【参加無料!】女子中高生対象のリケジョ講演やティータイム

4895.jpg

 東京理科大学は、女子中高生にサイエンスの魅力を体験的に知ってもらおうと4月24日、「春のマドンナ」と題したイベントを開催する。先輩リケジョによる講演のほか、ポスターセッションやティータイムを通じて現役理系女子学生と直接話ができる。参加無料。事前申込制。

 理系の研究者や職業者に女性が少ない現状を受け、女子中高生が理系を理解する機会を増やし、進路選択の参考にしてもらおうと、東京理科大学が推進している「科学のマドンナ」プロジェクトの一環。

 当日は、理系で活躍する女性の代表として、東京理科大学出身で、アサヒ飲料(生産・調達・物流本部 生産技術部 乳・発酵グループ)の伊藤夏帆里さんが登壇。「飲料業界での技術系の仕事。私の大学での学びと、社会人での気づきの共有。」と題して話をする。

 女子大学生や大学院生とのポスターセッション、ティータイムの時間も設けられており、現役理系女子学生から直接、研究内容などについて話を聞くことができる。

 時間は午後2時半から午後5時。対象は、女子中高生100名とその保護者。女子中高生1組につき、1名の保護者が参加できる。参加無料。「科学のマドンナ」プロジェクトの特設サイトより、Webの申込フォームにて申し込む。募集期間は、4月20日まで。ただし、定員になり次第、締め切る。

◆東京理科大「春のマドンナ」
日時:4月24日(日)14:30~17:00(14:00受付開始)
会場:東京理科大学 神楽坂キャンパス 2号館2階212教室
対象:女子中高生100名とその保護者(女子中高生1組につき保護者1名)
参加費:無料
申込方法:「科学のマドンナ」プロジェクトWebサイトより
締切り:4月20日(水)まで※定員に達し次第締め切る

画像一覧

  • 春のマドンナ
  • 「科学のマドンナ」プロジェクト

提供元

関連記事

関連記事

【リケジョのためのシンポジウム】お茶の水女子大、3/26に無料で開催!

 お茶の水女子大学は3月26日、中学生から大学生の女子や保護者を対象に「リケジョ―未来シンポジウム」を開催する。研究・教育現場で活躍する理系女性の先輩から、理系を選んだ理由や理系を選んで良かったことなど、研究内容・生活の話、教員経験などを聞くことができる。参加費は無料。

 シンポジウムを主催するのは、お茶の水女子大学と奈良女子大学による理系女性教育開発共同機構。「サイエンスの学びから将来の夢へ」をテーマに、講演、パネルディスカッションを行う。講演者は、JAXA研究開発部門主任研究員の廣瀬史子氏(物理学)、山梨英和中学校・高等学校教諭の大島敦子氏(生物学)、東京薬科大学生命科学部助教の米田敦子氏(化学)。閉会後、希望者は茶話会に参加し、講演者や学生と直接話すことができる。

 シンポジウムの対象は女子高校生・中学生、保護者、教員、大学生で、定員は100名。申込みはメールまたはFAXで氏名や学校名のほか「第2回リケジョ・未来シンポジウム参加希望」と明記して申し込む。申込締切は3月23日まで。シンポジウムの詳細はお茶の水女子大学ホームページで確認できる。

◆リケジョ―未来シンポジウム「サイエンスの学びから将来の夢へ」
日時:3月26日(土)14:10~17:00(茶話会は16:30~17:00)
会場:お茶の水女子大学 共通講義棟2号館
対象:女子高校生・中学生、保護者、教員、大学生
定員:100名
参加費:無料
申込締切;3月23日(水)
申込方法:「第2回リケジョ・未来シンポジウム参加希望」とし、氏名・学校名・学年・連絡先・茶話会参加の有無を明記して、メールまたはFAXで申し込む

現役東大リケジョとランチ!数学の魅力にふれるイベントが開催

 東京大学は、女子中高生対象のイベント「数学の魅力5」を、3月13日に開催する。当日は、数学科の現役女子学生や女性教員と直接話ができるランチ交流会と、数学の面白さなどを紹介する講演会を実施する。講演会のみの参加も可能。要事前申込み。参加無料。

 「数学の魅力」は、東京大学理学部数理学科が毎年3月に行っている、女子中高生のためのイベント。講演会の前に行われるランチ交流会では、ランチを食べながら数学科の現役女子学生や女性教員から学生生活のことや研究者の仕事などについて、リアルな声を聞くことができる。昼食は各自持参すること。

 講演会では、東京大学大学院数理科学研究科准教授の佐々田槙子氏による「楽しもう!人生も、数学も~研究生活は魅力がいっぱい~」や、三菱UFJファイナンシャルグループ勤務・東京大学大学院数理科学研究科客員教授の長山いづみ氏による「銀行における確率論の応用~安心して下さい、ちゃんと世の役に立っていますよ~ 」など、数学の面白さをはじめ、実社会・他分野へのさまざまな応用についてや、女性数学者の活躍などを紹介する講演が実施される。学生との交流の時間や質疑応答の時間も設けられる。

 ランチ交流会の参加は学生本人に限られるが、講演会は保護者や教員も参加できる。ランチ交流会・講演会とも、参加には事前の申込みが必要。東京大学男女共同参画室のWebサイト内にあるWebフォームにて申し込む。ランチ交流会の定員は30名で、定員になり次第受付を締め切る。講演会は参加者多数の場合、申込み先着順に会場の収容人数約200名までを優先して会場に入場。講演会場に入れなかった場合には、別室にてモニター中継の視聴ができる。ランチ交流会・講演会ともに参加無料。

◆「数学の魅力5」
日程:3月13日(日)
時間:ランチ交流会11:30~12:30/講演会13:00~17:30
会場:東京大学駒場キャンパス・数理科学研究科棟
参加費:ランチ交流会・講演会ともに無料
定員:ランチ交流会・30名/講演会会場定員・約200名
申込方法:必要事項を入力しWebにて申し込む。ランチ交流会は定員になり次第受け付けを締め切る。講演会は参加者多数で会場の定員を超えた場合、別室にてモニター中継視聴が可能。講演会の途中入退場可
※講演会のみの参加も可能
※ランチ交流会の昼食は各自持参すること

返済不要!難関私立大学の奨学金制度を知っていますか?

