【女子高生スマホ事情 Vol.3】「iCloudなんてイマイチわからない」

5058.jpg

 流行に敏感な女子高生たちのスマホ事情を探る本連載。第3弾となる今回は、彼女たちのセキュリティ意識や学校での利用方法などについてインタビューしてみた。

●今回の登場人物
・Aさん:
神奈川県内の公立高校に通う3年生。スマホはSoftBankのiPhone 6を使用。

・Bさん
神奈川県内の公立高校に通う3年生。auのiPhone 6sを使用。学校は別々だが、同じアルバイト先に勤務するという間柄。

■ニュースはTwitterのほぼ一択。セキュリティは?

[Aさん]ニュースは、テレビ以外では、Twitterのニュースを見ています。

[Bさん]私も、ニュースはTwitterか、調べ物をしていてYahoo!に気になる見出しがあれば見ます。

[編集部]ニュースといえば、ベッキー騒動が話題になったけど、あの出来事には、LINEが絡んでいたよね?

[Aさん]LINEが流出しているんじゃないか、って不安になっている子もいたけど、LINEを使うのをやめるっていう選択肢は、なかったですね。連絡手段がなくなっちゃう。ちなみに、私たちの間では、まぁ別にベッキーは悪くないよね、みたいな風潮です(笑)。

[編集部]彼氏のスマホを見ちゃうとか、ありますか?

[Aさん]見ないですね。見るのは怖いです、なんかありそうで(笑)。でも、見られるのは別にいいかなって思っていて、そんなに抵抗がないです。

[Bさん]うん。見ることはない。見たらなんか、終わりだなって思う(笑)。でも、指紋認証で開けるから、相手が寝ている時に、手を勝手に動かして、画面を開いてみたいなって思ったことはある(笑)。自分が見られるのは抵抗ないし、そういうことで喧嘩になったりもしないですよ。

■情報流出は怖いけど、紛失や出会い系の経験も

[Bさん]スマホを使っていて怖かったな、って思ったのは、知らない人から連絡がきたことかな。LINEを新しくつくり直すと、みんなの情報が消えちゃうから、Twitterで声かけたら、嗅ぎ付けた知らない人から、「Twitterから来ました」って、LINEがきた。その時は、非通知の電話がかかってくることも多かった。

[Aさん]「電話番号が登録されました」って、勝手にメッセージが入ってきたこともあって、怖かったです。

[Bさん]失敗したなぁ、っていう経験は、よくやるんですけど、スマホにはストラップが付けられないから、あちこちでなくしちゃうんです。家の電話からかけて探せる時はいいんだけど、外でなくしたら、行った場所をとりあえず手当たり次第探す。なかったら、お客さまセンターに相談して、利用停止してもらう。そんな状況になるとわかっていても、『iPhoneを探す』みたいなアプリは入れずに、いつも自力で探します(笑)。

[編集部]スマホのアンケートとか、小遣い稼ぎみたいなものをやったことはある?

[Bさん]小遣い稼ぎはないですね。知り合いに、ちょっとだけやったことがある人はいるけど。でも、出会い系の登録なら、1回だけあります。友達とふざけて、やってみるかー? って。あと、「斉藤さん」っていう、無作為に誰かと繋がるテレビ電話のアプリを使ったことがある友達もいて。起動していたら、夜10時ぐらいに電話がかかってきて、相手と会ったみたいです。ちょっと怖いですよね。

■家庭でも学校でも自由に使用。PCは使わず、とことんスマホ!

[Aさん]親から「この時間帯は使うな」とかは、特に言われないですね。家でネットを閲覧するのも、もっぱらスマホ。パソコンはあるけど、自分専用のものは持っていないし、日常的にパソコンを使おうとは思わないから。

[Bさん]Wi-Fi環境だから、OSのアップデートなんかも出てくる表示に従って簡単にできるし、スマホだけでいい。パソコンと連動させる方法もよくわからないし、iCloudなんて、イマイチ使い方がわからないですね。そこら辺を簡単にしてほしいです。家にはタブレットもあるけど、持ち歩く習慣もないし、画面が大きいところがやっぱり好きになれない(笑)。

[Aさん]今持っているスマホの容量は64GBで、使用量は半分ぐらい。私は音楽をあんまり聴かないから、容量も余るし、バッテリーももつ。音楽を聴く時は、電池の消費を抑えられる機内モードにして使います。だから、モバイルバッテリーなんかも、遠出する時しか持ち歩かない。iPodもiTunesも使わず、音楽は無料アプリを使うことが多いかな。LINE MUSICやAWAなどの定額サービスは、1回使っただけで、すぐ消しちゃいました。

[編集部]学校でも、ずっとスマホを使っていたりするの?

