開始直前!電力自由化で削減できる金額は?シミュレーションしてみよう!

4599.jpg

このレシピを実行して

150貯まる!
<材料>

・インターネット

・電気代シミュレーションサイト

・電気代明細書

<How to>

1賃貸住宅でも電力会社やプランを自由に選べるのか調べる

2シミュレーションをしてみる

※月間:約150円
現在東京電力、東京ガス利用で年間消費電力がおよそ1500kWhのひとり暮らしの場合
HTBエナジー(H.I.S. 従量電灯B(関東地方))のプランと比較

いよいよ4月から始まる“電力の自由化”。

従来のような居住地域の電力会社だけではなく、他地域の電力会社はもちろん、新たに参入する他業種の企業も電力サービスをはじめます。各社様々なサービスプランを揃えているので、今こそ電気料金見直しのチャンス!どの企業のどのプランが一番お得なのかは、各お住まいの使用環境や状況によって変わりますから、シミュレーションして比較検討することが大切です。

1、賃貸住宅でも電力会社やプランを自由に選べるのか調べる
結論から言うと、選べる場合とそうでない場合があります。マンション等の集合住宅では、「高圧一括受電契約」という、電力会社と集合住宅1棟単位で高圧契約をすることにより、共用部分に高圧の安い電気料金単価が適用されるという契約をしている場合があります。一括で高圧電力を受電し、各部屋へは電圧を低くして分け与えているという仕組みです。この契約をしていると、個別に電力会社を選ぶことは難しいので、現在のお住まいがどういう契約状況なのか、管理会社等に確認してください。反対に、この契約がされていなければ、賃貸住宅でも電力会社を自由に選択可能です!

2、シミュレーションをしてみる
インターネットサイトで簡単にシミュレーションすることができます。お住まいの住所、現在利用している電力会社とそのプラン、昼夜の電気使用状況と月々の電気代を入力するだけでシミュレーション可能です。気になる電力会社や企業ごとに調べることもできますが、各会社のプランを比較できるサイトがいくつかありますので、そちらで一括してシミュレーションし比較されると便利です。各社結構差が出るので、見るだけでも面白いです。
比較サイト例:『電力比較サイト エネチェンジ』『価格.com』など

各会社のどこで価格に差がでるのか?すばり、得意分野が何かということで決まります。例えば、携帯キャリア会社であれば、自社の携帯電話料金が割引になったり、ガス会社であればガス料金、インターネット回線の会社であればネット費用が割引になったりなど、電気プラン契約とセットで割引になるケースが多数あります。各ご家庭でどのサービスをよく利用しているのか確認することで、どの会社の電力プランだと割引率が高くなるのかしっかり調べて確認しましょう。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

【電力自由化アンケート調査】ズバリ、自由化のスタートって、いつからなの?

ニュースやCMなどで見かけることの多くなった「電力自由化」。あなたはどのくらいご存知ですか?

「新たなサービスによって、月々の電気代は変わるの?」という家計に関わることから、「住宅購入する上で検討すべきことは?」、「電力自由化市場という新たなマーケットにおける株価って?」など、私たちマネーゴーランドが扱う「お金」にまつわる話題にこと欠きません。

ということで、「他の人はどうなんだろう」というみなさんの素朴な疑問におこたえするために、マネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査をおこない、「電力自由化」に関する”今”を検証してみました。

●そもそもいつからスタート?
経済産業省資源エネルギー庁のHPを見てみると、「家庭や商店が対象となる「電力の小売全面自由化」は、2016年1月から事前受付が本格化、2016年4月からスタート。 」とあります。つまりは電力自由化のスタートは4月なのですが…

アンケート調査の結果は、なんと57.7%の方が「わからない」というのです。まだまだ各社のサービスが出揃っていないとはいえ、ちょっと驚きの結果です。

●年齢を増すごとに認知も高まる!?
『電力自由化』がいつからスタートするかという質問を世代別に見てみるとどうでしょう。

きれいに年齢とともに4月スタートという認知度が高まっているのがわかります。しかし、30代でもほぼ半数がわからないと回答していますね…。大丈夫か!電力自由化。

●今さら聞けない…となる前に
新たな制度や仕組みが導入されるときは、なかなか理解をすることが難しいものです。今さら聞けない…となる前に、2016年4月までに少しずつ理解を深めていきませんか?

