今更聞けない【ふるさと納税】のやり方!豪華な特産品をもらうには?

このレシピを実行して

10,000貯まる!
<材料>

・ふるさと納税のやり方

<Point>

1ふるさと納税は簡単にできる

2税金が控除される

3地域の特産品がもらえる

※40,000円の寄付で38,000円の税金控除と12,000円分の特産品を受け取った場合

4682.jpg

近ごろ話題のふるさと納税をご存知でしょうか。
高級和牛が食べられる!パソコンがもらえる!などと太っ腹なふるさと納税ですが、どうやって手続きをするのかわからない!という人もまだまだいるのではないでしょうか。

そこで、今回はそのようなあなたのために、ふるさと納税に必要な手続きを順番に説明します。

手続きについて説明する前に、ふるさと納税について簡単に紹介します。ふるさと納税とは、単純に全国各地の地方に、寄付を行うことです。そして地方への寄付を行うことで、主に2種類のメリットを受け取ることができます。

1つ目は、寄付金額に応じて税金が控除されるという点です。例を挙げると、地方にふるさと納税として40,000円寄付することで、38,000円もの税金が控除されることもあるようです。

2つ目のメリットとして、寄付をした地域から寄付のお礼として地域の特産品が送られてくる点です。

このような2つのメリットを考えた場合、上記の条件であれば、税金として控除されなかった2,000円で各地域の特産品を受け取れます。特産品の中には松坂牛や蟹といった高級食品や地域の宿泊割引券や工芸品をもらえることもあり、数万円の価値があることも多いのです。

では、このようなふるさと納税の恩恵を受けるにはどのようにすればいいのでしょうか。

それは、ふるさと納税をする地域を決め、寄付を行い、3月の確定申告をするだけです。

まず、ふるさと納税によって特産品をもらう地域を決めます。好みの特産品がもらえる地域、金額的にお得度の高いものがもらえる地域、自分の生まれ育った地域などどこでも構いません。

次に、年度末に確定申告を行います。確定申告を行わないと、ふるさと納税による税金の控除が行われないので、注意しましょう。今は確定申告をネットで済ませることも可能です。忘れず確定申告することで、ふるさと納税の控除を受けるようにしましょう。

このようなメリットの大きいふるさと納税を一度試してみてはいかがでしょうか。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?

株主優待とふるさと納税ということばをそれぞれ聞いたことがあるでしょうか。

どちらもお得だということは聞いたことがあっても、正直どちらがどのようなものなのか詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はそれぞれの特徴をふまえて、どちらがお得なのか調べてみました。

まず、ふるさと納税とは、地方の自治体に寄付を行うことで、個人が一定の金額以上を寄付した場合、地方から特産品を受け取ることができるのです。
地方への寄付金は、手数料が引かれて自分の市民税から控除されるために、実質的に手数料だけで、地方の特産品を受け取ることができるというわけなのです。

例えば3万円地方に寄付し、地方が1万5000円分の特産品を送ってくれたのに、税金から2万8000円分控除されるために、実質2000円で1万5000円分の特産品を手に入れることができたということになるのです。

しかし、控除される市民税には上限があるため、お得に特産品を受け取るには上限がありますし、人気の特産品はなくなりやすいというデメリットもあります。

一方、株主優待とは企業が発行している株を一定数持っていると、企業からお礼の形として金品相当の商品を受け取ることができる制度です。

株主優待には様々な種類があり、食品から施設の利用券、クオカードや商品券など多岐にわたります。
株主優待だけで生活するという人もいるように、株主優待を受け取るには上限がありませんし、毎年株を持っているだけで企業から金品相当の自社製品がもらえるというメリットがあります。

しかし、株を買うということは株価が下がれば損をする恐れもありますし、あまり投資にお金をかけたくないという人は不向きです。
株主優待は毎年もらえますし、特に手続きもいらないですが、ある程度まとまった資金が必要となるのです。

ですから、結論としては、一般的な人にはふるさと納税、資産運用をしたり、上限なく金品相当のものを受け取りたいという人には株主優待をおすすめします。
もちろん同時に行うことも可能ですので、どちらも少し興味があるという方は
ぜひどちらも挑戦してみてください。

畜産業の救世主?「ふるさと納税」で人気のお礼は「肉」がダントツ! 

 女性のための”くらしとお金”の相談サイト「Sodan(ソダン)」が、ふるさと納税を利用したことがあるユーザーを対象にしたアンケートの結果を発表した。

 このアンケートは7月14日から21日にかけて、セゾンカード会員を対象に行われたもの。385件の有効回答をまとめている。

 アンケートによれば、ふるさと納税を利用した人のモチベーションとなったのは、やはり「税金の控除」と「自治体によるお礼品」がダントツ。それぞれ47.5%、45.7%とこの2つの理由が全体9割以上を占めている。実際にお礼品を受け取った人も97.9%と圧倒的に多い。

 では、利用者が実際にどんなお礼品を受け取っているかというと、もっとも多かったのは「肉」。実に2人に1人が受け取っており、「もらえたら嬉しいもの」としても2位以下を引き離してトップになっている。

 2位以下は「米・パン」「果物」「魚介類」など、やはり産地と結びついた食材が中心となっている。順位は変わるものの、「欲しいもの」でもこの4品が上位を占めており、地域特産の農林水産物が圧倒的に支持されているようだ。

 ふるさと納税のお礼品は、各自治体で地域のブランド色を押し出したものを多く揃えており、地域ブランド強化の一環となっている。納税者サイドのニーズも、高い肉を扱う畜産業者などにとっては、行政とともにブランドづくりを行っていくチャンスといえるかもしれない。

 なお、このほかの納税者の「欲しいもの」としては、「酒」「野菜」「加工品」などが続く。実際に受け取ったことのある人は少ないものの、「欲しい」と答える人が比較的多い「宿泊券」や「お食事券」なども、今後の狙い目になりそうだ。

超お得!年に2回株主優待がもらえるオススメ企業を紹介します

最近、株主優待への注目度がますます増加しています。株を保有しているだけで数多くの優待の中から自分の好みの優待品がもらえるため、嬉しいですし、経済のことを少し勉強するきっかけにもなり、一石二鳥と考える人も多いようです。

自分の好きな優待がもらえる企業の株を買うのも良いですし、生活の中で身近な企業の株を買うのも良いでしょう。株主優待は、その選択肢の広さから誰でもお得さを実感できるのです。
しかし、株主優待を得ることを考えると一単元株(主に100株)を買わないといけません。一単元株を買うとなると費用がかかり、株主優待を始めたばかりという人には少し残念さを生み出すことになりかねません。
今回はそのようなあなたのために、優待を年に2回もらえる嬉しさ倍増のおすすめ株主優待を紹介します。

・ダイドードリンコ
株主優待の満足度が高い銘柄として非常に有名なダイドードリンコでは、3000円相当の商品が年に2回届きます。自動販売機を中心に販売しているため、価格競争に巻き込まれにくいという特徴があります。
これからの急成長は望めないものの、倒産することも考えにくく、安定している企業と考えられるでしょう。

・ビッグカメラ
株主優待の中でもかなりの人気の高さです。株主優待では2月に2000円相当、8月に1000円相当のお買い物券を受け取ることができます。さらに、ビッグカメラの株主優待が人気の理由として長期保有の株主向けには1年以上継続保有ならば1000円、2年以上継続保有なら2000円の追加優待をもらうことができるのです。
長期保有者にお得な特典をつけてくれる企業は株価が急激に下落することも考えにくく、優良株と言えるでしょう。

・オリエンタルランド
あなたも夢の国東京ディズニーランドに行ったことがあるのではないでしょうか。ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドにも実は株主優待が存在します。
それも年に2回1dayパスポートがもらえるので、夢の国のためにちょっと頑張って株を購入してみてはいかがでしょうか。

株主優待で利回り5%!マイナス金利にうんざりのあなたへ賢い資産運用法を教えます

日本には様々なノーリスクでお金を増やす方法があります。定期預金や貯蓄型保険もその一つになるでしょう。そのようなノーリスクの保険は会社が破綻しない限りは有効であり、確実にあなたの資金を増やしてくれるでしょう。

しかし、その一方で、定期預金や貯蓄型保険で十分な金利を得ているのか?と考えると意外とそうでもないということをご存知でしょうか。
貯蓄型保険は、支払い期間が10年、20年と長い割には返戻率が110%などと、年間単位で考えると1%を下回ります。定期預金にいたっては年間で0.2%など、金利なんてあってないようなものなのです。このような金利の割には途中で解約すると、自分が支払ったお金すら戻ってこないことも十分に考えられます。

このような“割の悪い”投資をすることで、将来安泰だと信じていたのに、「こんなはずじゃなかった」と後悔する人があとを断たないのです。このような割の悪い投資をするくらいであれば、多少リスクはつきものですが、株式投資を始めてみてはいかがでしょうか。
株式投資はやり方さえ間違えなければ、年間で0.2%というケチ臭い金額ではなく、年間で4%、5%という金利を受け取ることができます。今回は株主優待を利用した資産運用法についてお話します。

まず、株式投資のイメージとして危険、リスクがあると考える人が多いように感じます。しかし、株式投資の稼ぐ方法として、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類に大きく分けることができます。
キャピタルゲインというのは株価の変動によって生まれる価格差を利用して儲ける投資法であり、こちらは比較的リスクが高い投資法と言えるでしょう。

そして、もう一つのインカムゲインというのは株式を購入して持っているだけでもらえる、株主優待や配当金を受け取る方法のことをいいます。このインカムゲインは、基本的に株を売らないので、投資先企業が倒産しない限りは高確率でインカムゲインを受け取り続けることができるのです。
株主優待には様々な種類があるので、自分の好みの優待を手に入れることができますし、その優待を利用して浮いたお金を再び株式投資に利用することができます。

このようにしてだるま式にインカムゲインを増やすことで、老後にも十分すぎるくらい十分な生活を送ることができるのです。
低い金利にはうんざりという人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ちょっと変わった銘柄も?4月のおすすめ株主優待を紹介!

3月は株主優待を受け取るために始める時期としては、ぴったりとも言える時期ですが、4月の株主優待の数は非常に少なくつまらないと思われる方もいるかもしれません。

せっかく株主優待だけで生活することを目指そう!だとか、株主優待で少しでもお得な生活を!と考えたのに、4月の株主優待を見てがっかりしたという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで、今回はそのようなあなたのために、株主優待の少ない4月でも投資すべきお得銘柄を紹介します。

・ 伊藤園
おーいお茶でよく知られる伊藤園の株主優待が4月にあります。4月に株主優待目当てで購入するのもいいですし、夏まで株を保有していれば、猛暑であるほど飲料が売れるのでキャピタルゲインの獲得も狙えます。
また、伊藤園には優先株式という株式が存在します。優先株式には議決権が存在しないものの、優先配当と呼ばれる普通配当金の1.25倍の配当を受け取ることができます。株主優待ももちろん受け取る権利もありますし、なにより通常の株式よりも優先株式の方が安価であるため、お手頃であると言えます。

・ メガネスーパー
業績不振で騒がれているメガネスーパーですが、メガネを買う人にとってはこれ以上ないくらい優れた優待株であることには間違いありません。必要投資金額は6000円前後であるにも関わらず、優待では1万円分のメガネレンズ仕立て券と通常価格の30%割引券がもらえるため、メガネを購入しようと思われている方は購入してみてはいかがでしょうか。

・ HIS
HISは海外旅行のイメージが強く、海外への出張や団体旅行など、様々な旅行に対応していることが強みといえます。株主優待では4月と10月の年2回、2000円相当の株主優待を受け取ることができます。
有効期限があるので、ずっと優待券を貯めておくということは難しいですが、定期的に海外への出張があるという人は、ぜひ購入してみてください。

4月は3月と比べると株主優待が少ない時期です。少しがっかりと思われるかもしれませんが、魅力的な株主優待も眠っているので、ぜひ一度4月の株主優待銘柄を探ってみて下さい。

ランキング