式会社は私たちのまわりにたくさんある

2証券取引所に登録している会社の株は誰でも買える

3株を買うということはその会社に資金を提供すること

4株を買ったときより高い値段で売れば利益が得られる

※ある上場会社の株を10万円のときに買い、15万円のときに売った場合。売買手数料、税金は考慮せず

マイナス金利で、証券会社の口座開設に申し込みが殺到しています。

「株」や「株式投資」というと、これまでは私には関係ない、お金持ちの人がやるものと思っていませんか?そうです、編集部のメンバーもみな自分には関係ない、「株」はなんだか遠い世界の話と思っていました。ニューヨークの五番街に燦然と金色に輝くトランプタワーに象徴されるドナルド・トランプのような巨額の資金を動かせる投資家たちによるものだと思っていました。そうつい最近までは。ところが、マイナス金利になって、銀行預金しているだけでは、預金は守られないどころか、実質目減りしていくことが明らかになるにつれて、このままではいけない、と強く思うようになりました。そう、今からでも遅くない!自分のライフプランの中に、資産形成を組みこんで、少しづつでもお金を増やす努力をしないことには、たいへんなことになるということだけがわかってきました。
そういう人たちの多くが、口座開設へ殺到しているのでしょう。

ここでは、そういう株ビギナーに向けて、「株」の基本をお伝えします。

関係ないと思っているけれど、実は、「株」って誰にとっても身近なものなのです。
世の中にはたくさんの会社があります。たとえば、

いつも買い物をするスーバーやコンビニを経営している会社、
通勤・通学に利用している電車やバスを走らせている電鉄会社やバス会社、
冷蔵庫やエアコンなどの家電製品を作っている会社、
服や靴、バッグなどを作っているメーカー、
パンやコーヒーなど食料品や飲料を製造したり海外から輸入したりしている会社、
電力自由化で話題の電気やガスなどのエネルギーの会社

などなど……

株式会社は「株」でお金を集めている
世の中のこうした会社の多くは「株式会社」という形をとっています。株式会社とは、事業を行うのに必要なお金を「株」を使って集めている会社のこと。

株式会社はいろいろな人から、事業資金を提供してもらいます。そして「株」を発行して、資金提供してくれた人に渡します。この仕組みを違う見方で見ると、お金を出して「株」を買うことになるわけです。つまり、株を買うということは、その会社に資金を提供すること、つまり「出資すること」なのです。出資して株を受け取った人は「株主」と呼ばれます。

日本には170万社あまりの株式会社があります。そのほとんどは規模が小さく、株を買える人を親族や知人などに限っています。

上場するとだれでも「株」を買える
一方、最初は規模が小さくても成長して大きくなり、より多くの事業資金を必要とする会社もあります。そうなると関係者からの出資だけでは足りないので、株を「証券取引所」というところに登録して誰でも買えるようにします。
証券取引所に登録することを「上場(じょうじょう)」、登録している会社を「上場会社」といいます。現在、上場会社の数は3,500社ほど。私たちが名前を知っているような大きな会社はたいてい上場会社です。

保有数に応じて「配当」や「株主優待」がある
上場会社の株なら誰でも買うことができます。株を買って「株主」になると、年に1回か2回、会社の利益の一部を保有する株数に応じて受け取れます。これが「配当」です。会社によっては「株主優待」もあります。また、保有している株はいつでも売ることができ、買ったときより高い価格で売れば、その差額を得ることができます。

たとえば、お気に入りのお店を経営している会社や好きな商品を作っている会社などの株を買えば、その会社にお金を出資することなり、その会社を応援することになります。そんな会社の株を買って、利益が得られればとてもハッピーですよね?

マイナス金利に負けないで、応援したい会社の株を買って、会社も株主もWin-WInの関係になる。
それがいちばんハッピーな方法なのです。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

マイナス金利で口座開設申込み殺到!投資初心者の心得とは?

