大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第43回 「自信と確信」

9837.jpg

「ぶっちぎり社員育成塾」の第43話です。

自信ってありますか?
意外と思われるかも知れませんが、自信というのは物凄く大切です。

スキル・ノウハウも大事ですが、こっちは先に来るかも知れません。

そもそも自信って何でしょうか?
僕は2種類あると思っています。
1.確信からの自信
2.根拠のない自信
です。

確信からの自信は過去にあります。
過去に自分がやったことの中にある。
過去に自分が成功したことの中にある。

これは当たり前ですね。
過去にやったことだから、それを信じる事が出来る。

自信を強く持ちやすいです。
でも、弱点もあります。
過去の成功が未来に繋がるかわからないからです。

過去に、何かしらの努力をして成功した。
それは素晴らしいことです。
自信にして良い。

ただ、同じ種類の努力で未来に通用するかわからないんですね。

次に、根拠のない自信。
これに根拠はありません。
根拠のない自信ですから・・・・。

これって否定されがちです。
根拠がないから。

でも、誰もが、新しいことをやる時に成功するかはわからないですよね?
いくら過去に成功して自信マンマンの人でも、100%って事はないんです。

ということは、根拠のない自信がないと、何かにチャレンジしにくいって言えるんですね。
僕は、根拠のない自信は否定派でした。

が、無闇に未来の自分を信じてた。
という事は、根拠のない自信があったということです。
気付きませんでしたが。

自信とは、自分を信じると書きます。
なので、本来の自信は、未来の自信を根拠なく信じるということ。
それにちょっと後押しする為に、過去の自信も使う。
そういう事だと考えるようになりました。

未来は誰も経験していません。
故に、誰も成功を言い切れないし、失敗も言い切れないのです。

根拠のない自信は持ってた方が良い。
チャレンジしないタイプの人は否定するかも知れないけど、持ってた方が良いんです。

というか、それを持ってないと、『ぶっちぎり社員』にはなれないんですね。

なので、実績からの確信という自信と、無暗に自分の未来を信じる自信を、今日から意識して付けてく、ぶっちぎり社員になってください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

<関連記事>

画像一覧

  • 自信と確信

執筆者

染谷充紀 若手育成コンサルタント/ マーケティングコンサルタント

『想い』が波紋のように伝わる『波紋型マネジメント™』で、人財育成のコンサルをしています。 『想い』が広がると、スタッフさんは楽しくが仕事できます。 そうすると、それを見た子供が、大人になるのをワクワク出来るのです。 楽しく、ぶっちぎりで仕事が出来る大人を増やして行きましょう。 【ブログ】http://ler-taisa.com/ 【facebook】https://www.facebook.com/psychotaisa

染谷充紀

関連記事

特集

関連記事

人間の能力こそがエネルギーだ~藤野電力~【つくりたい未来】

エネルギー、身の回りの機械や電化製品はもちろん、それは自分自身でもあると考えることが出来ます。つまりそれはモノを動かす力です。

全ての行動の源、そんなエネルギーの中でも、電力自体を再考し、新しい価値を作り続ける。それは地味な作業かも知れないが、未来にとっては確実に必要なことかもしれません、限りある現代に活きる限り。

「つくりたい未来」第3回は藤野電力です。

神奈川県藤野市、そこに藤野電力はあります。
藤野電力とは「自然や里山の資源を見直し、自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動(ホームページ抜粋)」ということです。

今回その藤野電力の主力メンバーである小田嶋電哲さんにお話をお聞きしました。

「無ければ生活できないと言ったものを打ち崩していくというのが動機」と語るように、今あるものそれ自体を見直す、それは自然であり、資源であり、自分自身かもしれません。
「あたりまえだと思っていることを1つ1つ丁寧に外して、見える本質。それは生きること」と語るように今回このメディアで取り上げさせていただいたのは、そんな日常の当たり前を何か見つめ直すきっかけになってほしいということからです。

「仲間たちと自然の中で生きていく」「自分の手で持って、カラダで持って行きていける未来」など、語る小田嶋さん自体がエネルギーだなと感じさせられました。
そんな自らがエネルギーとなっていく小田嶋さんのインタビューはこちらです。

ドラゴンボールの元気玉ではないですが、個人や自然が持つ力を少しでも同じ方向に集めることが出来れば、それはとてつもない力となるのではないでしょうか?

