【LINE MOBILE誕生!】なんと「Twitter」と「Facebook」アプリはデータ通信量の計算から除外!!

5022.jpg

LINEは5週年を迎えるのを前に、2年ぶりとなるカンファレンス「LINE CONFERENCE 2016」を舞浜アンフィシアターにて開催し、独自のMVNOサービス「LINEモバイル」でスマートフォンキャリア事業に参入すると発表しました。

最大の特徴は「UNLIMITED COMMUNICATION」として打ち出し、コミュニケーションサービスが使い放題であること。「LINE」はもちろんのこと、「Twitter」と「Facebook」のアプリも使い放題で、データ通信量の計算から除外されます。月次のデータ通信料が上限に達しても、引き続き3つのアプリは使い放題となります。また「LINE」においては通常のメッセージだけでなく、無料通話やタイムラインなどの機能も使い放題となるとのこと。

取締役CMSOの舛田淳氏は、「スマートフォンとコミュニケーションの未来を信じるLINEにとってその基盤となる環境を整えることが非常に重要になっている」とコメント。普及が進んだとはいえ日本国内でのスマホ利用率は50%前後であり、かつ利用料金やデータ利用料、契約年数縛りなど、ユーザーからの不満が多く寄せられているとキャリア事業への参入の意図を語りました。

コミュニケーションアプリに加えて、「UNLIMITED MUSIC」として、「LINE MUSIC」を皮切りに様々な音楽サービスも無制限に利用できるとのこと。

「LINEモバイル」ではNTTドコモのMVNO業者として同社のネットワーク網を利用し、月額500円という低額から、”コミュニケーションし放題”というコンセプトで提供されます。利用頻度の高い「LINE」を始めとするコミュニケーションアプリが無制限に利用できるキャリアとして注目を集めそうです。開始は2016年夏ごろ予定。

画像一覧

  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)
  • 「LINE」だけじゃない、TwitterもFacebookも使い放題のスマホが登場、月額500円から使える「LINEモバイル」誕生(2)

提供元

関連記事

関連記事

【アップデートすると利用可能に!】ついに! LINE「グループ通話」が日本でも

 過去に何度も噂となっていた、LINEの「グループ通話」機能。今週に入り、ついに日本でも利用可能となったことが明らかとなった。

 「グループ通話」は、文字どおり、グループ内の複数人で、いっせいに音声通話を行える機能だ。

 LINEの「グループ通話」については、昨年前半より「利用できるユーザーがいる」「裏技で使える」といった噂が流れていたが、実在は確認されていなかった。また、LINE社が、独自のグループ通話アプリ「Popcorn Buzz」の無料提供を、2015年6月より開始したこともあり、「LINEはグループ通話に対応しない」という観測が広がっていた。

 しかし、今年3月に入り、PC版LINEがアップデートされた際に、「同時に最大200人と通話できるグループ通話機能を追加しました。(リリース日は国によって異なります)」という文言が掲載され、グループ通話への対応が確定路線となった。海外で先行して対応が開始され、今週に入り、いよいよ日本国内でも対応がスタートした模様だ。アプリが最新版になっていれば、グループのタイムライン画面上部に、受話器のアイコンが新たに表示されているはずだ(環境や条件によっては未対応で表示されない場合もある)。

 LINEでグループ通話を利用するには、当然だが、まずはグループを形成する必要がある。グループは、「友だち追加」の「共有グループ作成」で作成できる。そのうえで、グループのタイムライン画面上部を見ると、受話器のアイコンがあるので、これをタップ。すると「グループ通話を開始します」という確認メッセージが出るので「開始」をタップすればスタートする。

 「グループ通話」が開始すると、画面が切り替わり、参加中のメンバーのプロフィール画面がタイル表示される。参加していない人はグレイで暗く表示されているが、参加すると、通常の表示に切り替わる。あとはそのまま、いつものように通話が可能。画面下には、そのときしゃべっているユーザー名が表示される。その下の受話器ボタンを押せば、通話が終了。終了後は、グループのトーク画面に戻る。

 「最大200人まで同時に音声通話ができる」というのは、「Popcorn Buzz」の上限と同じため、技術の一部が流用されていると思われる。一方、なかなか200人いっせいに音声通話を行うという状況は発生しないだろう。グループ通話は、開始時にグループ全員に呼びかける形になるので、人数などに応じて、使い分けを考える必要がありそうだ。

 現在LINE社からの公式発表はまだのため、今後、使い方の詳細などが公開されると思われる。待ち望んでいたユーザーは、詳報を待ってほしい。

【ソフトバンクとKDDIが対応!】“LTE使い放題”の新・格安SIM

 1週間のニュースを振り返る「週刊!まとめ読み」。今週は、ヨドバシカメラで発売開始された“LTE使い放題”の新・格安SIM、「2年縛り問題」へ対応したソフトバンクとKDDIの動きなどについて注目が集まった。

 ワイヤレスゲートは16日、記者発表会を開催し、全国のヨドバシカメラとその通販サイトである「ヨドバシ・ドット・コム」で、SIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」を同日より販売することを発表した。このたび発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になる。

