【結婚や出産にも影響】4割が「苦しい」…奨学金に関するアンケート調査

4581.jpg

 奨学金を借りている人の4割近くが奨学金返還について「苦しい」と感じており、非正規労働者では56.0%に上ることが2月29日、労働者福祉中央協議会(中央労福協)の調査結果から明らかになった。奨学金返還が結婚に影響をおよぼしているという人も3割に上った。

 「奨学金に関するアンケート調査」は2015年7~8月、勤労者を対象とした自記入式のアンケートとして実施。13,342人から回答を得た。

 学生時代の奨学金制度の利用状況は、若い層ほど利用者が多く、34歳以下の利用者は53.2%と半数以上あった。奨学金の借入総額は、平均312.9万円。月の返還額の平均は、1万7,206円。返還者の1割強を占める借入総額が500万円以上の層では、月3万円以上返還している人が4割弱あった。

 奨学金返還の負担感については、39.0%が「苦しい」と回答。雇用形態別でみると、正規労働者でも36.8%、非正規労働者では56.0%に達した。

 奨学金の返還が生活設計に影響をおよぼしているか、ライフイベントごとにたずねた結果では、「結婚」への影響がもっとも高く31.6%であった。このほか、「持ち家取得」27.1%、「仕事や就職先の選択」25.2%、「子育て」23.9%、「出産」21.0%のいずれも2割を超え、影響が多岐に及んでいる実態が浮き彫りとなっている。

 結婚への影響は、借入額が多いほど大きくなる傾向にあった。正規労働者では500万円以上、非正規労働者では200万円以上の借入額があると、「結婚に影響している」という回答が半数近くに上昇している。

<関連記事>

画像一覧

  • 返還の負担感
  • 奨学金返還による生活設計への影響
  • 奨学金返還による生活設計への影響
  • 奨学金制度利用の有無
  • 奨学金の借入総額
  • 毎月の返還額

提供元

関連記事

特集

関連記事

【無利子から先行導入】マイナンバー連動の奨学金新制度

 新たな所得連動返還型奨学金制度の創設を目指している文部科学省の有識者会議は、中間まとめ(検討素案)を公表した。新制度の考え方や方向性、設計などを示しており、平成29年度新規貸与者を対象に無利子奨学金から先行的に導入するとしている。

 現行の所得連動返還型奨学金制度は、無利子奨学金貸与者の約3割に適用されているが、年収300万円を超えた場合には定額で返還が求められるため、年収300~400万円の返還者には負担が重いという課題があった。

 創設される所得連動返還型奨学金制度では、マイナンバー制度(税・社会保障番号制度)を活用して返還者の所得を把握し、所得に応じた返還月額を設定する。

 中間まとめ(検討素案)によると、新たな所得連動返還型奨学金制度は、無利子奨学金から先行的に導入。有利子奨学金については、無利子奨学金の運用状況を見て、将来的に導入を検討するとしている。

 平成29年度新規貸与者から新制度を適用するが、すでに返還を開始している返還者への適用についても「検討が行うことが求められる」としている。最低返還月額については、「2,000~3,000円」という方向性が示されているが、返還の負担緩和、回収金確保という両面からさらに検討を重ねるという。

 また、新しい所得連動返還型奨学金制度では、所得が低い場合に返還総額が要返還額に大幅に満たないケース、中高年で入学・卒業した場合に返還能力があるうちに返還が終了しないケースなどが考えられることから、貸与総額の上限設定や貸与年齢の制限についても今後検討が必要としている。

子どもが生まれたらすぐにするべき4つのこと〜教育費不安をなくすために〜

子どもが生まれると教育費への不安を皆さん口にします。1人あたり1000万円から2000万円かかると聞くと「うちの家計で本当に足りるのかな」と不安になるのも当たり前です。