[Aさん]ずっとではないですけど、授業中に使ったりもしますよ。教科書などを立てて隠すか、堂々とやるか(笑)。怒られるかどうかは、先生によるんです。ゆるい先生だと言われないから。

[Bさん]私立の高校だと、朝、没収する所もあるらしいけど、公立だったら、携帯電話は自己管理でOKの所が多いみたい。もちろん、先生にもよるから、生活指導担当の先生に見つかって、反省文を書かされている子はいました。

[Aさん]授業中でも、調べ物をする時は、先生からも「使っていいよ」って言われるんです。写メなんかは、先生がいる時に撮ると、さすがに怒られるから、授業中は使わない。時間に気をつければ、学校でのルールは特にないですね。

<関連記事>

画像一覧

  • 女子高生のスマホ事情とは?
  • 女子高生のスマホ事情とは?

提供元

関連記事

特集

関連記事

【2016 桜情報】都心から1時間、さがみ湖夜桜イルミネーション

 「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」は3月18日~4月10日の期間、2,000本の桜とイルミネーションの共演が楽しめる「さがみ湖イルミリオン―夜桜イルミネーション」を開催する。

 「さがみ湖イルミリオン―夜桜イルミネーション」は、関東最大級となる550万球のイルミネーションと、ソメイヨシノをはじめとした約2,000本の桜による光と桜の祭典。都心からわずか1時間で、華やかなイルミネーションの光とライトアップされた桜が生み出す幻想的な空間を味わうことができる。

 さがみ湖リゾートでは園内の起伏に富んだ地形を活かし、見下ろすことも見上げることもできるように桜が植えられている。都心では味わえない、ダイナミックなスケールのお花見が楽しめるのも、さがみ湖リゾートの魅力のひとつだという。ほかにも、スイセンやモクレンなどさまざまな花を楽しめる。

 園内中心部にあるレストラン「ワイルドダイニング」の大きな窓からは、食事をしながらのお花見も可能。また、観覧車やペアリフトなど全10種類の乗り物に期間限定でイルミネーションの装飾を行い「ナイトアトラクション」として営業する。ほかにもバーベキューや温泉など、夜桜鑑賞をしながらさがみ湖リゾートを満喫できる。

 日本気象協会の発表によると、東京都心の桜の開花予想は3月23日ごろ(3月9日時点)。例年、相模湖は都心の開花から数日遅れることから3月25日ごろから咲き始め、3月末~4月にかけて見頃を迎えそうだという。

◆さがみ湖イルミリオン-夜桜イルミネーション
営業期間:3月18日(金)~4月10日(日)※予定
営業時間:17:00~21:30(最終入場は21:00)
※昼間の営業時間は日によって異なるため、ホームページで確認が必要
※昼間からプレジャーフォレストに入園している人は、イルミリオンをそのまま観覧できる
入場料金:大人800円、小人500円

【4月1日(金)午前0時から!】新料金体系になる首都高速 トクするためのスマート活用法

平成28年4月1日(金)午前0時から首都圏の高速道路料金が変わります。新料金体系はドライバーにとって得なのでしょうか、それとも損になるのでしょうか。

●圏央道を含むその内側の高速料金が変わる
これまで分かりにくかった首都圏の高速料金。その料金体系が4月1日から変更されます。「高速自動車国道の大都市近郊区間」に統一され、車種区分も一緒に変更。料金体系を整理・統一することで利用者に分かりやすいサービスの提供が期待できるようになりました。

●嬉しいメリットもある
都心部の渋滞を解消し圏央道や外環道の利用を促すため、4月1日以降は出発地と目的地が同じであれば、どんな経路を利用してもその区間の最短距離の料金となります。都心部が渋滞しているため環状線を使って遠回りになったとしても、追加料金はかかりません(ETC車のみ)。

