スマホユーザーは今こそSIMフリーに踏み出すべきか

4961.jpg

先週はスマホ料金について大きな動きがありました。

一つは、ソフトバンクがいち早く「2年縛り」の撤廃の正式発表。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表しました。

二つ目は、ワイヤレスゲートによるSIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」の発表。今回発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になるそうです。

日ごろから携帯料金に対して関心を持っていた方だけではなく、今回の発表により「SIMフリー」に興味を持ったり、その存在を知り、自身のスマホ料金を見直してみようかと考えた方も多いのではないでしょうか。

MMD研究所の調査によると、大手3社の利用者の平均支払額は月額7,433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2,067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。毎月にかかる差額がおよそ51,000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。

ここで分かるように、おそらくキャリアからSIMを変えるとおそらく殆どの人が月々のスマホ代を安くできることとなり、「とにかくスマホ代を安くしたい!」という方は格安SIMを利用するのがお得という判断になると思います。

SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使える為。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。

SIMカード販売には、今回のワイヤレスゲート以外にもOCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。現在1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。

格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるのです。ただし、いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよく確認しましょう。

しかし、これほど毎月の金額差があるのであれば断然格安SIMに切り替える方がいいではないか!と言われると一概にイエスとは答えられないようです。それは通信速度や、キャリア契約ではできていたことがいくつかできなくなる場合があるなど、自身の用途に合わせて判断する必要があるからなのです。

そしてもちろん、まだまだ今のままで十分、スペックも問題ないという方は無理に今急いで買い換えない方がよいかもしれません。この春から、引き続き大きな料金体系の見直しがあることとが予想されるため、その内容を待って、自分の中での優先度を決め各社のサービスを比較して選ぶのがよいのはないでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

【ソフトバンクとKDDIが対応!】“LTE使い放題”の新・格安SIM

 1週間のニュースを振り返る「週刊!まとめ読み」。今週は、ヨドバシカメラで発売開始された“LTE使い放題”の新・格安SIM、「2年縛り問題」へ対応したソフトバンクとKDDIの動きなどについて注目が集まった。

 ワイヤレスゲートは16日、記者発表会を開催し、全国のヨドバシカメラとその通販サイトである「ヨドバシ・ドット・コム」で、SIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」を同日より販売することを発表した。このたび発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になる。

 また、総務省は昨年より、通信各社に対して、SIMロック解除や利用料金の引き下げなどを要請しているが、その流れで、「2年縛り」の撤廃を要請。これを受け、大手キャリア3社のドコモ、KDDI、ソフトバンクも見直しを開始していた。そんななか、16日、ソフトバンクがいち早く正式発表を実施。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表している。

■今週のトップニュース
・“LTE使い放題”の新・格安SIMがヨドバシで発売!FONの無料Wi-Fiも利用可能
・「2年縛り」撤廃は歓迎? ソフトバンクがいち早く新プランを正式発表
・誰が恩恵を受ける? “2年縛り問題”、KDDIも新プラン発表で対応

■注目のニュース
・京王電鉄、フリーWi-Fi&電源付きの「座れる通勤電車」を発表
・スマホに任天堂がやって来た! 「Miitomo」が配信開始、高評価連発!
・学校の緊急連絡網……今どきはLINEなのか?
・宅配ピザが超進化! 世界初の自動運転配達ロボットが登場

■おすすめのコラム
・【レポート】格安スマホ「イオンスマホ」の使い勝手は?
・【女子高生スマホ事情 Vol.3】「iCloudなんてイマイチわからない」
・【レビュー】“のり巻き”みたいなキーボード! 意外にもビジネス使いにピッタリだった
・新時代の空間利用に不可欠!? ゲストハウスがスマートロックを使う理由とは【特集「近未来!スマートロックの世界」Vol.3】

■おしらせ
話題のインバウンドビジネスが分かる!「トラベルジャーナル MEMBERS」始動!

