変額型の個人年金保険、必要なのは投資信託の知識

このレシピを実行して

約200万円貯まる!
<材料>

・毎月2万円の保険料
(30歳男性60歳まで払込、ある保険会社の例)

<Point>

1変額年金保険に入るなら、投資信託の知識が欠かせない

2変額保険の特別勘定、正体は投資信託

3老後の資金を増やすカギは、投資信託のポートフォリオ

※30歳男性がある保険会社の変額年金保険を契約、特別勘定が年3.5%で運用できて60歳に一時金で受け取った場合

4037.jpg

「公的年金だけでは心もとない」と、個人年金保険を検討される方も多いと思います。個人年金保険には、将来の受取金額が決まっている「定額型」と、受取金額が運用の実績しだいで変わる「変額型」があります。

定額型は、世の中の金利水準に応じて受取金額が決まります。つまり、金利が低い時期に契約した定額型は、将来の受取金額に多くの期待を寄せられません。そこで、変額型の個人年金保険に注目が集まっています。

そこで知っておきたいのが、投資信託の知識。

「えっ? 個人年金に入るのに、投資信託を知る必要があるの?」と思うでしょうか。あるんです。

変額年金保険のパンフレットなどには、「記載の年金額は仮定の計算であり、将来の受取金額は運用実績により変動します」といった内容の注意書きがあります。この運用の実績が、まさに投資信託の運用実績なのです。

パンフレットをよく見ると、「特別勘定」という言葉が書かれているはずです。特別勘定とは、保険料から保険の経費などを引いた、年金や一時金の運用資産です。特別勘定には、契約者の考えに合った運用ができるよう、リスクの度合いや投資先が異なる複数の選択肢が用意されています。その選択肢として、投資信託が用意されているというワケなのです。

具体的には、「世界債券型」「日本株式型」「新興国株式型」「短期金融市場型」といった、地域や金融商品でくくった投資信託があります。保険会社によっては「安定成長バランス型」「積極運用バランス型」などの、1つを選ぶだけで分散投資が可能な投資信託もあります。同じバランス型でも、「安定成長」と「積極運用」ではリスクの度合いが違います。

変額型の個人年金保険は、将来の年金や一時金が特別勘定という名の資産として、保険料払込満了まで運用され続けます。いくつかの投資信託に配分された運用資産は「ポートフォリオ」と呼ばれます。経済環境の変化に応じて、ポートフォリオを入れ替えてもOK。その判断は、契約者が行います。

将来の受取金額をどう殖やすか、またはどう減らさないか、などの運用方針は、契約者が選ぶポートフォリオにかかっています。つまり、変額個人年金で老後の資金を上手に殖やすには、投資信託の知識が必要なのです。

画像一覧

執筆者

石原敬子

CFP® 1級ファイナンシャル・プランニング技能士 専修大学文学部人文学科心理学コース卒業後、証券会社で約13年の営業職勤務。その後2003年 1月にFP事務所を開業。「使うこと」に焦点を当てた個人相談、金融や資産運用を分かりやすく話すセミナーと書籍やコラムの執筆を行う。 http://www.keikoishihara-fp.jp/

石原敬子

関連記事

関連記事

子どもが小さいなら、教育資金は投資信託も活用

「教育資金を貯めたい」というパパママの多くは、学資保険(子ども保険)を検討することと思います。教育費積立の定番ですからね。でも、教育費に関する驚愕の事実をご存知ですか?

現在、国公立大学の初年度納付金は、80万円強。現在の大学受験生の親御さんが受験生だった頃は、40万円程度でした。30年ほどで倍増です。

その間、日本が「失われた20年」と言われた時期を含み、バブル崩壊、リーマンショックなどを経ています。デフレ時代真っただ中の倍増です。一般的な物価は下がり、パパのお給料もほとんど伸びない中、教育費は増える一方。金利は低く、預貯金や学資保険などで貯めるのも大変だったことでしょう。

一般に、教育資金の元本割れは困るので、リスク性のある金融商品は適さないと言われます。しかし、あの驚愕の事実を知ると、本当にそれで良いのかという疑問がわきませんか?

