初心者投資家の大きな勘違い!?株で資金を増やし続ける正しい方法とは

4876.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・株の儲け方

<Point>

1株式投資はそれほど儲からない

2多くの初心者は資金が少ない

3小さな勝ちを積み上げる

最近はずいぶんと投資のハードルが下がってきたこともあり、株を最近始めたという人も少なくないのではないでしょうか。

将来に向けて今あるお金を増やしたい!と考えるのはもちろん自然な流れです。特に30代の人は、老後に年金がもらえるのかどうかわからないとも言われています。
そのような事情もあり、最近自分の力でお金を稼ぎたいと考える人が少なくないようです。今ではネットビジネスや投資、その他様々な方法で個人でも稼ぐことができます。
しかし、どのような方法で稼ぐとしても、自分の力で稼ぎ出すためには正しい知識を身につける必要があります。今回はそのようなあなたのために、株式投資初心者によくある勘違いについてお話しします。
この情報を知っておくことは、堅実なあなたの資産運用を手助けするでしょう。株式投資をすることで、月に数万円のお小遣いを生み出すためには欠かせない考え方になります。
将来、株式投資で数万円、数十万円を稼げるようになるか、孤独な老後で1日1食の食事とボロボロの服を着て生活することになるか。
この知識をつけておくだけで、ずいぶんと結果が変わるように感じます。ですから、株式投資で安定した余裕のある生活を送りたいと考えている方は必ず目を通してください。

それは、株式投資は思っているよりも儲からないということです。

もっと言うとネットや雑誌であるような株で資金が2倍、3倍というのはほとんど夢物語だと考えてください。
というのも株は1回のトレードで資金を2倍にするようなものではありません。どちらかと言うと1度のトレードでは1.1倍を目指して、トレードを何回も繰り返すことで資金を増やすことを考えます。
株式投資初心者の方は、おそらくそれほど資金が多くないでしょう。もちろん資金が少なくても投資はできるのですが、相応にリターンも少なくなります。

ですから、このようにトレードで資金を増やしたいと考えている人は一度で大儲けを狙うのではなく、細かな利益を何度も重ねてもらえたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

株式投資初心者必見!はじめにあなたが選ぶべき投資先はどこ?

最近、現在の経済への不安もあり、資産運用という言葉を頻繁に耳にするようになりました。減り続ける年金、安定しない大企業、その他様々な理由があり、これからは会社や国ではなく1人1人が稼ぎだす時代と言っても過言ではありません。

そのような1人1人が稼ぎだす方法として、注目を集めているのが株式投資という方法です。株式投資は企業が発行している株式を売買し、その差額によって利益を出すという投資方法です。

しかし、株式投資初心者が無計画に株式投資をしてみようと証券口座を作ったとします。そうすると、目の前にある3000種類以上の株の中から何を買えばいいのかわからない!と思うことになるのは目に見えています。そこで今回はそのようなあなたのために、初心者が、まず最初に買うべき株についてお話します。

一般的に株式投資初心者は、真面目パターンと何も考えないパターンの2パターンに分かれると考えられます。真面目パターンは、損をするのが怖いために、株式投資に関する初心者向けの本を片手に持ちながら、わかりもしないチャートを必死に追い続けているパターンです。もう一方は、とりあえず経験のためにと言って自分のお金をトレードに突っ込んでいるパターン。トレードの作業だけはすることができますが、何の経験にもなっていません。このどちらも初心者にとってはあまり良い投資法とは言えません。真面目パターンはよりスキルの高い人が山ほどいますし、何も考えないパターンはそもそも株式投資に向いていません。

では初心者が、どこに投資すべきなのかを考えると、まず最初に買うべき銘柄は、ずばり自分の生活に身近な企業株だと思われます。なぜ、そのような企業に投資すべきなのかというと、経験値の高いトレーダーは株価チャートやインターネットの情報を元に、株を買うかを決めます。つまり、情報はインターネットから仕入れているものの、実際にその企業の商品を利用することは少ないと考えられます。もし、あなたが生活の中である商品がヒットすること間違いなしだと感じれば、その企業に投資をすればいいのです。

そのように投資を行えば、ネットから情報を得るトレーダーよりも先手を打つことができるのです。ですから初心者の方は身近な企業や商品を考えて投資を行ってもらえればと思います。

