【電力自由化〜関西編〜】どれくらい電気代が安くなるのかシミュレーションしてみました!

4874.jpg

このレシピを実行して

15,000貯まる!
<材料>

・電力自由化

<Point>

1一人暮らしでも電気代が安くなる

2人数が増えるほど料金もお得に

3関西地区でのシミュレーション

※4人家族で現在の電気代が年間13万円の世帯

電力自由化になって電気料金が安くなる!?

電力自由化まで、あと10日あまりとなりましたが、まだ電力会社をどこにするか考えていないという方も多いのではないでしょうか。
今まで地方の電力会社以外に選択肢がなかったので、突然電力会社を選ぶことができると言われても、あまりピンと来ません。しかし、この電力自由化の機会を上手く利用することができれば現在の電気代を年間で5000円も節約することができます。
今回は家計を一生懸命考えるあなたのために、関西地区ではどのプランでどれくらい安くなるのかということについてお話していきます。今回のシミュレーションにはエネチェンジ(https://enechange.jp/)というサイトでシミュレーションすることにします。また、関東にお住まいの方はこちらをご覧下さい。

・一人暮らしの場合
社会人の方ですと平日は朝と夜しかいないため、月の電気代平均額はそれほど高くなく、年間で42309円、ひと月あたりの平均額は3525円だそうです。このような方でも電気代は安く抑えることができるのでしょうか。
なんとH.I.Sのプランでしたら年間で、およそ2000円以上もの電気代が節約できるようです。月々の節約料金は微々たるものかもしれませんが、現在の電気代が十分安いと考えられる1人暮らしの方でも電力自由化によって価格が抑えられるというのですから驚きです。

続いて夫婦と小学生の子どもが2人いる家庭を考えたシミュレーションを考えてみましょう。

・4人家族で過ごしている場合
4人世帯での電気代の平均は13万2516円、ひと月あたり1万1043円だそうです。子どもにかかるお金も増えて行く中で、できるだけ電気代を節約したいところですがどれくらい安くなるのでしょうか。
シミュレーション結果ですが、年間の電気代はソフトバンクでんきがおよそ1万5616円節約することができるという結果になりました。さらにソフトバンクの端末と合わせて契約をしていれば、年間でおよそ2万円節約できるという結果になりました。
こどもの人数が多い、電気代も高くなりやすい家庭にとってはまさに電力自由化の効果てきめんと言ったところでしょうか。

このようにどのような環境でも電力が安くなることが考えられる電力自由化を見逃す理由はありません。適切な電力会社を選び、賢く電気代を節約しましょう!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

電力自由化で家計がラクに?価格競争が始まる4月を見逃さないために知っておくべきこととは

2016年4月から「電力自由化」が始まります。しかし、今まで地方の電力会社から電気を買っており、突然電力自由化と言われても一体何が変わるのかわからない!という人も多いと思います。

そこで、今回はそのようなあなたのために電力自由化によって、あなたの生活はどのように変化するのか?ということについてお話したいと思います。
面倒だと感じているかもしれませんが、電力自由化について正しく知識をつけておいて損はありません。というのも、場合によってはあなたの毎月支払っている電気代を安く抑えることができるからです。
それでは電力自由化で、なぜ料金が安くなるのかを見てみましょう。

これまで、電気は東京電力や関西電力といった地方の電力会社が私たちに販売していました。しかし、4月からはこのような電力会社だけでなく、ケータイ会社やガス会社、さらには航空会社までもが電力を販売することができるのです。
つまり、簡単に言えば、“誰もが電力を売ることができる”ということが電力自由化なのです。電気を販売する企業が増えれば、私たちはどこの企業から電気を買うことができるのか選ぶことができます。
例えば、月の電気代が安くなる会社を選ぶのも良し、ガスとのセットプランで安く電気を買うのも良し、原子力発電などのないエコな発電を行っている企業から電気を買うことも可能なのです。
このような電力自由化によって、私たちの生活には様々な影響が考えられます。
その中でもやはり最大のメリットとして考えられるのが、毎月の電気代が安くなることでしょう。
特に、電力自由化を始めたばかりの4月は各企業がギリギリの価格競争を行うことが考えられます。1円でも他の企業よりも安くしようと考える企業が増えるため、この4月に電力会社をどこにするのかを決めることは非常に重要であると考えられます。

