【スタートまで1ヶ月!】電力自由化の集中相談窓口を開設…平日夜・休日も対応

4601.jpg

 経済産業省は、4月1日から始まる電力小売全面自由化の実施に向け、3月26日~4月15日の期間、平日夜間および休日に、迷惑・不審な勧誘事例などの情報提供や消費者の疑問・心配事についての相談窓口を開設。電力自由化に向け、集中相談窓口体制を敷く。

 今回の取組みは、経済産業省の電力取引監視等委員会が通常平日の日中に開設している相談窓口について、3月26日~4月15日までの期間、平日夜間および休日も開設し、消費者からの電力自由化に関する相談に応じるというもの。電力自由化の開始が近づく中、消費者の「駆け込み寺」としてさまざまな疑問や質問に応じる。

 また、3月13日には、「家庭向け電力自由化なんでも110番」として1日相談窓口を開設。日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)の専門の消費生活相談員が、電力自由化についての相談に電話で応じる。

 3月26日~4月15日の期間は、通常午前9時30分~午後6時30分までのところ、午前9時30分~午後10時まで相談窓口を開設。合わせて休日も午前9時30分~午後5時30分まで相談を受け付ける。

◆電力自由化に向けた集中相談窓口開設
【電力取引監視等委員会による電話相談】
日程:3月26日(土)~4月15日(金)
時間:平日9:30~22:00(12:00~13:00を除く)、休日9:30~17:30
※通常は9:30~18:30(12:00~13:00を除く)
相談先:電力取引監視等委員会相談窓口
※電話番号は経済産業省Webサイトで確認できる

【家庭向け電力自由化なんでも110番】
日時:3月13日(日)10:00~16:00
相談先:NACS内設置の専用ダイヤル
※電話番号は経済産業省Webサイトで確認できる

画像一覧

  • 経済産業省
  • 経済産業省作成「電力自由化に関するパンフレット」
  • 経済産業省作成「電力自由化に関するパンフレット」

提供元

関連記事

関連記事

【電力自由化攻略!】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.03】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●電気代もガソリン代もおトクになる
もうすぐやってくる電力の全面自由化。4月1日を目前に控えて、どんな電力プランを選ぼうか? と検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は特に自動車に乗る機会が多い方にとってメリットが多いエネルギー会社の新電力プランを2つ取り上げてみることにしました。

●おすすめ電力プラン3 『ENEOSでんき』
「ガソリン代が戻ってくるだけじゃないっ」
石油系エネルギー会社の最大手であるENEOSは、「ENEOSでんき」という名前で電力自由化に参入を表明しています。自社保有の発電施設を主体にして発電しているため、安定した電力供給ができるのが大きなメリット。現在は火力発電がメインですが、今後は太陽光や風力などの再生可能エネルギーにも積極的に取り組むことを標榜しているため、エコに関心のある方にもおすすめです。

【ENEOSでんき】
・特徴:3つのポイントが用意されています
・供給元:自社保有の発電施設がメイン
・対象:供給エリアにお住いの方なら誰でも利用可能
・エリア:東京電力管内
・ポイント:ENEOSカード・Tポイント・特別提携カード6種(ANAカード・ビューカード・ティーエスキュービックカード・レクサスカード・エポスカード・エムアイカード)
・プラン:1プランのみ(使用量に応じて料金単価が異なる3段単価方式=東京電力の標準プランと同じ)

<総評>
ENEOSカードを使ってガソリン・灯油・軽油代をリッターあたり1円キャッシュバックすることができるENEOSでんき。Tポイントに対応するだけでなく、6種類の特別提携カードのポイントが還元されるため、ENEOSカードを持っていなくてもお得感を味わうことができます。ただし注意点として、ENEOSカード割引、特別提携カード割引、Tポイントの3つのうち2つ以上の特典を併用することができないことは覚えておきましょう。

●おすすめ電力プラン4 『ドライバーズプラン』
「何よりもガソリン代を節約したい方は必見」
ガソリンがリッターあたり10円も安くなる。そんな魅力的なプランを標榜するのが、ドライバーズプランという新サービス。昭和シェル石油が展開する電気料金プランは、車に乗る機会の多い(ガソリン代をたくさん使う)方にとって、かなり魅力的な内容です。さらに電気を多く使う方にも嬉しいプランが用意されており、ガソリン&電気をたくさん使う方にはおすすめです。

【ドライバーズプラン】
・特徴:ガソリンがリッターあたり10円安くなる
・供給元:自社保有の発電施設がメイン
・対象:供給エリアにお住いの方なら誰でも利用可能
・エリア:東京電力管内
・ポイント:昭和シェルカード・Pontaカード
・プラン:2プラン(ベースプライス・600kWhプレミアム割引)