 RBB TODAYとトラベルジャーナルは、日本で最も歴史のあるツーリズムビジネス専門誌『週刊トラベルジャーナル』の記事のほぼ全てを会員限定コンテンツとして提供する「トラベルジャーナル MEMBERS」を開始しました。観光やインバウンドにまつわる経営戦略や行政の動きを幅広く追いかけ、地方創生、オリンピックといった注目のキーワードを分析・取材したコンテンツが満載です。

>>>コンテンツを読む<<<

格安SIMなら毎月の使用料が5000円安い!?キャリアのスマホはなぜそれほど高いのか

毎月いくらスマホ代に払っていますか?

15歳以上のスマートフォンユーザーにそのような質問をしてみたところ驚きの返事が返ってきました。
MMD研究所の調査によると、大手3社の平均支払額は月額7433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。
毎月にかかる差額がおよそ5000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。
では、これほど毎月の金額差があるのであれば格安SIMに切り替える方がいいのか?と言われると一概にイエスとは答えられないようです。
そこで今回は、キャリアユーザーと格安SIMユーザーの毎月の支払額にはなぜこれほど差があるのかということを少し考えてみたいと思います。

・端末代が残っている
キャリアのスマホの中には一括0円や実質0円といった端末代が0円のサービスを利用しているから私には関係ないと考える人もいるかもしれません。
しかし、毎月の使用額が安いままで、このようなサービスをしていると会社は当然赤字続きになってしまいます。
また、格安SIMを利用している人は比較的端末を最初に買いきっている人が多く、月々に端末代を支払わなくてもいいという人が多いです。
このような月の通信費だけでなく、分割で支払っている端末代にも目を向けるべきではないでしょうか。

・格安SIMは通信品質が悪い
これには賛否両論、会社によっても様々です。しかし、やはりキャリアの最大の強みとしては通信が安定していることでしょう。
格安SIMを利用すると、キャリアの回線を借りているため、ユーザーが増えると回線が圧迫されることが考えられます。
つまり、格安SIMは通信が遅いとか、繋がらないといった問題が発生しやすいのです。
もちろん格安SIMの会社によっても感じ方は様々で、格安SIMに変えたところ、通信が速くなったと感じている人もいるようです。安定感はキャリアの3社には敵わないものの、格安SIMの性能も上がっていると考えていいのではないでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットをしっかり見ることで賢くスマホを選びましょう。

まさに今がチャンス!春はスマホ買い替えのタイミング?注目すべき点は?

続々と各キャリアから発表されるスマートフォン。
新しくなればなるほど機能はよくなり、画像やデータの保存容量もドンドン増えていきますよね。

ですが、買い替えはいつ行うのが一番お得なのでしょうか。

キャリアを変更しても番号が変わらないようになったので、料金プランの安い会社に切り替えたほうがいいのか、あるいは今のキャリアで基本料金を下げた方がいいのか。そういったことも踏まえて、この春商戦が自分にとって買い替えのタイミングなのかどうかを探っていきましょう。

1. 2016年春からの通信料金引き下げに注目
今後、「実質0円」など行き過ぎた値引きが廃止される予定です。
これにより、端末を頻繁に買い替えるユーザーが得をしていた今までの仕組みが見直され、一方で1台を長く使い続けているユーザーが得をするシステムになる見込みです。

具体的には、2016年の春商戦から各キャリアの携帯料金値下げが始まると推測されているので、お使いのスマホが古いと感じられている方は、おそらくそれまでの間に買い替えを行ったほうがよさそうです。

2. 月々の割引や2年縛りが廃止されることにも注目
行き過ぎた値引き販売を廃止し、通信料金の値下げに充てるという総務省の方針の下、これまでの機種代が実質0円で月々の使用料金に代金を上乗せしていく方法での支払いは今後なくなるとされています。

これまで初期費用を抑えてスマホを格安で手に入れたり、機種変更したりしていたユーザーには、あまりいいニュースではないでしょう。

一方、これまで古い機種を使っていて、代金の分割支払い期間も終わっているという方であれば、この春の料金プラン変更前に新しい機種に切り替えるタイミングといえます。

もちろん、まだまだ今のままで十分、スペックも問題ないという方は無理に買い換えることは必要ありません。この春から大きな料金体系の見直しがあるため、そのタイミングで買い替えることが自分にとってお得なのかどうか、考えてみましょう。

「SIMフリー」を活用するとスマホ代は月額1,000円代になる!?