教育費に対する不安を少しでも減らすために、生まれたらまずやっておくべき4つのことがあるんです。紹介しましょう。

1.生活費口座と別の教育費用口座(兄弟がいる場合は一緒でよい)を作る
教育費のために必要なお金をとっておける方は、目的別に口座を分ける必要はありませんが、貯まったお金をすべてマイホームの頭金などに使ってしまう方も少なくありません。そういう方は、生活費口座とは別に教育費用口座を作っておくと安心です。作ったら、まずは出産お祝い金や赤ちゃんの頃にいただいたお年玉はすべて入れてしまいましょう。

2.児童手当の振込先に1の口座を指定する
今の制度では、0歳から3歳までは月15,000円、3歳以降は月10,000円(3人目以降は月15,000円)児童手当が振り込まれます(所得制限にかかる場合は、年齢問わず月5,000円)。振込先を生活費口座にすると、生活費としていつのまにかなくなってしまいます。そこで、日頃使わない教育費用口座を振込先に指定しましょう。15歳まで貯め続けると約200万円になります(所得制限にかかる場合は約90万円)。

3.高校3年秋に最低でも200万円入る仕組みを準備する
教育費のピークは、一般的に大学入学にお金がかかる高校3年。もし私立文系に進む場合、受験費用と1年間の在学費用を合わせて約180万円。入学から1年間乗り切れる200万円を、入学金などが必要になるかもしれない高校3年の秋に最低でも準備しておきましょう。もし、遠方の大学に通い下宿した場合は、学費に加えて仕送り代(年平均約140万円)がかかるので、想定できる場合は多めに準備を。手段は、学資保険や終身保険、積立定期預金、積立投資信託など、強制的に口座から引き落とされるタイプのものが活用しやすいでしょう。

もし大学入学時にお金が足りず教育ローンを借りた場合は、金利分損する上に、老後資金の準備に影響が及びます。また、奨学金も子どもの借金になるため、安易な利用はさけたいものです。

4.家計から月1万円貯金する
児童手当で200万円、高校3年秋に200万円貯められればまずは一安心ですが、教育費の不安をなくす一番のポイントは「突発的な出費にどう対応するか考える」こと。短期留学や浪人、予定していなかった私立進学などだけでなく、家族の病気などもこうした出費です。そこで可能な限り、突発的出費に対応できるフレキシブルな資産を持っておくと安心です。たとえば月1万円積立てると、10歳時には120万円。もし中学受験となった場合塾代(3年間で約200万円)の一部に充てられます。もし15歳まで使わなければ、180万円。児童手当と合わせて380万円あれば、留学や浪人での出費に対応可能です。

ご家庭の家計に合わせて、月5000円など、できる範囲で始めることが大切です。結果として使わなかった場合は、そのまま老後資金として活用すれば良いですね。

【3割は掛け持ち】0-9歳の8割は習い事。…1番人気は何?

 子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」は、新学期に向けて新たな習い事を検討する親が増えるこの時期に「0歳~9歳までの子どもの習い事事情」に関するアンケート調査を実施。現在82%の家庭が何かしらの習い事に通っていることが明らかになった。

 子どもの習い事事情に関するアンケートは、1月4日~31日までの期間「いこーよ」Webサイト上で全国の0歳~9歳までの子どもを持つ保護者を対象に実施したもの。263人の有効回答を得た。

 現在何かしらの習い事に通っている家庭は全体の82%と多く、うち約半数の48%が習い事1つ、29%が2つ、18%が3つ通っているという結果に。通っている習い事の平均数は1.8となった。子ども1人あたりにかける1か月の習い事予算は「5,001円以上7,000円以下」が23%ともっとも多く、僅差で「7,001円以上10,000円以下」21%、「10,001円以上20,000円以下」20%という結果に。およそ75%が月5,000円以上習い事に使っている状況が見られた。

 現在通わせているまたは通わせたいと思っている習い事は、1位「水泳」41%、2位「ピアノ・エレクトーン」24%、3位「英語教室」21%という結果に。そのほか、「サッカー」「スポーツ教室」「書道」「通信教育」と続いており、運動系、感性系、知育系の代表的な習い事が上位にランクインした。特に水泳は2位以下に大きな差をつけており、人気の高さがうかがえた。