未来のリーダーを支援!IBMが大学と協力し、クラウド開発者育成

 IBMは7月22日(米国ニューヨーク州・現地時間)、IBM Cloudテクノロジーを用いた、支援プログラム「アカデミック・イニシアティブ・クラウド」を発表した。IBM Bluemixを使った、クラウド開発用教育コースおよびプログラムを、36か国200以上の大学に提供する。

 新プログラムはIBMのPaaSクラウド(Platform as a Service)であるBluemixを使ったクラウド開発用教育コースおよびプログラムで、自身でビジネスを立ち上げる、あるいは業界リーダーとなるために必要な、どこにでも通用するスキルを身につけるためのプログラムである。大学の授業でBluemixを活用することで、理論だけでなくより実践的な教育が可能になるという。

 IBM Cloud Ecosystem and Developersのゼネラルマネージャー、サンディ・カーター氏は、「大学生からプロフェッショナルまで、将来のクラウド開発者に深い専門知識を提供するという私たちの取組みは、この業界の成長を維持するうえで欠かせない。」と述べている。

 同プログラムでは、教員にはBluemixフリートライアルへの教員用アクセス権(12か月間)と学生用アクセス権(6か月間)が付与される。いずれのアカウントも更新可能だという。

 2015年の秋より世界各国の大学で、IBMの教材、テクノロジー、手法を利用した250を超えるコースおよびプログラムが開始する予定。Bluemixの活用を中心に、コンピューター・サイエンス、情報テクノロジー、アナリティクス、データサイエンス、モバイル、起業家の育成など、さまざまなコースが提供される。

 提供が予定されているのは、ベングリオン大学、カーネギーメロン大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、インド情報技術大学、アイルランド・ナショナル・カレッジ、シンガポール国立大学、ノースウェスタン大学、カルフォルニア大学アーバイン校、ケンブリッジ大学、南カリフォルニア大学、シュトゥットガルト大学、東京大学など。36か国200以上の教育機関での提供を予定しており、20,000人を超える学生が利用できる予定だ。

自信ナシ男から愛され上司へ【脱!モテない中間管理職】

「自信がないとモテない?」

モテ上司への道の1話です。自信がないとモテない? モテと自信は関係あるの? 第1話は自信についてです。このコラムは、モテ度が下がるのはどういう行動か?モテ度が上がるのはどういう行動か?を毎回角度を変えてお伝えして行くモノです。今後とも愛読していただけると嬉しいです。

■自信がないとモテないことが多い。

関係ないと思われるかも知れませんが、意外と重要な要素です。相手が女性であろうが、男性であろうが、自信を持っていた方が良いのです。その理由をいくつか書きますね。

■包容力

よく言う話ですが、包容力は人気の大きな要素になります。相手が女性でも、男性でも、包容力があった方が良いです。

では、包容力はどうやって持ったら良いでしょうか?
包容力を持つには、自信を持っていることが条件になります。些細なことで動じないようにするには、自分への自信が必要です。それがあれば、些細なことでも笑顔で返せるようになります。

些細なことで怒ったり、嫌な顔をする上司はモテません。包容力を持てるように、自分に自信を持ちましょう。

■人への興味

自信がないと、他人への興味を持ちにくいことがあります。
自信がなさ過ぎて、人を観察しまくることもありますが、それは恐れからであって、プラスの興味ではありません。

自信がない上司がいたとします。自信がないので、他人の悪いところ・至らないところを観察して、自分がピンチになった時に、それで攻撃するとします。「○○くんは、ここがダメだよね!」「○○さんは、こういう悪いところがあるよね!」「人の事いう前にそれを直して欲しいな!」というようなことをやっていると、モテ度が急降下します。

人の良いところを多く見た方がモテ上司に近づけます。人の良いところに興味を持ちましょう。

■自分への興味

自信がないと、自分に興味が持てません。
他人に興味を持つのと同じことで、自分の良いところを見るのが疎かになります。そうすると、さらに自信がなくなります。

さらに自信がなくなると、自分の直すべきところを見れなくなるので、そのまま固定してしまいます。
そうすると、自己成長が出来なくなって、モテ度が上がりません。

自信を持って、自分の良いところに興味持ち、修正したい部分を修正しましょう。そうすると、モテ度がUPします。

5年後の7月24日!~おもてなしオーケストラ!~【つくりたい未来】

2020年7月24日、そうです、5年後の今日、東京五輪が開催されます。
新国立競技場の白紙問題が話題になっていますが、その五輪を盛り上げようと着実に未来に向かって動く人たちが居ます。「つくりたい未来」を実現するために。

この「つくりたい未来」のコーナーでは、そんな未来に向かって夢を描き、同志を集め、お金を集め、動く人たちを追っていきます。

初回の今回は、東京五輪が5年後ということで、五輪に関わるプロジェクトを紹介します。
まずはこの動画をご覧ください。

彼らのプロジェクトは「おもてなしオーケストラ!」
名称でイメージ付きますよね?

