【引っ越しシーズン到来!】おさえておきたい、PCやプリンタの輸送時の注意点

4799.jpg

 3月も10日を過ぎて、いよいよ春の引っ越しシーズンだ。最近は業者側が、専用のボックスやプランなどを用意しているが、「引っ越し後に動かなくなった」など、トラブルになりがちなのが、パソコンそしてプリンタやスキャナと言った精密機器だ。

 たとえばノートパソコンやスマホなどは、同じ精密機器でも、それほどトラブルは起こらない。もともと移動しながら使うことを想定しているモバイル機器だからということもあるが、ようは「可動部分が少ない」からだ。デスクトップPCは、「箱」というイメージのため、そのままざっくり運べそうだが、実際には、ファンやCPUクーラー、ディスクドライブなどのモーター部分も多い。とくにCPUクーラーは、それ自体が重いため、振動で外れたり破損したりすることがある。とにかく「繊細に運ぶ」必要があるだろう。あと、「事前のデータバックアップ」は必須だ。

 たとえば、ヤマト運輸や佐川急便では、専用資材を使用して、パソコンや周辺機器を輸送できる「パソコン宅急便」(ヤマト、個人向け)、「精密機器輸送サービス」(佐川、法人向け)を提供中。こういったサービスを別途使う手もある。

 プリンタやスキャナについては、エプソンがQ&Aページで梱包のポイントを紹介。会員向けメールでも注意を呼びかけている。具体的には以下のような点をあげている。

・電源ボタンをオフにし、プリントヘッドやキャリッジ(スキャナヘッド)を定位置に戻す
・ケーブル類を外して、別に束ねる
・プリンタの場合、ヘッド部分を養生テープなどで固定する
・「輸送用固定レバー」のある機種は、ロックをかける
・排紙トレイ、用紙サポートをたたむ。取り外せる場合は、破損しないよう外す
・緩衝材などで、水平に包む

 逆にこの機会に不要品を処分、というのであれば、ハードオフのような買取業者の利用がお勧め。引っ越し業者でも対応してくれるところは多いので、手間をかけたくなければ、見積時に相談するのがよいだろう。

<関連記事>

画像一覧

  • ヤマト運輸「パソコン宅急便」専用資材
  • 佐川急便「精密機器輸送サービス」専用資材

提供元

関連記事

特集

関連記事

「特優賃」でお得賃料の新生活を

入学や入社などで、4月から引っ越される方も多いかと思います。「安くていい物件に住みたい!」というのは永遠のテーマかと思いますが、なかなか思うようにはいきませんよね・・・。

しかし、「国や県が家賃の一部を一定期間補助してくれる」という、なんとも嬉しい制度があることをご存知でしょうか?

今回は、その国や県が認定した優良賃貸物件に入居する際、所得水準により、家賃の一部を一定期間補助してくれる制度である、特定優良賃貸住宅(特優賃)制度をご紹介しようと思います。

特優賃制度は、中堅所得者層に対し、より良質な賃貸住宅の供給を促進しようとつくられたもので、スタートは平成5年。すでに20年以上も続く意外と古い制度なのです。

制度について具体的にみていきましょう。まず、この制度が利用できるのは、以下の要件に該当する人となります。

・2人以上のファミリー世帯(単身世帯は適応外)
・世帯の所得金額が基準内であること
・原則、持ち家がないこと

東京都の場合は所得水準が5つに区分され、例えば、3人家族の場合、特優賃に入居できるのは給与収入で1018万円まで。ただし、実際に家賃補助を受けられるのは、現在のところ給与収入で564万円までの世帯が多いようです。家賃補助の金額も物件により大きく異なり、同じ都内でも、全く補助のない物件もあれば、数万円の補助が出るところもあります。

補助金額の違いは、その物件の特優賃としての管理がいつ始まったか、に大きく影響します。特優賃の家賃補助期間は管理開始から20年間。毎年約3.5%ずつ家賃は上昇していき、20年経ったところで補助は終了となります。
よって管理開始から時間が経つほど、家賃補助の額が減ってしまうことになるのです。

ただ、家賃補助以外にもメリットはあります。それは、礼金や更新・仲介手数料がかからないこと。通常、一般の賃貸物件の場合、入居時には礼金や仲介手数料を、更新時には更新手数料をそれぞれ家賃の1~2ヵ月分用意する必要があり、それだけでも数十万円の大きな出費となります。その負担がないだけでも、うれしいですよね。

全体的に、都心よりも千葉県や埼玉県などの郊外、そして地方の方が補助は手厚いようです。また、福岡県では新婚世帯や子育て世帯に補助を上乗せしたり、北海道では中学生以下の子どもがいる世帯には家賃の額を据え置いたりと、自治体により独自の制度を設けているところもあります。

今はどの自治体でも、インターネットで申込方法、物件検索などの情報が入手できます。
引っ越しを検討されているファミリー世帯の方は、まずは「特優賃、自治体名」で検索し、住みたい街の特優賃サイトをチェックしてみましょう!

あなたにとって一番お得なクレジットカードは?引っ越しで生活圏が変わったら見直してみよう

引越しをして、利用する鉄道会社や路線が変わった方、変更するのは住民票だけではありませんよ。意外や意外、お手持ちのクレジットカードを見直すことで、ちょっとお得になるかもしれないんです。

■電車通勤ならではの選び方
クレジットカードを選ぶ際、通勤通学の路線を意識したことはありますか?おそらく、ほとんどの方がないのではないかと思います。実は、各鉄道会社の路線で使用することでそれぞれポイントが貯まりやすいなどの特徴があるクレジットカードが色々と存在するのです。JRに、都内であれば東急や小田急などの私鉄まで、普段どの路線を使用するかで、持つべきカードは違ってきます。引越しをしてこれまでとは別の路線を利用することになった方、この際にクレジットカードもお得なものに変えちゃいませんか?

