【ゲームクリエイター奨学金!】サイバーエージェントが小学生の夢を実現する後押し

4749.jpg

 サイバーエージェントは3月8日、ゲームクリエイターを目指す小学生にプログラミング学習を無償提供する奨学金制度「ゲームクリエイター奨学金」の募集を開始した。採用者は、小学生向けプログラミングスクールの授業を6か月間、無償で受講できる。応募締切りは3月25日。

 小学生にプログラミング学習を無償提供する奨学金制度は2014年度に創設。今回、プロジェクトの一環として、将来ゲームクリエイター(ゲーム開発者)を目指す小学生を応援するための「ゲームクリエイター奨学金」を新たに設けた。

 対象となるのは、新小学3年生から6年生、または同様の学齢に該当する人。家庭の経済状況などは問わない。採用人数は若干名。将来ゲームクリエイターを目指していること、アプリやゲームに強い興味・関心があること、Tech Kids School東京渋谷校に通えることなど、いくつかの応募条件がある。

 期間は2016年5月から10月までの6か月間。希望者は、Webサイトの奨学生応募フォームから申請する。締切りは、3月25日午後6時。書類審査と2回の特別選考会を経て、合格者を決定する。審査にあたっては、子どもの学習意欲を第一に尊重するため、保護者の一存で応募せず、必ず子ども本人の学習意欲を確認してほしいという。

 奨学生に採用されると、サイバーエージェントのグループ会社であるCA Tech Kidsが運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」の授業が期間中無償で受講できる。また、サイバーエージェントのゲーム管轄CTOによる特別レクチャー、「1日こどもCTO」として社内のゲーム開発現場見学やイベント参加などが予定されている。継続的にプログラミング学習に取り組みながら、ゲーム開発の現場を知り、経験することができるという。

 クラレの調査(2015年版)によると、小学6年生の男児を対象とした「将来就きたい職業」ランキングにおいて、「ゲームクリエイター」は4位に入っており、ゲーム開発者は子どもが憧れる職業のひとつとなっている。

 サイバーエージェントでは、「ゲームクリエイター奨学金」の取組みを通して、子どもの夢を実現する後押しをしていきたいとしている。また、ゲームやアプリを遊ぶだけにとどまらず、自らのアイデアを形にするものづくりの楽しさを知ってもらい、ゲームの適切な遊び方や使い方も啓発していきたいという。

◆ゲームクリエイター奨学金
対象:2016年4月からの新小学3~6年生(または同様の学齢に該当する人)
人数:若干名
期間:6か月間(2016年5~10月)
応募条件:
・将来ゲームクリエイター(ゲーム開発者)を目指している
・アプリやゲームに強い興味、関心がある
・継続的にプログラミング学習に取り組んでいる、または取り組める
・自宅でパソコンおよびインターネットを使用できる環境がある、もしくは用意できる
※パソコンはMacに限る(iPhoneアプリ開発はMacでのみの開発となるため)
・Tech Kids School東京渋谷校に通える
・日本語によるコミュニケーションが図れる
・申請時同意事項に同意できる
※所得制限などの条件はない
応募方法:Webサイトの奨学生応募フォームよりエントリーする
締切り:3月25日18:00(厳守)

画像一覧

  • ゲームクリエイター奨学金
  • ゲームクリエイター奨学金の概要

提供元

関連記事

関連記事

あなたの”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年3月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

【無利子から先行導入】マイナンバー連動の奨学金新制度

 新たな所得連動返還型奨学金制度の創設を目指している文部科学省の有識者会議は、中間まとめ(検討素案)を公表した。新制度の考え方や方向性、設計などを示しており、平成29年度新規貸与者を対象に無利子奨学金から先行的に導入するとしている。

 現行の所得連動返還型奨学金制度は、無利子奨学金貸与者の約3割に適用されているが、年収300万円を超えた場合には定額で返還が求められるため、年収300~400万円の返還者には負担が重いという課題があった。

 創設される所得連動返還型奨学金制度では、マイナンバー制度(税・社会保障番号制度)を活用して返還者の所得を把握し、所得に応じた返還月額を設定する。

 中間まとめ(検討素案)によると、新たな所得連動返還型奨学金制度は、無利子奨学金から先行的に導入。有利子奨学金については、無利子奨学金の運用状況を見て、将来的に導入を検討するとしている。

