【実践セヨ!】伝説の引越しマンから学ぶ、引越しマスターへの道~中級編~

4909.jpg

マネーゴーランド編集部が長年引越し業界で働いた伝説の引越しマン・H氏に独自のインタビューを行い、そこで教えて貰った、引越しする上で「絶対に実践したいポイント」を紹介するこのコーナー。

前回は初級編をお送りしましたが、今回は中級編です!どうぞ!

1.長距離の引越しは大手に依頼セヨ
「引越し先が他県にまたがる場合は高速代や輸送費を多めに取られることがない大手になるべく頼むと良い。特に長距離(100km以上)の引越しは大手S社がとにかく安い。

理由はシステム。
大手でも他の会社はエリアを出ると支店ごとの売り上げに影響が出るが、S社はどこまでも同じドライバーが走り、地元の支店と合同での作業になるため人件費が安い(その分給料も安いらしいですが(笑))。

ちなみに、長距離の引越しで家具がなくダンボールだけの人は宅急便で済ませた方が安く上がることがあるので検討してみてもいいかもしれません。」

2.荷物量がどんなに少なくても引越し会社を利用セヨ
「荷物量がどんなに少なくても自分でレンタカーを借りて引越しをするのはよくない。
本当に荷物量が少ない場合、見積もりに来た営業担当に「3万くらいあればレンタカーと食事代くらいでできるから悩んでます。」というようなことを言うと、本当に3万から3万5千くらいになる場合もある。

どちらにせよ、レンタカーのバンは普通車より料金が高く6時間くらい借りると1万円を超えることが多いが、引越し屋の料金の内訳を考えた時に2tショートだと大体1万2千から1万5千くらいなので、ガソリンの料金や自分で用意するダンボールやテープの料金を考えると結局引越し屋の方が安い。
さらにフリー便にすると交渉次第では2,3万でおさまる可能性が高いです。」

3.知人を紹介してクオカードをGETセヨ
「大手のある引越し会社では、引越しを予定している知人を紹介するとクオカードがもらえる時期がある。もしくは引越し予定の知人を紹介しますという旨を営業担当に伝えて割引してもらうという手もある。

もしクオカードがもらえる時期なら、値下げしてもらえた上にクオカードがもらえるので、知人で引越しを検討している人がいれば一度紹介してみるといいでしょう。」

4.ダンボールを自分で用意するのはなるべく避ケヨ
「お客様自身が通販やホームセンターで購入するダンボールは引越し業者のダンボールよりも100円前後安いのですが、積み上げることを想定して作ってあるわけではないので、トラックの中で潰れてしまいお客様が梱包した荷物が破損する場合があります。

基本的に業者がダンボールを落としたりぶつけたりしていない限りは、お客様梱包はお客様自身の責任となり、保証の中には入っていないため、万が一破損した場合の責任はお客様にあります。

業者の規模があまり大きくない場合はもしかしたら保証してくれるかもしれませんが、基本的にはないと思って頂いていいと思います。
これらのことからダンボールはケチらないほうが結局安くつくと言ってもいいと思います。」

いかがでしたでしょうか?
今回の話も普段普通に生活している上ではなかなか聞けない話ばかりだと思います。

明日はいよいよ上級編です!読んだあなたは引越しマスターになれるかも!?ご期待ください!!

※今回のインタビューは基本的に単身引越し向けの話になります。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

職場近くに引越し!通勤時間の短縮が節約の元!

職場から多少離れていても、家賃相場が安い郊外に住むという選択肢をとる方が多いと思います。会社がある都市部の家賃は郊外に比べると高かったりするので躊躇してしまいますよね。

ただ、よくよく考えてみると通勤の時間がかかる分、損をすることも多いのでは?通勤時間短縮が、節約のカギになりそうです!

通勤時間を短縮するだけで何が節約できる?
家賃と通勤時間、どちらを我慢するか。通勤時間!と答える方も多いと思いますが、実は、通勤時間を短くすることで、節約できることも。
今回は、食費に注目したいと思います!

