まずは3か月!家計を見直して貯蓄上手に!

このレシピを実行して

12万貯まる!
<材料>

・毎月1万円位〜

<Point>

1お金が貯められない人には共通点がある

2家計を把握して、無駄な出費を減らそう

3支出-貯蓄=生活費、先取り貯蓄で確実に貯める!

※12万円/年
毎月1万円ずつ先取りで貯蓄

4163.jpg

家計相談やセミナーをしていると、「特に贅沢をしているわけではないけれど預金がほとんどない」「どうすればお金が貯められるのか教えてほしい」という声をよく耳にします。みなさんは、順調にお金が貯められていますか?

お金が貯められない・・という人には、いくつか共通する点があるようです。
・家計を把握できていない(家計簿をつけていない)
・給料をもらったら使いたいだけ使い、余ったら貯蓄する
・ATM手数料などちょっとした手数料には無頓着

毎日仕事や家事、育児に追われ、家計を把握する余裕がないという人も多いでしょう。でも、何もしないままだといつまでたっても貯蓄上手にはなれません。まずは家計簿をつけてみましょう。・・・・こうお話すると、みなさんすごく暗い顔をされるんですよね。はい、ずっとつけましょうとは言いません、まずは3か月頑張ってつけてみましょう。家計簿は記録を付けること自体が目的ではありません。大切なのは、家計の大まかな傾向をつかむこと。食費、日用品費、光熱費、通信費、被服費、レジャー費、交際費、教育費、おこづかい・・・など、何にいくら使っているのかを把握しましょう。お金の動きが見えるようになると、無駄に使っている部分がはっきりしてきます。無駄をなくせば、貯蓄に回す余裕が出てきますし、気づかずに払っていた手数料や気軽に自販機で買っていた飲み物代なども、もったいない…と思えるようになるでしょう。

家計に余裕ができたら、貯まる仕組みを作ります。確実にお金を貯めるためのポイントは「先取り貯蓄」です。会社員で財形制度が利用できる人は「財形貯蓄」を、制度がない人やフリーランスなどの人は銀行の「自動積立定期預金」を利用しましょう。

ある程度お金が貯まったら、「使うお金」「貯めるお金」「増やすお金」に分けます。「使うお金」は生活費や病気、災害などいざというときのためのお金で、いつでも引き出せる普通預金に。生活費の3か月〜半年分が目安です。「貯めるお金」は結婚、住宅資金、教育費といった近く使うことが決まっているお金です。こちらは口座を分けたり、定期預金にしたりしておくと、つい使ってしまうということが避けられます。「増やすお金」は老後資金など当分使う予定がなく、ある程度増やしたいお金。余裕があれば投資にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

お金を貯めるためには、「収入-生活費=貯蓄」ではなく、「収入-貯蓄=生活費」。先取り貯蓄で、確実に貯蓄できるようにすることが大切ですね。

画像一覧

執筆者

白子里美 ファイナンシャル・プランナー

大学卒業後、大手総合商社に勤務。退職後、二人の子どもを育てながら、ファイナンシャル・プランナー資格を取得。 現在は自身の経験をもとに、個人相談のほか、生命保険や子どもの教育費、住宅ローン、老後資金などに関するコラム執筆やセミナーの講師活動などを行っている。

白子里美

関連記事

関連記事

家計再生プロジェクト〜第1回「家計の問題点を洗い出す!」

【お困りポイント】
現在貯蓄ゼロ、万が一のことが起こった場合かなり不安。月20,000円位は貯蓄にまわしたい。

【アドバイス】
春川さん(仮称)の家計のデータを見ると、毎月の収支は赤字にはなってはいないものの貯蓄もないため、今後不測の事態が起こった場合、困ってしまうことになるかもしれません。ご本人も月20,000円位は貯蓄にまわしたい、まずは100万円貯めたいとおしゃっています。

家計を改善するための基本は、収入を増やすか支出を減らすこと。春川さんの場合は、ボーナスはないため、不足分をボーナスで補うことが難しい状況です。お子さんがまだ小さいこともあり、奥さまは今のところこれ以上仕事を増やすのは難しいとのことなので、支出の見直しが必要になります。

