マイナス金利で注目?! 外貨預金キャンペーンはお得なの?

4400.jpg

このレシピを実行して

約1,870貯まる!
<材料>

・使う予定が決まっていないお金10万円程度~

<Point>

1マイナス金利の導入で円預金の金利はさらに低く

2預金者の流出を食い止めるために外貨預金のキャンペーンが増加中

3キャンペーン金利は、“年”利率。でも適用されるのは数週間~数カ月

※米ドル預金(2カ月)10%に1000ドル預け、為替レートは1ドル=115円で変化がなかった場合。税金は考慮せず

日本銀行によるマイナス金利の影響は、私たち個人が銀行へお金を預けるときに適用される金利にも及んでいます。

さすがにマイナスにはなりませんが、もともとの低金利がさらに引き下げられて、限りなくゼロに近い水準に。もう預ける意味がないから引き出してしまおうと考える人もいるかもしれません。

そんな状況の中、預金者が逃げてしまうのを防ぐという目的もあってか、円預金の代わりに外貨預金に注目してもらうためのキャンペーンを実施する銀行が増加しています。例えば、ジャパンネット銀行ではアメリカ・ドル預金他(2カ月定期)10%、楽天銀行ではニュージーランド・ドル預金(1カ月定期)8%、静岡銀行インターネット支店ではアメリカ・ドル預金(1カ月定期)20%、といった金利上乗せキャンペーンを行っています。また、東京スター銀行やジャパンネット銀行では、日本円と外貨を交換するときに生じる為替手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。


*2016年2月22日作成

こうしたキャンペーンは、外貨預金を検討している人の背中を押してくれますが、上手に利用するための注意点もあります。例えば、20%や10%といった一見高そうな表示は“年”利率なのですが、それが適用されるのは数週間~数カ月という条件になっている場合が多いのは以前からよく指摘されるポイント。1000ドルを金利10%の1カ月定期に預けると、満期に得られる利息は100ドル(11,500円*)ではなく、その1/12の約8.3ドル(約958円*)なのです。さらに、外貨預金は預けるときと引き出すときに為替手数料がかかるので、短期間に得られる利息からこうした手数料を差し引くと、マイナスになってしまう可能性も少なくありません。

また、為替手数料が無料になるというキャンペーンについても、預けるときだけが対象で、解約して円に戻すときには支払う必要がある場合がほとんど。ちょっぴり残念ではありますが、こうした実情を踏まえてキャンペーンは”オマケ”程度と考えた方が無難でしょう。キャンペーンが終わった後もじっくり腰を据えるつもりでスタートすることをおすすめします。

*1ドル=115円として。利息にかかる税金は考慮していません。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

國場弥生

早稲田大学院ファイナンス研究科修了。証券会社勤務時に個人向けの資産運用プラン作りを行う。FP転身後は、個人相談、セミナー、書籍や雑誌・Webサイト上での執筆活動を幅広く行っている。『「外貨預金しようかな」と思ったら読む本(中経出版)』など著書多数。株式会社プラチナ・コンシェルジュ取締役http://www.pt-con.jp/

國場弥生

関連記事

特集

関連記事

身近になった“婚活”への意識と費用

友人の紹介や、仲人、結婚相談所といった従来からある方法に加えて、ネットを利用した婚活や自治体の婚活イベントなど新しいサービスも登場したことで、結婚相手と出会うための選択肢はぐんと広がったようです。

“婚活”という言葉の認知度が高まるとともに「私、婚活中なの!」と明るくオープンにしやすい雰囲気も作られつつあります。メディアでも「婚活の場で第一印象を高めるポイントは、ヘアは“ゆる“、顔回りにアクセサリーで”きら“、スカートで”“ふわ”」などと紹介されていたりするほど。
そんな身近になった“婚活“ですが、費用の方はどの位かかるのか…というのも正直、気になるところ。仲人、結婚相談所、ネット婚活、自治体の婚活イベント(パーティー)の相場を比較しました。

仲人は、結婚したい男女をうまく引き合わせ、結婚の準備を手伝ってくれる人のことですが、協会や連合会などの組織は、そうした全国の仲人をネットワークすることで、サービスを均一化したり引き合わせる男女の範囲の広げたりしています。お見合いをセッティングしてもらうと1回いくらと費用が生じたり、めでたく結婚が決まると費用が生じたりします。

結婚相談所は、自社の抱える会員の中から相性のよい相手を探してくれます。入会金や活動費は比較的高額ですが、サービスの内容は会社ごとに異なりますし、同じ会社であっても「シンプル」「プレミアム」などと複数の料金設定をしている場合もあります。

インターネット上で入会や登録が可能なサービスを、ここではネット婚活としています。月会費は3千円程度~と低額で、その分プロフィールの登録や自身のPR、相手を検索したり連絡を取ったりするのも基本的に自力で行うことになります。また、ネット婚活は、いわゆる“出会い系”との差別化が重要で、信頼のある会社が運営しているか、プロフィールを証明する書類の提出があるかなど注意すべき点もあります。

自治体でも、人口減少を食い止めるためや少子化対策として結婚支援を行うことが増えています。婚活パーティを開いたり、地元のPRを兼ねた農業体験や観光など内容もさまざま。自治体主催ということで補助が出るケースもあり、参加費用1千円程度~とリーズナブルな料金設定が多いようです。

*2016年1月現在、会費は月額料金

費用の低いものから高いものまでさまざまな“婚活”があり、自分の本気度やプロのアドバイスが欲しいかなどの希望と予算を考慮して選ぶこともできそうです。

オリンピックや大統領選など、ビッグイベントと為替レートの関係は?