●分かりやすくなった新料金
これまでETC車の基本料金は「6キロ毎の料金距離に応じて加算される」というものだったのに対し、4月1日以降は「0.1キロ毎の料金距離に応じて10円単位で加算される」というものに変更されます。分かりやすく言えば、100メートル走るのに10円かかるということ。グラフにすると斜め上に向かって一直線に軌跡を描く感じです。ちなみに従来までは6,000メートル走るといきなり料金が上がる方式。グラフで描くと階段のように上がっていく感じです。5,999メートルと6,000メートルのわずか1メートルで金額が大きく変わってしまう、不公平感のあるものでした。

●25キロ以上走ると損
今回の料金改定では、下限/上限料金の金額も変更されます。これまで下限510円/上限930円だったのに対し、新料金体系では下限300円/上限1,300円に変更。短い距離しか乗らない(5~20キロ程度)人にとっては割安なのに対し、距離を乗る人(だいたい25キロ以上)には割高となりました。

●現金払いは絶対に損
ちなみに現金払いの場合、4月1日以降は一律で料金アップ。これまで「普通車930円」「大型車1850円」でしたが、4月1日以降は「軽・二輪1070円」「普通車1,300円」「中型車1,380円」「大型車2,040円」「特大車2,600円」に変更されます。

●軽自動車はトクをする
これまで首都高では、「普通車」と「大型車」の2車種区分だったのですが、4月1日からは「軽・二輪」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5車種区分に変更されます。この恩恵を最も受けるのが軽自動車。これまで軽は普通車と同じ扱いでしたが、4月1日以降は軽・二輪区分の料金になります。割合で換算すると、支払料金を普通車1とした場合、軽・二輪は0.8(中型車は1.07)となります。参考までに大型車は1.65、特大車は2.14という数値です。※従来までの2車種区分では、普通車1.0に対し大型車2.0という割合でした。

●渋滞緩和を目指した新割引もスタート
慢性渋滞の都心部への流入を防ぎ、多少遠回りになったとしても追加料金が発生しないよう、ETC割引もはじまります。現状の環境ロードプライシング割引はそのまま継続、都心流入割引や都心流入・湾岸線誘導割引を新たにスタート。大口。多頻度割引は範囲を拡充して継続となります。

今回の料金改定で最も恩恵を受けるのは、20キロ未満の短い距離を頻繁に利用する方と軽自動車のオーナー。この方々にとってはおトクに、そうではない方にはちょっと割高になった印象です。ただし今回の改定によって渋滞を避けるために迂回しても追加料金が発生しない工夫がされているため、時間に換算すれば利用者すべてがおトクになるといえるでしょう。

【電力自由化攻略!】電力自由化にまつわる 不安を解消します!

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.07】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●ついに電力自由化がはじまります
2016年4月1日よりはじまる電力全面自由化。すでに電力プランを変更された方や多くのプランを検討中の方、さらにとりあえずまずは様子見をしておこうという方など、電力自由化に対していろんな対応をされているのではないでしょうか。4月1日を目前に控えた今、あらためて知っておきたい電力自由化に対する疑問をQ&A方式で解説します。ここであらためて電力自由化に対する不安を解消しておきましょう。

Q 新しく契約し直さなければならないの?
A これまでと同じ電力会社を使い続けても問題はありません。これまでは住まいによってあらかじめ電力会社が決まっていたものが、4月1日から自由に選べるようになったのが電力自由化ですので、もちろん今のままの電力会社を選ぶ「自由」もあるわけです。その場合は、4月1日以降も特別に必要な手続きは必要ありません。

Q 新しい電力会社に切り替えるのにお金はかかるの?
A 原則として切り替え費用は一切かかりません。現在お使いの電気メーターをスマートメーターに交換する必要がある場合でも、電力会社の負担で取り換えることになります。

Q どんな電力会社にも変更することができるの?
A 基本原則としてどこでも自由に選べるようになったのが電力全面自由化ですが、実際には各電力会社によって対象エリアが異なったり、使用するアンペアによって制限を設けたりしている場合もあります。また携帯電話会社が発表している電力プランは、そのキャリア(携帯電話)の契約している方のみを対象にしていることもありますので、各ホームページでチェックすることをおすすめです。

Q 新電力会社にはどうやって契約するの?
A 新しく電力プランを発表している新電力会社には、ほとんどの場合ホームページが用意されています。そこに詳しい手続き方法が掲載されているため、まずはHPをチェックすることから始めてみるのが良いのではないでしょうか。ちなみにソフトバンクでんきやauでんきの場合、HPだけでなく街中にある店舗でも申し込みが可能です。疑問をその都度直接訊くことができるのでとても便利です。