まずは、春川家の家計の問題点を洗い出してみましょう。
●食費、水道光熱費
食費は毎月40,000円の支出となっていますが、こちらはうまくやりくりされていると思います。お子さんが男の子なので、この先もう少しかかるようになるかもしれませんね。また、水道光熱費は問題ないです。2016年4月から始まる電力自由化で、契約先次第ではもう少し減らすことができるかも。

●レジャー費、その他
お子さんが小さいので、家族で遊びに行ったりすることはとても大切なことだと思います。ただお聞きしたところ、「レジャー費」だけでなく「その他」で計上されている20,000円も、子どもと遊びに行ったり、おもちゃを買ったりするため奥さんに任せているお金とのことです。つまり、家族の娯楽費として毎月50,000円支出していることになるので、もう少し減らすことができるかもしれませんね。

●妻のこづかい、夫のこづかい
妻のこづかいが毎月20,000円、夫のこづかいが毎月50,000円とのこと。それぞれが自由に使えるお金は多いほどうれしいものですが、貯蓄を増やしたいなら、一部を貯蓄にまわすことも考えてみましょう。

●育英会奨学金返済
毎月15,000円を奨学金の返済に充てていますが、返済が終わるのは3年後ことなので、そのあとはそのまま貯蓄にまわすようにしてくださいね。

●保険料
夫、妻とも全労済の医療保険に加入されています。病気、不慮の事故、交通事故で入院した場合に入院費用が日額で出るタイプで、死亡、高度障害の場合の保障額は、夫は2,400万円、妻1,200万円。また月額15,000円の保険料は学資保険で、15歳満期100万円、18歳満期100万円となっています。(春川さんは学資保険をこのまま続けていくかどうか悩んでいるとのこと。この点については、次回改めて取り上げることにします。)

以上春川さんのお話をもとに家計の問題点などを見てきました。次回は家計改善のため、もう少し具体的なことについてアドバイスしていきたいと思います。

※掲載されている画像(家族写真)はイメージです。

マイナス金利って・・・!?私たちの預貯金、どうなるの?

2月16日、ついにマイナス金利政策がスタートしました。1月29日の日銀の決定以来、マイナス金利の影響などについては毎日のようにニュースでも取り上げられていますが、よくわからないため不安に感じているという人も多いのではないでしょうか。

ではこのマイナス金利とはいったいどんなものなのでしょう?普段みなさんが銀行にお金を預けると、預金額に応じた利息を受け取ることができますよね。ところが、マイナス金利の場合は、お金を預けた時にもらえる金利がゼロ%を下回るということ、つまりお金を預ける方が利息を払わなければならなくなるということなのです。「銀行にお金を預けると減ってしまうの・・・?」と心配そうな声が聞こえてきそうですが、今のところは銀行が日銀に預けるお金の一部の金利だけが対象になっているため、当面は私たちが預けている預貯金の金利がマイナスになることはなさそうです。

とはいえ、高い金利で人気のネット銀行でも金利を引き下げた銀行が出ていますし、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など大手都市銀行なども相次いで長期間の定期預金の金利の引き下げを行っています。

ただでさえ低い金利がさらに下がるのか・・・とがっかりしている人もいるかもしれませんね。そんな中でも「プロスポーツチーム応援」や「ふるさとの応援」などで金利を上乗せしたり優遇金利を適用する金融機関もありますので、いくつかご紹介しましょう。

千葉興業銀行「千葉ロッテマリーンズ応援定期2016」では、預入金額10万円以上(1年もの限定)で年0.1%の金利が適用されます。山形銀行の「モンテディオ山形サポーターズ定期預金2016」の場合、チームが勝つたびに金利が上乗せされます。どちらの定期預金も、抽選でオリジナルグッズが当たることも。好きなチームを応援しながら、高い金利が受け取れるのは魅力的ですね。