証券会社の新規口座開設に申込み殺到しているそうです。

マイナス金利の影響で、これまで投資にはとんと無縁だった人や関心のなかった人が、銀行預金だけでは実質目減り(マイナス)になることにようやく気づきました。にわかに資産形成づくりのために何かをしようと動き始めました。重い腰を上げていざ始めよう!と勢いはあるのですが、何しろ初心者です。何から始めたらいいのかさっぱりわかりません。

投資初心者が取り組みやすいのが「投資信託」という話はよく聞きます。ただ「その数は5,000超え!」と聞くとちょっととたんに腰が引けちゃいます。投資の「と」の字もわからない、トーシロです。いったいドーシロというのでしょうか?

でも安心してください!ちゃんとできます!どんな種類があるかを知れば目指す投資信託にたどり着けます。スーパーで買い物をするにも「あれはレトルト食品だね」「食品コーナーの奥にあるはず」との判断で買い物もスムーズですよね?投資信託もスーパーの買い物tと同じです。種類とスタイルを理解すれば、スムーズに目的にたどりつけます。今回は、元日銀マンの小松英二氏の記事から、投資初心者のいろはを伝授します。

「株式投資信託」と「公社債投資信託」の2種類
投資信託の種類は、株式を主な投資対象とする「株式投資信託」と、株式はまったく組み入れずに公社債を投資対象とする「公社債投資信託」とに大きく分かれます。

前者の株式投資信託は、儲かるかもしれませんが損する可能性もありますので、概してリスクが高いといった特徴があります。ここでのリスクは、日常で使う“危険”とは違った意味を持ちます。投資の世界では、“損得の振れ幅”が大きいことをリスクが大きい、“振れ幅”が小さいことをリスクが小さいといいます。つまりリスクは“不確実性”を表します。

ここで「株式投資信託には何%ぐらい株式が含まれるの?」といった疑問がわくかもしれません。実は株式比率の高低は投資信託によりさまざま。比率の高い株式投資信託はハイリスク・ハイリターン(儲けが多い反面、損失も多い可能性)、比率の低い株式投資信託はミドルリスク・ミドルリターンといった傾向があります。投資初心者は株式の比率を3割以下に抑えた株式投資信託から選ぶと良いでしょう。

後者の公社債投資信託は、株式がまったく含まれず、国債や社債などの公社債(債券)への投資が中心ですので比較的安全性が高いといえます。債券は国や企業などが多数の投資家から資金を借入れる際に発行する、いわば“借用証書”のようなものです。債券やそれに集中投資する公社債投資信託は、株式などのように派手さはありませんが堅実な金融商品(出したお金“元本”が保証されるわけではない)といえます。(ただし、MMFなどの公社債信託は、マイナス金利の影響で、現在はすべて購入停止となっています)

「パッシブ」と「アクティブ」、運用スタイルで選ぶ
もう1つ別の切り口で見ていきましょう。それは運用スタイル(考え方や手法)による分類です。パッシブ運用は、ニュースでお馴染みの日経平均株価のような指数の動きにできるだけ近い運用成果を目指す、いわば守りの運用スタイル。それに対してアクティブ運用は、日経平均株価などを上回る運用成果を目指す、攻めの運用スタイルです。両者に一長一短はありますが、投資初心者には安全性を重視するパッシブ運用から始めることをお勧めします。

いかがでしたか?
投資初心者の投資入門は、
株を3割以下に押さえた「株式投資信託」を長期で「パッシブ運用」する
というのがよろしいのではないでしょうか?
善は急げ!さっそく証券会社に口座を開設しましょう!