<総評>
とにかくガソリン代を安くしたいという方にとっては魅力的なのがこちら。登録したカードを使って給油をするとその場で割引され、現金払い時にはPontaカードで割引対象になるという効率の良いシステムを採用。ただしガソリンの特割サービスを受けるためには、上記エリアにある昭和シェルのガソリンスタンドに限られるので注意が必要です(エリア外で給油してもポイントは付与されません)。

いかがでしたか?ガソリンスタンド最大手のENEOSは、ガソリン代を安くするだけでなく提携カードやTポイントの付与によって、給油するとき以外のポイント還元にも積極的に対応しています。その一方で昭和シェル石油が展開するドライバーズプランは、何よりもガソリン代を安くすることに重きを置いたプラン内容になっています。意外と馬鹿にならないガソリン代を節約したいなら、ドライバーズプランはおすすめです。

次回(vol.4)では、身近なお買い物がトクになる新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

【電力自由化アンケート調査】料金でもサービスでもない、新たな選択肢って!?

2016年4月にスタートする「電力自由化」。各社の料金体系やユニークなサービスプランが続々と発表されるなか、自由化によってお得になるのだろうということは想像つくけど、実際はよくわからない…。

ということで、「他の人はどうなんだろう」というみなさんの素朴な疑問におこたえするために、マネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査を実施。その調査結果から見えてきた、「電力自由化」に関する”今”を検証する第3弾。

●電力自由化でひろがる選択肢。その一つが「発電源」
これまでは私たちは住んでいる地域によって利用できる電力会社が決まっていました。つまり使用する電力の「発電源」も住んでいる地域によって決まっていたわけです。しかし2016年4月にスタートする「電力自由化」によって発電設備を保有している電力会社であれば、自分の好きな発電方法(発電源)によって発電された電力を選んで購入することも可能になるということをご存知ですか?

「電気料金」や「各社のサービス」を比較して電力を選ぶことはもちろんなのですが、この「発電源」つまり発電方法による選び方も可能になるというのが今回の「電力自由化」でもあるのです。

●発電源に注目する「電力自由化」でのサービスの選び方
水力、火力、風力、原子力、太陽光にバイオマス…。環境にやさしいといわれる発電方法や再生可能エネルギーによる発電など実に多くの発電方法があります。CO2(二酸化炭素)排出量を比較するのも発電方法を考える切り口の1つですね。

これは『電力源を選べるとしたらどの発電源を選択したいですか?』という質問への回答結果です。太陽光発電に最も関心が集まっていますね。みなさんならどの発電源を選ばれたいですか?

2016年4月にスタートする「電力自由化」では、従来の電力会社に加え、再生可能エネルギーなどの発電源を持つ事業者、情報・通信会社、住宅メーカーや商社など発電源を持たない新しい業種の企業による参入が予定されています。「電気料金」「各社のサービス」という家計のお金に直接的にかかわるポイントに加えて、各社の「発電源」という新たな選択肢にも注目することで、より楽しく「電力自由化」を理解し、お得な電気料金を選べるのではないでしょうか。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,000名)

【電力自由化アンケート調査】発見!電力選びが楽しくなる方法

私たちの生活や家計に大きな影響を与える「電力自由化」。自由化によってお得になるのだろうということは想像つくけど、実際はよくわからない…。

ということで、「他の人はどうなんだろう」というみなさんの素朴な疑問におこたえするために、マネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査を実施。その調査結果から見えてきた、「電力自由化」に関する”今”を検証する第2弾。

●電力自由化で知りたいことは?
そもそも「自由化」って何だかわからない!という方は、ぜひこちらをぜひお読みください。

さて、本題にもどります。アンケート調査の『電力自由化で知りたいことは何ですか?』という質問への回答結果はこのようになりました。

「料金」や「支払いについて」などのお金に関することは42.2%と4割を超え、一番の関心事であることがわかります。その上で注目したいのが「サービス内容」や「ポイント還元」、「導入メリット」などの料金以外メリットが37.8%と4割近くになったという結果。つまり、今回の「電力自由化」において、多くの人が料金と同じように料金以外のメリットに注目していることがわかります。

●電力選びを楽しむ方法は、ズバリ「料金以外に注目する」!
日々ニュースで流れてくる「電力自由化」の情報。正直、お腹いっぱい!という方、結構いるんじゃないですか?しかし、実行するとお金が貯まる私たち『マネーゴーランド』は、みなさん自身にとってお得なプランを楽しみながら選んでいただきたい!と考えています。

そこで、電力選びを楽しむ方法として、「各社の料金以外のメリットに注目する」ことをおススメします。そうです、楽しみながらというのが大切なんです!