通勤時間が長いと、家でゆっくり朝ごはん、なんてなかなか難しいもの。通勤途中にコンビニやカフェに立ち寄って、パンやコーヒーなどの軽食を買って出社するという方が多いと思います。ここで考えてみましょう。

例えば、毎朝120円のパンと200円のコーヒーを買って出社するとします。月20日勤務として、(120+200)×20=6,400、朝食だけで月に6,400円もかかっているということに。

早起きにも限界がありますから、毎日お弁当つくりなんて大変ですよね。必然的に、ランチタイムはコンビニ弁当や外食になってしまいます。コンビニでお弁当と飲み物(500mlのペットボトル)を購入した場合(お弁当500円+飲み物120円)×20=12,400円。

また、外食(定食屋)の場合、大戸屋の定食850円×20=17,000円。ランチ代では月に10,000円以上かかっていることがわかります。

最後に夕食。つくる元気は残っていますか?満員電車で体力と気力が奪われたりしてぐったり。家に帰ってから夕食なんてつくれない・・・お気持ち、とてもわかります。ついついスーパーのお弁当やお惣菜、買っちゃいますよね。スーパーでお惣菜2品を買った場合(西友の揚げ物100円+野菜の和え物215円)×20=6,300円。お弁当を買った場合、西友のお弁当410円×20=8,200円。こちらもなかなかの出費ですね。これに缶ビールが追加されていたら、さらに月3,000円~4,000円程度プラスになります。

朝・昼・夕を計算すると・・・
6,400+12,400+6,300=25,100円

3食だけでこれだけかかっているということは、間食やお酒代などをプラスすると一体いくらかかるのか・・・。ひとり暮らしの食費の平均額は20,000円程度なので、5,000円以上多くかかっていますね。

さらに、通勤疲れでマッサージに3,000円近く払うなんてことも珍しくないですから、毎日のストレスも考慮すると、少々家賃が高くとも、職場近くに住んだほうがお財布も気持ちも温かくなりそうです。

非公開: 引越しで出た不用品の処分はどうする?効率的でお得な処分方法

引越しをする際、もう使わないものや、新しいものに買い換えるので必然的に要らなくなるものが出てきますよね。

そんな不用品ですが、大きいものだと粗大ゴミとなってしまい、引き取ってもらうのにお金がかかってしまいます。どうせなら、その不用品を効率的に処分しませんか?

1、行政の回収サービスにお願いしよう
もう使えないのでゴミとして処分したい場合は、不用品回収業者よりも行政サービスにお願いする方が安くて安心です。

例えば、座卓を回収してもらう場合、新宿区では、300円。不用品回収業者は1,000円といった例もあります。700円の差はかなり大きいですね。

2、まだまだ使えそうなら、リサイクルショップへ
まだ使えるけれど、この機会に新調したい、新しい家には必要ないと行った場合は、「売る」というのも一つの手です。不用品なのにお金が入るなんてかなり得した気分ですね。

リサイクルショップにもっていくと、各ショップによって買取価格は異なりますが、大型家電だと数千円で買い取ってもらえたりするので使わない手はないでしょう。ほかにも、これも売れるのかな・・・?といったもでも、以外に買い取ってもらえたりします。なぜかひとつだけ残っているゲームのコントローラーなんかも、1,000円以上の値が付くこともあるんだとか。

3、個人売買サイトを利用する
最近はやりの個人売買サイト。メルカリだったりフリマだったりが有名ですよね。特に売りやすいのが衣類やバッグなどの小物。ブランドものや限定ものなどは、強気の価格設定でも購入希望者がいたりします。

グッチのショルダーバックが3,600円の価格設定で出品されていたり、DIESELのカットソーが1,500円で出品されていたりしますので、他の出品者の価格設定を参考に、出品価格を決めると良いですね。さらに、引越しするのでこの日までの限定出品!などの文言をつけると注目されやすいかもしれません。

使えないものを処分する際は、少しでも安く、まだまだ使えるものは、売ることで収入に。不用品でも、効率的に処分することで節約になるんです!