 現在習い事に通っている家庭のうち、53%と半数以上が0歳~3歳までに初めての習い事に通い始めており、小学校入学前の5歳までには83%が習い事を始めていることが明らかになった。

 また、習い事を始めたきっかけとしては「親が必要性を感じたから」がもっとも多く、42%の家庭が親の意思によって習い事に通わせ始めていた。「子どもが自ら希望して」習い事を始めたという家庭は28%と、約3人に1人の子どもが自主的に習い事を開始していた。

 習い事を始めた理由としては「からだやこころを鍛えたい」が45%ともっとも多く、「子どもの得意分野を伸ばしたい」38%など、習い事は受験対策のためというより子どもの健やかな成長のためと考えている保護者が多いことがうかがえる結果となった。

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

3ステップで高橋先生に学ぶ、500円からできるはじめてのNISA

マイナス金利の導入で、わたしたちの貯金や預金がどうなると戦々恐々な昨今。

これではまるで銀行そのものが巨大な貸金庫になるみたいなものようなので、ランチ代を削ってブタの貯金箱に毎日コツコツとワンコイン貯金でもするのか…。

ちょっと待ってください!同じワンコインを貯めるなら、ブタ貯金よりもよい方法があります。それがNISAです。NISAとは、毎月500円からでも始められる投資。しかも運用益に税金がかからないという超オトクな制度とのこと。これはやらない手はありません。

マネーゴーランドのイケメンファイナンシャルプランナーでおなじみの高橋先生から学ぶ、「はじめてのNISA」を超ビギナー視点で独自にセレクトしました。迷っている時間はありません(とくに自分)!さあ、いっしょにはじめましょう!

Step1 投資利益が税金がかからない!NISAのしくみ
銀行の利息にも税金がかります。だいたい100万円を1年預けて10円にしかならない現在、これに利息とるって、なんだか銀行ってベニスの商人の悪徳商人みたいに思えてきました(泣)。だから、投資した利益が年間120万円(ジュニアNISAは100万円)まで無税!というのはもう、なんだか盆と正月が一度にきたような大盤振舞いなサービスなわけです。
▽『Step1』、詳しくはこちら!
500円からでも投資はできる、今さら聞けないNISAとは

Step2. NISA口座は一人ひとつだけ、金融機関を吟味しよう
NISA口座はひとり1つだけしか作れません。したがって、口座開設がじつは重要なポイントになります。なぜって、金融機関によって、取り扱う金融商品が異なるからです。いつも使っているからといってメインバンクに口座を開いても株式は取り扱いできません。証券会社であれば、株式でも債券でも投資できますが、扱う種類は証券会社によって全然違います。それと取引手数料も別です。ほんとにどうすればいいの?て感じで泣きたくなりますが、ここはじっと堪えて、「何に投資したいか?」 「手数料は?」の2つのポイントをチェックして乗り越えましょう!
▽『Step2』、詳しくはこちら!
NISA、どこで何に投資するか?

Step3. 投資信託の「バランスファンド」を選ぼう
口座は開設したけどいったい何を買えばいいの?初心者は最初の一歩がなかなか踏み出せないものです。清水の舞台から飛び降りる気分になってしまいますよね?安心してください。投資信託は、プロが運用します。投資をするときに大事な考え方が「分散」。一点集中や一度にたくさん買わずに、複数の株式や債券に適度なタイミングで投資するのがベスト。それには、投資信託の「バランスファンド」から始めるのが、オススメです。
▽『Step3』、詳しくはこちら!
NISA活用法、投資初心者はこう使え!

最後に、マネーゴーランドのファイナンシャルプランナーに、はじめてのNISAのオススメファンドを聞きました!具体的なファンド名があります。

【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAの超カンタンおさらい

【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAオススメファンドは?

まだまだあります! 高橋先生のNISA関連の動画はこちら

話題のNISAって?

ジュニアNISAて?

ランキング