毎月の支出を見直すと、場合によっては年間で5000円程度の節約をすることも可能です。この電力自由化の機会を逃すことなく、賢く電力会社を選びましょう。

【電力自由化攻略!】 ガス+電気+サービス、まとめておトクな電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.06】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

今回ご紹介するのは、これぞ電力自由化の大本命。電気とガスをまとめて扱う魅力的な電力プランが登場です。

●電力全面自由化の本命
快適な生活には欠かせないもうひとつのエネルギーであるガス。そのガスを取り扱う東京ガスの電力自由化への参入が発表されました。そのプランの1つが「ずっともプラン」。このプランに契約すると、ガスと電気がまとめておトクになります。さらにずっともプランでは、ポイント還元やインターネット料金が割安になるプランも展開する予定。エネルギーだけでなく、ポイントやサービスなどの付加価値でライバル会社との差別化を図る、東京ガスの電力プランを具体的に解説します。

●おすすめ電力プラン7 『ずっともプラン』
「電気とガスとプラスアルファでおトク」
新しく参入する電力各社の中で、最大級の電源を保有している東京ガス。クリーンエネルギーとして注目される天然ガスを使った火力発電所を数多く有しているだけでなく、新たな発電基地も増設して安定した供給基盤を確保しています。東京ガスの電力プランなので、電気とガスがセット割になるのは想定内ですが、そのほかにも多くのおトクを用意しているのは嬉しい想定外。提携プロバイダのインターネット料金が割引になる「東京ガストリプル割」をはじめ、水・鍵・ガラスにまつわるトラブルをプロが解決する「生活まわり駆けつけサービス」や、毎月の電気料金に応じてポイントが貯まる「パッチョポイント」などが用意されています。

【ずっともプラン】
・特徴:電気とガスを両方契約するだけでおトクになる
・供給元:自社保有の火力発電所が主体
・対象:東京電力管内にお住まいの方・契約は30A以上
・エリア:東京電力管内
・ポイント:パッチョポイント
・プラン:3プラン

<総評>
電気料金が安いだけでなく、電気とガスをセットにすることで電気の基本料金が安くなる「ガス・電気セット割)」が用意されているずっともプラン。ユニークなのがパッチョポイントという新サービスで、これは今回の電力自由化のために新たに作られたもの。毎月の電気料金に応じてポイントが貯まり、ポイントは東京ガスの各種サービスやプレゼント賞品と交換することが可能になっています。dポイントや楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントにも交換できるのは、かなり嬉しい内容といえるでしょう。

一般的な家庭向けのずっとも電気1プランは、基本料金に3段階料金を合わせたもので東京電力の従量電灯Bプランに相当する内容です。このままだと東京電力より少し安いかな? 程度なのですが、さらにガス・電気セット割やトリプル割をつけることで、トータル面でのおトク感を味わうことができます。ほかにも電力自由化のためにポイント制を導入するなど、意欲的な姿勢を見せる東京ガス。2017年のガス自由化を控え、今から積極的に顧客の取り込みを行なっているのではないでしょうか。電気とガスを一緒に利用されている家庭にとっては、まずは安心しておすすめできるプラン内容です。

次回(vol.7)は、いよいよ始まる電力自由化を目前にしての緊急企画。各種手続きや疑問に思っていること等をわかりやすく解説します。直前だからこそ知っておきたい情報を知れば、電力自由化をもっとおトクに使いこなすことができるでしょう。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
【Vol.04】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
【Vol.05】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン

【電力自由化攻略!】電車と電気がおトクになる!? 鉄道会社が始める画期的なプラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.05】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

今回ご紹介するのは、これまでとは少し趣の変わった電力プラン、「東急パワーサプライ」。エリアが限られているプランですが、今後このような異業種と電力会社との提携は続々登場すると思いますので、エリア外の皆さんもぜひご覧ください!