マネーゴーランドでは今後も「電力自由化」関する記事をご紹介していきます。すでにいくつもご紹介もしています。
2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~ 電力自由化で、安い電気をチョイスしよう!
【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【電力自由化攻略!】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
電力自由化、各社のサービスを徹底比較

今回のアンケート調査をご覧になって「私もわからない」と安心するのではなく、関心をおもちいただけたのであればうれしいです。ちなみに…2016年4月まで特段の手続をしなかった場合には、現在契約している地域の電力会社から、今までどおり電気が供給されるとのことですのでご安心を。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,000名)

電力自由化、各社のサービスを徹底比較

いよいよ今年4月から始まる電力自由化。

電力事業に新規参入する各社のCM報道も増える中、いったいどこの電力会社に切り替えたら一番お得なのかわからないという方も多いかと思います。電気代は抑えたいのは当たり前。とはいえ、今の電力会社から切り替えたら電気代以外の費用が変わってしまうんじゃないのかなど、いろいろな心配もあるのでは。そこで、電力会社各社のサービス内容を徹底比較して、どの電力会社があなたにとって一番お得になるのかを比較検討してみましょう。

1. 比較サイトを見て検討する
当たり前の話といえば当たり前ですが、電気を提供する会社が増えて競争が始まるわけですから、電気代は安くなるとみて間違いはありません。一番気になるのは、自分の住んでいる地域や使用量やプランをもとにどれくらい安くなるのかということでしょう。これについては、今インターネット上で各社の電力プランを比較するサイトがあります。お住まいのエリア、前月の電気代、契約ワット数などを選択するだけで、一番お得な電力会社と電気代がどれくらい安くなるのかが一発で比較検討できるように表示されるので、電気代の金額の検討をしてみたいという方にはとてもおススメです。

2. 電力会社各社のサービス内容を確認する
電気料金もさることながら、各社のサービス内容も気になるところ。CMでも耳にしたことがあるかもしれませんが、セット割の一覧というものもインターネットで調べることができます。まだサービス内容が決まっていないものもありますが、携帯電話とのセット割を提供しているソフトバンクでは、Tポイントとの連携により電気料金の0.5%分のTポイントがもらえ、ネット回線のセット割引プランではスマートフォンの1ヶ月の料金が2000円ほど安くなるプランもあります。東京ガスの場合だと、都市ガスとのセット割契約の場合、毎月270円引き、さらに生活まわり駆けつけサービスに加入すると2年間水回りや鍵、ガラスなどのトラブル発生時に無料駆けつけてくれるサービスもあります。電気代以外のサービスも一緒に検討することで思わぬメリットなんかも見つかるかもしれません。

電力自由化がいよいよ開始!その仕組みを知っておこう

2016年4月から、家庭用の電力についても小売りが自由化され、個人で電力会社やプランが自由に選べるようになります。開始を前に、2016年1月からは予約が始まるので、いまのうちに知っておきたい電力自由化やそのメリットについてお伝えします。

1.そもそもなんで自由化するの?
社会インフラのひとつである電力はこれまで、東京電力や東北電力、中部電力というように地域ごとに設立された電力会社が独占的に供給を請け負ってきました。しかし、こうした独占的な体制では価格の健全な競争が生まれず、消費者は電力会社の言い値で電力を買うしかありませんでした。そこで、大手電力会社の独占体制をやめて、電力の供給事業を広く開放して競争させようというのが電力自由化の目的です。
自由化が始まる2016年4月からは、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになります。また、大手の電力会社も地域の枠を超えて電力を供給したり、互いに協力体制をとることができるようになります。
商業向け電力はすでにこうした自由化がなされていましたが、このたび家庭用でも同様の取り組みがされるようになりました。

