【アップデートすると利用可能に!】ついに! LINE「グループ通話」が日本でも

4964.jpg

 過去に何度も噂となっていた、LINEの「グループ通話」機能。今週に入り、ついに日本でも利用可能となったことが明らかとなった。

 「グループ通話」は、文字どおり、グループ内の複数人で、いっせいに音声通話を行える機能だ。

 LINEの「グループ通話」については、昨年前半より「利用できるユーザーがいる」「裏技で使える」といった噂が流れていたが、実在は確認されていなかった。また、LINE社が、独自のグループ通話アプリ「Popcorn Buzz」の無料提供を、2015年6月より開始したこともあり、「LINEはグループ通話に対応しない」という観測が広がっていた。

 しかし、今年3月に入り、PC版LINEがアップデートされた際に、「同時に最大200人と通話できるグループ通話機能を追加しました。(リリース日は国によって異なります)」という文言が掲載され、グループ通話への対応が確定路線となった。海外で先行して対応が開始され、今週に入り、いよいよ日本国内でも対応がスタートした模様だ。アプリが最新版になっていれば、グループのタイムライン画面上部に、受話器のアイコンが新たに表示されているはずだ(環境や条件によっては未対応で表示されない場合もある)。

 LINEでグループ通話を利用するには、当然だが、まずはグループを形成する必要がある。グループは、「友だち追加」の「共有グループ作成」で作成できる。そのうえで、グループのタイムライン画面上部を見ると、受話器のアイコンがあるので、これをタップ。すると「グループ通話を開始します」という確認メッセージが出るので「開始」をタップすればスタートする。

 「グループ通話」が開始すると、画面が切り替わり、参加中のメンバーのプロフィール画面がタイル表示される。参加していない人はグレイで暗く表示されているが、参加すると、通常の表示に切り替わる。あとはそのまま、いつものように通話が可能。画面下には、そのときしゃべっているユーザー名が表示される。その下の受話器ボタンを押せば、通話が終了。終了後は、グループのトーク画面に戻る。

 「最大200人まで同時に音声通話ができる」というのは、「Popcorn Buzz」の上限と同じため、技術の一部が流用されていると思われる。一方、なかなか200人いっせいに音声通話を行うという状況は発生しないだろう。グループ通話は、開始時にグループ全員に呼びかける形になるので、人数などに応じて、使い分けを考える必要がありそうだ。

 現在LINE社からの公式発表はまだのため、今後、使い方の詳細などが公開されると思われる。待ち望んでいたユーザーは、詳報を待ってほしい。

画像一覧

  • 「グループ通話」が受話器アイコンから可能に
  • PC版LINEのアップデート画面のメッセージ
  • グループ通話の呼びかけを受けた際のメッセージ
  • グループのメンバー画面
  • 「グループ通話」の開始時のメッセージ
  • グループ通話時の画面
  • グループ通話時の画面。参加すると、プロフィール画像が明るくなる
  • グループ通話終了後のタイムライン

提供元

関連記事

関連記事

スマホユーザーは今こそSIMフリーに踏み出すべきか

先週はスマホ料金について大きな動きがありました。

一つは、ソフトバンクがいち早く「2年縛り」の撤廃の正式発表。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表しました。

二つ目は、ワイヤレスゲートによるSIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」の発表。今回発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になるそうです。

日ごろから携帯料金に対して関心を持っていた方だけではなく、今回の発表により「SIMフリー」に興味を持ったり、その存在を知り、自身のスマホ料金を見直してみようかと考えた方も多いのではないでしょうか。

MMD研究所の調査によると、大手3社の利用者の平均支払額は月額7,433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2,067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。毎月にかかる差額がおよそ51,000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。

ここで分かるように、おそらくキャリアからSIMを変えるとおそらく殆どの人が月々のスマホ代を安くできることとなり、「とにかくスマホ代を安くしたい!」という方は格安SIMを利用するのがお得という判断になると思います。

SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使える為。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。

SIMカード販売には、今回のワイヤレスゲート以外にもOCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。現在1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。

格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるのです。ただし、いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよく確認しましょう。