Q どうやって選べばいいのか分かりません
A 自分なりのこだわりを見つけるのが一番大切です。選ぼうと思えば、発電する方法まで選ぶことができる自由化。環境にやさしいグリーンエネルギーなら多少割高でもいいという人もいるでしょうし、何よりも安定した供給は譲れないという方もいると思います。マネーゴーランドでは、おトクにこだわった電力プランをこれまでご紹介してきました。お手持ちのカードのポイントが貯まる、提携マイルが貯まる、インターネットが安くなるなど、自分なりのこだわりをまずは見つけてから選ぶのが最善の策ではないでしょうか。

Q どれぐらい安くなりますか?
A 一概にどれくらい安くなるということは言えませんが、付加価値によっておトクを得ることは十分できます。電気料金だけで比較してもなかなか分かりませんですが、ポイント還元によって得られるメリットは決して少なくありません。プラスアルファをいかに有効活用できるかが重要です。

Q 賃貸住宅に住んでいても切り替えることはできますか?
A 現在使われている電力会社と個人で契約をされている場合は、自由に新電力会社に契約し直すことができます。ただし社宅など、賃貸住宅自体でまとめて契約をしている場合は、個別に契約を見直すことはできません。

●焦って契約する必要はなし
「2016年4月1日からスタートします」と言われると、何かしなければいけないという義務感を覚える方も多いと思いますが、焦りは禁物です。現状のままで4月1日を迎えても問題はなく、時間をかけて検討するのが良策です。中には早く契約すればポイントプレゼントといったサービスを行なっている会社もありますが、いちど契約すると短期で解約する際に解約手数料(違約金)が発生する場合もあるためじっくり検討するのが一番です。また、4月1日を目前に控えても各電力プランが十分練られていないケースも多く、新電力会社がすべて出揃っていない感も否めません。じっくり検討し、自分が納得のゆくプランが出てくるまで様子見を続けるのもひとつの手といえるでしょう。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
【Vol.04】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
【Vol.05】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン
【Vol.06】ガス+電気+サービス、まとめておトクな電力プラン

【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.02】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●携帯電話代も電気料金も安くなる
電気料金を見直す絶好の機会がいよいよやってくる!! 2016年4月1日からスタートする電力全面自由化を前にして、今からどこの会社を選ぼうかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、みなさんに一番身近な携帯電話会社が提供する2つのプランをじっくりと解説してみたいと思います。※こちらでは、関東圏にお住いの方が選べるプランに限定してご紹介しています。関東圏以外のみなさま、ごめんなさい。(掲載内容は2016年2月15日現在のものです。)

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」
人気CMでおなじみのソフトバンクが電力自由化に参入を表明。サービスプランはその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

【ソフトバンクでんき】
・特徴:携帯料金が毎月最大300円安くなる
・供給元:東京電力
・対象:ソフトバンクの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリア
・ポイント:Tポイント(電気代1,000円につき5ポイント付与)
・プラン:ライフスタイルに合わせた4プランを展開予定

<総評>
日本の3大キャリアが展開する電力プランということで注目度は大。ただし現在ソフトバンク契約中の方しか利用することはできないので注意が必要。さまざまなサービスに転用できるTポイントが貯まるのは嬉しいところ。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「最大4000ポイントのau WALLETプレゼント」
ソフトバンク以外にauも電力自由化に参入。こちらも電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。ただしこちらは一般的なポイントの付与はなく、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。

【auでんき】
・特徴:au WALLETプリペイドカードに毎月キャッシュバック
・供給元:従来と同じ(選ぶことはできない)
・対象:auの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:全国(沖縄県および一部離島は提供エリア外)
・ポイント:au WALLET
・プラン:キャッシュバックで対応

<総評>電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっている。

日本の3大キャリアのうち、auとソフトバンクが早くも電力自由化に参加。ただしNTTドコモは具体的なプランは何も発表していないのが気になるところです(東京電力および中部電力とのポイントサービスの提携のみ発表)。au、ソフトバンクいずれも契約者のみに提供するプランというのが注意点ですが、すでに各キャリアに契約している方にとってはどちらも魅力的なプランとなっています。

次回(vol.3)では、エネルギー会社の新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

ランキング