進学などで環境が新しくなる季節がやってきましたね。今はまだ関係がなくても、将来の自分の子どもの進学先について今から考えている方もいらっしゃるかと思います。

特に大学は将来の就職先にも係わってきますので、希望の大学に入れてあげたいと思うのが親心…ですが、学費の負担が大変ですよね。

かかる費用は国立か私立かで変わってきますが、例えば私立の文系に進学した場合、4年間で約1000万円近くかかります。

そんな時に強い味方なのが奨学金です。しかし、昔のように終身雇用・賃金右肩上がりではなくなってきていますので、卒業後に返さなければならない奨学金を借りるのはリスクでもありますよね。
そこで今日は、卒業後に返さなくてもよい大学独自の奨学金についてお話したいと思います。

皆さんは返さなくてもよい、給付型の奨学金の存在をご存知ですか?実は、全国からたくさんの学生が集まってくる有名難関私大では、この給付型の奨学金が充実しているのです。

特に早稲田大学にはたくさんの奨学金があります。奨学課のHPをのぞいてみると、'およそ100種類の学内奨学金はその全てが返済不要'との記述があります。なかでも「めざせ!都の西北奨学金」という制度は、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の高校出身者が対象で、年間40万円の支給なのですが、採用候補者数はなんと1200人です。

他にも「大隈記念奨学金…70〜100万円/年を104名に給付」や、「小野梓記念奨学金…40万円/年を481名に給付」「校友会給付一般奨学金…40万円/年を35名に給付」など、本当にたくさんあります。

次に慶応義塾大ですが、「学問のすゝめ奨学金…首都圏以外の高校出身者に60~90万円/年を給付」、「慶應義塾維持会奨学金…50~80万円/年を給付」、「慶應義塾大学給費奨学金…20万円/年を給付」など、こちらも様々な奨学金があります。

その他には、「明治大学給費奨学金…20~40万円/年または授業料年額1/2の給付・募集人数1,440人以内」「立教大学 自由の学府奨学金…50~70万円/年・採用候補者数500人」「青山学院大学 地の塩、世の光奨学金…50万円/年・採用候補者数350人」などが有名です。

家庭の経済状況で希望の大学を諦める前に、このような返済不要の奨学金制度を一度調べてみると良いですね。なお、これらの奨学金を受給するには成績や家庭の経済状況・出身都道府県など様々な条件がありますので、興味のある方は大学HPなどをチェックしてみて下さい。

入試・受験のお祝いで、安くて喜ばれるプレゼントとは!

受験シーズン真っ只中。一生懸命頑張っている子供たちが合格を勝ち取った際は、しっかりとお祝いしてあげたいですね。

合格祝いや入学祝いには、時計やバッグ、電子辞書や音楽プレーヤーといったものが主流のようですが、お祝いごとって案外重なるもので、結構痛い出費となりそうです。そこで今回は、あなたのお財布事情をお助けすべく、高価ではないけれどもらって嬉しい、そして使えるものをご提案したいと思います!

1、小・中学生編
まずはお受験戦争を切り抜けた、春から小学生・中学生になる子におすすめのプレゼントから。
・色鉛筆セット(予算:3000円以下)
学校の図工や美術の授業でも使えますし、家でのお絵かきにも使える色鉛筆セットはいかがですか?72色セットくらいなら3000円以下で購入できますし、同額で水彩色鉛筆セットという手も。これなら絵の具のように周りを汚す心配もなく水彩画が描けるのでお母さんにも喜ばれると思います。
・ブランドもののハンカチや靴下(予算:3000円以下)
特に学校の指定がなければ、こちらも良いでしょう。消耗品なのでいくらあっても困りませんし、ブランドものなら特別感もあるのでプレゼント向きです。靴下は、子供サイズと大人サイズを両方プレゼントして、大きくなった時にも履いてもらえるようにするのも粋ですね。

2、高校・大学生編
お気に入りのブランドやテイストが確率しつつある年頃。何が好きなのかもよくわからない場合、下手に限定したプレゼントを贈るのは失敗しそうです。そこでこちらはいかがでしょう。
・ギフトカード(予算:5000円以下)
何が好きなのかわからない時は、相手に選択してもらえるプレゼントがおすすめ。図書カードや音楽ギフト券なら、マンガやCD、音楽配信サイトなどで使えて便利ですね。洋服や小物好きな子にはJCBや全国百貨店のギフトカードもおすすめ。現金を渡すよりいやらしさもありません。金額は5000円くらいで良いでしょう。
・革製品
「革=良いもの」という認識はもっている年頃です。また、今は使わなくても数年経った時に使ってくれる可能性が十分にあります。就職活動時期などは使ってくれそうですね。日本製の本革パスケースでも、ネット通販で5000円もあれば十分購入可能です。

小・中学生向けは、親御さんにとっても嬉しいものが良さそうです。高校・大学生は自分で選択できる年頃ですから、選択できるものや少し背伸びした良いものが喜ばれるでしょう。ただ、プレゼントは気持ちが一番大事ですよね!

ランキング