web記事ライターの新常識!読みやすい文章を書くためのコツとは?

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・文章をわかりやすく書く方法

<Point>

1読み手にストレスがあると文章は読まれない

210歳児でも読める文章を心がける

3web記事ライターは多数いるため差をつける必要がある

4769.jpg

一昔前、新聞は世間の情報を知るためには必要不可欠なものでした。毎朝、父親が椅子に座って、顔が隠れるほど新聞を全面に広げて読んでいたことを覚えている人も多いでしょう。

時代は少し流れて、最近は新聞の代わりとしてwebから情報を得ることも多くなりました。一度webで検索をかけるだけで、自分の知りたい情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。

web記事を読む人の増加に伴い、web記事を執筆する人も増えました。彼らは毎日、自分の情報を必要としてくれる人のために、パソコンを目の前にカタカタと文字を打ち込んでいるのです。

しかし、あまりにもweb記事の執筆を行う人が急激に増えたため、文章の執筆を右も左もわからないような人が書いていることも事実です。今回はそのような人のために、知って得する、記事執筆の大原則についてお話しします。

この大原則を知っていれば、あなたの記事の読者が急増するでしょう。一度記事を書けば、アクセスは次々に伸びていき、報酬も右肩上がりに増えていくでしょう。ライターとして企業から個別にオファーがあるかもしれませんし、アフィリエイトなどで自分1人でも十分に稼げる収入を得ることもできるでしょう。この大原則を知ることで、上記のことが実際に起こり得るのです。ですからしっかりと目を通してください。

それは、文章を10歳児にもわかるように執筆するということです。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれません。しかし、意外とできていない人が多いのです。

例えばビジネスマンで日ごろからよく使うような言葉はたくさんあります。受理、アポ、直帰、ロジカルシンキング、など10歳児には全く理解できません。わかりやすい文章を書こうと考えていても、自分の日常会話から外れられず、ついついわかりにくい言葉を使ってしまうことも多いのです。

このような読み手にわからない言葉は、文章を読んでいるだけでストレスになります。読み手にストレスを与えてしまうと、すぐにページのバツボタンを押されて、読まれなくなってしまうのです。そのようにならないためにも、わかりやすい言葉を使うことを意識しましょう。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

自由な働き方を目指して!クラウドソーシングで副業する3つのメリットとは

今やサラリーマンの5人に1人が、自分の本業以外の仕事である副業をしていると言われています。

副業の種類は週末だけのアルバイトからネットビジネスまで、幅広い副業をしているようです。その中で、最近では仕事のマッチングサイトの増加に伴って、クラウドソーシングという副業の選択肢も見えてきました。

クラウドソーシングとは簡単に言うと、ネットのマッチングサイトなどでアンケートや記事作成の仕事を引き受けて稼ぐ方法です。
以前はこのような働き方はあまり一般的ではありませんでした。しかし、その仕事の豊富さもあり、クラウドソーシングに参戦する人が徐々に増えているようです。

そこで、今回はサラリーマンがクラウドソーシングで仕事を受注する3つの理由についてお話しします。

自由な時間にできる
まず、この理由が最も大きな原因の一つとも言えるのではないでしょうか。毎日出勤するサラリーマンにとって、時間を問わずに仕事ができるということは非常に魅力的です。
仕事に行くまでの電車の中でスマホを使って仕事をする、そんな働き方も可能なのです。

どこでも仕事ができる
上記の理由と少し被るところはあるのですが、クラウドソーシングの仕事は時間だけでなく、場所も問いません。
家事の合間にやることも、通勤の途中でやることもできます。仕事内容にもよりますが、必要なのはスマホやPCなどのデバイスが一台あれば十分なのです。
そのような自由な働き方に憧れてクラウドソーシングで副業をするという人も少なくないようです。

独立のきっかけになる
今の時代、終身雇用が当たり前というわけではありません。いつ会社をクビになるかわからない、そんな思いから独立を目指す人も少なくないようです。
そのような人はいきなり独立というわけではなく、まずはクラウドソーシングなどを使って、実際に自分1人で仕事を受けてみるという人が多いのです。

将来、自分の力でお金を稼ぎたいと考える人はクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングで稼ぐ、良質な記事を書くポイント

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一度やってみたいと思っていたという人から、全く聞いたことがないという人まで、知っている人も知らない人も多いのではないでしょうか。クラウドソーシングとは簡単に言うと、インターネットなどの媒体を利用することで、不特定多数の人に対して仕事をもらうことを指します。
クラウドソーシングの中には在宅ワークだけでも様々な種類の仕事があります。アプリ開発やwebデザイン、記事の執筆からアンケートまで、スキルの高い人から初心者の人まで、誰でも取り組めるのが特徴です。今回はその中でもクラウドソーシングの記事の執筆という仕事についてお話します。

クラウドソーシングの記事には金融や生活の知恵、他にもいろいろと種類がありますが、全ての記事の執筆において押さえるポイントがあるのです。このポイントが押さえられていれば、あなたには記事の執筆依頼がどんどんと舞い込むでしょう。
あなたにぜひ執筆してほしいと相手から高単価のオファーがあり、あなたは数多ある案件の中から自分の気に入った案件のみを引き受けることができます。在宅ワークという、稼げている人が少ない中でも短時間、高収入を実現することができるのです。

