信用取引と現物取引、私に向いている取引はどっち?

4985.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・信用取引と現物取引

<Point>

1信用取引には様々なリスクが存在する

2現物取引は長期投資家向け

3信用取引は使いどころが大事

株式投資を始めたいと考える人は現物取引と信用取引とどちらがいいのか?と悩む方も少なくないでしょう。

現物取引とは自分が持っている資産のみで投資を行うことを指し、信用取引は自分が持っている現金や株を担保として自分の資産以上の金額を動かすことができます。
それぞれメリット、デメリットが存在しますが、どのような人には現物取引が合っているのでしょうか。また、どのような人には信用取引が合っているのでしょうか。それぞれの特徴を見て行きましょう。

・動かせる金額
信用取引の大きな特徴の一つとして、動かせる金額の大きさにあります。自分を信用してもらって現金や株を動かすので、借金のようであまり良いイメージは持てないかもしれません。
しかし、信用取引では、自分の資産の最大3倍の金額を動かすことができるので、トレードが上手く行けば得られるリターンも大きいと言えるでしょう。

・株の売買
現物取引であれば、株を買うしか方法がありませんが、信用取引であれば空売りで利益を出すこともできます。空売りとは自分が持っていない株を一時的に借りて、後で借りた株を買い戻すという方法です。
つまり、株価が高いときに売っておいて、株価が下がったときに買い戻せば、その差額だけ利益を得られるという方法なのです。

・手数料
さて信用取引で考えられる一つのデメリットがこの手数料です。現物取引であれば取引にかかる約定手数料のみですが、信用取引には株や現金を借りている以上金利が発生します。
当然長期的に借りるほど、金利も大きくなるため、長期的に信用取引で借りるのはあまり賢い選択肢とは言えなさそうです。

・リスク
最後にリスクについてです。現物取引は自分の資産以上に現金を失うことはありません。しかし、信用取引は自分の資産の3倍以上の金額を運用しているため、自分の資産以上の損を出すことも考えられます。信用取引においては、リスクヘッジも十分にしておくことを忘れてはいけないと言えるでしょう。

いかがだったでしょうか。これらのことから短期的にトレードを繰り返す人であれば信用取引もいいですが、長期的にインカムゲインを狙う人には信用取引は向かないと言えるでしょう。
それぞれのリスク管理をしながら株式投資してもらえたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

投資初心者、安全性を重視するパッシブ運用から始めてみては?

投資初心者、取り組みやすいのは投資信託と言われます。ただ「その商品数は5,000を超える!」と言われてしまうと、余計どこから始めていいのかわからないのが本音ではないでしょうか?

でもご安心ください。まずはどんな種類の投資信託があるかを知ることができれば、目指す投資信託にたどり着くことができます。例えばスーパーで買い物をする際にも「あそこに調味料が売ってるね」「鮮魚コーナーの先に冷凍食品がある」など知っていることで買い物がスムーズになりますよね。最初から大きところを知ろうとせずにまずは目の前のわかりやすいところから始めてみる。それが基本です。

それでは投資信託における事情を見ていきましょう。

まず投資信託の種類は、株式を主な投資対象とする「株式投資信託」と、株式はまったく組み入れずに公社債を投資対象とする「公社債投資信託」とに大きく分かれます。

前者の株式投資信託は、儲かるかもしれませんが損する可能性もありますので、概してリスクが高いといった特徴があります。ここでのリスクは、日常で使う“危険”とは違った意味を持ちます。投資の世界では、“損得の振れ幅”が大きいことをリスクが大きい、“振れ幅”が小さいことをリスクが小さいといいます。つまりリスクは“不確実性”を表します。

ここで「株式投資信託には何%ぐらい株式が含まれるの?」といった疑問がわくかもしれません。実は株式比率の高低は投資信託によりさまざま。比率の高い株式投資信託はハイリスク・ハイリターン(儲けが多い反面、損失も多い可能性)、比率の低い株式投資信託はミドルリスク・ミドルリターンといった傾向があります。投資初心者は株式の比率を3割以下に抑えた株式投資信託から選ぶと良いでしょう。