しかし、これほど毎月の金額差があるのであれば断然格安SIMに切り替える方がいいではないか!と言われると一概にイエスとは答えられないようです。それは通信速度や、キャリア契約ではできていたことがいくつかできなくなる場合があるなど、自身の用途に合わせて判断する必要があるからなのです。

そしてもちろん、まだまだ今のままで十分、スペックも問題ないという方は無理に今急いで買い換えない方がよいかもしれません。この春から、引き続き大きな料金体系の見直しがあることとが予想されるため、その内容を待って、自分の中での優先度を決め各社のサービスを比較して選ぶのがよいのはないでしょうか。

【4月1日からの本格スタート目前!】電力自由化まとめ 異業種プランランキング!

いよいよ2016年4月1日から始まる電力自由化も目前に迫りました。

マイナス金利で貯蓄をしてもなかなかお金が貯まらないなら、少しでもお得に家計の固定費を節約したい!と思うのは世の常です。そこでこれまでマネーゴーランドでご紹介してきた電力自由化の中でも、電力会社ではない異業種が発表しているオススメプランをまとめてご紹介します!

【携帯料金×電力自由化】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
いまや生活に欠かせないものとなった携帯電話。その一番身近な携帯電話会社が提供する電力サービスプラン。もちろん各キャリアの契約者のみに提供するプランではありますが、契約している方にとっては魅力的なプランとなっています。家計における携帯電話料金の割合が高い方は見直してみてはいかがですか?

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」などの人気CMでおなじみのソフトバンクのサービスプランがその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「auでんき」も電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。auでんきのオリジナリティは、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっています。

【ガソリン代×電力自由化】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
次にガソリンの価格が下がったといっても、まとまった金額がかかるのがガソリン代。自動車に乗る機会が多い方にとってメリットが多い、電気代もガソリン代もおトクになるエネルギー会社の新電力プランをご紹介します。

●おすすめ電力プラン3 『ENEOSでんき』
石油系エネルギー会社の最大手であるENEOSによる「ENEOSでんき」。ENEOSカードを使ってガソリン・灯油・軽油代をリッターあたり1円キャッシュバックすることができるENEOSでんき。Tポイントに対応するだけでなく、6種類の特別提携カードのポイントが還元されるため、ENEOSカードを持っていなくてもお得感を味わうことができます。ただし注意点として、ENEOSカード割引、特別提携カード割引、Tポイントの3つのうち2つ以上の特典を併用することができないことは覚えておきましょう。現在は火力発電がメインですが、今後は太陽光や風力などの再生可能エネルギーにも積極的に取り組むことを標榜しているため、エコに関心のある方にもおすすめです。

●おすすめ電力プラン4 『ドライバーズプラン』
昭和シェル石油が展開する電気料金プランは、車に乗る機会の多い(ガソリン代をたくさん使う)方にとって、かなり魅力的な内容です。ガソリンがリッターあたり10円も安くなる。そんな魅力的なプランを標榜するのが、ドライバーズプランという新サービス。さらに電気を多く使う方にも嬉しいプランが用意されており、「何よりもガソリン代を節約したい」、「ガソリンと電気をたくさん使う」という方にはおすすめです。ただしガソリンの特割サービスを受けるためには、指定のエリアにある昭和シェルのガソリンスタンドに限られるので注意が必要です(エリア外で給油してもポイントは付与されません)。

【コンビニ×電力自由化】スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
普段のお買い物をする場所として一番多い、スーパーマーケットとコンビニエンスストア。誰もが何気なく買い物に使っている店舗による魅力的な電力プラン。電気を使うだけで普段のお買い物がおトクになるなんて……そんな素敵すぎる電力プランが発表されています。!