もちろん、投資信託での運用は元本割れのリスクがあり、教育資金すべてを投資信託で運用するのはお勧めできません。けれど、確定利回りだけで貯めるのはインフレリスクを負うのです。
そこで、教育資金準備に、投資信託を預貯金や学資保険などと併用してみましょう。

『投資信託でよく聞く言葉「分散投資」ってナニ?』の記事で運用資産の分散を説明しました。現在乳幼児のお子さんが大学受験をするまでには、15年以上あります。小学校低学年のお子さんなら、10年間は運用できます。この程度の期間があれば、運用資産の山あり谷ありを経て、価格変動リスクも軽減できるでしょう。

運用期間中、経済環境などを見据えながら、投資信託が予想以上に値上がりすれば時期を問わず解約し、また、受験年齢に近づくにつれて早い時期から徐々に解約をして預貯金に移動させる……といった運用を取り入れても良いのではないでしょうか。

現在、国公立大学の4年間在学中にかかる授業料や施設設備費などは、約250万円。なお、国公立大学の法人化が進む今後、大学ごとに金額が異なることが予想されます。あくまでもこれは国公立大学の現状です。私立は言わずもがな。また、少子化を背景に、学習塾やスポーツ系の習い事などの教育ビジネスも高額になっています。

このような教育支出の背景を考えれば、投資信託の積立は、確定利回りの金融商品と併用して、教育資金の準備に取り入れる必要性もあると思います。

アクティブ運用とパッシブ運用って、ナニ?

銀行や証券会社に置いてあるパンフレットには、たいてい、「自分に合った投資信託を選びましょう」と書いてあります。けれど、どういう投資信託が自分に合っているか、判断に迷う人は多いようです。

そこで今回は、ビギナーが知っておきたい用語、「アクティブ運用」と「パッシブ運用」を解説します。

あなたは、投資信託の運用に、何を求めますか?

「そりゃあ、儲かるに越したことはない」と思うかもしれません。けれど投資の世界では、儲かる可能性と損する可能性は背中合わせ。「儲かる」を優先するか、「損をしない」を優先するかで考えましょう。

「アクティブ運用」と「パッシブ運用」の違いを簡単に説明すると、【図表1】の通りです。どちらも「世の中の平均的な運用状況」と比べて、どういう結果を望むかがポイントです。
あなただったら、どちらが良いですか?

アクティブ運用は、運用会社がその時々の経済の様子を念入りにチェックして、儲かりそうな地域や株式、為替などに投資資金を振り分けます。月日が経って、その見込み通りになれば、「当たり」となるわけで、運用資産も増えるというわけです。

パッシブ運用は、「世の中の平均」とするのは何なのか、投資信託のパンフレットなどに書かれています。たとえば、「東証株価指数(TOPIX)」とあれば「日本の大企業の株価の平均」です。「ワールド・インデックス」などは「世界の投資資産の平均」です(※実際は、具体的な指標名と詳細な説明がなされています)。
パッシブ運用の説明の中には「インデックス」「指標」という言葉が出てきます。これらは、その市場の値動きの平均になる“ものさし”と思っておけば良いでしょう。

ここまでの説明でだいたい想像がつくと思いますが、アクティブ運用は、“アクティブ”に、利益を狙いに行くため、値動きの幅が大きくなりがちです。つまり、世の中の平均を狙う、保守的なパッシブ運用に比べると、アクティブ運用はリスクが高くなる傾向があります。アクティブ運用か、パッシブ運用か。選ぶポイントは以下の2つです。

1つは、あなたが、運用に対して積極果敢に行きたいか、それとも保守的に行きたいかの好み。もう1つは、運用する資産の使い道から考えて、資産価値が大きく変動しても構わないのか、それともなるべく値動きが小さい方が良いか、という点です。
どちらを選ぶかは、あなたの運用に対する好みと、資金の使い道から考えると良いでしょう。

投資ビギナーは、最初っから大儲けを狙わない!

