必ず稼げる!クラウドソーシングで月に5万円稼ぐために今あなたがすべきこととは?

4979.jpg

このレシピを実行して

50,000貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングの報酬の得方

<Point>

1企業は労働力を安く買いたたく

2副業収入を伸ばすには自分に合った仕事をする

3スキルを高めて見合った報酬案件を探す

※社会人が稼ぎたい副業の月収

クラウドソーシングを利用した副業で月5万円稼げるとしたら、あなたはやってみたいと思うでしょうか。

おそらく多くの人はやってみたい!と考えるでしょうし、今すぐにでも紹介してくれ!と言うもいるでしょう。
しかし、実際にクラウドソーシングで月に5万円もの金額を稼ぎ出している人は多くありません。クラウドソーシングで仕事をしている人のほとんどが、少ない収入で割に合わない仕事をこなしているのが現実です。
ですから、月に5万円稼ぐなんて専門的知識を持っていない限り難しい!と考える人が多いのではないでしょうか。

確かに専門的知識があれば月に5万円稼ぐのは容易でしょう。しかし、専門的知識がなくても月に5万円程度なら稼ぐことは十分に可能です。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための方法についてお話しします。
この方法を実践すると、あなたの副業収入は見る見る伸びていくでしょう。今の報酬が2倍になることも普通にありえます。
それだけでなく、スキルや時間にあった仕事ができます。必死に作業をこなして雀の涙程度の報酬しかもらえない現状から抜け出すのです。
そうすれば学生の人は現在のアルバイトを辞めることもできますし、社会人であれば飲み会や同僚とのランチを心置きなく楽しむことができます。
ですから、この方法をしっかり実践してください。

それは、自分のやりたい仕事をやりたい条件で探すということです。
これだけ聞くと、わがままなやつだと思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングなどの在宅ワークは本来働く人にとってメリットがなければなりません。
ですから、ある程度は働き手が報酬と仕事の種類を選ぶことができるはずです。
ところが、最近のクラウドソーシングマッチングサイトなどを見ていると、企業が労働力を安く買い叩いているようにも見えます。
つまり、少ない報酬で多大な労働力を得ようとしている企業が大半なのです。全ての企業がそういうわけではありませんが、そのような企業には気をつけなければなりません。

自分の仕事は自分で探して欲しいだけの報酬を勝ち取れるように交渉していきましょう。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

文章の執筆者必見!確実にアクセスが集まる記事を書く方法とは

近頃クラウドソーシングを利用した文章を書く仕事が急増しています。アクセスの集まる良い文章が書ければ、あなたの報酬はみるみる上がっていきます。

周りに記事の執筆で稼いでいる人がまだまだ少ないため、クラウドソーシングでお小遣い稼ぎということに実感が湧かないかもしれません。しかし、記事の執筆のような誰にでもできる仕事であっても月収で20万円を超えている人がいることも事実です。
それほど大きな報酬を得るためには、どれだけたくさんの記事を書くのだろうと疑問に思われるでしょう。確かに、そのような人は毎日のように記事を書いていることは間違いありません。
しかし、それ以上に質のいい記事を書くことに妥協をしません。質のいい記事を書くことができれば1記事あたりの報酬も増えます。1記事の報酬が増えれば、より短い時間でお金を稼ぐことができるのです。
そうすれば時間のないサラリーマンや子育てをしている主婦でも立派な副業になります。月に5万円の副収入も可能です。

では、アクセスの集まる記事とはどのような記事なのでしょうか。
それは、記事を読む人の疑問を解決する記事だということです。
どういうことだ?と思われるかもしれません。
例えば、タイトルが「春先に使える便利グッズ10選」というタイトルであれば、読者は便利グッズが何なのかという疑問を持ちます。
それなのに内容が花見の絶好スポットが紹介されていても読者の疑問は解決されません。上のようなタイトルであれば必ず便利グッズを紹介し、読者の疑問を解決させてあげないといけないのです。

一見当たり前のようにも感じることですが、意識して文章を書いている人は少ないのではないでしょうか。
このような記事を書くためには、始めから記事に書く内容を決めておく必要があります。
読者に最も伝えたい内容を用意しておいて、それに沿って記事を書いていると、自然と文章の内容がまとまってきます。
文章の内容がまとまると読者の疑問が解決される記事になり、アクセスアップも見込めるのです。
ぜひとも始めに伝える内容を決め、読者の疑問を解決する記事を心がけていただけたらと思います。

あなたの文章はわかりにくい?上司へのメールで意識すべきポイントとは

日常的に文章を書く機会が増えてきた。そのように感じるサラリーマンが増えています。

例えば上司への報告書や取引先とのメール、プレゼンの資料なども、全て対面して言葉で伝えるのではなく、文章を通してあなたの考えていることを伝えなければなりません。
そのとき、あなたの文章を読み手が正しく理解していれば問題ありません。しかし、時として読み手があなたの考えを読み取るのに苦労し、間違った理解をしてしまう場合もあるのです。
個人的なメールならそれほど深刻にはならないでしょう。上司があなたに一つ確認を入れれば、問題なく意思疎通ができるでしょう。
しかし、もし急ぎの大きなプロジェクトである場合、あなたのメール一つで会社が大きな損失を出すことにもなりかねません。そのメールがあなたの意図から外れた理解がされていれば、それはあなたの責任です。
たかが文書一つと思われるかもしれませんが、今の時代、その文書一つが非常に重要な役割を果たしているのです。
ですから読み手にわかりやすい文章を書く方法をしっかりと身につけてもらえたらと思います。

その方法とは、主語をはっきりさせる。ということです。

当たり前のことだ!と思われたかもしれません。しかし、あなたは日常的に主語を省略した会話をしています。会話には流れがあるので、主語を省略するのはそれほど悪影響にはなりません。
しかし、メールなどの返信を行う場合には、そのような流れがほとんどないと考えられます。
上司は数時間前、あるいは数日前に送ったメールの内容を全て把握した上で、あなたからの返信を読むわけではありません。
膨大なメールや文書の中から、必要な情報を抜き取っているのです。そこでメールや文書に自分が必要としている情報がないと間違った理解をしてしまうことも十分に考えられます。
そのような理解させにくい文章を書いて二度手間になるよりも、一度読めばわかる文章を書くほうが効率的なのは目に見えています。

ぜひ、主語を意識して文章を書いてもらえればと思います。

web記事ライターの新常識!読みやすい文章を書くためのコツとは?

