文章の執筆者必見!確実にアクセスが集まる記事を書く方法とは

4871.jpg

このレシピを実行して

50,000貯まる!
<材料>

・記事の書き方

<Point>

1アクセスの集まる記事には特徴がある

2読者の疑問を解決する記事を書く

3記事の内容を統一させる

※5万円、副収入として目指す金額

近頃クラウドソーシングを利用した文章を書く仕事が急増しています。アクセスの集まる良い文章が書ければ、あなたの報酬はみるみる上がっていきます。

周りに記事の執筆で稼いでいる人がまだまだ少ないため、クラウドソーシングでお小遣い稼ぎということに実感が湧かないかもしれません。しかし、記事の執筆のような誰にでもできる仕事であっても月収で20万円を超えている人がいることも事実です。
それほど大きな報酬を得るためには、どれだけたくさんの記事を書くのだろうと疑問に思われるでしょう。確かに、そのような人は毎日のように記事を書いていることは間違いありません。
しかし、それ以上に質のいい記事を書くことに妥協をしません。質のいい記事を書くことができれば1記事あたりの報酬も増えます。1記事の報酬が増えれば、より短い時間でお金を稼ぐことができるのです。
そうすれば時間のないサラリーマンや子育てをしている主婦でも立派な副業になります。月に5万円の副収入も可能です。

では、アクセスの集まる記事とはどのような記事なのでしょうか。
それは、記事を読む人の疑問を解決する記事だということです。
どういうことだ?と思われるかもしれません。
例えば、タイトルが「春先に使える便利グッズ10選」というタイトルであれば、読者は便利グッズが何なのかという疑問を持ちます。
それなのに内容が花見の絶好スポットが紹介されていても読者の疑問は解決されません。上のようなタイトルであれば必ず便利グッズを紹介し、読者の疑問を解決させてあげないといけないのです。

一見当たり前のようにも感じることですが、意識して文章を書いている人は少ないのではないでしょうか。
このような記事を書くためには、始めから記事に書く内容を決めておく必要があります。
読者に最も伝えたい内容を用意しておいて、それに沿って記事を書いていると、自然と文章の内容がまとまってきます。
文章の内容がまとまると読者の疑問が解決される記事になり、アクセスアップも見込めるのです。
ぜひとも始めに伝える内容を決め、読者の疑問を解決する記事を心がけていただけたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

web記事ライターの新常識!読みやすい文章を書くためのコツとは?

一昔前、新聞は世間の情報を知るためには必要不可欠なものでした。毎朝、父親が椅子に座って、顔が隠れるほど新聞を全面に広げて読んでいたことを覚えている人も多いでしょう。

時代は少し流れて、最近は新聞の代わりとしてwebから情報を得ることも多くなりました。一度webで検索をかけるだけで、自分の知りたい情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。

web記事を読む人の増加に伴い、web記事を執筆する人も増えました。彼らは毎日、自分の情報を必要としてくれる人のために、パソコンを目の前にカタカタと文字を打ち込んでいるのです。

しかし、あまりにもweb記事の執筆を行う人が急激に増えたため、文章の執筆を右も左もわからないような人が書いていることも事実です。今回はそのような人のために、知って得する、記事執筆の大原則についてお話しします。

この大原則を知っていれば、あなたの記事の読者が急増するでしょう。一度記事を書けば、アクセスは次々に伸びていき、報酬も右肩上がりに増えていくでしょう。ライターとして企業から個別にオファーがあるかもしれませんし、アフィリエイトなどで自分1人でも十分に稼げる収入を得ることもできるでしょう。この大原則を知ることで、上記のことが実際に起こり得るのです。ですからしっかりと目を通してください。

それは、文章を10歳児にもわかるように執筆するということです。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれません。しかし、意外とできていない人が多いのです。