またふるさと納税をすることで特産品やキャッシュバックだけでなく、高い金利がもらえる定期預金もあります。鳥取銀行とっとり砂丘大山支店の「故郷とっとり応援定期」は、鳥取県外に住む人が対象で、500万円を預け入れると年0.4%の高い金利がつくだけでなく、利息1万円が鳥取県にふるさと納税され、地域の特産品なども受け取ることができます。伊予銀行のインターネット支店でも地元愛知県内に5,000円以上ふるさと納税をすれば、9月末残高に応じてキャッシュバックされる上、年0.225%の金利が受け取れます。

超低金利の時代、こうした銀行のサービス、うまく利用したいですね。

金利上乗せやうれしい特典も!地銀、第二地銀のサービス最新情報

日本には現在約140の銀行があります(外国銀行の支店は除く)が、規模や営業している場所、成り立ちなどによって、都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、その他の銀行などに区分けされています。みなさんが普段使っている銀行はどれでしょうか?

都市銀行は、大都市に本店を置き、全国規模の業務を展開している銀行で、現在はみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行の4行。信託銀行は、銀行業務に加えて、信託業務も行っている銀行で、野村信託銀行、みずほ信託銀行、三菱UFJ信託銀行など16行あります。

地方銀行や第二地方銀行は、地方都市に本店を置き、地域に密着したサービスを提供しているのが特徴。地方銀行のほうが古くからあり、規模も大きめなのに対し、第二地方銀行はもともと相互銀行だったところが合併などしてできた銀行で、規模も小さめです。

その他の銀行としては、セブン銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行などといったインターネット専業銀行やゆうちょ銀行などがあります。

各銀行とも金利や特典などに特徴がありますが、今回は日本郵政グループとの連携も注目される地方銀行、第二地方銀行のおトクなサービスをご紹介しましょう。

●荘内銀行 「冬もあったか定期預金」
 取扱期間:2016年1月4日〜2月29日、預入金額:10万円以上
 10万円以上新規に預入をすると、定期預金1年物の金利が年0.2%に。さらに20万円以上預入で、先着10,000名に荘銀オリジナルホッカイロがプレゼントされます。身体も懐もあったかくなりそうなサービスですね。ただし、わたしの支店など一部の支店では扱われていないのでご注意を!

●静岡銀行インターネット支店 「ウルトラ金利」
 取扱期間:2015年11月9日〜2016年2月29日、預入金額:10万円以上
しずぎんインターネット支店に口座を持つ人が対象。スーパー定期1年物、3年物に預入をすると年0.28%の金利適用。金利が高いのはやはりうれしいですね。募集金額の上限が1,800億円なので、興味のある方はお早目に。

●但馬銀行 「たんぎんウインターキャンペーン」
 取扱期間:2015年12月1日〜2016年2月29日、預入金額:1万円以上(窓口20万円以上)
キャンペーン期間中に定期預金6か月物に預入をすると、年0.25%の金利適用。また20万円以上預入をし、応募申込書を提出すれば、抽選でJTB旅行券やカタログギフト、ギフトカードなどが当たるチャンスも。

ほかにも独自のサービスを行っている地銀、第二地銀はたくさんあります。最近はインターネット支店を扱う銀行も増えてきて地元にいなくても口座が開設できるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

アプリでますます充実!銀行のスマホ向けサービス

スマートフォンの普及に伴い、銀行のスマホ専用サービスが充実してきています。

先行するネット銀行だけでなく、最近ではメガバンクや地方銀行も様々なスマホ向けのサービスを提供しています。いつでもどこでも銀行のサービスが受けられる手軽さから、利用者も増えているようです。
スマホで銀行のサービスを利用する場合、Webサイトを利用する方法とアプリを利用する方法がありますが、スマホ専用のサービスを受けるためには、アプリをダウンロードして利用します。サービス内容は銀行によって多少異なりますが、残高照会、入出金明細の照会、振込・振替といった基本的なサービスのほか、投資信託やFX,カードローンなどの取引や、ATM・店舗検索などスマホならではのサービスもあります。

じぶん銀行、楽天銀行、新生銀行、みずほ銀行などは、面倒な口座の開設もアプリから簡単にできます。アプリをダウンロードし、必要事項を送信。本人確認書類は免許証をスマホのカメラ機能で撮影し、送信するだけで完了です。あとから通帳やキャッシュカードが郵送されます。