●東急沿線の方には見逃せないプラン
今回ご紹介する「東急パワーサプライ」は、通勤などで東急線を利用されている方をメインターゲットにした画期的な電力プランを発表しています。東急線沿線には東急ストアも多く、通勤やお買い物などの日常生活がそのままおトクに直結。「気が付いたらポイントが貯まっていた!!」そんな嬉しい悲鳴が聞こえてきそうなプランです。

●おすすめ電力プラン6 『東急パワーサプライ』
「東急グループだからできるおトク」
東京急行電鉄(株)の100%出資によって立ち上げられた「東急パワーサプライ」。こちらのプランを利用すれば、TOKYU POINTがどんどん貯まるのが最大の魅力です。毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと電気料金の最大1%がTOKYUポイントとして貯まるほか、東急線のPASMO定期券購入時やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車で貯まるTOKYU POINT」がなんと2倍にアップ。さらに同じ東急グループのケーブルテレビ「イッツコム」の利用料が、毎月最大で350円もおトクになるというサービス内容になっています。

【東急パワーサプライ】
・特徴:東急線でPASMOを使うだけでポイントが貯まる
・供給元:東急パワーサプライ
・対象:現在東京電力に契約中の方のみ※20A以下は不可、30A契約には制限あり
・エリア:東京電力管内
・ポイント:TOKYU POINT
・プラン:3プラン(一般向けは従量電灯Bの1プランが基本)

<総評>
東急線の利用者をメインターゲットにした東急パワーサプライ。料金プランをシンプルにして、TOKYU POINTの還元で差別化を図るという、とてもシンプルで分かりやすい内容となっています。ただし東急線を利用している方にはメリットがあっても、東急線を使わない方には、さほど魅力がないのは事実です。

このおトクを最大限活かすためには、TOKYU CARDは必須。さらに東急線をお使いの方はPASMO定期券を作り、この定期券で乗下車をしているだけで勝手にTOKYU POINTが貯まっていきます。さらに、土日に東急バスを使えば毎月抽選で4000ポイントももらえるという特典もあり(一部制限あり)。このTOKYU POINTは、東急系列の加盟店で使える(1ポイント1円)ほか、PASMOにチャージしたり、JALマイルへの交換も可能です。

普段利用しているのが東急線で、お買い物は東急ストア、買い物にはPASMOの電子マネーを利用、CATV「イッツコム」に加入しているという東急ヘビーユーザーにとっては、東急パワーサプライは間違いなくナンバーワンのメリットをもたらしてくれるプランです。このようにお住いの沿線や地域をターゲットにした電力プランが増えると、これまでよりもずっと電力プランを選ぶ楽しみが増えるのではないでしょうか。

次回(vol.6)は、電力の最大のライバルであるガス会社の新電力プランをご紹介します。2017年にはガスも完全自由化が決まっているなかで、どんなおトクなプランを展開しているのでしょうか。こちらもぜひお楽しみに。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン
【Vol.04】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン
※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

【電力自由化攻略!】知ってましたか?スーパー&コンビニ各社のお得な新電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.04】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●いちばん身近な場所でおトクを体感
これまでは携帯電話を使っている人や車に乗っている人に向けた電力プランをご紹介してきましたが、もっと身近なシチュエーションで電力プランを選ぶ方法をご紹介します!

それが誰もが何気なく使っているコンビニエンスストアとスーパーマーケットによる、魅力的な電力プラン。電気を使うだけで普段のお買い物がおトクになるなんて……そんな素敵すぎる2つの電力プランをご紹介します。

●おすすめ電力プラン5 『スマ電®』
「スーパーマーケットで電気が買える」
スーパーマーケットと新しい電力会社がタッグを組み、私たち消費者にメリットをもたらしてくれる電力プラン。このプランがユニークなのは、電力プランを展開するのが、電力会社ではなく提携するスーパーマーケットだということ。そのため「スマ電」を申し込むのは各スーパーマーケットを経由して行ないます。現状では5つのスーパーマーケット・チェーンと提携を結んでいますが、ここでは「スーパーベルクス」チェーンのスマ電料金プランをご紹介します。

【スマ電】※スーパーベルクスの場合
・特徴:最大10週連続たまごがもらえる(申込特典)
・供給元:アイ・グリッド・ソリューションズ(電気供給契約先)
・対象:提携スーパーの供給エリアにお住いの方のみ・30A以下契約の方は不可
・エリア:東京電力管内
・ポイント:加入者全員に最大10週たまごorティッシュ毎週プレゼント
・プラン:2プラン(スマ電ベルクスプラン3段階料金と段階割)