引越しで必要な税務手続きとは?

3月は新年度から就職、進学、転勤など新生活を迎える人が多いので引越しのシーズンとなります。引越しは荷物の準備や各種手続きで忙殺されますが、その中で見落としがちなものを税金部分に絞ってみていきます。

■住宅ローン控除
 住宅ローン控除を受けている人が転勤しなければならなくなってしまった場合、『自己が居住』が適用要件であるこの制度は、基本的には使えなくなります。
 ただし、転居前に管轄の税務署に「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」という書類を提出した上で、以下のような状況によっては継続が可能となります。

1・単身赴任の場合
他の家族が残る場合は引き続き控除が可能で、上記届出も不要です。ただし1年以上の海外転勤などで非居住者となる場合は、本人がいない間は家族が残っていても適用不可となり、戻って来てからの適用再開(*1)となります。

2・転勤から戻り再居住した場合
この場合も戻ってきた年分(*2)から適用再開となります。その際の適用可能期間ですが、当初からの10年という期間に延長はないので、住んでいなかった期間はそのままなくなります。(*1)

*1;例えば、2010年に居住(適用)開始で翌年から5年間(2011~2016)転勤し、2016年中に再居住した場合は、2016年(*2)から2019年の4年間が適用できる期間になります。
*2;戻った年に賃貸していた期間がある場合は、翌年からの適用
 いずれにしましても、自己都合で転居した場合や上記届け出をしていないと、戻っても適用再開とはなりませんのでご注意ください。

■住民税
 住民税は正確には都道府県分と市区町村分に分かれていて、1月1日に住んでいる(住民票のある)自治体へ納付します。
転居の場合、会社勤めのサラリーマンは会社がやってくれるので、特に手続きは必要ありません。必要な場合があるのは退職した場合や自営業など会社勤め以外の場合です。
退職の場合は最後の給与から未納付の部分を一括徴してもらい、会社で納付してもらうことが可能です。それ以外の場合は、個人事業主の場合なども含め、引越し前の自治体から納付書が送られてきますので、一括もしくは分割で納付することとなります。
注意しなければならないのが、役所への転出・転入届です。きちんとやっておかないとずっと転居前の自治体から納税通知が送られ続けますし、放置しておくと5万円以下の過料というペナルティが科される可能性がありますので注意してください。

■その他税務関連手続き
 所得税の確定申告書を提出する必要がある人が転居して納税地が変わった場合は「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を変わる前後のそれぞれを管轄する各税務署に提出します。また、確定申告書自体は提出時の納税地を管轄している税務署に提出となります。
 また、この転居が海外の場合は、もう少し手続きが複雑になります。
 国内に住所がなくなって、いわゆる非居住者となった場合は、本人の代わりに確定申告を代行する「納税管理人」を指名して税務署に届けます。この場合の申告書の提出先は、納税管理人の住所地ではなく、事業所所在地や家族が残っているかつての居住地などになります。さらに、不動産を貸していてその賃料収入がある場合(*3)は、賃料を払う側で所得税(20.42%)を源泉徴収してもらわなければなりません。

*3;個人に対し、その人自身やその親族の居住用に貸している場合は、源泉徴収しなくてもOK

荷物が少ない引越し、宅急便のほうが安く済む場合もある

春は、入学や就職、転職や異動で新しい土地に移ることが多い時期です。そんなとき、付きまとってくる難題があります。そう、引越しです。

毎回複数の引越し業者から見積りを取っている方も多いでしょう。そのなかで一番安い業者を使うとしても、引っ越し代は高いですよね。でも実は、荷物が少ないときは宅急便のほうが安く済む場合もあるのです。

1.宅急便で引越し
2015年の宅配便の市場シェア、45.4%がヤマト運輸です。2位は佐川急便の33.5%。そんなヤマト運輸のサービスといえば皆さんご存知クロネコヤマトの宅急便。
連絡すればすぐに集荷にきてくれて、配送の時間帯指定もできる非常に便利なサービスです。料金も一番大きな160サイズ(縦、横、高さ3辺の合計が160cm以内で重量25kgまで)を関東から関西に送った場合で1,836円とリーズナブルです。