 また、総務省は昨年より、通信各社に対して、SIMロック解除や利用料金の引き下げなどを要請しているが、その流れで、「2年縛り」の撤廃を要請。これを受け、大手キャリア3社のドコモ、KDDI、ソフトバンクも見直しを開始していた。そんななか、16日、ソフトバンクがいち早く正式発表を実施。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表している。

■今週のトップニュース
・“LTE使い放題”の新・格安SIMがヨドバシで発売!FONの無料Wi-Fiも利用可能
・「2年縛り」撤廃は歓迎? ソフトバンクがいち早く新プランを正式発表
・誰が恩恵を受ける? “2年縛り問題”、KDDIも新プラン発表で対応

■注目のニュース
・京王電鉄、フリーWi-Fi&電源付きの「座れる通勤電車」を発表
・スマホに任天堂がやって来た! 「Miitomo」が配信開始、高評価連発!
・学校の緊急連絡網……今どきはLINEなのか?
・宅配ピザが超進化! 世界初の自動運転配達ロボットが登場

■おすすめのコラム
・【レポート】格安スマホ「イオンスマホ」の使い勝手は?
・【女子高生スマホ事情 Vol.3】「iCloudなんてイマイチわからない」
・【レビュー】“のり巻き”みたいなキーボード! 意外にもビジネス使いにピッタリだった
・新時代の空間利用に不可欠!? ゲストハウスがスマートロックを使う理由とは【特集「近未来!スマートロックの世界」Vol.3】

■おしらせ
話題のインバウンドビジネスが分かる!「トラベルジャーナル MEMBERS」始動!

 RBB TODAYとトラベルジャーナルは、日本で最も歴史のあるツーリズムビジネス専門誌『週刊トラベルジャーナル』の記事のほぼ全てを会員限定コンテンツとして提供する「トラベルジャーナル MEMBERS」を開始しました。観光やインバウンドにまつわる経営戦略や行政の動きを幅広く追いかけ、地方創生、オリンピックといった注目のキーワードを分析・取材したコンテンツが満載です。

>>>コンテンツを読む<<<

スマホユーザーは今こそSIMフリーに踏み出すべきか

先週はスマホ料金について大きな動きがありました。

一つは、ソフトバンクがいち早く「2年縛り」の撤廃の正式発表。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表しました。

二つ目は、ワイヤレスゲートによるSIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」の発表。今回発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になるそうです。

日ごろから携帯料金に対して関心を持っていた方だけではなく、今回の発表により「SIMフリー」に興味を持ったり、その存在を知り、自身のスマホ料金を見直してみようかと考えた方も多いのではないでしょうか。

MMD研究所の調査によると、大手3社の利用者の平均支払額は月額7,433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2,067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。毎月にかかる差額がおよそ51,000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。

ここで分かるように、おそらくキャリアからSIMを変えるとおそらく殆どの人が月々のスマホ代を安くできることとなり、「とにかくスマホ代を安くしたい!」という方は格安SIMを利用するのがお得という判断になると思います。

SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使える為。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。

SIMカード販売には、今回のワイヤレスゲート以外にもOCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。現在1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。

格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるのです。ただし、いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよく確認しましょう。

しかし、これほど毎月の金額差があるのであれば断然格安SIMに切り替える方がいいではないか!と言われると一概にイエスとは答えられないようです。それは通信速度や、キャリア契約ではできていたことがいくつかできなくなる場合があるなど、自身の用途に合わせて判断する必要があるからなのです。

そしてもちろん、まだまだ今のままで十分、スペックも問題ないという方は無理に今急いで買い換えない方がよいかもしれません。この春から、引き続き大きな料金体系の見直しがあることとが予想されるため、その内容を待って、自分の中での優先度を決め各社のサービスを比較して選ぶのがよいのはないでしょうか。

【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.02】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●携帯電話代も電気料金も安くなる
電気料金を見直す絶好の機会がいよいよやってくる!! 2016年4月1日からスタートする電力全面自由化を前にして、今からどこの会社を選ぼうかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、みなさんに一番身近な携帯電話会社が提供する2つのプランをじっくりと解説してみたいと思います。※こちらでは、関東圏にお住いの方が選べるプランに限定してご紹介しています。関東圏以外のみなさま、ごめんなさい。(掲載内容は2016年2月15日現在のものです。)

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」
人気CMでおなじみのソフトバンクが電力自由化に参入を表明。サービスプランはその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

【ソフトバンクでんき】
・特徴:携帯料金が毎月最大300円安くなる
・供給元:東京電力
・対象:ソフトバンクの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリア
・ポイント:Tポイント(電気代1,000円につき5ポイント付与)
・プラン:ライフスタイルに合わせた4プランを展開予定

<総評>
日本の3大キャリアが展開する電力プランということで注目度は大。ただし現在ソフトバンク契約中の方しか利用することはできないので注意が必要。さまざまなサービスに転用できるTポイントが貯まるのは嬉しいところ。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「最大4000ポイントのau WALLETプレゼント」
ソフトバンク以外にauも電力自由化に参入。こちらも電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。ただしこちらは一般的なポイントの付与はなく、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。