●おすすめ電力プラン5 『スマ電®』
スーパーマーケットと新しい電力会社がタッグを組み、私たち消費者にメリットをもたらしてくれる電力プラン。このプランがユニークなのは、電力プランを展開するのが、電力会社ではなく提携するスーパーマーケットだということ。そのため「スマ電」を申し込むのは各スーパーマーケットを経由して行ないます。現状では5つのスーパーマーケット・チェーンと提携を結んでいます。
スーパーベルクスは東京、埼玉、千葉エリアに34店舗を展開しているスーパーマーケット・チェーン。今後提携スーパーマーケットが増えていくことを期待しますが、普段使っているお店がスマ電の取扱店であれば、ぜひチェックしてみてもらいたい電力プランです。※スマ電は東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアのみの展開となっています。

●おすすめ電力プラン6 『まちエネ』
コンビニ大手のローソンと電気事業の実績がある三菱商事がタッグを組んだ「まちエネ」。ローソンが展開しているため、非常に身近なプランとして受け入れやすいのがこのまちエネ。支払う電気料金(基本料金+電力量料金の合計金額)に応じてPontaポイントが貯まるので、Pontaカードを使っている人には魅力的な内容です。ただしPontaポイントで電気料金を支払うことはできません。ほかにもローソン人気メニューのお得なクーポン券が毎月メールで届くなど、ローソン店舗で使える特典を今後展開する予定。ただ惜しいのは、申し込みがインターネットor書面のみで、ローソン店舗ではできないということ。

【電車×電力自由化】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン
通勤やお買い物などの日常生活で鉄道を利用しているされている方をメインターゲットにした画期的な電力プランがあるんです「気が付いたらポイントが貯まっていた!!」そんな嬉しい悲鳴が聞こえてきそうなプランです。

●おすすめ電力プラン6 『東急パワーサプライ』
東京急行電鉄(株)100%出資によって立ち上げられた「東急パワーサプライ」。こちらのプランを利用すれば、TOKYU POINTがどんどん貯まるのが最大の魅力です。毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと電気料金の最大1%がTOKYUポイントとして貯まるほか、東急線のPASMO定期券購入時やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車で貯まるTOKYU POINT」がなんと2倍にアップ。さらに同じ東急グループのケーブルテレビ「イッツコム」の利用料が、毎月最大で350円もおトクになるというサービス内容になっています。

【ガス×電力自由化】ガス+電気+サービス、まとめておトクな電力プラン
電気とともに快適な生活には欠かせないもうひとつのエネルギーであるガス。そのガスと電気がまとめておトクになるプランが登場。ポイント還元やインターネット料金が割安になるプランも展開するなど注目の組み合わせです。

●おすすめ電力プラン7 『ずっともプラン』
新しく参入する電力各社の中で、最大級の電源を保有している東京ガス。クリーンエネルギーとして注目される天然ガスを使った火力発電所を数多く有しているだけでなく、新たな発電基地も増設して安定した供給基盤を確保しています。電気料金が安いだけでなく、電気とガスをセットにすることで電気の基本料金が安くなる「ガス・電気セット割)」が用意されているずっともプラン。毎月の電気料金に応じてポイントが貯まり、ポイントは東京ガスの各種サービスやプレゼント賞品と交換することが可能になっています。dポイントや楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントにも交換できるのは、かなり嬉しい内容といえるでしょう。

いかがでしたか?電力自由化にあわせて登場している各種プラン。「毎月の電気料金をなるべく安くしたい」「ライフスタイルに見合ったプランを選びたい」「とにかくポイント還元で得したい」など、みなさんが一番気になるところにスポットを当てて選ばれてみてはいかがですか。きっと自分が納得できるプランが見つかるはすですよ。

【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.02】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●携帯電話代も電気料金も安くなる
電気料金を見直す絶好の機会がいよいよやってくる!! 2016年4月1日からスタートする電力全面自由化を前にして、今からどこの会社を選ぼうかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、みなさんに一番身近な携帯電話会社が提供する2つのプランをじっくりと解説してみたいと思います。※こちらでは、関東圏にお住いの方が選べるプランに限定してご紹介しています。関東圏以外のみなさま、ごめんなさい。(掲載内容は2016年2月15日現在のものです。)

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」
人気CMでおなじみのソフトバンクが電力自由化に参入を表明。サービスプランはその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

【ソフトバンクでんき】
・特徴:携帯料金が毎月最大300円安くなる
・供給元:東京電力
・対象:ソフトバンクの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリア
・ポイント:Tポイント(電気代1,000円につき5ポイント付与)
・プラン:ライフスタイルに合わせた4プランを展開予定