2.電力自由化をするとどんなメリットがあるの?
電力の小売りが自由化されると、小売電気事業者に登録された事業者なら自分の好みに合わせて購入できるようになります。たとえば、価格の安いプランにしたいとか、地域で発電した電力を購入したいとか、原発に頼らないエネルギー源から発電した電力を買いたいといった希望がかなえられます。
2015年12月下旬時点で、登録されている小売電気事業者はガス会社や通信事業者など119社。ただ、地域ごとに契約できる会社が決められているので、その中から選びます。
実績のない新しい事業者を選ぶと、電力の供給が不安定になったりしないかと心配かもしれません。新電力と契約した場合でも、これまで通り地域の電力会社の電気を送る電線や設備を利用して家庭に送られるので、そうした心配はないとされています。

3.自由化されると電気代は安くなる?
先に電力自由化をしたイギリスでは、自由化をしたことで電気代は高くなったといわれています。日本では、こうした例を受けて現行の規制料金を残しつつ自由料金を設定するため、ただ電力が値上がりするだけの自由化にはならないとされています。
電力とガスのセット料金販売や、通信費と電力のセット、旅行代金と電力のセットなどユニークなプランが発表される見通しなので、比較サイトなどを利用して自分にあったプランを探してみましょう。

「昔は黒髪清楚よりギャルの方がモテた!」マネギャルのケツ論

今や少数派(?失礼!)となってしまっている「ギャル」。
そもそもなぜマネギャル達はギャルになったのか。
今回は、彼女たちがギャルになったきっかけを教えてくれます。

彼女たちが最初にギャル文化に触れたのは子供の頃に見た「雑誌」だったり「漫画(GALS)」なのだそう。

また、今20代のマネギャル達は
「小学校にの時にあゆ(歌手の浜崎あゆみさん)が流行っていて、みんなあゆになりたかった
「当時厚底スニーカーが流行っていて、これが自分の中の超可愛いアイテムだった」
など、小さい時に流行っていたものが、今のギャルの元になっていると話しました。

化粧については、
「雑誌に出ているBefore/Afterのスッピンがビックリで、これなら私にもなれんじゃね?
化粧すれば可愛くなるんだ!
と思ったのが、化粧(ギャルメイク)を意識し始めたきっかけのようです。

また、今の若い女の子については
「今の中高生が何に憧れているのかが気になる」
「今後ギャルが増えてもらっていかないと困る!」

更に
「今のアイドルが増えてきているっていう流れはちょっと敵」
「結局、男は黒髪清楚が好きなんかい!」
昔はギャルの方がモテたのにねー。」
など、昔はギャルでいる方が男の子からも人気だったようで、
今のギャルよりも黒髪清楚が主流の流れは残念な様子。
(今の男性はギャルよりも黒髪清楚が好きなのかは気になります(笑))

果たして、今後のギャルの繁栄のためにもマネギャルが出したケツ論とは!
この先、彼女たちは「ギャルの子孫」は残せるのか!

ホワイトデーは「返してくれたら超紳士!?」マネギャルのケツ論

バレンタインのあとと言えばホワイトデー。
マネギャルたちがズバリ、どんなものをホワイトデーで返せばいいか、女子の目線から教えてくれます。ということでテーマは「バレンタインのお返し」。

マネギャルたちは、
「小学校の時に目立っている男子(大体足速いやつ!)にチョコをあげたらかわいいポーチに入ったマショマロを返してもらったことがある!」
「それでバレンタインはなんていいものなんだ、と思った記憶がある」
と子供の頃のピュアなエピソードを語りつつも、

「年を追うごとにそんなピュアなイベントではなくなってるよね」
と大人になってからのバレンタイン事情について話しました。

また、
「てか、忘れられてる率高くない?」
「世間でバレンタインは盛り上がるのにホワイトデーは盛り上がらなくない?
返ってこなかったら二度と渡さない!!
と、バレンタインに比べてホワイトデーは盛り上がらないことや、
お返しが返ってきにくいことについてややご不満な様子。

しかし、そんな状況だからこそ
「逆に、返してきてくれたら超紳士!
とお返ししてくれる男性には紳士的な印象を抱くということです。

果たして、来たるホワイトデーに向けてマネギャル達が出した結論は!?

ランキング