手軽なだけでなく、お得な特典プログラムなどを用意しているところもあります。たとえば、じぶん銀行の場合、円定期預金の金利の上乗せ、ATM手数料無料、他行あて振込手数料が最大月5回まで無料など特典のほか、対象の取引利用でWALLETポイントが貯まるサービスも。au利用者はau IDを登録すれば特典の対象となりますので、使ってみる価値大ですね。

楽天銀行では、楽天銀行アプリをダウンロードしFacebookを連携させれば、Facebookの友達同士で、口座情報がなくても簡単に送金することができます。イベントやセミナーの会費を集めたり、飲み会の精算を行ったりするのにとても便利ですね。また、メガバンクで初めてスマホアプリを提供したみずほ銀行では、おさいふアプリでの毎日のおサイフ管理、宝くじやナンバーズの購入、モバイルSuicaへのチャージなどのサービスを提供。各銀行ともいろいろと工夫をしているようですね。
「便利なのはいいけど、セキュリティは大丈夫なの?」と心配する人もいるかもしれません。セキュリティに関しては、各銀行とも様々な対策を取っていて、スマホ専用のセキュリティアプリを提供している銀行もあります。一方利用者も、ウイルス対策ソフトの導入する、不審なサイトへの不用なアクセスをしない、OSやブラウザをできるだけ新しくするといった対策をとることが大切でしょう。

便利な銀行の総合口座、気を付けることは?

先日、20歳になった私の娘が自宅の近くの銀行で口座を開設しました。

なんとなく便利そうだったので、総合口座にしたとのこと。銀行に口座を開くとき、娘のように、よくわからないけれどもとりあえず総合口座にしたという人は多いと思います。今回は、総合口座とはどのようなものか改めて確認しておきましょう。

総合口座は、普通預金口座と定期預金口座が一つになった口座です。積立定期預金、貯蓄預金なども同じ通帳で管理することができるのでとても便利です。とくに大きな特徴といえるのが「当座貸越」という自動融資サービスです。

「当座貸越」は簡単にいうと、普通預金が残高不足になった時でも、定期預金があればその範囲内で自動的に融資してくれるものです。例えば給料日前で、普通預金の残高がゼロになってしまったのにお金が必要といった場合、通常なら定期預金を解約したり、カードローンを利用したりしなければなりませんが、「当座貸越」を利用すれば、払い戻しや各種料金の口座振替請求があった時など、普通口座に入金されるまでの間だけ借りることができるので、とても助かります。

貸越の限度額は銀行によって多少異なるものの、一般的に預けている定期預金などの合計額の90%程度(200万円を限度)としているところが多いようです。定期預金に10万円預けている場合、貸越限度は9万円ということですね。総合口座をお持ちの人は、通帳を見てみてください。普通預金のところに、「普通預金 兼 借入明細」とありますが、当座貸越で借り入れをした場合は、残高がマイナスになります。

返済は、お金ができた時に普通口座に入金するだけ。また給料などが振り込まれれば自動的に返済となります。返済日などを気にしなくてもいいので、かなり手軽ですね。ただし、「当座貸越」はあくまでも銀行からの借り入れなので、借りた金額と期間に応じて金利(担保となる定期預金の利率に年0.5%を上乗せした利率)を払わなければなりません。ほんの短期間借り入れるのであればあまり問題はありませんが、金利を考えると、長期間借りる必要があるなら定期を解約する方がいいでしょう。

「残高がなくなったら、知らないうちにお金を借りることになってしまうの?」「自動的に借り入れできるのは便利だけど、預金を不正に引き出されてしまったら心配」などと感じる人もいるかもしれません。そんな場合、総合口座の貸越サービスを選択するか、選択しないかを決められる銀行もあります。もし、自動融資の必要がない場合は、「選択しない」を選ぶようにしましょう。

普通預金と定期預金などが一体となり管理がしやすい総合口座ですが、金利の負担を避けたいなら、普通預金の残高をきちんと管理することが大切です。

ランキング