【海鮮】ふるさと納税のおすすめ自治体を紹介します

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・ふるさと納税の海鮮

<Point>

1ふるさと納税は海鮮の種類も豊富

2量が多いものから質の高いものまで

3ふるさと納税でも海鮮の人気は高い

4982.jpg

海で上げられたばかりの新鮮な海の幸は誰もが好きです。

白い筋が光に反射してキラキラ光る脂の乗ったサーモン、適度に茹で上げられて真っ赤に染まった身の詰まった蟹、濃厚なタレをたっぷり浸けて焼き上げられた香ばしい香りのするうなぎの蒲焼き。
どのような調理法でも美味しく食べられる魚はまさに日本の伝統食と言っても過言ではありません。
そのような新鮮な海の幸をふるさと納税で手に入れてみませんか?ふるさと納税とは地方の自治体に寄付を行うことですが、最近は地方からのお礼の品として特産品がもらえることにも注目が集まっています。
寄付金も必要書類を送るだけで税金が大きく控除されるため、実質2000円で様々な地域の特産品を手に入れることができるのです。今回はふるさと納税で手に入れられる海の幸を少しだけ紹介します。

・長崎県平戸市
まずは長崎県からの紹介です。この平戸市ではウチワエビやサザエといった様々な種類の貝や甲殻類がお礼として送られてきます。あまりにも人気であるため、現在でも9ヶ月待ちと非常に人気が高いふるさと納税です。
とにかく美味しい地方の特産品を手に入れたい!と考える方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

・愛知県碧南市
続いて愛知県からです。碧南市では1万円の寄付で手に入れられるうなぎの炭火焼が人気なようです。愛知県といえばやはりひつまぶしが有名ですよね。つまり、ひつまぶしに使用されるような美味しいうなぎをふるさと納税でもゲットできてしまうのです。
確実に味の保障はできると考えられるので、うなぎ好きな人はぜひ試してみて下さい。

・北海道根室市
最後はやはり北の大地、北海道から紹介します。やはり北海道とだけあって、ふるさと納税でも豊富な種類の海の幸が用意されています。その中でも注目なのがずわいがに、しまえび、いくらのセットがわずか1万円の寄付金額で手に入れられるということ。
日頃なかなか贅沢できない人は、ふるさと納税くらいは贅沢を楽しんでみてはいかがでしょうか。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

結局ふるさと納税って何がお得なの?ふるさと納税3つのメリットをおさらいします

今や節約上手な主婦であれば、ふるさと納税は聞いたことがないという人はほとんどいないでしょう。

総務省のデータによると、寄付金の総額は年々増えており、26年度では14億円もの寄付金がありました。
これはふるさと納税を利用する人が増加しており、ふるさと納税の魅力を感じる人が多数いることを表しているとも言えます。
今回はさらなるふるさと納税の魅力を知ってもらうために、3つのメリットをご紹介します。

・地方の特産品がもらえる
ふるさと納税とは、そもそも地方に寄付することを言います。どうして寄付をしただけで、特産品がもらえるの?と思われる方もいるかもしれません。
それは、寄付を受けた地方がふるさと納税をしてくれた人に対するお礼として特産品を送ってくれるからです。
このお礼の品が非常に豪華であり、普段のスーパーで買わないような高級肉や海の幸、さらにはパソコンまでもらうことができる地域も存在します。
寄付をしただけで、豪華なお礼がもらえるということが一つの大きなメリットと言えるでしょう。

・税金が控除される
地方に寄付を行った場合、その寄付金額に応じて税金が控除されます。この控除額が非常に大きく、寄付金額−控除額=実質負担が2000円で上のような豪華な特産品がもらえるのです。
控除される税金の金額は収入によっても大きく変わるので、一度税金控除の目安を見ておくとよいでしょう。

・手続きが簡単
最後のふるさと納税の魅力として、ふるさと納税の手続きが簡単であるということが言えるでしょう。
というのも必要な書類は個人を証明する書類やワンストップ特例制度という、確定申告が不要で済む書類などを自治体に発送するだけ。
以前は確定申告が必須となっておりハードルが高かったですが、そのハードルもワンストップ特例制度によってずいぶんと下げられました。

このように豪華な特産品がもらえて、税金が控除されて、手続きも簡単なふるさと納税をぜひ試してみましょう。

ふるさと納税で大失敗!?ランキング上位ほど、気をつけなければならない理由とは!

今や、やっていない人は確実に損をしているとも言われるふるさと納税という制度があります。

地方の自治体に寄付を行うことで、税金が控除される制度であり、寄付を行った自治体からの豪華なお礼の品にも注目が集まっています。
実質2,000円の負担でA5ランクの牛肉や新鮮な海の幸を手に入れたという話は非常に魅力的であり、誰もが一度そのような制度を利用しない手はないと考えるのではないでしょうか。

しかし、あまりにもふるさと納税のお得な面ばかりに目が行ってしまうと大きな失敗をすることにもなりかねません。もちろんふるさと納税はノーリスクで地方の特産品が手に入る素晴らしい制度なのですが、落とし穴も存在します。
この落とし穴を知らずして、次々にふるさと納税をしてしまうと、あなたは必ず後悔するでしょう。特にふるさと納税ランキングでも常に上位に入るような地方からの特産品には注意が必要です。
なぜランキングでも常に上位に入るような地域では、よりいっそう注意する必要があるのでしょうか。