リスクを最大限回避!株主優待で赤字を出さないために真っ先に考えるべきこと

株式投資の投資方法には様々な方法があります。1日に10や20ものトレードをこなすデイトレーダーから、株主優待や配当金を目当てに長期投資を行う方法もあります。

どちらも一長一短で、それぞれメリットとデメリットがありますが、株式投資初心者であれば長期投資をしようと考えている人も多いでしょう。

というのも最近株主優待が人気を集めていることもあり、低リスクで資産運用にもなるということで注目度が爆発的に上がっています。雑誌に取り上げられ、ネットでもお得な株主優待に関する情報がいくらでも出てきます。まさに株主優待はこれからの資産運用に最適な方法!と考えている人も少なくないでしょう。

しかし、このような株主優待の投資にも落とし穴が存在します。この落とし穴を知らずして株主優待を得るために投資を行った結果、資産運用どころか大きく赤字になった人も少なくありません。今回はそのような株主優待の落とし穴を知ることで、堅実な長期投資法についてお話しします。

この落とし穴を知らずに大きく損をした人は多いでしょう。雑誌やテレビの言われるがままにおすすめの優待株を購入しては株価が下がり、株主優待以上の損失を出してしまいます。そしてそのような人が口を揃えて株は危険だからやめておけと言うのです。正しく賢く株主優待を得るあなたは次のことをしっかり守ってください。

それは、株主優待目的だけで株の投資を行わないということです。つまり、株主優待を手に入れることを狙うものの、株主優待を手に入れるためだけに株を購入するのは危険だと考えられます。

例えば誰もが知っている有名な企業の業績や評判が決して良くない状況にありながら、株価だけはそれほど大ダメージを受けていないとします。その理由の一つが高利回りの株主優待が影響していると考えられるとしたら、このような株の価格は将来的に大きく下がることが考えられます。

このように株主優待目的で株を購入すると、株価の下落で大きな損失を出しかねません。株主優待はあくまでも購入の目安程度に留めておきましょう。

二大投資法「株」と「FX」は何が違う?あなたが始めるべき投資法はどっち?

投資をしたい!と考えたときに真っ先に頭に思い浮かべるのが、株式投資とFXではないでしょうか。

どちらも有名な投資法ではあるものの、これから投資を始めたいと考える人にとっては何が違うのか正直よくわかりません。
そこで今回はそんなあなたのためにFXと株は何が違うのか、また、どちらがどんな人に向いているのか考えてみましょう。

まず、FXと株の違いをそれぞれ一言で表してみましょう。株は投資対象が一つの会社に対してであり、FXは国の通貨に投資を行うということです。つまり、株は一つの企業が成長すると予測して投資を行い、FXは海外の通貨価値が上がると考えて投資を行うというわけなのです。
どちらの投資法も基本的には売買の差額で利益を出すという共通点があります。この売買によって得られる利益をキャピタルゲインというのですが、どちらも投資した分だけキャピタルゲインが得られることを考えると、それほど大きな違いはありません。
しかし、FXにはレバレッジといって自分の資金が少額であってもレバレッジに応じた資金を利用することができます。レバレッジが大きければリターンも大きいですが、当然リスクも大きくなると言えます。大きなキャピタルゲインを狙いたいと考えるのであれば、FXがおすすめの投資法と言えるでしょう。

一方、投資にはキャピタルゲインの他にインカムゲインと呼ばれる、長期投資法があります。株には株主優待や配当、FXにはスワップポイントと呼ばれる金利の差によって利益を得る長期投資法が存在します。
株主優待といえば、最近注目度が上がってきたこともあり、優待株の人気が急上昇しています。優待品には企業の特色が出ており、その人好みの優待を出している企業株を買うことができます。お金がもらえるのも嬉しいですが、このような独自の優待品がもらえるという点でも大きなメリットがあります。ですから長期的なインカムゲインを狙いたいと考える人には株主優待がおすすめと言えます。

自分の目的に応じた、賢い投資を行いましょう。

【ネットショッピング】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.6

こんにちは、作家・まんが家の歌川たいじです。

みなさまは、どのくらいネットショップを利用されておいででしょうか。
ワタクシが暮らしております粗末な家は、新宿駅から遠くはなく、ビックカメラも紀伊國屋書店も伊勢丹もドンキホーテも散歩がてらに行けるところにあります。なのに、ついつい買い物となるとAmazonでポチッてしまう体たらく。