後者の公社債投資信託は、株式がまったく含まれず、国債や社債などの公社債(債券)への投資が中心ですので比較的安全性が高いといえます。債券は国や企業などが多数の投資家から資金を借入れる際に発行する、いわば“借用証書”のようなものです。債券やそれに集中投資する公社債投資信託は、株式などのように派手さはありませんが堅実な金融商品(出したお金“元本”が保証されるわけではない)といえます。

もう1つ別の切り口で見ていきましょう。それは運用スタイル(考え方や手法)による分類です。パッシブ運用は、ニュースでお馴染みの日経平均株価のような指数の動きにできるだけ近い運用成果を目指す、いわば守りの運用スタイル。それに対してアクティブ運用は、日経平均株価などを上回る運用成果を目指す、攻めの運用スタイルです。両者に一長一短はありますが、投資初心者には安全性を重視するパッシブ運用から始めることをお勧めします。

守りと言われると少し動きにくいかもしれません。でもまずは知ること、そして続けるためにも守りから入ってみる、そんなやり方が初心者には向いているかもしれませんね。

あなたは大丈夫?株で大損している人が行っている投資とは

あなたは株式投資で失敗をしたいですか?

この答えにイエスと答える人は、まずいないのではないでしょうか。しかし、現実として株式投資をするにあたって、投資ではなく博打をしている人が多いように感じます。
わたしはきちんと投資を行っている!という人もいるかもしれません。そのような人はこれからも投資を続けてもらえたらと思います。

一方、なぜこのような話をするのか疑問に思われる方もいるかもしれません。というのも自分はきちんと毎日ニュースやネットから情報を得て、正しく投資をしていると誰もが信じているからです。
しかし、このような情報を信じて、投資することが本当に堅実なのでしょうか?
この情報に落とし穴があるとは本当に考えられませんか?
今回は堅実に株式投資をするあなたのために、情報を手に入れるリスクについてお話します。
このことを意識して投資をしておかないと、あなたは投資で大損することも十分に考えられます。投資に回す余裕資金を全て失うだけで収まればマシな方かもしれません。
頭ではダメな行動だとわかっていても、失った資金を取り戻すために、再び資金を投資に回し損を重ねます。そして、手を出してはいけないお金にまで株式投資に回したころには待っているのは破滅の一筋でしょう。
株式投資をするためには当然情報が必要です。しかし、情報の受け取り方一つ変えるだけでもあなたは勝てる投資家になることができます。ですから次のことをしっかり意識してください。

それは、ニュースの情報には噂も含まれるということです。

どういう意味か説明するために、経営不振の会社「A」が存在したとします。Aの経営は赤字続きで、いつ倒産してもおかしくない状況です。そのようなときにBという会社がAを買収する噂が流れたとします。
そうすると、Aの会社はBの傘下に入るので、Bの会社の信用が大きければ大きいほど株価は上昇するでしょう。
しかし、ここでAの会社の株を購入しても確実に儲けられる保障はありません。なぜなら、BはAを買収することが確定したわけではないからです。仮に買収しない場合、当然Bの株価は大きく下落します。そしてAの株を買った人は大きく損をしてしまうのです。

現状、このようなことはよく起こりえます。そのような不安定な会社に投資するのは博打以外のなにものでもありません。このような株はそっとしておいて、他の安全株に投資することを考えてもらえたらと思います。

株式投資初心者必見!はじめにあなたが選ぶべき投資先はどこ?

最近、現在の経済への不安もあり、資産運用という言葉を頻繁に耳にするようになりました。減り続ける年金、安定しない大企業、その他様々な理由があり、これからは会社や国ではなく1人1人が稼ぎだす時代と言っても過言ではありません。

そのような1人1人が稼ぎだす方法として、注目を集めているのが株式投資という方法です。株式投資は企業が発行している株式を売買し、その差額によって利益を出すという投資方法です。

しかし、株式投資初心者が無計画に株式投資をしてみようと証券口座を作ったとします。そうすると、目の前にある3000種類以上の株の中から何を買えばいいのかわからない!と思うことになるのは目に見えています。そこで今回はそのようなあなたのために、初心者が、まず最初に買うべき株についてお話します。