それは、ふるさと納税のお礼の品はいつ届くのかわからないからです。

つまり、ふるさと納税をすることによって、お礼の品が届くのはもちろんなのですが、お礼の品が届くまでの期間を正確に把握することができません。場合によってはふるさと納税をした時期が1ヶ月ずれていても同じ時期にお礼の品が届くことがあります。
お礼の品が同時に2個かぶるくらいだったら、それほど大きな問題にはなりません。しかし、3個、4個と同時期にふるさと納税のお礼の品が届いた場合、処理に困ったという話は少なくありません。
特にお礼の品が人気の地域であるほど、お礼の品も豪華であると考えられます。例えば、同時期に豚肉が4kg、かにが1kg、牛肉が2kg届き、3人家族で食べることばかりに必死になり、結果的に美味しく食べられなかったではせっかくのふるさと納税の旨味も半減してしまいます。
ですから、お礼の品がどれくらいで届くのか?ということも考えながら、ふるさと納税を行ってもらえたらと思います。

知らなくて大赤字!?ふるさと納税の大きなデメリットとは

最近、頻繁にメディアに取り上げられたこともあり、ふるさと納税に対する熱が爆発的に上昇しています。

ふるさと納税とは地方に寄付を行うことで、その地域の特産品を受け取り、寄付金額に応じて税金が控除される制度です。

そんなメリットの大きいふるさと納税ですが、一方でデメリットが存在することもご存知でしょうか。

テレビなどではふるさと納税によるメリットばかりが強調され、このデメリットを見逃している人も少なくないようです。

このデメリットを正しく認識しておかなければ、あなたはふるさと納税の恩恵を受けられないかもしれません。ふるさと納税で得をしたはずが、実はこのデメリットによって、完全に赤字ということも十分に考えられるのです。

逆にこのデメリットをしっかり認識しておけば、ふるさと納税の恩恵を最大限に受け取ることができます。あなたがすべきことといえば、淡々とふるさと納税の手続きをするだけです。地域の特産品として送られてきた、口に入れただけでとろける高級和牛や表面がキラキラと光る新鮮な海の幸といった特産品を十分に受け取ることができるのです。

ですから、しっかりふるさと納税のデメリットも把握してください。
それは、ふるさと納税による税金の控除額には上限があるということです。

つまり、ふるさと納税は年収に応じて、メリットを受けられる寄付金額が決まっています。その上限を超えてしまうと地域の特産品を受け取ることはできますが、税金の控除はされません。

税金の控除がされないということは寄付したお金があなたの元に戻ってくることがないので、実質、寄付したお金で特産品を買ったような形になるのです。

しかし、これではふるさと納税のメリットを十分に受けているとは言いがたいです。ふるさと納税による税金の控除額は、ネットでシミュレーションできるサイトもあり、簡単に調べることができます。このデメリットを踏まえた上で楽しくふるさと納税を活用しましょう。

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

投資初心者、安全性を重視するパッシブ運用から始めてみては?

投資初心者、取り組みやすいのは投資信託と言われます。ただ「その商品数は5,000を超える!」と言われてしまうと、余計どこから始めていいのかわからないのが本音ではないでしょうか?

でもご安心ください。まずはどんな種類の投資信託があるかを知ることができれば、目指す投資信託にたどり着くことができます。例えばスーパーで買い物をする際にも「あそこに調味料が売ってるね」「鮮魚コーナーの先に冷凍食品がある」など知っていることで買い物がスムーズになりますよね。最初から大きところを知ろうとせずにまずは目の前のわかりやすいところから始めてみる。それが基本です。

それでは投資信託における事情を見ていきましょう。

まず投資信託の種類は、株式を主な投資対象とする「株式投資信託」と、株式はまったく組み入れずに公社債を投資対象とする「公社債投資信託」とに大きく分かれます。

前者の株式投資信託は、儲かるかもしれませんが損する可能性もありますので、概してリスクが高いといった特徴があります。ここでのリスクは、日常で使う“危険”とは違った意味を持ちます。投資の世界では、“損得の振れ幅”が大きいことをリスクが大きい、“振れ幅”が小さいことをリスクが小さいといいます。つまりリスクは“不確実性”を表します。

ここで「株式投資信託には何%ぐらい株式が含まれるの?」といった疑問がわくかもしれません。実は株式比率の高低は投資信託によりさまざま。比率の高い株式投資信託はハイリスク・ハイリターン(儲けが多い反面、損失も多い可能性)、比率の低い株式投資信託はミドルリスク・ミドルリターンといった傾向があります。投資初心者は株式の比率を3割以下に抑えた株式投資信託から選ぶと良いでしょう。

後者の公社債投資信託は、株式がまったく含まれず、国債や社債などの公社債(債券)への投資が中心ですので比較的安全性が高いといえます。債券は国や企業などが多数の投資家から資金を借入れる際に発行する、いわば“借用証書”のようなものです。債券やそれに集中投資する公社債投資信託は、株式などのように派手さはありませんが堅実な金融商品(出したお金“元本”が保証されるわけではない)といえます。

もう1つ別の切り口で見ていきましょう。それは運用スタイル(考え方や手法)による分類です。パッシブ運用は、ニュースでお馴染みの日経平均株価のような指数の動きにできるだけ近い運用成果を目指す、いわば守りの運用スタイル。それに対してアクティブ運用は、日経平均株価などを上回る運用成果を目指す、攻めの運用スタイルです。両者に一長一短はありますが、投資初心者には安全性を重視するパッシブ運用から始めることをお勧めします。

守りと言われると少し動きにくいかもしれません。でもまずは知ること、そして続けるためにも守りから入ってみる、そんなやり方が初心者には向いているかもしれませんね。

ランキング