■格安SIMのプラン
どーもこんにちは!キタマチです。

今回は「格安SIMで実際どれくらい安くなったのか我が身を顧みて陳述せよ(意訳)」というコーナー。恥をしのんでキタマチの現在の契約プランを晒すと、以下のような具合です。

 IIJmio 音声通話機能付SIM「みおふぉん」
 ファミリーシェアプラン
  データ量:10GB/月
  月額料金:2,560円
  音声通話機能付帯料:700円/SIM1枚

「みおふぉん」は音声通話機能がついているため、ほぼ携帯電話としての機能は変化がありません。以前の電話番号をそのまま使えるMNP転入もOKなので、面倒な番号変更通知も不要です。

さて、このプランを仮に3台で使うとすると、1台あたりの料金は1,554円(月額854円+音声通話機能付帯料700円)。
現在のスマホ利用額平均である月7,564円(注1)と比べると、約6,000円の節約になっています。毎月この金額が節約できるのは結構大きいです。

たとえばお子さんのいらっしゃる家庭で、お子さんにはSIMの利用料+通話料だけ払ってもらうことにすれば、お小遣いでも十分まかなえる範囲でしょう。「携帯代は自分で払ってね(にっこり)」って言いやすくなりますよね。(ちなみにこれはキタマチのパターンです…。)
「何台も使わないし、10GBもいらない!」という方には、SIM1枚・月3GBの「ミニマムスタートプラン」がオススメ。月々1,600円なので、ファミリーシェアプラン1人あたりの額と、約50円しか変わらないという親切な価格設定です。

■データ量の管理・増減
個々の SIMカードで使用したデータ量はアプリで常にチェックできるので、使いすぎているな〜と思ったら家族間で注意を促したり、クーポンスイッチをオフにすることができます。このスイッチをオフにすると低速通信に切り替わり、残量を減らさずに済みます。(ただし、ずっとオフにしたままだと一定量で通信規制がかかるため、注意が必要です)

頻繁に大きなファイルを送受信するとか、動画・音楽再生をしたりする人は別ですが、普通にブラウジングやメール・メッセージのやりとりに使うくらいなら、そうそう容量オーバーしないはず。実際、キタマチも足りなくなったことはありません。
万が一足りなくなった場合は、追加クーポンやクーポンカードを購入すれば残り容量を追加できます。

■SIMでの変更点→アプリでカバー
格安SIMではキャリアとの契約と違って、いくつか「できなくなること」があります。が、いずれも以下のように対処方法があるのです!最後におまけとしてご紹介しますね。

 ◆キャリアメールが使えなくなる
 →@docomo.ne.jpなど携帯電話会社のドメインが入ったメールアドレスは使えなくなります。しかし、もちろんGmailやYahoo!メールなどのフリーメールは利用可能。フリーメールのアドレスを持っていない人は、これを機に取得するのがオススメです。PCでの閲覧性も高くて便利ですよ。

 ◆通話料の定額がなくなる
 →通話したぶんだけ払うという形になります。ですが、無料通話アプリを使用すれば無料になりますし、通話料割引アプリの050plusや楽天でんわも使えます。また、IIJ提供のアプリ「みおふぉんダイアル」を利用すると、通話料が割引になります。

 ◆ LINEのID検索ができなくなる
 →これは…QRコードを読むなどID検索以外の方法でつながってください!笑

主な変更点は、以上の通り。MNPも使えますし、乗り換えのストレスは思いの外感じないかと思います。その他、キャリアに依存しているサービス(おさいふケータイなど)は使えなくなりますので、自分がどれくらいそのサービスを利用しているか考えて、比べてみていただくといいと思います。