「国歌」を共通言語に、世界中の人を「歌っておもてなし」するというプロジェクトです。ホスト国の私達ができるおもてなし、出場国全ての国歌を各国の言語で歌って歓迎しようということです。

想像してみてください、メダリストだけではなくあらゆる選手に向けて、競技場、その外から、ある時は50,000人を超える観客から贈られる国歌。震えますよね。

このプロジェクトは2014年にクラウドファンディングを実施し、152人から1,093,500円の支援を集めました。
東京五輪で大合唱!「世界の国歌」を歌う市民合唱楽団を創りたい(おもてなしオーケストラ!!) – READYFOR (レディーフォー)
この動画はその費用の一部を利用し作られた動画ということです。

編集部もブラジル国歌の練習会に参加してきましたが、
まったく言語もメロディも分からない中、先生の発声はもちろん、間であったり、感覚であったり、その全てを捉えようと、この1から知ろうとするその過程が何より楽しかったです。

「おもてなす」それは相手のことを知ろうとする心なのでは無いかと考えさせられました。知ろうとする「素人」ですね。これは仕事でも何でも当てはまりますよね。

5年後、普段中々考えないことかもしれないですが、今日の一歩がひょっとすると5年後の大事な一歩になっているかもしれない、そんなことを意識するだけでも変わるかもしれませんね。(マネーゴーランドはお金が貯まるメディアなんで、お金が貯まる一歩かも・・・)

まだこのプロジェクトは始まったばかりです。
日本全国でムーブメントを起こしていくべく、メンバーを募集しているとのことで是非参加してみてはいかがでしょうか???

※2015 W杯アジア2次予選「シンガポール戦」での様子

■おもてなしオーケストラ!
http://2020oo.com/

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第41回 「どこを見るかで成果は変わる!」

「ぶっちぎり社員育成塾」の第41話です。

物事を見る時に、どこを見てますか?

ちょっとわかりにくいですかね。
仕事をしてると、いろいろなことが起きます。
その、どの要素を見てるか?って話しです。

簡単にいうと、『出来てるところ』と『出来てないところ』のどっちを見るか?ということ。
こういうと何が言いたいのかわかっちゃうと思いますが・・・・・。

はい。
出来てる方を見た方が良いです。
その方が成功に近づきます。

結構多いのが、出来てない方を見てしまうパターン。
出来てないことを課題にして、それを解決しようとする。
それはそれで大切です。

ただ、それだけやっててもダメなんですね。
出来ないことというのは、マイナスの要素です。
マイナスの要素を無くすだけでは、プラスの要素は生まれません。
欠点は減るかも知れないけど、武器はできないんですね。

工場とか、マイナスを減らして精度を高める仕事の場合は、それも合ってるかも知れない。
でも、開発系、営業、サービス業などの、人を相手にしたり新しいものを生み出す仕事は、それではダメです。

なので、何かを生み出す思考というのは、欠点をなくすというのではなく、武器を磨いたり、武器を生み出したりすることなんですね。

武器を磨くというのは、『今あるもの』にフォーカスして、それを伸ばすということです。
出来てないところを見るのではないです。
出来てるところを見るのです。

これをやるメリットは他にもあります。
人は、出来ないところばかり見ると、モチベーションが落ちてくる可能性が高いです。
モチベーションは、行動する上で必要なものです。
それが下がらないようにするのは、大事なことです。

出来てるものを見て、それを伸ばす。
そういう意識でやってみてください。

具体的には、売上が下がってるとしたら、下がってる理由を見つけて対処するのでなく、売れてる理由を再度見直すということです。

下がってても、売上がゼロっていうことはないはずです。
ということは、売れてる理由があるはずです。
であれば、売れてる理由を明確にして、他のお客さんに、それを伝えて行けば、もっと売れるようになるかも知れません。
そういう考え方です。

今日からは、出来てるところにフォーカスして、それを伸ばしてぶっちぎってください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

ランキング