■各クレジットカードの特徴
1.JRの路線を利用する場合
・ビュー・スイカ・カード
Suicaにチャージするだけで、その金額の1.5%のポイントが還元されます。さらに駅ナカのお店や構内の自動販売機の利用でもポイントが貯まります。
・JALカードSuica
チャージする度にポイントが貯まるのは同じですが、こちらはマイルを貯められるのが特徴です。
2.私鉄を利用する場合
・小田急OPクレジットカード
小田急の列車に11回以上乗車すると最大7%の還元率でポイントが貯まります。また、小田急百貨店での買い物で利用すると5~10%のポイント還元など、還元率で他を圧倒しています。
・東急TOP&Club JMB PASMO
東急沿線にお住まいならこのカード。東急ポイントを、JAL・Suica・PASMOにチャージできます。また、東急百貨店での買い物時に利用すると、10%のポイントが貯まるというとてもお得なカードです。

ざっと例を挙げてみましたが、どれも魅力的な還元率だと思いませんか?お引越しで利用路線が変わった方、また、これまで路線なんて気にしたことがなかった方は、この際にお得なクレジットカードに乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。

もうすぐ引っ越しシーズン!不要な家具、どうやって処分しよう? 家具のオトクな処分方法まとめ

年末年始の大掃除や、新居への引っ越しで不要になった家具はどうしていますか?

多くの方がご存じの通り、大型の家具は普段のゴミとして出せません。もちろん、捨てる前にのこぎりでバラバラにしておけばゴミとして出すことも可能ですが、なかなか手間がかかります。今回は、不要な家具の処分法を紹介します。

1. 自治体に有料で引き取ってもらう
まずは、住んでいる粗大ゴミとして自治体に回収してもらうという方法があります。自治体なのでそれほど料金は高くありませんが、多少手間がかかります。
まず、自治体に収集を依頼し、スーパーやコンビニなどでゴミ処理券を購入します。そして、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し、不用品に貼り付けて、回収日当日の朝に指定の場所へと運びます。
筆者が以前住んでいた自治体では、処分場への持ち込みが可能でした。これなら事前に登録せずとも都合のつく日時に自家用車で持ち込めますし、費用も回収してもらうより割安だったので、引っ越しの前にはせっせと自家用車に家具を積んで、処分場と自宅を往復しました。

2.不用品回収業者に依頼する
最近増えているのが、不用品回収業者やリサイクル業者に依頼して、引き取ってもらう方法です。
なんといっても最大のメリットは、自宅まで引き取りにきてくれることです。タンスやベッドは重いし大きすぎて、個人的に回収場所まで運ぶのは大変なので、引き取りにきてくれると好都合でしょう。
デメリットは、基本料に加えて運搬費などの諸経費が加算されるので、回収料金が割高になってしまう点です。

3.家具の処分費用の相場ってどれくらい?
タンスを処分する場合を一例として考えてみます。自治体に依頼して処分する場合、相場はだいたい1200円~1500円程度。不用品回収業者なら、4,000円程度といわれます。ただし、業者によって買い取り価格が異なることがあるので、いくつかの業者をあたって見積もりを出してもらうとよいでしょう。

引っ越ししても家具いらず!お手軽な雑貨を使ってオシャレに収納

年末は大掃除の時期。また、新年からの新生活に向けて引っ越しをした人も多かったことでしょう。12月と3月は1年でいちばん引越しが多い時期だそうです。

大きな家具は持っていくけれど、小さいモノはできるだけ捨てていって、新しいものが買いたい。でも、それなりにお金がかかる…そんな風に思っている方も意外と多いかもしれません。今回は、お手軽でおしゃれ、そしてお手頃な収納グッズと工夫をご紹介します。

1.カラーボックスをフル活用
収納といえばカラーボックスです。100円均一などにもたくさん売っていますので、どこでも手に入る気軽な収納雑貨といえるでしょう。コツとしては、細かく、見えづらいものは透明のボックスなどを使うなどでしょう。

2.ドア裏を利用して、長いものを収納しよう
かわいいウッドクリップなどをドア裏につけ、そこにベルトやネックレスなど、長めのアクセサリーなどを収納するのも手です。収納もできつつ、無機質なドアの裏が華やかになります。

3.ワイヤーかごを壁に取り付け、立体的な収納を
ワイヤーかごをネジで壁に取り付けることで、通常あまり収納できない壁部分を無駄にしない収納ができるようになります。ワイヤーかごはいろいろな色が出ていますので、自分の部屋にあった色を見つけてみましょう。

4.マグネットボード
収納にはマグネットも意外に使えるのです。たとえば、ヘアピンやその他のこまごましたもの、また、包丁などもマグネットで壁やドアの内側に収納することができます。壁に取り付ければ部屋の見た目も一気に変わります。

5.はしごでハイヒールを収納
ハイヒールは靴箱に収納すると意外に幅を取ります。形を崩すわけにはいかないので、無理やり押し込むこともできませんよね。そんな時は梯子を利用しましょう。小さなはしごにハイヒールをかけるだけで、靴箱ががらがらになり、他の靴を入れることができるようになります。

今回ご紹介した雑貨は、全ていろいろな形や色のものが販売されている類のものです。自分の気分や部屋の感じに合わせて、組み合わせを考えてみてはいかがでしょうか。

あなたの”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年3月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

ランキング