ボーナスシーズンになりました。

手元に運用できる余裕資金があったとしても、安易に大儲けを狙った投資をしてはいけません。「投資とはこういうものだ」と理解できる日が来るまで、一発勝負は厳禁です。
前記事『投資信託でよく聞く言葉「分散投資」ってナニ?』では、「将来のことは誰にも分からないから、結果がどっちに転んでも良いように対応しておこう」と、手持ち資金を分散する話をしました。

それが「分散投資」でしたね。
大儲けしそうな匂いがしても、全額をそれにつぎ込まない。今が歴史的な安値だと思って
も、今、全額を投資しない。あなたがかぎ分けた匂いや勘が、その通りにならなかったら大変です。

投資信託の運用に使われる株式や外国為替、商品取引、不動産価格などは、世の中のちょっとした出来事にも反応します。経済や金融の出来事にはもちろん、戦争や災害、社会問題の影響を受けます。政治家や有名な人の発言を受けて、株価が下がったり上がったり、為替が変動したりします。

つまり、世の中には投資信託の値段(基準価額)に影響を与える出来事がゴロゴロしているのです。その全てを踏まえた予想など、無理な話です。価値が変動するぐらいならまだまし。投資先の破たんや、上場廃止で取引ができなくなることもあります。そうなると、投資資金全額を失うかもしれません。

「投資信託は手数料が高いから、直接、自分で投資する株式会社を選んだ方が良い」「分散投資は、儲けも分散するから面白くない」という意見もあります。目利きがある人は、それも良いでしょう(といっても、どんなに投資経験を積んでも限界があります)。
ビギナーのうちは、情報収集のコツを身につけたり、判断力を養ったりする時間です。投
資経験という時間に投資をするのです。どっちに転んでも無難な結果になる「分散投資」
をしながら、どういう状況で投資資金がどう変動するかの経験を積みましょう。
投資信託は、優れた分散投資のツール。運用会社からは「投資家向けレポート」「運用報告書」が発行されています。「最近のこういうニュースでこう判断した」「こういう運用をして、こういう結果になった」というレポートです。レポートの、まずは読める部分だけでも目を通しながら、投資への理解を深めていきましょう。
ようやく投資を理解できるようになる日には、一発勝負の怖さも十分に理解できるかもし
れませんけどね。

投資信託でよく聞く言葉「分散投資」ってナニ?

将来のことは、誰にも分かりません。これから景気が良くなるのか、悪くなるのか。投資したお金が増えるのか、減るのか。

だから投資はしない、という人もいます。けれども、この先、微々たる金利の預金に預けっぱなしで良いのかどうかも、同じように分からないのです。

少ない利息の預金では、買いたい商品が値上がりした場合に困ります。預金の利息よりも、商品の値上がりが大きければ、お金が足りないのと同じです。

だからといって、必ずしも、この先、利息よりも物価の方が大きく上がるかというと、それも分かりません。
さあどうしたらよいでしょう。あなたならどうしますか?

預けた金額が減らない「預金」と、物価に負けない値上がり可能性にかける「運用」と、両方やってみる! という解決法を選ぶ人もいるでしょう。
はい、それが「分散投資」なのです。

「結果がどうなるか分からないなら、どうなっても良いように対応しておこう」と手持ち資金を「分散」させるのです。
A:株が値上がりした時のために、株を持っておく。
B:株の値下がりに備えて、目減りしない現金で持っておく。
C:円高・ドル安になっても良いように、円のお金を持っておく。
D:円安・ドル高になっても良いように、ドルのお金を持っておく。
E:新興国経済の成長に便乗できるように、新興国投資を行う。
F:新興国の通貨や経済が混乱することに備えて、先進国に投資をする。

などなど、分散の仕方はいろいろあります。上記の例のようにAとB、CとD、EとFのように対極にある組合せは、分散の効果を高めます。

また、タイミングを分ける分散投資の方法もあります。為替や株価は、毎日、いえ、1日の中でも刻々と値段が変わっています。どのタイミングで買うか、どのタイミングで売るかによって、同じ株式でも値段が違います。つまり、タイミング次第で儲けが変わります。

しかし、繰り返しますが、将来どうなるかは誰にも分かりません。なので、準備した資金を一度に投資せず、何回かに分けて投資をするのです。売るときも、一度に売らずに分けて売ります。これを「時間の分散」と言います。毎月、積立てで投資信託を買い続ける方法(累積投資)がありますが、まさに時間の分散です。

投資信託の説明の中に、必ずと言っていいほど登場する「分散投資」という言葉。将来どうなるかわからないから、どうなっても良いように投資先を分ける―――これが分散投資なのです。

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

ランキング