例えばビジネスマンで日ごろからよく使うような言葉はたくさんあります。受理、アポ、直帰、ロジカルシンキング、など10歳児には全く理解できません。わかりやすい文章を書こうと考えていても、自分の日常会話から外れられず、ついついわかりにくい言葉を使ってしまうことも多いのです。

このような読み手にわからない言葉は、文章を読んでいるだけでストレスになります。読み手にストレスを与えてしまうと、すぐにページのバツボタンを押されて、読まれなくなってしまうのです。そのようにならないためにも、わかりやすい言葉を使うことを意識しましょう。

意識を変えて毎月5万円?副業で安定収入を得るための心構えとは

普通のサラリーマンでも副業で月に5万円稼ぐことができます。

このような話を聞くと、自分にはそんな副業をする時間はない、また、今の収入でも生活するのに困らない程度には稼いでいるという人もいるかもしれません。しかし、今の30代はもらえる年金が月に13万円前後と言われており、老後への貯蓄は必須条件です。

仮に、現在順調に貯蓄していたとしても、子どもが大きくなってくるにつれ、学費の負担も大きくなります。このように将来には予想以上に出費が増えるため、今ほど十分な貯蓄ができないことも十分考えられるのです。現状生活することに十分な収入があったとしても、老後にはお金がないから外にも出かけず、1日1食しか食事ができない、人付き合いもなくなり孤独に暮らすような生活が待っているかもしれません。

ですから、そのような生活を送らないためには副業で収入を増やす必要があるのです。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための心構えについてお話しします。

この心構えを知っていると心の余裕につながります。生活に無理がない程度の仕事をこなしながら、貯蓄による将来の安定、毎月のお小遣い増加など少しリッチな生活を送ることができます。逆にこの心構えを知っておかないと、あなたは膨大な仕事量を雀の涙程度の金額で受けなければなりません。毎日睡眠時間を削って仕事をしているのに、もらえる報酬では飲み会代にもならないということすら考えられます。

ですから、この心構えをしっかり知っていてください。

それは、企業と自分の関係は対等関係であるということです。

どういうことだ?と思われるかもしれないので説明します。一般的にクラウドソーシングという枠組みにおいて、企業の中には、お金を払っている自分たちが偉いという認識を持っている企業も数多く見受けられます。そのような企業は膨大な仕事を少ない賃金で要求し、さらには仕事を終えても追加賃金なしで仕事を増やしてくることもあります。このような無理を言う企業は、仕事を断る必要も出てきます。副業で無理なく安定して稼ぐためにも、企業と自分との関係性を意識してもらえればと思います。

毎月2万円の副収入!在宅ワークで高収入を稼ぐには?

毎日満員電車に乗って会社に行って、朝から晩まで働いてくたびれて帰る。収入を得るためには会社に行くしか方法がないと考えられていました。

しかし、近頃はインターネットの普及により家にいながらも副収入どころか、自分の本業以上の収入を稼ぎ出している人すら存在します。
例え自分がどこにいようと、何をしていようと時間の確保さえできればインターネットで月に数万円の副収入を生み出すことが可能なのです。
今回は場所に依存しない働き方で月に数万円の副収入を稼ぎたい!という人のために、在宅ワークで高収入を稼ぎ出す方法についてお話しします。

といっても在宅ワークで高収入を稼ぎ出すには基本的には3パターンしか存在しません。

まず1つ目は、高収入案件を探すということです。大抵の在宅ワーク初心者は、自分のスキルでこの案件を受けて大丈夫なのか?と不安になり、高収入の案件を避ける傾向にあります。
しかし、このようにせっかく目の前に宝の山があるのに、罠ばかりを警戒していても仕方ありません。スキルが足りないときはクライアントから注意される点も多いですが、それも経験と思って思い切って高案件に手を出してみてはいかがでしょうか。

2つ目の方法として、とにかく仕事の数をこなすことです。わかりやすいと思いますが、1つの案件からの収入が低くても、とにかく数をこなせば月に1万円程度なら難しくはないでしょう。
時間が十分にある人は、自分が暇なときは、とにかく在宅ワークをし続けるというのも一つの手だと思われます。