一昔前、新聞は世間の情報を知るためには必要不可欠なものでした。毎朝、父親が椅子に座って、顔が隠れるほど新聞を全面に広げて読んでいたことを覚えている人も多いでしょう。

時代は少し流れて、最近は新聞の代わりとしてwebから情報を得ることも多くなりました。一度webで検索をかけるだけで、自分の知りたい情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。

web記事を読む人の増加に伴い、web記事を執筆する人も増えました。彼らは毎日、自分の情報を必要としてくれる人のために、パソコンを目の前にカタカタと文字を打ち込んでいるのです。

しかし、あまりにもweb記事の執筆を行う人が急激に増えたため、文章の執筆を右も左もわからないような人が書いていることも事実です。今回はそのような人のために、知って得する、記事執筆の大原則についてお話しします。

この大原則を知っていれば、あなたの記事の読者が急増するでしょう。一度記事を書けば、アクセスは次々に伸びていき、報酬も右肩上がりに増えていくでしょう。ライターとして企業から個別にオファーがあるかもしれませんし、アフィリエイトなどで自分1人でも十分に稼げる収入を得ることもできるでしょう。この大原則を知ることで、上記のことが実際に起こり得るのです。ですからしっかりと目を通してください。

それは、文章を10歳児にもわかるように執筆するということです。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれません。しかし、意外とできていない人が多いのです。

例えばビジネスマンで日ごろからよく使うような言葉はたくさんあります。受理、アポ、直帰、ロジカルシンキング、など10歳児には全く理解できません。わかりやすい文章を書こうと考えていても、自分の日常会話から外れられず、ついついわかりにくい言葉を使ってしまうことも多いのです。

このような読み手にわからない言葉は、文章を読んでいるだけでストレスになります。読み手にストレスを与えてしまうと、すぐにページのバツボタンを押されて、読まれなくなってしまうのです。そのようにならないためにも、わかりやすい言葉を使うことを意識しましょう。

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

【マネーゴーランド意識調査】調達データを征すれば、お花見は何杯(倍)も楽しめる!

桜前線が北上を始める頃になると、待ちに待ったお花見シーズンがやってきます。新入社員の歓送迎会を、桜の木の下でおこなう会社も多いのではないでしょうか。

そこでマネーゴーランド編集部では、「飲み会についての意識調査」を独自に実施。ちょっと意外な事実や納得できる情報などが判明しました。お店とは違い自分たちで飲み物をすべて調達しなければならない若手社員の方にも、ぜひ参考にしてもらいたいマネープランです。

●何はともあれまずはビール
最初にうかがったのは、「お花見や歓送迎会、同僚や知人との飲み会の席でアルコールを飲まれる際に、おもに何を飲まれますか?」という質問。アンケート結果では、ビールを飲まれる方が全体の45.0%と圧倒的多数。次いでカクテルが続き(18.8%)、以下サワー(12.6%)、梅酒(6.0%)、焼酎(5.2%)と続きます。飲み会の席における「とりあえずビール」は、アンケート結果によっても証明されています。

●ウーロン茶とコーラは必須
もちろんお酒を飲まない方もいらっしゃることから、「ソフトドリンクを飲まれる際には、おもに何を飲まれますか?」という質問も同時におこなってみました。結果は、ウーロン茶(41.6%)とコーラ(16.3%)で半数以上を占めています。それ以外の飲み物は、人それぞれの嗜好によって分散傾向にあることが分かりました。

●アルコールの補充は抜かりなく
今度はアルコールを召し上がる方を対象に「お酒は何杯飲まれますか?」という質問を実施。男女別に分けて集計してみました。男女とも2杯飲まれるという方が1番多く、続いて3杯と答えたのが男女とも2番目という結果に。お酒は1杯だけでやめるという方は少ないようです。おもしろいのは、同じ2杯飲むと答えた割合が、男性よりも女性の方が多くなっているということ。お酒は男性の方が強いというのはもはや過去の話。現代の働く女性はお酒も強いという結果になっています。

●現場の対応力を発揮して飲み会をスマートに乗り切ろう
「女性が多いからアルコールは少なめでも大丈夫」そんな常識は過去のものといえる今回のアンケート結果。男女関係なくお酒を飲まれる方は、2杯目、3杯目と召し上がる頻度が高いため、お酒は多めに用意しておきましょう。まずはビールを半分以上用意し、次いで梅酒と焼酎を確保。ソフトドリンクと焼酎を割れば即席のサワーがつくれるので、ほかのアルコール類は適宜あれば問題なし。一方ソフトドリンクは、ウーロン茶とコーラをとりあえず用意。あとはジンジャーエールやオレンジジュースがあれば、サワーを作るときに重宝するはずです。必須のアルコール銘柄とソフトドリンクは欠かさずに、あとは柔軟に現場対応することで、会社におけるあなたの評価も確実に上がります。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,200名)

ランキング