今のスマホの料金が高いと感じている方は、まずは一度、自分が本当に必要とするスマホの機能を考えてみてはいかがでしょうか。その上で、SIMフリーをうまく使い毎月の固定費である「スマホ代」を安く抑え、浮いた分を貯蓄などなどに回していけるといいですね。
以上、現場よりキタマチでした。

~「そもそもSIMフリーがよく分からない!」という方はこちらの記事がオススメ
==========
注1 総務省「平成24年度電気通信サービスに係る内外価格差に関する調査」
※参照は記事執筆時点のもの

【毎月のスマホ代が高いと思う方へ】格安らくらく「SIMフリー」のすすめ

■スマホ代の「負の連鎖」を断ち切れ!
どーも、スマホ捨てたい歴6年目のザ・アナログ人間、キタマチです。黒電話と手紙だけで生活するのが老後の夢です。

…とも言っていられないのが、現代人の悲しいさだめ。スマホ、いつの間にやら必需品になっちゃいましたねぇ。

さて、スマートフォンといえば、何より頭が痛いのが毎月の利用料金ですね。複雑な料金プラン説明で「まあ安くなってる、のか…?」と思いきや、どっこい請求書が来るたび「こんなに使ったっけ…」と天を見上げるばかり。機種変のたびに「今度こそ安くなるはず」と思いきや、また請求書を見ては憂鬱になる、を繰り返したものでした。

2年前までは。

実は2年前、頭痛の種だったスマホ料金が大幅ダウン。思い切ってSIMフリーのスマホに変更したのです。
たとえば先月の私のスマホ代は、なんと800円(注1)。この金額、私が全くスマホを利用しなかったわけではなく、「格安SIM」の利用料金は1,000円〜3,000円程度に収まるプランがほとんどで、利用状況によっては0円でOKというプランまであるのです。

■そもそも「SIM」とは?
「SIM」とは「SIMカード」の略称。スマートフォン端末の機械に入っている通信用のICカードで、電話番号や契約情報が記録されてるちっちゃーい部品。SDカードと同じく、ユーザでも取り外し可能です。
しかし、携帯電話を契約するとSIMカードを入れ替えできないようロックしてあるのが一般的。これが「SIMロック」の状態です。

■「SIMフリー」とは?
さて、その「SIMロック」が解除された状態を「SIMフリー」といいます。実は現在、一部の端末を除けば、ショップに行けば、3,000円程度の手数料でSIMロックを解除してもらえる場合がほとんど。むろん合法ですので、ご安心を。
iPhoneのように初めから「SIMフリー」のモデルが販売されていることもありまますし、中古市場も充実してます。
この「SIMフリー」状態の端末なら「高っかいなー」と思ってたこれまでの契約プランを解除して、古いSIMを取り外し、新たに購入した他社のSIMに差し替られるわけですね。
入れ替え作業はSDカードや電池の交換みたいなもので、簡単楽チン。キタマチのような機械オンチでもらくらくできました。

■SIMを変えるとなぜ安くなる?
SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使えるから。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。
SIMカード販売には、OCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。
1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。
格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるわけですね。めでたしめでたし。

ただし!いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよーく確認するのをお忘れなく。

スマホを持つ以上、当然毎月支払いが発生しますからね。貯蓄や節約を考えるのであれば、まずは毎月のスマホ代の見直しから始めるのがいいかもしれません。
春の新作モデルチェックもいいですが、今年は「SIM」の賢い利用法を覚えて、料金見直しにも踏み切ってみちゃいかがでしょーか。

以上、現場よりキタマチでした。…はー、スマホ捨てたいなぁ(ぼそっ)。

====
注1 ファミリーシェアプランのSIM1枚分の料金+通話料として(基本料を除く)
注2 So-net「0SIM」
※参照は記事執筆時のもの

ランキング