今日からできる!得意先に自分の要求を通す方法とは

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・要求の通し方

<Point>

1人は行動しない

2行動の理由づけをする

4980.jpg

想像してみてください。

あなたは現在自分の仕事で忙しく、まさに猫の手も借りたいという状況です。そのように忙しなく動いているのは誰の目にも明らかなのに、上司があなたに一言。
「そこの書類全部コピーとっといて」
おそらく多くの人が、なんで自分がしなければいけないんだ?と感じるでしょう。上司であれば仕方ないと従う人もいるかもしれませんが、同僚に頼まれたとあれば、断る人も多いのではないでしょうか。
逆に自分が何かをお願いする立場でも同じことが言えます。このように自分の要求をただ相手に求めるだけでは、多くの人は首を縦に振らないでしょう。

では、自分の要求を通すにはどのように頼めばいいのかということについて、お話ししたいと思います。
この方法は対面だけではなく、文書やメールなどにも有効です。例えば社員への飲み会出席連絡といった誰もが嫌がるようなことにさえも有効なのです。
つまり、この方法を実践することができれば、あなたは対面であろうと文書であろうと他人を上手に動かすことができるのです。
朝早く会社に来て、あなたは自分だけの作業だけを淡々とこなし、雑務はできる限り他人に任せる。自分の仕事に専念できれば、自ずと社内の成績も上がるでしょう。
ですから、この方法をぜひ実践してみてください。

それは、相手に行動の理由付けをするということです。
どういうことだ?と思われたかもしれませんので、説明します。一般的にあなたを含む全ての人は面倒なことはできるだけしたくありません。つまり、要求をしたところで、行動をするための理由が明確でなければ行動を起こしたくないのです。
しかし、行動を起こすための理由がある場合は話が変わってきます。
実際にアメリカで取られたデータがあります。自分はコピーを5枚したいと思っている状況で、既にコピー機が他人によって使われている状況を考えます。
そのときコピーを割り込んでしたいとお願いしたときには60%程度しかお願いを聞いてもらえませんでした。しかし、急いでいるのでコピーを割り込んでしたいと話したときには、なんと95%の人がコピー機を譲ってくれたそうです。

このように一つ理由があるだけでも、人の行動は変わるのです。何か他人にお願いしたいことがある場合、ぜひ理由づけを実践してみてください。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

文章の執筆者必見!確実にアクセスが集まる記事を書く方法とは

近頃クラウドソーシングを利用した文章を書く仕事が急増しています。アクセスの集まる良い文章が書ければ、あなたの報酬はみるみる上がっていきます。

周りに記事の執筆で稼いでいる人がまだまだ少ないため、クラウドソーシングでお小遣い稼ぎということに実感が湧かないかもしれません。しかし、記事の執筆のような誰にでもできる仕事であっても月収で20万円を超えている人がいることも事実です。
それほど大きな報酬を得るためには、どれだけたくさんの記事を書くのだろうと疑問に思われるでしょう。確かに、そのような人は毎日のように記事を書いていることは間違いありません。
しかし、それ以上に質のいい記事を書くことに妥協をしません。質のいい記事を書くことができれば1記事あたりの報酬も増えます。1記事の報酬が増えれば、より短い時間でお金を稼ぐことができるのです。
そうすれば時間のないサラリーマンや子育てをしている主婦でも立派な副業になります。月に5万円の副収入も可能です。

では、アクセスの集まる記事とはどのような記事なのでしょうか。
それは、記事を読む人の疑問を解決する記事だということです。
どういうことだ?と思われるかもしれません。
例えば、タイトルが「春先に使える便利グッズ10選」というタイトルであれば、読者は便利グッズが何なのかという疑問を持ちます。
それなのに内容が花見の絶好スポットが紹介されていても読者の疑問は解決されません。上のようなタイトルであれば必ず便利グッズを紹介し、読者の疑問を解決させてあげないといけないのです。

一見当たり前のようにも感じることですが、意識して文章を書いている人は少ないのではないでしょうか。
このような記事を書くためには、始めから記事に書く内容を決めておく必要があります。
読者に最も伝えたい内容を用意しておいて、それに沿って記事を書いていると、自然と文章の内容がまとまってきます。
文章の内容がまとまると読者の疑問が解決される記事になり、アクセスアップも見込めるのです。
ぜひとも始めに伝える内容を決め、読者の疑問を解決する記事を心がけていただけたらと思います。

あなたの文章はわかりにくい?上司へのメールで意識すべきポイントとは

日常的に文章を書く機会が増えてきた。そのように感じるサラリーマンが増えています。

例えば上司への報告書や取引先とのメール、プレゼンの資料なども、全て対面して言葉で伝えるのではなく、文章を通してあなたの考えていることを伝えなければなりません。
そのとき、あなたの文章を読み手が正しく理解していれば問題ありません。しかし、時として読み手があなたの考えを読み取るのに苦労し、間違った理解をしてしまう場合もあるのです。
個人的なメールならそれほど深刻にはならないでしょう。上司があなたに一つ確認を入れれば、問題なく意思疎通ができるでしょう。
しかし、もし急ぎの大きなプロジェクトである場合、あなたのメール一つで会社が大きな損失を出すことにもなりかねません。そのメールがあなたの意図から外れた理解がされていれば、それはあなたの責任です。
たかが文書一つと思われるかもしれませんが、今の時代、その文書一つが非常に重要な役割を果たしているのです。
ですから読み手にわかりやすい文章を書く方法をしっかりと身につけてもらえたらと思います。

