わずらわしい確定申告なしでふるさと納税のメリットを受ける方法とは

4771.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・ワンストップ特例制度

<Point>

1ふるさと納税の確定申告が不要

2寄付先の自治体に書類を送るだけ

3マイナンバーカードは必須

リスク0で地方の特産品がもらえる!とふるさと納税が、節約上手で堅実な主婦層に人気を集めています。ふるさと納税は手続きさえ行えば、節税になり、地方の特産品がもらえるとメリットで溢れています。

そんなメリットいっぱいのふるさと納税なのに経験していない人がまだまだいるのは、ふるさと納税の手続きの中に含まれる確定申告に不安を覚える方も少なくないのではないでしょうか。今までアルバイト先や勤め先の企業が、税金に関する手続きを全てやっていたことを考えると、全くの初心者に確定申告はハードルが高いように感じます。

しかし、「ワンストップ特例制度」と呼ばれる制度を利用すれば、確定申告をしなくてもふるさと納税のメリットを受けることができるのです。では、ワンストップ特例制度とはどのような制度なのでしょうか。また、ワンストップ特例制度を利用するにはどうすればいいのでしょうか。ワンストップ特例制度の手続きは非常に簡単で、たった3枚の書類をふるさと納税先の自治体に送るだけです。

まず、1枚目は“寄付金税額控除に係る申告特例申請書”と長ったらしい名前の申請書を記入します。これはワンストップ特例制度の申請書のことであり、インターネットからでもダウンロードできます。

次に、2枚目はマイナンバーの個人カード確認書類です。つまり、マイナンバーカードの裏面コピーですね。これはマイナンバー制度の導入により、なりすましや詐欺などを防ぐための書類として必要になります。

最後に、本人確認書類のコピーです。本人確認書類には様々なものがありますが、免許証やマイナンバーカードの表面コピーでも問題なく手続きができるようです。こちらもなりすましなどを防ぐための方法として必要書類となっています。

この3つの書類を寄付先の自治体に送るだけで、確定申告なしにふるさと納税のメリットを受けることができます。確定申告をできれば避けたい!と考える人はワンストップ特例制度を利用してみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

知らなくて大赤字!?ふるさと納税の大きなデメリットとは

最近、頻繁にメディアに取り上げられたこともあり、ふるさと納税に対する熱が爆発的に上昇しています。

ふるさと納税とは地方に寄付を行うことで、その地域の特産品を受け取り、寄付金額に応じて税金が控除される制度です。

そんなメリットの大きいふるさと納税ですが、一方でデメリットが存在することもご存知でしょうか。

テレビなどではふるさと納税によるメリットばかりが強調され、このデメリットを見逃している人も少なくないようです。

このデメリットを正しく認識しておかなければ、あなたはふるさと納税の恩恵を受けられないかもしれません。ふるさと納税で得をしたはずが、実はこのデメリットによって、完全に赤字ということも十分に考えられるのです。

逆にこのデメリットをしっかり認識しておけば、ふるさと納税の恩恵を最大限に受け取ることができます。あなたがすべきことといえば、淡々とふるさと納税の手続きをするだけです。地域の特産品として送られてきた、口に入れただけでとろける高級和牛や表面がキラキラと光る新鮮な海の幸といった特産品を十分に受け取ることができるのです。

ですから、しっかりふるさと納税のデメリットも把握してください。
それは、ふるさと納税による税金の控除額には上限があるということです。

つまり、ふるさと納税は年収に応じて、メリットを受けられる寄付金額が決まっています。その上限を超えてしまうと地域の特産品を受け取ることはできますが、税金の控除はされません。

税金の控除がされないということは寄付したお金があなたの元に戻ってくることがないので、実質、寄付したお金で特産品を買ったような形になるのです。

しかし、これではふるさと納税のメリットを十分に受けているとは言いがたいです。ふるさと納税による税金の控除額は、ネットでシミュレーションできるサイトもあり、簡単に調べることができます。このデメリットを踏まえた上で楽しくふるさと納税を活用しましょう。

今更聞けない【ふるさと納税】のやり方!豪華な特産品をもらうには?