 平成29年度新規貸与者から新制度を適用するが、すでに返還を開始している返還者への適用についても「検討が行うことが求められる」としている。最低返還月額については、「2,000~3,000円」という方向性が示されているが、返還の負担緩和、回収金確保という両面からさらに検討を重ねるという。

 また、新しい所得連動返還型奨学金制度では、所得が低い場合に返還総額が要返還額に大幅に満たないケース、中高年で入学・卒業した場合に返還能力があるうちに返還が終了しないケースなどが考えられることから、貸与総額の上限設定や貸与年齢の制限についても今後検討が必要としている。

【結婚や出産にも影響】4割が「苦しい」…奨学金に関するアンケート調査

 奨学金を借りている人の4割近くが奨学金返還について「苦しい」と感じており、非正規労働者では56.0%に上ることが2月29日、労働者福祉中央協議会(中央労福協)の調査結果から明らかになった。奨学金返還が結婚に影響をおよぼしているという人も3割に上った。

 「奨学金に関するアンケート調査」は2015年7~8月、勤労者を対象とした自記入式のアンケートとして実施。13,342人から回答を得た。

 学生時代の奨学金制度の利用状況は、若い層ほど利用者が多く、34歳以下の利用者は53.2%と半数以上あった。奨学金の借入総額は、平均312.9万円。月の返還額の平均は、1万7,206円。返還者の1割強を占める借入総額が500万円以上の層では、月3万円以上返還している人が4割弱あった。

 奨学金返還の負担感については、39.0%が「苦しい」と回答。雇用形態別でみると、正規労働者でも36.8%、非正規労働者では56.0%に達した。

 奨学金の返還が生活設計に影響をおよぼしているか、ライフイベントごとにたずねた結果では、「結婚」への影響がもっとも高く31.6%であった。このほか、「持ち家取得」27.1%、「仕事や就職先の選択」25.2%、「子育て」23.9%、「出産」21.0%のいずれも2割を超え、影響が多岐に及んでいる実態が浮き彫りとなっている。

 結婚への影響は、借入額が多いほど大きくなる傾向にあった。正規労働者では500万円以上、非正規労働者では200万円以上の借入額があると、「結婚に影響している」という回答が半数近くに上昇している。

【リケジョのためのシンポジウム】お茶の水女子大、3/26に無料で開催!

 お茶の水女子大学は3月26日、中学生から大学生の女子や保護者を対象に「リケジョ―未来シンポジウム」を開催する。研究・教育現場で活躍する理系女性の先輩から、理系を選んだ理由や理系を選んで良かったことなど、研究内容・生活の話、教員経験などを聞くことができる。参加費は無料。

 シンポジウムを主催するのは、お茶の水女子大学と奈良女子大学による理系女性教育開発共同機構。「サイエンスの学びから将来の夢へ」をテーマに、講演、パネルディスカッションを行う。講演者は、JAXA研究開発部門主任研究員の廣瀬史子氏(物理学)、山梨英和中学校・高等学校教諭の大島敦子氏(生物学)、東京薬科大学生命科学部助教の米田敦子氏(化学)。閉会後、希望者は茶話会に参加し、講演者や学生と直接話すことができる。

 シンポジウムの対象は女子高校生・中学生、保護者、教員、大学生で、定員は100名。申込みはメールまたはFAXで氏名や学校名のほか「第2回リケジョ・未来シンポジウム参加希望」と明記して申し込む。申込締切は3月23日まで。シンポジウムの詳細はお茶の水女子大学ホームページで確認できる。

◆リケジョ―未来シンポジウム「サイエンスの学びから将来の夢へ」
日時:3月26日(土)14:10~17:00(茶話会は16:30~17:00)
会場:お茶の水女子大学 共通講義棟2号館
対象:女子高校生・中学生、保護者、教員、大学生
定員:100名
参加費:無料
申込締切;3月23日(水)
申込方法:「第2回リケジョ・未来シンポジウム参加希望」とし、氏名・学校名・学年・連絡先・茶話会参加の有無を明記して、メールまたはFAXで申し込む

ランキング