【都内で実証実験】国土交通省、タクシー初乗り運賃の下限引き下げを検討

4825.jpg

国土交通省は、訪日外国人の観光需要や高齢者などの日常生活需要喚起、これに伴う生産性の向上を図る観点から東京地区でタクシー初乗り運賃見直しの実証実験を実施する。

2016年度にタクシー初乗り距離の短縮に伴う初乗り運賃の引き下げを試験的に導入し、タクシーによる短距離移動の潜在需要顕在化など、効果を検証するとともに、本格導入に向けた課題を抽出する。

今年7~8月の2カ月間、東京地区(特別区・武蔵野市・三鷹市)の乗り場、地域を限定して初乗り運賃1.16km460円、加算運賃280mごとに90円のタクシーを運行する。実施するのは最大1000台。現行の初乗り運賃は2km730円。

画像一覧

  • 国土交通省

提供元

関連記事

関連記事

選ぶ車でさらに賢く残価ローンを利用する

高額な車をわずか半額で購入することができる残価設定ローン。たとえば500万円の車も半額の250万円だけで購入できるので、ワンランク上の高級モデルを選ぶことができます。

残りの半額はローン最終回に“後まわし”ができるため、毎月の支払額や頭金を減らすことができて家計に負担をかけることがありません。そんな残価設定ローンにひと工夫をすることで、さらにお得な買い物ができるようになります。

1,後まわしにできるお金は一律ではない
新車価格の一部を“後まわし”にして、残りの金額でローンが組めるのが残価設定ローンの特徴です。後まわしにできるお金のことを「残価」と呼び、新車価格に対する残価の比率のことを「残価率」と呼びます。残価率が高くなるほど後まわしにできるお金が増えるため、毎月のローン額や頭金が減ることになるのですが、この残価率は車種によって大きな違いがあります。

2,中古車になったときに高く売れる車を選ぶ
残価率は車を販売するディーラーが決めるのですが、自由に残価率を設定しているわけではなく、ある法則をもとにして決めています。それは「中古車になったときに高く売れるか」ということ。中古車になったときに高く売れる車は残価率が高く、そうではない車は残価率が低くなります。

3,人気が高く発売直後の新車を選ぶ
では「中古車になったときに高く売れる車」とはどんな車種なのでしょうか。それは「人気」が高く「発売」されたばかりの新車を選ぶということ。中古市場は新車時の価格はあまり関係がありません。それよりも「人気がある=買いたい人が多い」ことと「発売されたばかり=中古になっても新しい車」ということが重要なキーワードになってきます。

4,みんなが憧れる車ほど残価ローンでは有効
狙っている車があったら発売された直後を狙うこと。そして新車価格を気にせずに人気のあるモデルを選ぶこと。この2つに気をつけて残価設定ローンを利用すれば、他モデルよりも高い残価率で購入することができます。みんなが振り返る人気の最新モデルを選ぶことが、残価設定ローンでは有効です。

【4月1日(金)午前0時から!】新料金体系になる首都高速 トクするためのスマート活用法

平成28年4月1日(金)午前0時から首都圏の高速道路料金が変わります。新料金体系はドライバーにとって得なのでしょうか、それとも損になるのでしょうか。

●圏央道を含むその内側の高速料金が変わる
これまで分かりにくかった首都圏の高速料金。その料金体系が4月1日から変更されます。「高速自動車国道の大都市近郊区間」に統一され、車種区分も一緒に変更。料金体系を整理・統一することで利用者に分かりやすいサービスの提供が期待できるようになりました。

●嬉しいメリットもある
都心部の渋滞を解消し圏央道や外環道の利用を促すため、4月1日以降は出発地と目的地が同じであれば、どんな経路を利用してもその区間の最短距離の料金となります。都心部が渋滞しているため環状線を使って遠回りになったとしても、追加料金はかかりません(ETC車のみ)。

●分かりやすくなった新料金
これまでETC車の基本料金は「6キロ毎の料金距離に応じて加算される」というものだったのに対し、4月1日以降は「0.1キロ毎の料金距離に応じて10円単位で加算される」というものに変更されます。分かりやすく言えば、100メートル走るのに10円かかるということ。グラフにすると斜め上に向かって一直線に軌跡を描く感じです。ちなみに従来までは6,000メートル走るといきなり料金が上がる方式。グラフで描くと階段のように上がっていく感じです。5,999メートルと6,000メートルのわずか1メートルで金額が大きく変わってしまう、不公平感のあるものでした。

●25キロ以上走ると損
今回の料金改定では、下限/上限料金の金額も変更されます。これまで下限510円/上限930円だったのに対し、新料金体系では下限300円/上限1,300円に変更。短い距離しか乗らない(5~20キロ程度)人にとっては割安なのに対し、距離を乗る人(だいたい25キロ以上)には割高となりました。

●現金払いは絶対に損
ちなみに現金払いの場合、4月1日以降は一律で料金アップ。これまで「普通車930円」「大型車1850円」でしたが、4月1日以降は「軽・二輪1070円」「普通車1,300円」「中型車1,380円」「大型車2,040円」「特大車2,600円」に変更されます。

●軽自動車はトクをする
これまで首都高では、「普通車」と「大型車」の2車種区分だったのですが、4月1日からは「軽・二輪」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5車種区分に変更されます。この恩恵を最も受けるのが軽自動車。これまで軽は普通車と同じ扱いでしたが、4月1日以降は軽・二輪区分の料金になります。割合で換算すると、支払料金を普通車1とした場合、軽・二輪は0.8(中型車は1.07)となります。参考までに大型車は1.65、特大車は2.14という数値です。※従来までの2車種区分では、普通車1.0に対し大型車2.0という割合でした。

●渋滞緩和を目指した新割引もスタート
慢性渋滞の都心部への流入を防ぎ、多少遠回りになったとしても追加料金が発生しないよう、ETC割引もはじまります。現状の環境ロードプライシング割引はそのまま継続、都心流入割引や都心流入・湾岸線誘導割引を新たにスタート。大口。多頻度割引は範囲を拡充して継続となります。

今回の料金改定で最も恩恵を受けるのは、20キロ未満の短い距離を頻繁に利用する方と軽自動車のオーナー。この方々にとってはおトクに、そうではない方にはちょっと割高になった印象です。ただし今回の改定によって渋滞を避けるために迂回しても追加料金が発生しない工夫がされているため、時間に換算すれば利用者すべてがおトクになるといえるでしょう。

車の維持費は月々いくら?車はシェアして、固定費を削減しよう!

4月から新生活が始まり、車の購入を検討している、または今所有している車を維持するか悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

生活環境が変わると車の要、不要にも大きく影響してきます。もちろん自分の車があれば非常に便利ですが、ランニングコストを考えた時、本当にそれだけの対価があるか今一度考えていきましょう。

1. まずランニングコストを知ろう
今現在車を所有している人も、そうでない方も月々いくら車の維持費用が掛かるのかご存知ですか。車両代(ローン)、ガソリン代、駐車場代、任意保険代、車検代や自動車税等があり、全てを合算してその車に何年乗るのかにより算出できます。まずは月のランニングコストが分かれば、車にそれだけ支払っても所有する価値があるかで判断できるわけです。そこで簡単に計算してくれるサイトをご紹介します。その名もズバリ「自動車ランニングコスト」というサイト名です。サイト内の維持費シミュレーションという項目から指示に従って車種や年間走行距離などを選択していくとすぐに詳細な維持費を計算してくれます。車メーカーや車種が選べることで、これから購入しようという方にも実際に車を保有した際のコストが具体的にイメージ出来ます。

2. カーシェアリングで維持費実質0円
月々のランニングコストを計算すると、運転するのは週末だけ、ちょっとの買い物にしか使わない方には車の維持費は結構高くついているが分かると思います。そんな方におすすめしたいのが、最近急速に普及してきたカーシェアリング。使いたい時だけネットで予約して車に乗り、使った分だけ料金が掛かるシステムです。駐車場代やガソリン代、その他維持費が一切なし。最大手のタイムズプラスでは15分206円でどんなに走行してもそれ以上は掛かりません。またお得な6時間や12時間パックなどがありちょっとした日帰り旅行でも対応できます。月額基本料金が1,030円掛かりますが、なんと利用料金1,030円返ってきますので実質0円。車内にある専用のカードで給油したり洗車したりすると利用料金が割引になるサービスもあります。もちろん給油や洗車代は掛かりません。4月30日までに入会すると入会金1,550円が無料になるキャンペーンを実施しているので今がチャンスですね。

3. 距離や時間で使い分けて賢く活用
レジャーで主に使い、長時間ドライブが多いという方は、カーシェアよりレンタカーがお得になります。上記のタイムズプラスでは、長距離の移動で概ね6時間を越えるとレンタカーの方が安くなります。さらにタイムズプラスのカーシェアリング会員であればレンタカーの料金が最大25%引きになるのでさらにお得に。買い物やちょっとした用事にはカーシェアリング、遠出や宿泊するような旅行ではレンタカーと使い分ければ車を所有してなくても十分便利なカーライフが送れますね。

知らないと損!買い物時の駐車場は無料条件を必ずチェック

スーパーやショッピングモールなどの駐車場ですが、有料のところが多くなってきましたね。

その施設で買い物をすれば、何時間か駐車料金が無料になるなど、買い物客を誘致するような条件も多く見られます。こういった駐車条件の駐車場にあたった時、みなさんはどう対処していますか?無理やり不必要なものを購入したりして、無料駐車の条件に合わせてはいませんか?

■駐車料金システムの条件を確認しよう
スーパーやショッピングモールなどの駐車場には、それぞれ独自の駐車料金システムを導入しています。一定の条件を満たせば無料になるのか、もしくは時間ごとに課金制なのか、あらかじめしっかりと確認をしておきましょう。

■ケーススタディ
スーパーやショッピングモールの実際の駐車料金システムをご紹介しつつ、こういった場合どうすると一番お得なのかを考えていきたいと思います。
・イオンレイクタウンの場合
こちらのショッピングモールの場合は、土曜・日曜・祝日の場合は駐車料金が無料になります。ですから、お買い物をするタイミングは週末が一番よさそうです。また、それ以外の平日は、最初の5時間が無料、以降30分につき100円加算となり、イオンシネマを利用した場合は最初の6時間が無料、以降30分につき100円加算となります。つまり、平日のお買い物は5時間以内に済ませて駐車場を出ることがベストということですね。

・三井アウトレットパーク幕張の場合
1店舗目で3,000円以上(飲食は2,000円以上)利用すると2時間無料。2店舗目で3,000円以上(飲食は2,000円以上)利用でさらに1時間無料、最大3時間無料となります。こちらですと、何も買う予定がないのにぷらっと寄ってしまったら、駐車代金(30分毎に200円)がかかってしまうということになります。がっつりとお買い物をされる場合は、3時間でお買い物を済ませて駐車場を出ると一番お得です。なかなかハードスケジュールにはなりそうですが・・・。

2つの例をご紹介しましたが、はやりそれぞれ全くことなる料金システムでしたね。普段何気なく利用されている駐車場ですが、思わぬかたちで損をしているかもしれません。今一度駐車条件を確認し、ベストな方法は何か知っておくと良いですね。

あなたの”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年3月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

ランキング