仕事やプライベートでも、予定を立てたり、見通しを持つって大切ですよね。外貨投資の場合、国内外のさまざまな出来事を把握して見通すのは簡単ではありませんが、2016年の大きなイベントは押さえておいて損はありません。

2016年のビックイベントとしては、5月の伊勢志摩サミット、8月のリオオリンピック、11月のアメリカ大統領選挙などがあります。

サミットは、日、米、英、仏、独、伊、加の首脳が世界経済や地球規模の課題について話し合う場。議論のテーマによっては、ダイレクトに為替レートが動くこともありますし、サミットを開催する国(議長国)として準備や進行の手腕やリーダーシップは世界中から注目されます。また、開催地にもスポットが当てられるので、観光地として自然や文化をPRするまたとない機会にもなります。世界から注目されることやアジアのリーダーとして存在感を示すこと、観光地としての魅力を世界にPRすることなどは、“日本円”の価値に影響を与える可能性があります。

ブラジルでは、2014年のワールドカップに続き2016年8月にオリンピックが開催されます。立て続けに国際的なイベント招致に成功する要因は、新興国の中でも目覚ましい経済発展ですが、ここ数年経済は厳しい状況下に。ブラジルの通貨レアルも下落基調にあり、オリンピックイヤーだというのに盛り下がり感は否めません。でも、期待値が低いからこそ、オリンピックを成功させる意味は大きいといえそう。

アメリカ大統領選挙も2016年のビックイベント。すでに事実上の選挙戦はスタートしていて、今後さらにヒートアップすることが予想されます。現職のオバマ大統領は2期8年の任期を終えるため、新しい大統領が誕生することに。大国アメリカで絶大なる権限を持つことになる大統領選挙の行方も米ドルの動きと密接に関わります。

また、為替レートと関係が深いので気にしておきたいのが、それぞれの国の中央銀行が金利などを決める金融政策。通常は、金融政策を決める会議がいつ行われるかは公表されています。日本銀行の場合は、2016年1月、3月、4月、6月、7月、9月、10月、12月の予定です。

見通しが大切とはいえ、現実には、予想できないイベントが為替レートを大きく動かすことも少なくありません。突発的な天災やテロなどの悪いニュースは、第一報でその国の通貨を瞬時に、大きく下落させ、その後状況が正確に伝わることによって徐々に安定するという動きになることが多いようです。

海外旅行で外貨預金がそのまま使えるサービス

せっかく外貨預金を始めるなら、貯めた外貨をそのまま海外旅行で使えたら便利だなって思いませんか?今回は、円安のときを見計らって外貨を買って、使うまで利息をもらうことも、定期的に積み立てながら必要な分だけ使うこともできる外貨預金をご紹介します。

海外旅行には、キャッシュ(空港や現地で両替)とクレジットカードを持っていくという人が多くなりました。お水を買ったりチップを払ったりするのに現金は必要ですし、どこでも使えるクレジットカードは便利ですよね。でも、キャッシュもクレジットカードも両替や決済の時点での為替レートが適用されるので、そのときになってみないと円換算でいくらになるのか分からないという不安な面が。為替レートはいつも動いているので、タイミングが悪ければ、旅行中に円安が進んでしまうこともあります。

為替レートの動きを心配しなくて済む
あらかじめ持っている外貨預金をそのまま使うことができるのは、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」や新生銀行の「GAICA」など。現地ATMを使って自分の口座から外貨キャッシュを引き出したり、ショップやホテル、レストランなどでの外貨決済に利用できるデビットカードやプリペイドカードです。デビットカードとは、口座の残高を上限に、クレジットカードのように現金なしで決済ができるカードのこと。クレジットカードは「後払い」なのに対し、デビットカードは口座からの「即時払い」なのが特徴です。ちなみにプリペイドカードは「先払い」です。

こうしたサービスを利用すると、円高のときを見計らって外貨預金をしたり、コツコツ外貨の積み立てをしたりしておくことで、旅行中に円安が進んでも心配する必要がありません。クレジットカードと比べた場合のデメリットは、海外利用時にポイントが付与されないことなど。すでにクレジットカードを持っている人は少なくないでしょうから、旅行には両方を持参し、円高ならクレジットカード、円安なら外貨決済可能なデビット(プリペイド)カードといった使い分けもおすすめです。

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

ランキング