近ごろ話題のふるさと納税をご存知でしょうか。
高級和牛が食べられる!パソコンがもらえる!などと太っ腹なふるさと納税ですが、どうやって手続きをするのかわからない!という人もまだまだいるのではないでしょうか。

そこで、今回はそのようなあなたのために、ふるさと納税に必要な手続きを順番に説明します。

手続きについて説明する前に、ふるさと納税について簡単に紹介します。ふるさと納税とは、単純に全国各地の地方に、寄付を行うことです。そして地方への寄付を行うことで、主に2種類のメリットを受け取ることができます。

1つ目は、寄付金額に応じて税金が控除されるという点です。例を挙げると、地方にふるさと納税として40,000円寄付することで、38,000円もの税金が控除されることもあるようです。

2つ目のメリットとして、寄付をした地域から寄付のお礼として地域の特産品が送られてくる点です。

このような2つのメリットを考えた場合、上記の条件であれば、税金として控除されなかった2,000円で各地域の特産品を受け取れます。特産品の中には松坂牛や蟹といった高級食品や地域の宿泊割引券や工芸品をもらえることもあり、数万円の価値があることも多いのです。

では、このようなふるさと納税の恩恵を受けるにはどのようにすればいいのでしょうか。

それは、ふるさと納税をする地域を決め、寄付を行い、3月の確定申告をするだけです。

まず、ふるさと納税によって特産品をもらう地域を決めます。好みの特産品がもらえる地域、金額的にお得度の高いものがもらえる地域、自分の生まれ育った地域などどこでも構いません。

次に、年度末に確定申告を行います。確定申告を行わないと、ふるさと納税による税金の控除が行われないので、注意しましょう。今は確定申告をネットで済ませることも可能です。忘れず確定申告することで、ふるさと納税の控除を受けるようにしましょう。

このようなメリットの大きいふるさと納税を一度試してみてはいかがでしょうか。

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?

株主優待とふるさと納税ということばをそれぞれ聞いたことがあるでしょうか。

どちらもお得だということは聞いたことがあっても、正直どちらがどのようなものなのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はそれぞれの特徴をふまえて、どちらがお得なのか調べてみました。

まず、ふるさと納税とは、地方の自治体に寄付を行うことで、個人が一定の金額以上を寄付した場合、地方から特産品を受け取ることができるのです。
地方への寄付金は、手数料が引かれて自分の市民税から控除されるために、実質的に手数料だけで、地方の特産品を受け取ることができるというわけなのです。

例えば3万円地方に寄付し、地方が1万5000円分の特産品を送ってくれたのに、税金から2万8000円分控除されるために、実質2000円で1万5000円分の特産品を手に入れることができたということになるのです。

しかし、控除される市民税には上限があるため、お得に特産品を受け取るには上限がありますし、人気の特産品はなくなりやすいというデメリットもあります。

一方、株主優待とは企業が発行している株を一定数持っていると、企業からお礼の形として金品相当の商品を受け取ることができる制度です。

株主優待には様々な種類があり、食品から施設の利用券、クオカードや商品券など多岐にわたります。
株主優待だけで生活するという人もいるように、株主優待を受け取るには上限がありませんし、毎年株を持っているだけで企業から金品相当の自社製品がもらえるというメリットがあります。

しかし、株を買うということは株価が下がれば損をする恐れもありますし、あまり投資にお金をかけたくないという人は不向きです。
株主優待は毎年もらえますし、特に手続きもいらないですが、ある程度まとまった資金が必要となるのです。

ですから、結論としては、一般的な人にはふるさと納税、資産運用をしたり、上限なく金品相当のものを受け取りたいという人には株主優待をおすすめします。
もちろん同時に行うことも可能ですので、どちらも少し興味があるという方は
ぜひどちらも挑戦してみてください。

【マネーギャグアニメ動画】ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第7話は…最年少上場を目指す小学生社長の金男くんに訪れた初めての挫折。思い悩む金男くんを健気に励ますわんわんわんコイン。…が、またも難問クイズに追い込まれて大ピンチ!その結末は…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」

最新作の第7話はこちら!

ランキング