ですから必ず記事の執筆にあたってこのポイントを意識して書いてください。
それは、1記事に1つだけ読み手に伝えたい内容を盛り込むということです。
つまり、1記事に2つも3つも伝えたい内容を盛り込んでは行けません。読み手に伝える内容が多ければ記事として厚みが増すのではないか?と思われるかもしれませんが実は違うのです。以下の例を見てみましょう。

1. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。なぜならそれ以上時間をかけると自分が何を伝えたいのかわからなくなり、結果的に記事の質も下げてしまう。記事の執筆は時間をかけすぎない方がいい記事が書ける。

2. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。しかし、記事のスキルアップをするなら2時間書くべきだ。場合によっては3回見直すのがいいだろう。

1と2の文章はどちらがわかりやすいですか?
おそらく多くの人は1がわかりやすいのではないでしょうか。1には記事の執筆が1時間で終わらせるべきという項目しかありませんが、2には記事の執筆は1時間以内、スキルアップには2時間、見直しは3回という3つの項目が入っていて、読み手はどの情報が一番重要なのかわかりません。

1つの記事には1つだけ、その1つの内容以外については話さないようにしましょう。

アフィリエイト初心者でもアクセスが集まる良質な記事の書き方とは

突然ですが、アフィリエイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
アフィリエイトとは自分のブログ記事に広告を貼り、訪問者がこのアフィリエイトサイトをクリックすることで報酬が出るというネットビジネスです。

アフィリエイトで稼ぐためには良質な記事を書く必要があります。良質な記事が書ければ人が多く集まりますし、逆にどれだけSEO対策やブログデザインを凝っていたとしても、記事の内容が薄ければ長期的に稼ぐことはできません。
今の時代ネットビジネスへの参入の壁が低くなり、誰でもアフィリエイトをしようと思えばできるようになりました。しかし、誰でも参加できるがゆえに、記事の書き方までこだわっていない人が非常に多いです。

そこで今回はそのような人のために、良質な記事を書く最も重要なポイントについてお話しします。
このポイントは非常に重要で、良質な記事を配信し続けている人は必ず意識しています。このポイントを実践していれば、数ヶ月後にはまるでプロ作家が書いたような、読者にとってわかりやすく良質な記事を書くことができます。
あなたの記事は人を引き込み、フェイスブックのシェアやツイッターのリツイートは止まることはありません。あなたが記事を一度書けば、電車内で隣の人がその記事を読んでいるということすらありえます。それだけ影響力のある記事を書くためにも、このポイントを必ず意識してください。

それは、読者の像を明確に1人決めるということです。
もっとわかりやすく言うと、あなたの1人の知り合いに話しかけるように記事を書くのです。
どうしてそのような書き方をするのか疑問に思われるかもしれません。しかし、このポイントを意識することは非常に重要で、文章をストレスなく読むためには必ず気をつけるべきポイントだと言えるでしょう。
例えばスマホ初心者向けの記事にROMだとかRAMという言葉が入っていたとすると、あなたならばどうするでしょうか。おそらく意味のわからない言葉が入っている時点で、その記事ページの×ボタンを押し、別サイトのわかりやすいページを探すのではないでしょうか。
情報はいくらでもネットに転がっているので、あなたの記事から読者を離さないためには、いかにストレスを与えずに文章を読ませるかということが、非常に重要になるのです。
ですから、記事を書く時にはしっかりと読者のイメージを作ってから書いていただけたらと思います。

【マネーギャグアニメ動画】ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第7話は…最年少上場を目指す小学生社長の金男くんに訪れた初めての挫折。思い悩む金男くんを健気に励ますわんわんわんコイン。…が、またも難問クイズに追い込まれて大ピンチ!その結末は…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」

最新作の第7話はこちら!

「昔は黒髪清楚よりギャルの方がモテた!」マネギャルのケツ論

今や少数派(?失礼!)となってしまっている「ギャル」。
そもそもなぜマネギャル達はギャルになったのか。
今回は、彼女たちがギャルになったきっかけを教えてくれます。

彼女たちが最初にギャル文化に触れたのは子供の頃に見た「雑誌」だったり「漫画(GALS)」なのだそう。

また、今20代のマネギャル達は
「小学校にの時にあゆ(歌手の浜崎あゆみさん)が流行っていて、みんなあゆになりたかった
「当時厚底スニーカーが流行っていて、これが自分の中の超可愛いアイテムだった」
など、小さい時に流行っていたものが、今のギャルの元になっていると話しました。

化粧については、
「雑誌に出ているBefore/Afterのスッピンがビックリで、これなら私にもなれんじゃね?
化粧すれば可愛くなるんだ!
と思ったのが、化粧(ギャルメイク)を意識し始めたきっかけのようです。

また、今の若い女の子については
「今の中高生が何に憧れているのかが気になる」
「今後ギャルが増えてもらっていかないと困る!」

更に
「今のアイドルが増えてきているっていう流れはちょっと敵」
「結局、男は黒髪清楚が好きなんかい!」
昔はギャルの方がモテたのにねー。」
など、昔はギャルでいる方が男の子からも人気だったようで、
今のギャルよりも黒髪清楚が主流の流れは残念な様子。
(今の男性はギャルよりも黒髪清楚が好きなのかは気になります(笑))

果たして、今後のギャルの繁栄のためにもマネギャルが出したケツ論とは!
この先、彼女たちは「ギャルの子孫」は残せるのか!

ランキング