その方法とは、主語をはっきりさせる。ということです。

当たり前のことだ!と思われたかもしれません。しかし、あなたは日常的に主語を省略した会話をしています。会話には流れがあるので、主語を省略するのはそれほど悪影響にはなりません。
しかし、メールなどの返信を行う場合には、そのような流れがほとんどないと考えられます。
上司は数時間前、あるいは数日前に送ったメールの内容を全て把握した上で、あなたからの返信を読むわけではありません。
膨大なメールや文書の中から、必要な情報を抜き取っているのです。そこでメールや文書に自分が必要としている情報がないと間違った理解をしてしまうことも十分に考えられます。
そのような理解させにくい文章を書いて二度手間になるよりも、一度読めばわかる文章を書くほうが効率的なのは目に見えています。

ぜひ、主語を意識して文章を書いてもらえればと思います。

web記事ライターの新常識!読みやすい文章を書くためのコツとは?

一昔前、新聞は世間の情報を知るためには必要不可欠なものでした。毎朝、父親が椅子に座って、顔が隠れるほど新聞を全面に広げて読んでいたことを覚えている人も多いでしょう。

時代は少し流れて、最近は新聞の代わりとしてwebから情報を得ることも多くなりました。一度webで検索をかけるだけで、自分の知りたい情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。

web記事を読む人の増加に伴い、web記事を執筆する人も増えました。彼らは毎日、自分の情報を必要としてくれる人のために、パソコンを目の前にカタカタと文字を打ち込んでいるのです。

しかし、あまりにもweb記事の執筆を行う人が急激に増えたため、文章の執筆を右も左もわからないような人が書いていることも事実です。今回はそのような人のために、知って得する、記事執筆の大原則についてお話しします。

この大原則を知っていれば、あなたの記事の読者が急増するでしょう。一度記事を書けば、アクセスは次々に伸びていき、報酬も右肩上がりに増えていくでしょう。ライターとして企業から個別にオファーがあるかもしれませんし、アフィリエイトなどで自分1人でも十分に稼げる収入を得ることもできるでしょう。この大原則を知ることで、上記のことが実際に起こり得るのです。ですからしっかりと目を通してください。

それは、文章を10歳児にもわかるように執筆するということです。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれません。しかし、意外とできていない人が多いのです。

例えばビジネスマンで日ごろからよく使うような言葉はたくさんあります。受理、アポ、直帰、ロジカルシンキング、など10歳児には全く理解できません。わかりやすい文章を書こうと考えていても、自分の日常会話から外れられず、ついついわかりにくい言葉を使ってしまうことも多いのです。

このような読み手にわからない言葉は、文章を読んでいるだけでストレスになります。読み手にストレスを与えてしまうと、すぐにページのバツボタンを押されて、読まれなくなってしまうのです。そのようにならないためにも、わかりやすい言葉を使うことを意識しましょう。

【ネットショッピング】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.6

こんにちは、作家・まんが家の歌川たいじです。

みなさまは、どのくらいネットショップを利用されておいででしょうか。
ワタクシが暮らしております粗末な家は、新宿駅から遠くはなく、ビックカメラも紀伊國屋書店も伊勢丹もドンキホーテも散歩がてらに行けるところにあります。なのに、ついつい買い物となるとAmazonでポチッてしまう体たらく。

健康のために歩きなさいとよく言われるのですが、歩くのがきらいなわけではありません。実際、よく歩いているのです。ただ、荷物を持って歩くのが大きらい。ポケットに入らないものは持ち歩きたくないのです。そんなワタクシに、ネットショップは強い味方なのでした。
最近ではネットショップの価格競争により配送会社ほかのステークホルダが儲けられず、青息吐息であるとか。課題はまだまだたくさんありますね。ですが、ネット注文による流通がますます成長していくであろう事は、疑いようがありません。

今後の課題としてぜひ、ネットショップのみなさんに検討していただきたいのが、「レコメンド商品表示の洗練」です。過去に買ったものの傾向から表示されるレコメンドによる事故は、マイノリティにとって恐ろしいものでして、会社でたまたま開いてしまったAmazonのレコメンド表示で腐女子なのがバレてしまった友人が数人おります。友人の腐女子達は、萌えようもない男性の同僚が抱き合うのを見せられ「どうだ、萌えるのか」とからかわれて、「おまえなんかに萌えるかッ」と怒りに震える日々を過ごしているそうです。レコメンド表示は、おしゃべりな商店街のオバサン的なキャラとなっているのかもしれません。

そして、ワタクシから個人的にAmazonさんにお願いです。私の著書を私にレコメンドするのは、やめていただけないでしょうか。どうか、他の人に薦めてほしいのです。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング