ゴルフをプレイする前に忘れてはいけないこと

4433.jpg

このレシピを実行して

35,000,000貯まる!
<材料>

・ゴルフ保険

<Point>

1大きく4つの補償

2補償のバリエーションが豊富

3ゴルフは高額事故を引き起こす可能性がある

※ゴルフボールが当たって失明させてしまった場合

皆さんはゴルフをされますか?毎日のようにという方もいるでしょうし、年に数回という方もいるでしょう。では、楽しく安心してプレーするためにゴルフ保険に入ってますか?いいえという方に、ゴルフ保険がお勧めな理由をお伝えします。

1.何を補償してくれるのか?

主に
 ・自分がゴルフでケガした時の補償
 ・他人をゴルフでケガさせたり、モノを壊した時の補償
 ・自分のゴルフクラブを壊したり、盗難に遭った時の補償
 ・ホールインワンした時の補償
の4つの補償です。

自分のケガについては、入金・通院、死亡・後遺障害まで補償してくれます。
他人のケガについては、個人賠償責任補償が対応し、入院・通院費用、慰謝料、休業損害などを補償してくれます。
ゴルフクラブも補償してくれますが、注意しなければいけないのは、買った時の値段ではなく、時価で補償という点です。
ホールインワンについては、祝賀会費用、キャディーへのチップ、記念品購入費用など、慣習として適当であると認められた費用が対象となります。

2.保険の種類はさまざま

補償の内容は上記で述べた主に4つですが、ゴルファーの希望・状況に合わせて様々なタイプが用意されています。
例えば、保険期間は1日のみというものから、2泊3日、1週間、1年といろいろあります。あまりゴルフをしない人は1日のみというタイプにすると、保険料も数百円で済みます。
保険の加入も当日でも大丈夫というタイプがありますので、忙しい人にはお勧めです。
また、海外でプレーされる方は、海外での賠償事故も補償してくれるタイプがありますので、こちらを選ばれるといいでしょう。

3.保険に入っていないと・・・

ゴルフクラブが壊れても数万円程度の損害ですし、ホールインワンの補償も10万円~30万円の保険が多いので、自分で負担できない金額ではありません。
しかし、怖いのは人にケガをさせてしまった時です。
実際に、ゴルフボールが一緒にプレーしていた人に当たって脳挫傷を起こしてしまったとか、キャディーさんの目に当たって失明させてしまったなどの事故が起こり、いずれも数千万円の賠償事故となっているケースもあります。

保険料は保険期間1年のタイプで5,000円前後ですから、ぜひ入っておくことをお勧めします。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事

特集

関連記事

企業だけじゃない!私たち消費者も安心!PL保険

私たち一般消費者には聞き慣れないかもしれませんが、生産物賠償責任保険(通称PL保険)という保険があります。
我々一般消費者が購入する様々な製品が不幸にして事故を起こし、ケガなどの損害を与えた場合、製造側は賠償しなければいけません。そのための保険です。

個人が加入することはありませんし、もちろん製造者が保険に入っていないからといって、損害賠償を請求してはいけないということはないのですが、知識として知っておくと便利なのでご紹介しておきます。

1.PL保険とは
今から約20年前にPL法という法律が施行されました。それまでは、製品で損害を被っても、被害者側が製造者側の過失を証明しなければいけなかったのでなかなか訴えることができなかったのですが、この法律の施行により、製造者に責任がなくても、製品に欠陥があれば責任を負わなければいけなくなりました。その対策のための保険です。
そのため、保険に加入するのは製品を作っている製造者や、売っている販売者(輸入品の販売業者も含む)、業務を行っている業者などになります。

2.対象となるケース
例えば、
 *レストランで食事をして、食中毒を起こし入院した
 *テレビが発火してケガをした
 *水道菅の工事が不十分で、水漏れを起こした
など、製品・業務が原因で、身体・財物に生じた損害が対象となります。
通常、ケガで入院・通院をした場合、治療費・休業損害・慰謝料を請求できますが、これらが保険の対象となるということです。
逆に、欠陥商品そのものや、それを回収する費用は対象外です。

3.海外では
通常、われわれは日本国内で生活し、日本国内で販売されている製品を使っていますが、海外の場合はどうでしょうか。
海外PL保険に加入している場合、海外に輸出された製品による損害も対象となります。
例えば、海外で生活することになって電気製品を買うことになり、なじみの日本のメーカーのものを買ったら、それで事故が起こった、という場合も保険の対象となります。

製造者・販売者がPL保険にも加入していても、この保険に入っていることをPRすることが禁止されているため、なかなか消費者にはわかりづらくなっているのが難点ですが、製造者側もこのように万が一に備えています。
一般消費者としては、信用のおける製造者・販売者から購入することを心がけておけばいざというときも安心です。

請求漏れしてませんか?事故時諸費用特約って?

せっかく保険に入っていても、そして万が一のことが起こっても、請求しなければ保険金はおりません。本体の契約はどんな保険に入っているかわかっていても、それにどのような特約が付いているのかまで把握してないのが請求漏れが起こる原因です。

請求漏れの一つに「事故時諸費用特約」があります。これは火災保険についている特約です。

1.事故時諸費用特約とは
事故の際に必要となる諸費用を補償する特約です。例えば、火災事故が起こった場合、燃えた残骸を撤去する費用も必要になりますし、新しい家を建てるまでの生活の場所も必要となります。使い道は特に決められていませんので、自由に使うことができます。
保険会社や商品によって違いはありますが、だいたい損害金額の10~30%、上限金額が100~300万円としているところが多いようです。

例えば、事故時諸費用特約が20%の保険に入っていて、火災事故で1000万円の損害が起こった場合、
  1000万円x 20% = 200万円
本体1000万円に事故時諸費用特約200万円が上乗せされて支払われます。

2.なぜ事故時諸費用特約が必要か
昔の火災保険は時価(物件のその時の価値)で契約することが多かったのですが、建物は年数とともに価値が下がっていくので、今評価されている建物の価格よりも、実際に家を建て直すとなるとそれよりも費用が掛かるのが普通です。その差額を埋めるためにこの特約が生まれました。
現在は新価(新しく立て直す場合の価値)で契約することもできるので、立て直しの際にも差額はそれほど生まれませんが、先に述べたように、残骸の撤去費用や家ができるまでの住居費用が掛かってきます。

3.請求漏れの一番の原因は自動付帯
事故時諸費用特約は火災保険に自動的に付帯されていくことが多く、これが請求漏れの原因にもなっています。
ご自身の保険証券を一度確認してみてください。

また、保険会社によってはこの特約を外すことも可能です。保険料を抑えたいとか、諸費用くらいは自分で賄えるという方は特約を外すという選択もいいと思います。

ボランティア活動の前に!これで安心、ボランティア保険

ボランティア活動を積極的にやることはとてもいいことですね。個人でどこかのNPO団体の活動に参加されてる方もいるでしょうし、最近は企業でもCSR活動の一環としていろいろと取り組んでいるところが多いです。

そんな時必要になってくるのがボランティア保険です。ボランティア活動をする個人、団体のための保険で、全国の社会福祉協議会で申し込むことができます。

ボランティア活動は災害地の支援など危険にさらされることも少なくありませんし、長期にわたることも考えられます。またずっと屋外で活動して熱中症になることもあります。ボランティア保険は、これら活動中のケガや病気はもちろん、ボランティア活動に向かう途中の交通事故などもカバーしてくれます。
また、活動中に誤って人をケガさせたり、物を壊したりすることも考えられますが、その補償もカバーしてくれます。

ここで、ボランティア活動の定義ですが、「(日本国内で)自発的な意思により他人や社会に貢献する無償の活動」とされています。
ですから、学校の管理下にあって学生自身の意思によらないボランティア活動や、地域の親睦目的の町内会の活動、有償のボランティア活動などは対象外です。また、野焼き・海難救助など保険上対象外となっている活動もいくつかありますので、詳しくは社会福祉協議会にお問い合わせください。

加入は一人1口のみで、保険期間は毎年4月1日から3月31日までと決まっています。
補償金額の大きさによってAタイプとBタイプがあり、更に補償の範囲によって、基本タイプと天災補償付きタイプに分かれます。天災補償付きでは、天災(地震・噴火・津波)に起因するケガも補償してくれます。
中途加入・中途脱退の場合も保険料は同じですが、安い保険料で補償はしっかりついていますので、ボランティア活動をする際にはぜひ加入をお勧めします。

もちろん、体調が悪い時の活動は控える・疲れたら休む・周囲との協力など、事故につながらないよう予防も心掛けてください。

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

ランキング