最後に、専門性の高いスキルを身につけるということです。これは最も大変ですが、最も高収入への近道と言えるかもしれません。
専門スキルを身につけている人はどのような分野でも重宝されます。イメージしやすいものとしては、プログラミングやイラストレーターなどでしょうか。
専門スキルで在宅ワークができる人は、それだけで生計を立てているという人もいるくらいで、かなりの収入を期待できます。

数年後の自分に期待して、勉強を始めてみるのも一つの手ではないでしょうか。

「芸能界、みんなストレス発散した方がいいんじゃない?」マネギャルのケツ論

2016年、年明けから大きな芸能ニュースが連日世間を騒がせましたね。
今回は、話題になった芸能ニュースをマネギャル目線で切っていきます。若干上から目線なのはご容赦ください!

まずは最も大きな話題の一つ、「センテンススプリング」など名言も発覚した例の話題。
誰の見方になるかという話になり
「誰の見方につくかというなら嫁かなー」
「(旦那が)クリスマスも年末年始もいないんだよ?」
とやはり奥さんが可哀想という意見に満場一致。

しかし、
「たった一回がたまたま不倫だったという事で、あそこまで叩き続かれるのもどうかと思う」
と浮気した旦那のその後の報道のされ方にも苦言を呈しました。

また、覚せい剤所持で逮捕されや元大物プロ野球選手の話題には
「ちょっと残念」
「(疑惑が以前からもあり)やっぱり止めれなかったのかな」
と批判というより単に残念に感じている様子。

その他、ムツゴロウさんの動物愛がなくなった話も出てきた上で、
「見えてるところだけじゃなくても見えてないところでもいろんなことが起こっているんですよ芸能界」
「みんなストレス発散したほうがいいんじゃない?芸能界」
と総括しました。

果たして、マネギャル達が出したケツ論とは!
今回のケツ論はギャルらしい目線から出た非常に核心をつくものになっている!?

【ネットショッピング】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.6

こんにちは、作家・まんが家の歌川たいじです。

みなさまは、どのくらいネットショップを利用されておいででしょうか。
ワタクシが暮らしております粗末な家は、新宿駅から遠くはなく、ビックカメラも紀伊國屋書店も伊勢丹もドンキホーテも散歩がてらに行けるところにあります。なのに、ついつい買い物となるとAmazonでポチッてしまう体たらく。

健康のために歩きなさいとよく言われるのですが、歩くのがきらいなわけではありません。実際、よく歩いているのです。ただ、荷物を持って歩くのが大きらい。ポケットに入らないものは持ち歩きたくないのです。そんなワタクシに、ネットショップは強い味方なのでした。
最近ではネットショップの価格競争により配送会社ほかのステークホルダが儲けられず、青息吐息であるとか。課題はまだまだたくさんありますね。ですが、ネット注文による流通がますます成長していくであろう事は、疑いようがありません。

今後の課題としてぜひ、ネットショップのみなさんに検討していただきたいのが、「レコメンド商品表示の洗練」です。過去に買ったものの傾向から表示されるレコメンドによる事故は、マイノリティにとって恐ろしいものでして、会社でたまたま開いてしまったAmazonのレコメンド表示で腐女子なのがバレてしまった友人が数人おります。友人の腐女子達は、萌えようもない男性の同僚が抱き合うのを見せられ「どうだ、萌えるのか」とからかわれて、「おまえなんかに萌えるかッ」と怒りに震える日々を過ごしているそうです。レコメンド表示は、おしゃべりな商店街のオバサン的なキャラとなっているのかもしれません。

そして、ワタクシから個人的にAmazonさんにお願いです。私の著書を私にレコメンドするのは、やめていただけないでしょうか。どうか、他の人に薦めてほしいのです。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】

ランキング