健康のために歩きなさいとよく言われるのですが、歩くのがきらいなわけではありません。実際、よく歩いているのです。ただ、荷物を持って歩くのが大きらい。ポケットに入らないものは持ち歩きたくないのです。そんなワタクシに、ネットショップは強い味方なのでした。
最近ではネットショップの価格競争により配送会社ほかのステークホルダが儲けられず、青息吐息であるとか。課題はまだまだたくさんありますね。ですが、ネット注文による流通がますます成長していくであろう事は、疑いようがありません。

今後の課題としてぜひ、ネットショップのみなさんに検討していただきたいのが、「レコメンド商品表示の洗練」です。過去に買ったものの傾向から表示されるレコメンドによる事故は、マイノリティにとって恐ろしいものでして、会社でたまたま開いてしまったAmazonのレコメンド表示で腐女子なのがバレてしまった友人が数人おります。友人の腐女子達は、萌えようもない男性の同僚が抱き合うのを見せられ「どうだ、萌えるのか」とからかわれて、「おまえなんかに萌えるかッ」と怒りに震える日々を過ごしているそうです。レコメンド表示は、おしゃべりな商店街のオバサン的なキャラとなっているのかもしれません。

そして、ワタクシから個人的にAmazonさんにお願いです。私の著書を私にレコメンドするのは、やめていただけないでしょうか。どうか、他の人に薦めてほしいのです。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】

ファイナンシャルプランナー、30年間で360万円もお得になる費用対効果の高い資格

3月、それは卒業シーズンであり、新しい生活の準備期間でもありますね。胸踊る4月からの生活、何か新しいことを始めたい、資格がほしい!という人も多いのでは?

マネーゴーランド編集部では、人気のある資格を調べてみました、そこで浮上してきたのが「ファイナンシャルプランナー(以下FP) 」です。このマネーゴーランド内でも多くのFPの皆さまにご執筆いただいておりますが、FPという資格が人気なのは一体なぜでしょう?

そこで、執筆いただいている鈴木さや子さんの体験談より紐解いてみます。
まずは考えられる人気の一番の理由は「費用対効果が高いこと」。どう費用対効果が高いのか?その点にフォーカスしています。

———————————————-
私は約8年前の専業主婦時代にこの資格を取ったのですが、「FPの勉強をして良かったなあ」と感じたシーンが何度もありました。

まずは住宅購入時。銀行員の住宅ローンの説明がちっともわからなかった私はすぐさまFPの勉強を開始。その結果、本契約時には自分の頭で考えて、かしこくローンを組むことができました。

次は学資保険の見直し。資格取得後、勉強内容を思い出しながら、何となく入っていた学資保険を見直してみたら、なんと元本割れする内容だったことが判明。不要な補償が色々ついており、慌てて見直しをして、総額30万円以上支払い額を減らすことに成功しました。

また、FPの勉強では欠かせない、お金の流れを時系列に把握するキャッシュフロー表を自分の家計でも作成し、今後の長い人生を夫婦で一緒に考え、来たる色々なお金のかかるライフイベントにどう対処していくか話し合う機会を持つことができました。

このように細かいことを言い出すときりがないほど、私はFPで勉強した知識を自分の家計に落とし込んで、資格取得にかかったお金の何倍も取り返すことが出来たのです。何と言っても一番良かったことは、私自身が「お金を大切にする」ことが出来るようになったこと。メリハリのある使い方を意識し、資格取得前のような何も考えない使い方はしないようになりました。おそらく月に1万円以上は、無駄使いが減ったと感じています。
———————————————-

ちなみにこの程度の効果を実感するならFP3級で十分だということです。

テキストだけで受かることも可能だし、高くても1万円程度で勉強できるので、費用対効果はかなり高い資格と言えるでしょう。ただし独立したり、金融機関などの就職に活かしたいのであれば2級以上は目指すほうがよいということです。

まずは自分のために始めたことがそのまま仕事になる。そんな姿も夢ではないかもしれませんね。この時期、一度検討してみてはいかがでしょうか??

ランキング