【auでんき】
・特徴:au WALLETプリペイドカードに毎月キャッシュバック
・供給元:従来と同じ(選ぶことはできない)
・対象:auの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:全国(沖縄県および一部離島は提供エリア外)
・ポイント:au WALLET
・プラン:キャッシュバックで対応

<総評>電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっている。

日本の3大キャリアのうち、auとソフトバンクが早くも電力自由化に参加。ただしNTTドコモは具体的なプランは何も発表していないのが気になるところです(東京電力および中部電力とのポイントサービスの提携のみ発表)。au、ソフトバンクいずれも契約者のみに提供するプランというのが注意点ですが、すでに各キャリアに契約している方にとってはどちらも魅力的なプランとなっています。

次回(vol.3)では、エネルギー会社の新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

【電力自由化攻略!】電力自由化にまつわる 不安を解消します!

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.07】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●ついに電力自由化がはじまります
2016年4月1日よりはじまる電力全面自由化。すでに電力プランを変更された方や多くのプランを検討中の方、さらにとりあえずまずは様子見をしておこうという方など、電力自由化に対していろんな対応をされているのではないでしょうか。4月1日を目前に控えた今、あらためて知っておきたい電力自由化に対する疑問をQ&A方式で解説します。ここであらためて電力自由化に対する不安を解消しておきましょう。

Q 新しく契約し直さなければならないの?
A これまでと同じ電力会社を使い続けても問題はありません。これまでは住まいによってあらかじめ電力会社が決まっていたものが、4月1日から自由に選べるようになったのが電力自由化ですので、もちろん今のままの電力会社を選ぶ「自由」もあるわけです。その場合は、4月1日以降も特別に必要な手続きは必要ありません。

Q 新しい電力会社に切り替えるのにお金はかかるの?
A 原則として切り替え費用は一切かかりません。現在お使いの電気メーターをスマートメーターに交換する必要がある場合でも、電力会社の負担で取り換えることになります。

Q どんな電力会社にも変更することができるの?
A 基本原則としてどこでも自由に選べるようになったのが電力全面自由化ですが、実際には各電力会社によって対象エリアが異なったり、使用するアンペアによって制限を設けたりしている場合もあります。また携帯電話会社が発表している電力プランは、そのキャリア(携帯電話)の契約している方のみを対象にしていることもありますので、各ホームページでチェックすることをおすすめです。

Q 新電力会社にはどうやって契約するの?
A 新しく電力プランを発表している新電力会社には、ほとんどの場合ホームページが用意されています。そこに詳しい手続き方法が掲載されているため、まずはHPをチェックすることから始めてみるのが良いのではないでしょうか。ちなみにソフトバンクでんきやauでんきの場合、HPだけでなく街中にある店舗でも申し込みが可能です。疑問をその都度直接訊くことができるのでとても便利です。

Q どうやって選べばいいのか分かりません
A 自分なりのこだわりを見つけるのが一番大切です。選ぼうと思えば、発電する方法まで選ぶことができる自由化。環境にやさしいグリーンエネルギーなら多少割高でもいいという人もいるでしょうし、何よりも安定した供給は譲れないという方もいると思います。マネーゴーランドでは、おトクにこだわった電力プランをこれまでご紹介してきました。お手持ちのカードのポイントが貯まる、提携マイルが貯まる、インターネットが安くなるなど、自分なりのこだわりをまずは見つけてから選ぶのが最善の策ではないでしょうか。

Q どれぐらい安くなりますか?
A 一概にどれくらい安くなるということは言えませんが、付加価値によっておトクを得ることは十分できます。電気料金だけで比較してもなかなか分かりませんですが、ポイント還元によって得られるメリットは決して少なくありません。プラスアルファをいかに有効活用できるかが重要です。

Q 賃貸住宅に住んでいても切り替えることはできますか?
A 現在使われている電力会社と個人で契約をされている場合は、自由に新電力会社に契約し直すことができます。ただし社宅など、賃貸住宅自体でまとめて契約をしている場合は、個別に契約を見直すことはできません。

●焦って契約する必要はなし
「2016年4月1日からスタートします」と言われると、何かしなければいけないという義務感を覚える方も多いと思いますが、焦りは禁物です。現状のままで4月1日を迎えても問題はなく、時間をかけて検討するのが良策です。中には早く契約すればポイントプレゼントといったサービスを行なっている会社もありますが、いちど契約すると短期で解約する際に解約手数料(違約金)が発生する場合もあるためじっくり検討するのが一番です。また、4月1日を目前に控えても各電力プランが十分練られていないケースも多く、新電力会社がすべて出揃っていない感も否めません。じっくり検討し、自分が納得のゆくプランが出てくるまで様子見を続けるのもひとつの手といえるでしょう。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
【Vol.04】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
【Vol.05】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン
【Vol.06】ガス+電気+サービス、まとめておトクな電力プラン

ランキング