マイナス金利で殺到!住宅ローンの借り換え検討中の人が考慮すべき点

マイナス金利の導入で、一気に注目を浴びているのが、お金を借りる「ローン」です。

というのも、超低金利の中、さらに金利が下がり、お金が借りやすくなったからです。住宅ローンの借り換えの申し込みが殺到するというのもうなずけます。借り換えには、それなりの手間とコストはかかりますが、それを差し引いても、低金利でローンを組みなおしたほうが、トータルの返済額が減額できるので、殺到しているといえるでしょう。

ところで、本当に借り換えでローンは減額できるのでしょうか?そこで、今回は、住宅ローンの借り換え検討中の人が、考慮すべきポイントを考えてみます。

変動金利で0.5%、10年固定で0.8%まで下がっている
最新の住宅ローンをみると、変動金利では、0.5%まで下がってきています。とくにじぶん銀行やイオン銀行など、ネット銀行の下げ率が高いです。5年前の水準と比較すると、1%以上下がっていることになります。住宅ローンの1%の違いは、かなり大きいです。トータルの返済金額からすると、数百万円の違いになります。仮に3000万円のローンであれば、300万円以上の返済額を減らすことができるのは大きなメリットです。

借り換えで、「長期固定型」に変更
借り換えには、これまでのローンを一括返済して、さらに別の金融機関(原則、同じ金融機関で借り換えができないため)でローンを組み直す必要があります。借り換えの手数料もかかります。数十万円の新たなコストを払っても借り換えのメリカットがあるかどうかの見極めの目安は、残高1000万円以上、期間10年以上、金利差1%といわれます。そして、これまで変動型や、3年・5年といった短期固定型で借りていたローンを、「長期固定型」に変更することをおすすめします。当面はマイナス金利が続くとは思われますが、金利は将来かならず上がるからです。そうなった場合、返済額がまた増加することになります。しかし、借り換えのタイミングで長期固定に変更してしまえば、それは最後まで低金利のママでトータルの返済額が増額することはありません。

転職などで年収が下がった場合は要注意!
転職などの理由で年収が大幅にダウンした場合、新しいローンの審査が通らない場合があります。諦めるのは早いです。そんなときのオクの手は、現在借りている銀行と金利交渉してみましょう。ダメ元で粘り強く交渉すれば、必ず道は開けます。

マイナス金利は、お金を借りる側から考えると、長期間にわたり低金利でお金が借りられる、まさに「マジックアワー(魔法の時間)」のようなものともいえるのです。もうこんな「魔法の時間」は2度とこないかもしません。このときを利用して、ローンを積極的に借りましょう!ひいては、それが日本経済を動かすことになるのです。

※住宅ローン借り換えとマイナス金利について
マイナス金利を活かせ!週末、住宅ローンの借り換えに急げ!
住宅ローンの借り換えをするなら今が得?〜マイナス金利は私たちの生活にどんな影響をもたらすのか〜
マイナス金利、住宅ローンがお得?

マイナス金利の今、「株主優待」は、超高齢社会を生き抜くサバイバル術!

マイナス金利の影響で、銀行預金が絶望的な状況です。

このような状況下では、自己防衛策のひとつとして、投資を真剣に考えなければならない時期にきています。これまで、「投資」というと、余剰資金を「株」や「金」に注ぎ込んで運用するという、潤沢な資金を持った富裕層のための方法で、とても庶民には関係ないシロモノというイメージでした。ところが、マイナス金利の昨今ではそうもいってられなくなりました。今後、銀行に置いておくほうが、目減りするリスクが発生するとも限りません。

そこで、にわかに注目されているのが、「株主優待」です。株主優待とは、簡単に言えば、株を発行している企業が株を持っている株主に感謝の気持ちをこめておくる「お礼」といえます。食品メーカーであれば、自社ブランドの商品やレストランの招待券だったり、サービスの無料券だったりします。一般消費者向け企業でなくても、図書カードだったり、商品券、それに見合う金品が届きます。株を保有しているだけで、保有期間中ずっと株主優待は保障されるのです。それは、銀行預金でATMを使用のたびに、残高がマイナスになっていくよりもよほど魅力的だとは思いませんか?

確かに、初心者にとっては最初はハードルが高いのは事実ですが、正しい知識をもって、臨めばそれほど大きなリスクはありません。むしろ、安定した企業の株を買えば、企業が株主優待をやめない限り株主優待をもらうことができます。長期にわたって株主優待を受けつつ、配当金ももらえることになり、企業を応援しつつ、自分も恩恵を受けられる双方にとってハッピーな関係になると考えられます。

では、どうしたら株主優待を受けられるのでしょうか?

それは、株主優待を受けたい、企業の株を買うことです。つまり、株を一定数保有して、「株主」になることに他なりません。一定数は企業によって異なります。50株のところもあれば、100株必要なところもあります。また、同じ企業の株でも保有数によって、受けられる優待の内容が違ってくる場合もありますので、内容を事前に調べておく必要があります。たいていの場合、企業の最終決算月の最終営業日に決められた株数により、受けられる優待内容が決まります。

株主優待のメリットとデメリットは?
メリットは、企業から株主への感謝のプレゼントですから、無料で商品券や地方の特産物やサービスを受け取ることができることです。かなりの価値を持つものも多いので、日常生活で贅沢な気分を味わうことができるのも特典です。さらに、当然、株は売ることもできるので、買った金額よりも株価が上がっていたら、そのときに売ればお小遣いを稼ぐこともできます。

デメリットは、株を保有するということは、株価の変動によって影響を受けるということです。株価が買ったときより下がる可能性も当然あります。長期保有で株主優待しかチェックしていないと、株主優待のメリットを受ける以上の損をすることにもなりかねません。株価の上がり方、下がり方には、それぞれ特徴があります。特徴を把握することで、リスクを最小限にとどめることもできます。

何よりも、何もやらずに手をこまねいて、資産を減らすよりも、やってみることで知力と体力を鍛えることこそが、加速する超高齢社会の日本を生き抜くためのサバイバル術といえるのではないでしょうか?

株主優待のはじめの一歩 はこちらから
働かなくても毎年、無料で豪華な商品が手に入ります

無料で届くものは食べ物がいいですか?商品券がいいですか?


これだけでいいの?株主優待の受け取り方やメリット、デメリット

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

【ネットショッピング】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.6

こんにちは、作家・まんが家の歌川たいじです。

みなさまは、どのくらいネットショップを利用されておいででしょうか。
ワタクシが暮らしております粗末な家は、新宿駅から遠くはなく、ビックカメラも紀伊國屋書店も伊勢丹もドンキホーテも散歩がてらに行けるところにあります。なのに、ついつい買い物となるとAmazonでポチッてしまう体たらく。

健康のために歩きなさいとよく言われるのですが、歩くのがきらいなわけではありません。実際、よく歩いているのです。ただ、荷物を持って歩くのが大きらい。ポケットに入らないものは持ち歩きたくないのです。そんなワタクシに、ネットショップは強い味方なのでした。
最近ではネットショップの価格競争により配送会社ほかのステークホルダが儲けられず、青息吐息であるとか。課題はまだまだたくさんありますね。ですが、ネット注文による流通がますます成長していくであろう事は、疑いようがありません。

今後の課題としてぜひ、ネットショップのみなさんに検討していただきたいのが、「レコメンド商品表示の洗練」です。過去に買ったものの傾向から表示されるレコメンドによる事故は、マイノリティにとって恐ろしいものでして、会社でたまたま開いてしまったAmazonのレコメンド表示で腐女子なのがバレてしまった友人が数人おります。友人の腐女子達は、萌えようもない男性の同僚が抱き合うのを見せられ「どうだ、萌えるのか」とからかわれて、「おまえなんかに萌えるかッ」と怒りに震える日々を過ごしているそうです。レコメンド表示は、おしゃべりな商店街のオバサン的なキャラとなっているのかもしれません。

そして、ワタクシから個人的にAmazonさんにお願いです。私の著書を私にレコメンドするのは、やめていただけないでしょうか。どうか、他の人に薦めてほしいのです。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】

ランキング