一般的に株式投資初心者は、真面目パターンと何も考えないパターンの2パターンに分かれると考えられます。真面目パターンは、損をするのが怖いために、株式投資に関する初心者向けの本を片手に持ちながら、わかりもしないチャートを必死に追い続けているパターンです。もう一方は、とりあえず経験のためにと言って自分のお金をトレードに突っ込んでいるパターン。トレードの作業だけはすることができますが、何の経験にもなっていません。このどちらも初心者にとってはあまり良い投資法とは言えません。真面目パターンはよりスキルの高い人が山ほどいますし、何も考えないパターンはそもそも株式投資に向いていません。

では初心者が、どこに投資すべきなのかを考えると、まず最初に買うべき銘柄は、ずばり自分の生活に身近な企業株だと思われます。なぜ、そのような企業に投資すべきなのかというと、経験値の高いトレーダーは株価チャートやインターネットの情報を元に、株を買うかを決めます。つまり、情報はインターネットから仕入れているものの、実際にその企業の商品を利用することは少ないと考えられます。もし、あなたが生活の中である商品がヒットすること間違いなしだと感じれば、その企業に投資をすればいいのです。

そのように投資を行えば、ネットから情報を得るトレーダーよりも先手を打つことができるのです。ですから初心者の方は身近な企業や商品を考えて投資を行ってもらえればと思います。

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

【マネーゴーランド意識調査】調達データを征すれば、お花見は何杯(倍)も楽しめる!

桜前線が北上を始める頃になると、待ちに待ったお花見シーズンがやってきます。新入社員の歓送迎会を、桜の木の下でおこなう会社も多いのではないでしょうか。

そこでマネーゴーランド編集部では、「飲み会についての意識調査」を独自に実施。ちょっと意外な事実や納得できる情報などが判明しました。お店とは違い自分たちで飲み物をすべて調達しなければならない若手社員の方にも、ぜひ参考にしてもらいたいマネープランです。

●何はともあれまずはビール
最初にうかがったのは、「お花見や歓送迎会、同僚や知人との飲み会の席でアルコールを飲まれる際に、おもに何を飲まれますか?」という質問。アンケート結果では、ビールを飲まれる方が全体の45.0%と圧倒的多数。次いでカクテルが続き(18.8%)、以下サワー(12.6%)、梅酒(6.0%)、焼酎(5.2%)と続きます。飲み会の席における「とりあえずビール」は、アンケート結果によっても証明されています。

●ウーロン茶とコーラは必須
もちろんお酒を飲まない方もいらっしゃることから、「ソフトドリンクを飲まれる際には、おもに何を飲まれますか?」という質問も同時におこなってみました。結果は、ウーロン茶(41.6%)とコーラ(16.3%)で半数以上を占めています。それ以外の飲み物は、人それぞれの嗜好によって分散傾向にあることが分かりました。

●アルコールの補充は抜かりなく
今度はアルコールを召し上がる方を対象に「お酒は何杯飲まれますか?」という質問を実施。男女別に分けて集計してみました。男女とも2杯飲まれるという方が1番多く、続いて3杯と答えたのが男女とも2番目という結果に。お酒は1杯だけでやめるという方は少ないようです。おもしろいのは、同じ2杯飲むと答えた割合が、男性よりも女性の方が多くなっているということ。お酒は男性の方が強いというのはもはや過去の話。現代の働く女性はお酒も強いという結果になっています。

●現場の対応力を発揮して飲み会をスマートに乗り切ろう
「女性が多いからアルコールは少なめでも大丈夫」そんな常識は過去のものといえる今回のアンケート結果。男女関係なくお酒を飲まれる方は、2杯目、3杯目と召し上がる頻度が高いため、お酒は多めに用意しておきましょう。まずはビールを半分以上用意し、次いで梅酒と焼酎を確保。ソフトドリンクと焼酎を割れば即席のサワーがつくれるので、ほかのアルコール類は適宜あれば問題なし。一方ソフトドリンクは、ウーロン茶とコーラをとりあえず用意。あとはジンジャーエールやオレンジジュースがあれば、サワーを作るときに重宝するはずです。必須のアルコール銘柄とソフトドリンクは欠かさずに、あとは柔軟に現場対応することで、会社におけるあなたの評価も確実に上がります。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,200名)

ランキング