<総評>
日本の3大キャリアが展開する電力プランということで注目度は大。ただし現在ソフトバンク契約中の方しか利用することはできないので注意が必要。さまざまなサービスに転用できるTポイントが貯まるのは嬉しいところ。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「最大4000ポイントのau WALLETプレゼント」
ソフトバンク以外にauも電力自由化に参入。こちらも電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。ただしこちらは一般的なポイントの付与はなく、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。

【auでんき】
・特徴:au WALLETプリペイドカードに毎月キャッシュバック
・供給元:従来と同じ(選ぶことはできない)
・対象:auの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:全国(沖縄県および一部離島は提供エリア外)
・ポイント:au WALLET
・プラン:キャッシュバックで対応

<総評>電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっている。

日本の3大キャリアのうち、auとソフトバンクが早くも電力自由化に参加。ただしNTTドコモは具体的なプランは何も発表していないのが気になるところです(東京電力および中部電力とのポイントサービスの提携のみ発表)。au、ソフトバンクいずれも契約者のみに提供するプランというのが注意点ですが、すでに各キャリアに契約している方にとってはどちらも魅力的なプランとなっています。

次回(vol.3)では、エネルギー会社の新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

タバコを止めて、健康も家計も健全に!

昨今のたばこ事情。

オフィスビルは全面禁煙。タクシーも禁煙が当たり前になり、ショッピングセンターでも喫煙所を探すのが一苦労という時代になりました。タバコを吸わない人にはとてもありがたいですが、喫煙者にとっては居心地の悪い、肩身の狭い状況が続いています。

たしかに、タバコは過剰な摂取は健康を害するのは自明の理です。喫煙場所が限定され、肩身の狭い思いをするくらいなら、いっそのことタバコを止めてしまう!というのはどうでしょうか?健康にも家計にとっても健全でかつ節約できるはず。その際、オススメなのは、生命保険代を見直して、タバコ代の節約だけでなく、生命保険に支払う保険料もコストダウンすることです。

保険は、加入するみんなが少ないお金(保険料)を出し合い、もしもの時には大きなお金(保険金)を受け取るしくみ。助け合いですから、加入する時は“できるだけ公平”がルールです。つまり、病気になりにくい人や死亡の確率の低い人など、保険金を多くもらう可能性が低い人ほど保険料は安く、逆に可能性が高い人ほど保険料が高くなっています。年齢が高くなるにつれて、保険料が高くなるのはそのためです。ただし、加入した後に病気にかかっても、途中で保険料が上がったりはしませんから、安心してください。

一定年齢までに亡くなると保険金をもらえる生命保険(定期保険)には、タバコを吸わない人や健康状態が“優良”な人の保険料を割り引く商品があります(リスク細分型)。“タバコを吸わない”とは、過去1年または2年間は喫煙歴がなく、さらに唾液検査でニコチンの影響が体内に残っていかいかどうかの検査が必要です(コチニン検査)。保険会社から受取る検査キットで調べられますから、病院などに行く必要はありません。また、健康状態が“優良”とは、一般的に血圧とBMI値(肥満度)が、保険会社が決める範囲内であることが条件。太り過ぎていても、やせ過ぎていてもダメというわけです。

では、どの程度安くなるか、2つの例をご紹介しましょう。

30歳男性の場合、標準体(タバコ吸い、かつ健康状態は標準的)に比べて、タバコを吸わない、かつ健康状態が優良な人は1割~5割も安くなります。“標準体”であっても、現在通院していない、5年以内に手術や入院歴がないなど、一定条件を満たす必要はあります。各社、標準体の保険料にも差があるため、表にあるように割引率はA社の方が大きくても、実際の保険料はB社の方が安いなど、割引率だけで比べられない点は注意しましょう。また、保険料の分類がA社のように4パターン用意されている場合もあれば、B社のように2パターンしかない場合も。自分で探すのが難しければ、複数の商品を取り扱う保険ショップなどで、健康状態やタバコを吸っていないことを伝えて、条件に合う安い保険料の商品を探してもらうのもいいでしょう。

タバコを止めるだけで、生命保険料も節約できて、健康も貯蓄もゲットできる!まさに一石二鳥の家計見直しプランです。

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング