【最新情報!】新モデルは4インチの「iPhone SE」!新色ローズゴールドも!

4942.jpg

 米アップル(Apple)はカリフォルニアのアップル本社にて、現地時間21日(日本時間22日)に行われたスペシャルイベントで4インチ液晶を搭載する「iPhone SE」「iOS 9.3」を発表した。

 4インチiPhoneは3000万台の販売実績があるとし、無視できない市場であることを強調。特に中国市場では多数のユーザーが4インチのiPhoneを利用していることが、iPhone SEが登場する背景となったという。

 iPhone 6sで搭載されたA9やM9プロセッサを搭載し、iPhone 6sと同じ処理性能を持つ。1200万画素のiSightカメラ、フォーカス、Tru Tone Flashの搭載など、カメラ機能も従来の5sよりも格段にパワーアップしている。4K動画の撮影も可能だ。LTEは150Mbpsに対応。11ac(433Mbps)のWi-FiやNFCも搭載。Apple Payに対応する。なお、iPhone 6sシリーズで搭載された3D Touchには対応しない。

 価格は16GBが5万2800円(税別)、64GBが6万4800円(税別)。予約開始は3月24日。発売は3月31日。日本を含む12カ国で同時販売される。カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、そして、iPhone 6sシリーズなどの新色となるローズゴールドも追加された。

 また、環境光によってディスプレイに表示する色を変更する「Night Shift」、指紋認証による保護機能を追加した「ノート」などを含むiOS 9.3も発表された。iOS 9.3は、本日よりアップデートが可能となっている。

画像一覧

  • 発表された「iPhone SE」
  • 発表された「iPhone SE」
  • 発表された「iPhone SE」
  • 会場に登場したティム・クックCEO(ライブ配信より)

提供元

関連記事

関連記事

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.02】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●携帯電話代も電気料金も安くなる
電気料金を見直す絶好の機会がいよいよやってくる!! 2016年4月1日からスタートする電力全面自由化を前にして、今からどこの会社を選ぼうかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、みなさんに一番身近な携帯電話会社が提供する2つのプランをじっくりと解説してみたいと思います。※こちらでは、関東圏にお住いの方が選べるプランに限定してご紹介しています。関東圏以外のみなさま、ごめんなさい。(掲載内容は2016年2月15日現在のものです。)

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」
人気CMでおなじみのソフトバンクが電力自由化に参入を表明。サービスプランはその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

【ソフトバンクでんき】
・特徴:携帯料金が毎月最大300円安くなる
・供給元:東京電力
・対象:ソフトバンクの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリア
・ポイント:Tポイント(電気代1,000円につき5ポイント付与)
・プラン:ライフスタイルに合わせた4プランを展開予定

<総評>
日本の3大キャリアが展開する電力プランということで注目度は大。ただし現在ソフトバンク契約中の方しか利用することはできないので注意が必要。さまざまなサービスに転用できるTポイントが貯まるのは嬉しいところ。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「最大4000ポイントのau WALLETプレゼント」
ソフトバンク以外にauも電力自由化に参入。こちらも電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。ただしこちらは一般的なポイントの付与はなく、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。

【auでんき】
・特徴:au WALLETプリペイドカードに毎月キャッシュバック
・供給元:従来と同じ(選ぶことはできない)
・対象:auの通信サービスに契約中の方のみ
・エリア:全国(沖縄県および一部離島は提供エリア外)
・ポイント:au WALLET
・プラン:キャッシュバックで対応

<総評>電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっている。

日本の3大キャリアのうち、auとソフトバンクが早くも電力自由化に参加。ただしNTTドコモは具体的なプランは何も発表していないのが気になるところです(東京電力および中部電力とのポイントサービスの提携のみ発表)。au、ソフトバンクいずれも契約者のみに提供するプランというのが注意点ですが、すでに各キャリアに契約している方にとってはどちらも魅力的なプランとなっています。

次回(vol.3)では、エネルギー会社の新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

【マネーゴーランド意識調査】調達データを征すれば、お花見は何杯(倍)も楽しめる!

桜前線が北上を始める頃になると、待ちに待ったお花見シーズンがやってきます。新入社員の歓送迎会を、桜の木の下でおこなう会社も多いのではないでしょうか。

そこでマネーゴーランド編集部では、「飲み会についての意識調査」を独自に実施。ちょっと意外な事実や納得できる情報などが判明しました。お店とは違い自分たちで飲み物をすべて調達しなければならない若手社員の方にも、ぜひ参考にしてもらいたいマネープランです。

●何はともあれまずはビール
最初にうかがったのは、「お花見や歓送迎会、同僚や知人との飲み会の席でアルコールを飲まれる際に、おもに何を飲まれますか?」という質問。アンケート結果では、ビールを飲まれる方が全体の45.0%と圧倒的多数。次いでカクテルが続き(18.8%)、以下サワー(12.6%)、梅酒(6.0%)、焼酎(5.2%)と続きます。飲み会の席における「とりあえずビール」は、アンケート結果によっても証明されています。

●ウーロン茶とコーラは必須
もちろんお酒を飲まない方もいらっしゃることから、「ソフトドリンクを飲まれる際には、おもに何を飲まれますか?」という質問も同時におこなってみました。結果は、ウーロン茶(41.6%)とコーラ(16.3%)で半数以上を占めています。それ以外の飲み物は、人それぞれの嗜好によって分散傾向にあることが分かりました。

●アルコールの補充は抜かりなく
今度はアルコールを召し上がる方を対象に「お酒は何杯飲まれますか?」という質問を実施。男女別に分けて集計してみました。男女とも2杯飲まれるという方が1番多く、続いて3杯と答えたのが男女とも2番目という結果に。お酒は1杯だけでやめるという方は少ないようです。おもしろいのは、同じ2杯飲むと答えた割合が、男性よりも女性の方が多くなっているということ。お酒は男性の方が強いというのはもはや過去の話。現代の働く女性はお酒も強いという結果になっています。

●現場の対応力を発揮して飲み会をスマートに乗り切ろう
「女性が多いからアルコールは少なめでも大丈夫」そんな常識は過去のものといえる今回のアンケート結果。男女関係なくお酒を飲まれる方は、2杯目、3杯目と召し上がる頻度が高いため、お酒は多めに用意しておきましょう。まずはビールを半分以上用意し、次いで梅酒と焼酎を確保。ソフトドリンクと焼酎を割れば即席のサワーがつくれるので、ほかのアルコール類は適宜あれば問題なし。一方ソフトドリンクは、ウーロン茶とコーラをとりあえず用意。あとはジンジャーエールやオレンジジュースがあれば、サワーを作るときに重宝するはずです。必須のアルコール銘柄とソフトドリンクは欠かさずに、あとは柔軟に現場対応することで、会社におけるあなたの評価も確実に上がります。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数1,200名)

【4月1日からの本格スタート目前!】電力自由化まとめ 異業種プランランキング!

いよいよ2016年4月1日から始まる電力自由化も目前に迫りました。

マイナス金利で貯蓄をしてもなかなかお金が貯まらないなら、少しでもお得に家計の固定費を節約したい!と思うのは世の常です。そこでこれまでマネーゴーランドでご紹介してきた電力自由化の中でも、電力会社ではない異業種が発表しているオススメプランをまとめてご紹介します!

【携帯料金×電力自由化】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
いまや生活に欠かせないものとなった携帯電話。その一番身近な携帯電話会社が提供する電力サービスプラン。もちろん各キャリアの契約者のみに提供するプランではありますが、契約している方にとっては魅力的なプランとなっています。家計における携帯電話料金の割合が高い方は見直してみてはいかがですか?

●おすすめ電力プラン1 『ソフトバンクでんき』
「家族3人で2年間最大約16万1,840円もお得になる」などの人気CMでおなじみのソフトバンクのサービスプランがその名も「ソフトバンクでんき」。誰しも名前を知っている有名企業が展開するプランだけあって、その内容はかなり魅力的。ただしソフトバンクでんきを申し込めるのは、ソフトバンクの契約者のみに限られています。

●おすすめ電力プラン2 『auでんき』
「auでんき」も電気料金と携帯電話代を同時に安くすることができるようになっています。auでんきのオリジナリティは、au WALLETのWALLETポイントに特化しているのが特徴。au WALLETを利用しているユーザーにとってはかなり魅力的なプランになっています。電気料金自体はこれまで通りで、au WALLETのキャッシュバックの対応でお得を提供している。毎月の電気料金の利用料金に応じてキャッシュバック率が変わってくる(1~5%)。こちらもソフトバンク同様にauの契約者のみの対象となっています。

【ガソリン代×電力自由化】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
次にガソリンの価格が下がったといっても、まとまった金額がかかるのがガソリン代。自動車に乗る機会が多い方にとってメリットが多い、電気代もガソリン代もおトクになるエネルギー会社の新電力プランをご紹介します。

●おすすめ電力プラン3 『ENEOSでんき』
石油系エネルギー会社の最大手であるENEOSによる「ENEOSでんき」。ENEOSカードを使ってガソリン・灯油・軽油代をリッターあたり1円キャッシュバックすることができるENEOSでんき。Tポイントに対応するだけでなく、6種類の特別提携カードのポイントが還元されるため、ENEOSカードを持っていなくてもお得感を味わうことができます。ただし注意点として、ENEOSカード割引、特別提携カード割引、Tポイントの3つのうち2つ以上の特典を併用することができないことは覚えておきましょう。現在は火力発電がメインですが、今後は太陽光や風力などの再生可能エネルギーにも積極的に取り組むことを標榜しているため、エコに関心のある方にもおすすめです。

●おすすめ電力プラン4 『ドライバーズプラン』
昭和シェル石油が展開する電気料金プランは、車に乗る機会の多い(ガソリン代をたくさん使う)方にとって、かなり魅力的な内容です。ガソリンがリッターあたり10円も安くなる。そんな魅力的なプランを標榜するのが、ドライバーズプランという新サービス。さらに電気を多く使う方にも嬉しいプランが用意されており、「何よりもガソリン代を節約したい」、「ガソリンと電気をたくさん使う」という方にはおすすめです。ただしガソリンの特割サービスを受けるためには、指定のエリアにある昭和シェルのガソリンスタンドに限られるので注意が必要です(エリア外で給油してもポイントは付与されません)。

【コンビニ×電力自由化】スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
普段のお買い物をする場所として一番多い、スーパーマーケットとコンビニエンスストア。誰もが何気なく買い物に使っている店舗による魅力的な電力プラン。電気を使うだけで普段のお買い物がおトクになるなんて……そんな素敵すぎる電力プランが発表されています。!

●おすすめ電力プラン5 『スマ電®』
スーパーマーケットと新しい電力会社がタッグを組み、私たち消費者にメリットをもたらしてくれる電力プラン。このプランがユニークなのは、電力プランを展開するのが、電力会社ではなく提携するスーパーマーケットだということ。そのため「スマ電」を申し込むのは各スーパーマーケットを経由して行ないます。現状では5つのスーパーマーケット・チェーンと提携を結んでいます。
スーパーベルクスは東京、埼玉、千葉エリアに34店舗を展開しているスーパーマーケット・チェーン。今後提携スーパーマーケットが増えていくことを期待しますが、普段使っているお店がスマ電の取扱店であれば、ぜひチェックしてみてもらいたい電力プランです。※スマ電は東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアのみの展開となっています。

●おすすめ電力プラン6 『まちエネ』
コンビニ大手のローソンと電気事業の実績がある三菱商事がタッグを組んだ「まちエネ」。ローソンが展開しているため、非常に身近なプランとして受け入れやすいのがこのまちエネ。支払う電気料金(基本料金+電力量料金の合計金額)に応じてPontaポイントが貯まるので、Pontaカードを使っている人には魅力的な内容です。ただしPontaポイントで電気料金を支払うことはできません。ほかにもローソン人気メニューのお得なクーポン券が毎月メールで届くなど、ローソン店舗で使える特典を今後展開する予定。ただ惜しいのは、申し込みがインターネットor書面のみで、ローソン店舗ではできないということ。

【電車×電力自由化】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン
通勤やお買い物などの日常生活で鉄道を利用しているされている方をメインターゲットにした画期的な電力プランがあるんです「気が付いたらポイントが貯まっていた!!」そんな嬉しい悲鳴が聞こえてきそうなプランです。

●おすすめ電力プラン6 『東急パワーサプライ』
東京急行電鉄(株)100%出資によって立ち上げられた「東急パワーサプライ」。こちらのプランを利用すれば、TOKYU POINTがどんどん貯まるのが最大の魅力です。毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと電気料金の最大1%がTOKYUポイントとして貯まるほか、東急線のPASMO定期券購入時やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車で貯まるTOKYU POINT」がなんと2倍にアップ。さらに同じ東急グループのケーブルテレビ「イッツコム」の利用料が、毎月最大で350円もおトクになるというサービス内容になっています。

【ガス×電力自由化】ガス+電気+サービス、まとめておトクな電力プラン
電気とともに快適な生活には欠かせないもうひとつのエネルギーであるガス。そのガスと電気がまとめておトクになるプランが登場。ポイント還元やインターネット料金が割安になるプランも展開するなど注目の組み合わせです。

●おすすめ電力プラン7 『ずっともプラン』
新しく参入する電力各社の中で、最大級の電源を保有している東京ガス。クリーンエネルギーとして注目される天然ガスを使った火力発電所を数多く有しているだけでなく、新たな発電基地も増設して安定した供給基盤を確保しています。電気料金が安いだけでなく、電気とガスをセットにすることで電気の基本料金が安くなる「ガス・電気セット割)」が用意されているずっともプラン。毎月の電気料金に応じてポイントが貯まり、ポイントは東京ガスの各種サービスやプレゼント賞品と交換することが可能になっています。dポイントや楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントにも交換できるのは、かなり嬉しい内容といえるでしょう。

いかがでしたか?電力自由化にあわせて登場している各種プラン。「毎月の電気料金をなるべく安くしたい」「ライフスタイルに見合ったプランを選びたい」「とにかくポイント還元で得したい」など、みなさんが一番気になるところにスポットを当てて選ばれてみてはいかがですか。きっと自分が納得できるプランが見つかるはすですよ。

【実践セヨ!】伝説の引越しマンから学ぶ、引越しマスターへの道~初級編~

引越し繁忙期のこの時期、皆さんのなかにも引越しを検討されている方もいらっしゃると思います。

そこで、今回マネーゴーランド編集部が長年引越し業界で働いた伝説の引越しマン・H氏に独自のインタビューを行い、そこで教えて貰った、引越しする上で「絶対に実践したいポイント」をいくつかご紹介します。
今回は簡単に実践できる初級編からどうぞ!