これは、「 電力会社の変更を検討する際に、料金以外で選択に影響の大きいサービスはどれですか?」という質問の回答結果です。「ネット通信と電話料金との提携や割引」、「家庭用ガス」などの家計に大きくかかわることとの関わりが大きいようですね。そして…各種ポイントサービスとの提携にも期待が集まっているようです。

いかがでしたか。″他の人はどうなんだろう”から見えてくる「電力自由化」。楽しくお得に4月の本格スタートを迎えましょう。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,000名)

【電力自由化アンケート調査】ズバリ、自由化のスタートって、いつからなの?

ニュースやCMなどで見かけることの多くなった「電力自由化」。あなたはどのくらいご存知ですか?

「新たなサービスによって、月々の電気代は変わるの?」という家計に関わることから、「住宅購入する上で検討すべきことは?」、「電力自由化市場という新たなマーケットにおける株価って?」など、私たちマネーゴーランドが扱う「お金」にまつわる話題にこと欠きません。

ということで、「他の人はどうなんだろう」というみなさんの素朴な疑問におこたえするために、マネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査をおこない、「電力自由化」に関する”今”を検証してみました。

●そもそもいつからスタート?
経済産業省資源エネルギー庁のHPを見てみると、「家庭や商店が対象となる「電力の小売全面自由化」は、2016年1月から事前受付が本格化、2016年4月からスタート。 」とあります。つまりは電力自由化のスタートは4月なのですが…

アンケート調査の結果は、なんと57.7%の方が「わからない」というのです。まだまだ各社のサービスが出揃っていないとはいえ、ちょっと驚きの結果です。

●年齢を増すごとに認知も高まる!?
『電力自由化』がいつからスタートするかという質問を世代別に見てみるとどうでしょう。

きれいに年齢とともに4月スタートという認知度が高まっているのがわかります。しかし、30代でもほぼ半数がわからないと回答していますね…。大丈夫か!電力自由化。

●今さら聞けない…となる前に
新たな制度や仕組みが導入されるときは、なかなか理解をすることが難しいものです。今さら聞けない…となる前に、2016年4月までに少しずつ理解を深めていきませんか?

マネーゴーランドでは今後も「電力自由化」関する記事をご紹介していきます。すでにいくつもご紹介もしています。
2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~ 電力自由化で、安い電気をチョイスしよう!
【電力自由化攻略!】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン
【電力自由化攻略!】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
電力自由化、各社のサービスを徹底比較

今回のアンケート調査をご覧になって「私もわからない」と安心するのではなく、関心をおもちいただけたのであればうれしいです。ちなみに…2016年4月まで特段の手続をしなかった場合には、現在契約している地域の電力会社から、今までどおり電気が供給されるとのことですのでご安心を。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,000名)

【電力自由化攻略!】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.01】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●電気料金を見直す絶好の機会
2016年4月1日から始まる電力の全面自由化。これまでは住んでいる地域によって契約できる電力会社があらかじめ決まっていましたが、今春以降は自分の好きな電力会社を自由に選ぶことができます。

すでに新規参入する「新電力」会社の登録数は早くも140社を突破。エネルギーを取り扱う企業だけでなく、サービス業などいろんなジャンルからの参入も増えています。

●このシリーズでは「お得」に特化
電力自由化については漠然と分かっているけど、具体的に何をどうすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこのシリーズでは、「お得」を味わうための“有益な情報”を厳選してお届けします。

「毎月の電気料金をなるべく安くしたい」「ライフスタイルに見合ったプランを選びたい」「とにかくポイント還元で得したい」など、みなさんが一番気になるところにスポットを当ててじっくり解説。きっと自分が納得できるプランが見つかるのではないでしょうか。

●まずは関東圏の方が得するプランをお届け
日本全国で一斉にはじまる電力の全面自由化。これまで10社しかなかった電力会社が一気に増えるだけでなく、提携してサービスを開始するプランも一気に増加。その選択肢は非常に豊富で収集がつかなくなってしまうほど。

そこでまずは、関東圏にお住いの方が享受できるプランに絞り込んで、その魅力や特徴などをご紹介します。(関東圏以外のみなさま、ごめんなさい)

●テーマに合わせてカテゴリーを分類
それぞれの会社によって得意なジャンルは違うもの。電力全面自由化がはじまるまでに、毎回テーマごとに絞り込んだサービス&プランを解説します。プランによって異なる特徴やお得ポイントをじっくり読んで判断すれば、4月1日から電気料金の節約やポイント還元がきちんと享受できるようになります。

次回からは、実践編となる各プランをテーマ別にご紹介していきたいと思います。せっかく訪れた絶好のチャンス。電力自由化を正しく理解してきちんと活用すれば、有意義なマネーライフがやってくるでしょう。

ランキング