そんな宅急便を使って引越しをしてしまうというのが今回のお得な方法です。もちろん、条件次第では割高になってしまったり、そもそも運べないものがあったりもするので要注意です。

2.どんなケースがお得か
引越しといっても様々なケースが考えられます。家具家電付きの部屋に住んでいる方もいれば、荷物の多い人、少ない人。そんな中、引越しの荷物が以下の条件にあてはまった方はチャンスがあります。

 ヤマト160サイズの段ボールに収まる荷物しかない
 1箱25kg以内の一人で運べる荷物しかない
 段ボールの数が極端に多くならない

条件の中で一番難しいのがやはり段ボールに入るか入らないか。大型テレビや冷蔵庫などの家電製品やベッドやタンスなど大型家具がある場合はこの方法は使えません。

たとえば、東京大阪間の単身者の引越しを業者に頼んだ場合、安くともおよそ70,000~100,000円程度はかかってしまうことが多いです。それが160サイズの段ボール20箱に抑えれば、36,720円。かなり金額に差があるのがお分かりいただけるでしょう。

浮いたお金で新生活の準備をするのもよし、新しい家具家電を購入するのもよし。検討してみてはいかがでしょうか。ちなみにヤマト運輸、そんなニーズにこたえてか、単身引っ越しサービスというおよそ押入れ1個分の大容量を宅急便感覚で届けてくれるサービスも実施しています。料金は同一市内で最安14,000円からとのこと。こちらもWEB割引や早期割引、平日割引などお得な割引があるので検討してもよいでしょう。

引越し業者も千差万別、料金だけでないのはもちろんですが、どうせならお得に済ませたいものです。様々なサービスを比較検討することで自身に合った最適なプランを検討しましょう。

引越ししたら100円ショップ・300円ショップ・500円ショップで低価格で日用品を揃えよう

年末年始、心機一転して新居で新年を迎えるという方も多い季節です。

引っ越ししたら、お部屋のインテリアにもこだわりたいと考えている方も多いでしょう。
でも、すてきなインテリアをそろえるには、お金がかかるのも事実です。
そんなとき、活用したいのが100円ショップ・300円ショップ・500円ショップです。最近では、デザイン的にもクオリティー的にもばかにできない商品がそろっているんです。
今回は、100円ショップ・300円ショップ・500円ショップのインテリア用品活用術をお知らせします。

1.100円ショップのなかでも、オシャレインテリアに強いセリア
100円ショップのなかでも、オシャレインテリアに強いと言われているのがセリアです。ヨーロッパテイストのナチュラル雑貨がとてもすてきだと、とくにファンが多いようです。
セリアは、こだわりの「日本製」が多いのがポイント。より愛される魅力的な商品を届けるため、「メーカーとの共同開発」をしたオリジナル品が多いのが強みです。
インテリア用品は、そのまま飾ってもよし、リメイクして自分好みにしてもよしと100円とは思えない万能ぶりです。

2. 300円ショップをめぐる
300円ショップには、100円では手に入らないちょっといいものがあります。100円ショップではイマイチと感じた商品も300円ショップだと質はあがり、色柄も豊富になります。例えば、純正品なら1000円以上する大人気のセルカ棒、最近では300円ショップで購入することができるんです!
店舗数、品揃え共に充実しているのは「3coins」。大手らしくバラエティに富んだ商品を扱っています。「CouCou」では、おしゃれ度優先の可愛い雑貨屋さんのようなものを多く取り揃えています。さらに若い女子をターゲットにした300円ショップ「三日月百子」。こちらでは10代の女子に指示されるようなカワイイものを中心に販売しています。キャラクターグッズも充実していますよ。得意な商品はショップによって異なりますので欲しいものにあわせてお店をはしごしてみるのがいいかもしれませんね。

ランキング