1.時間指定はせず、フリー便を利用セヨ
「フリー便で契約して、本当に何時でもいいですと言えばとにかく安くなりやすいです。(フリー便と言っても前日には目安の時間を教えてくれます)

ただし、その日の最後の方に回されるため夕方からの引越しになりやすいが、過去に一番安かった引越しは2万円で2tロング一台分。通常なら15万程度はかかる引越しがとにかく安くなる時がある。2万はまず考えられない値段ではあるが、5万円位にはなる可能性が高い。

ただし、都内の渋谷区、品川区、新宿区、港区エリアは安くならない可能性が高いです。」

2.値段を考慮するなら「大安」ではなく「仏滅」を選択セヨ
「一般的に大安に引越したい、という要望が多く、大安は価格が高騰しがちです。逆に仏滅は引越しを避ける人が多いので、特に気にしないのであれば仏滅を選ぶと料金交渉に応じてもらえる可能性があるのでオススメ。」

3.仮見積りは出来るだけ活用セヨ
「仮見積もりでもダンボールを5から10枚をサービスで置いていってくれる業者があるので、似たようなサービスをしている別々の業者から見積もりをお願いすれば普通に引越しできるだけの上質なダンボールが揃い、追加のダンボール代がかからずに引越しができます。

ただし、大手は見積もりでのダンボールサービスはしていないところが多く、また大手のある会社はダンボールではなくお米をくれたりします。
ここで注意すべき点ですが、ダンボールを貰ってもそこの会社を利用しない場合、しっかりお断りの連絡を入れましょう。そのまま貰ったダンボールを使用してしまうと、ダンボール代を取られることがあり、中には「送り返して下さい」と催促の電話が何度も来るケースがありますので要注意です。

ちなみに、追加のダンボール代に関してですが、多くの引越し業者は同じ卸業者を利用していますので料金はほぼ同じくらいだと考えてもいいと思います。
料金は1枚あたり
ダンボール(小)270円~320円
ダンボール(大)350円~380円
程度が一般的です。」

4.見積もりはネットや電話見積もりではなく、営業担当に見積もりセヨ
「業者によってはネット見積もりや電話見積もりというシステムがありますが、
この見積の形式では荷物はお客様の自己申告という形になります。
実際に営業担当が現場を見てトラックのサイズを図るという形式ではないため家具の種類やサイズからすでに決められている料金が加算されていき、その合計が引越し料金となります。

その際、ネット・電話見積もりの場合はお客様の自己申告制という特殊な状況のためダンボールが不足することが非常に多いです。
結果としてダンボールが足りず当日になって梱包が終わらないということが多々あるのですが、梱包が終わっていない場合は契約違反となりますし、基本的には箱に入っていないものを引越し屋さんは運んでくれません。

もし新品のダンボールを追加した場合は追加分のダンボールの料金が発生しますし、業者が梱包を手伝った場合は梱包料金というものが発生します。
これらのことから引越しは面倒ではありますがネットや電話での見積もりではなく営業担当に直接見に来てもらうということが必要です。

また、営業担当が直接見に来て見積もりをした場合は、営業担当とお客様の間で料金の駆け引きなども可能になるので規定の料金よりも安くなりやすいです。」

5.春の引越しは4月以降に実施セヨ
「大手引越し業者の繁忙期は2月中旬から5月のGW前まで続く場合が多いが、4月を過ぎると平日の料金が安くなりやすいので交渉次第では大きな値下げが期待できる。3月の終わりころは新人を連れた営業担当がくるため、新人に契約の場を見せるために値下げに応じやすくなる。

これが大体4月の後半まで続く。ただし、新人を連れているかどうかは営業担当が来てみないとわからないので、とりあえず平日で仏滅を選ぶと良いでしょう。」

いかがでしたでしょうか?
引越しを2回経験している私ですが、初級編なのに驚くことばかりでした。事前に知っているのと知らないのでは大きく変わりそうな話ばかりですよね。※ちなみにですが私は実際にお米を貰ったことがあります(笑)。
引越しは何かとお金がかかりがちですので、事前に知識を備えて、賢く行いましょう。

明日は更に一歩踏み込んだ中級編をお届けします。ご期待ください!

※今回のインタビューは基本的に単身引越し向けの話になります。

ランキング