<総評>
スーパーベルクスは東京、埼玉、千葉エリアに34店舗を展開しているスーパーマーケット・チェーン。そこで加入することができるスマ電では、使用量と電気料金に応じた2種類の料金プランを設定しています。ユニークなのはスマ電と提携している各スーパーマーケットグループによって特典が異なるというもの。

たとえば三重や岐阜に展開している「深夜スーパー一号館」では、ポイント&スタンプで電気料金代を還元するようになっています。今後提携スーパーマーケットが増えていくことを期待しますが、普段使っているお店がスマ電の取扱店であれば、ぜひチェックしてみてもらいたい電力プランです。※スマ電は東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアのみの展開となっています。

●おすすめ電力プラン6 『まちエネ』
「あのローソンが展開する電力プラン」
コンビニ大手のローソンと電気事業の実績がある三菱商事がタッグを組んだ「まちエネ」。あんしん(電気の品質)・うれしい(ポイントプラン等)・わかりやすい(申し込み方法)を三本柱にした魅力的なプランを打ち出しています。さらにローソンで使えるクーポン券サービスなども行なう予定なので、ローソンをよく使われる方には魅力的な内容となっています。

【まちエネ】
・特徴:シンプルで分かりやすくPontaが貯まる
・供給元:各地域電力会社
・対象:供給エリアにお住いの方なら誰でも利用可能
・エリア:東京電力管内
・ポイント:Pontaカード
・プラン:1プランのみ(3段階制)

<総評>
ローソンが展開しているため、非常に身近なプランとして受け入れやすいのがこのまちエネ。支払う電気料金(基本料金+電力量料金の合計金額)に応じてPontaポイントが貯まるので、Pontaカードを使っている人には魅力的な内容です。ただしPontaポイントで電気料金を支払うことはできません。ほかにもローソン人気メニューのお得なクーポン券が毎月メールで届くなど、ローソン店舗で使える特典を今後展開する予定。ただ惜しいのは、申し込みがインターネットor書面のみで、ローソン店舗ではできないということ。

普段のお買い物をする場所として一番多い、スーパーマーケットとコンビニエンスストア。その2つから電力プランが発表されたと聞いてかなり期待値も高かったのですが、その内容はまだ道半ばといった状態でした。ベルクス「スマ電」は、たまごやティッシュといった生活必需品をもらえるサービスが目玉になっていますが、今後はそれ以外の展開も期待したいところ。一方のローソン「まちエネ」は、Pontaカードのユーザーやローソンのヘビーユーザーならば電力プラン以外でも十分おトクを味わうことができると思います。

次回(vol.5)では、東急沿線にお住いの方がトクをする、ちょっとニッチな新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【Vol.03】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

「芸能界、みんなストレス発散した方がいいんじゃない?」マネギャルのケツ論

2016年、年明けから大きな芸能ニュースが連日世間を騒がせましたね。
今回は、話題になった芸能ニュースをマネギャル目線で切っていきます。若干上から目線なのはご容赦ください!

まずは最も大きな話題の一つ、「センテンススプリング」など名言も発覚した例の話題。
誰の見方になるかという話になり
「誰の見方につくかというなら嫁かなー」
「(旦那が)クリスマスも年末年始もいないんだよ?」
とやはり奥さんが可哀想という意見に満場一致。

しかし、
「たった一回がたまたま不倫だったという事で、あそこまで叩き続かれるのもどうかと思う」
と浮気した旦那のその後の報道のされ方にも苦言を呈しました。

また、覚せい剤所持で逮捕されや元大物プロ野球選手の話題には
「ちょっと残念」
「(疑惑が以前からもあり)やっぱり止めれなかったのかな」
と批判というより単に残念に感じている様子。

その他、ムツゴロウさんの動物愛がなくなった話も出てきた上で、
「見えてるところだけじゃなくても見えてないところでもいろんなことが起こっているんですよ芸能界」
「みんなストレス発散したほうがいいんじゃない?芸能界」
と総括しました。

果たして、マネギャル達が出したケツ論とは!
今回のケツ論はギャルらしい目線から出た非常に核心をつくものになっている!?

ランキング