100点以上を取る秘訣、相手の心理・感情も意識すること【大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第十一回】

9838.jpg

『ぶっちぎり社員育成塾』第11話。

社会人になる前って学生ですよね?

当たり前。(笑)学校のテストって100点がMAXですよね。小学校。中学校は特に。基本的に減点法で、答はひとつ。答が一つってことは、考えるより記憶する方が重要だったります。答が複数ある場合は、オリジナルの答えがあっても良い。答えが一つしかないと、それに向かって進むことになります。

その答えを見つける流れを覚えたり、考えたりすることは出来るけど、根本的な部分でも思考力はあまり身につかないような気が・・・・・。

社会に出ると、そうは行きません。答えは状況によって変わったりする。その場合は、状況によって答えっぽいものがあるって前提ですけどね。

そうじゃない時はどうするか?

お客さまに対しての対応なんかもそうです。マニュアルがある場合は、それが答えになるかも知れない。でも、それって本当に最適な答えでしょうか?

お客様は人間です。一人一人違う性格をしています。それなのに、同じマニュアルが通用するでしょうか?僕はそうは思いません。マニュアルは、最低限まで引き上げることは出来る可能性はある。可能性はあるけど、それが答えじゃない。

お客さまが子供だったとする。子供対して、

「いらっしゃいませ」
「〇〇は如何されますか?」

みたいな用語で対応するとします。これでも問題はありません。クレームは起こらない。でも、店員もお店も、好きになってもらうことは出来ないんじゃないでしょうか?

子供には

「〇〇くん、どうも~」
「〇〇はどうしよっか~?」

って喋った方が仲良くなれますよね?そういうのが大事だと思うんですね。

ってことで、マニュアル対応が全ての答えじゃないんですね。全員に通用しないのです。

なので、マニュアル以上の対応ができるようになるのが大事です。学校のテストで言うと、100点以上ということになります。数学や物理、歴史にはプラスαの点数はないかも知れない。でも、社会は人間で構成されてます。

人間には『心理』『感情』があります。『心理』『感情』には、答がありません。だから、状況を考慮した上で、相手の心理・感情も意識する。そうすれば、100点を超える仕事が出来るようになるかも知れない。

100点以上を目指しましょう。言われたこと、決められたこと以上の工夫をしましょう。そして、ぶっちぎり社員になりましょう!

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

<関連記事>

画像一覧

  • 大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第48回(最終回)能力を貯金するということが成功への架け橋

執筆者

染谷充紀 若手育成コンサルタント/ マーケティングコンサルタント

『想い』が波紋のように伝わる『波紋型マネジメント™』で、人財育成のコンサルをしています。 『想い』が広がると、スタッフさんは楽しくが仕事できます。 そうすると、それを見た子供が、大人になるのをワクワク出来るのです。 楽しく、ぶっちぎりで仕事が出来る大人を増やして行きましょう。 【ブログ】http://ler-taisa.com/ 【facebook】https://www.facebook.com/psychotaisa

染谷充紀

関連記事

特集

関連記事

あなたの「実行力」を事例でテスト!~社会人、誰からも必要とされるためのスキル~

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル3:【実行力】です。
まずは、あなたの実行力を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】

新人の柴田さん、業務も終わりヨガに行こうと帰り支度を始めました。ところが先輩の石橋さんに「柴田さん、(顧客の)○○商事様からまだ見積書届いてないって電話があったわよ」と言われ大慌て。本日中に届けると約束していた見積書の作成をすっかり忘れていたことに気がつきました。もう夕方なので、本日中に届けることは不可能な状態です。柴田さんはどうするべきでしょうか。

選択肢A:すぐに〇〇商事へ電話をかけ謝罪し、今晩中に仕上げて明日の朝一番で届けると伝える。
選択肢B:すぐに見積書の作成に取り掛かり、夜遅くなっても〇〇商事のオフィスのポストに投函しておく。
選択肢C:〇〇商事へ連絡を入れて、素直に謝罪し、相手の都合を聞いて、指定された日時に見積書を届けるようにする。

【実行力とは何か】

実行力とは、目的を設定して確実に行動する能力のことです。単に行動するだけではなく、行く着くべきゴール(=目的)があり、そこに向かって踏み出す力が本当の意味での実行力といえます。

【なぜ実行力が必要なのか】

失敗を恐れてばかりで行動を起こさなければ、成長は止まってしまい、新しいものを生み出すこともできません。また、新しく一歩を踏み出したときにのみ得られる成功体験や達成感も味わうことができません。常に、妥協しない気持ちやチャレンジ精神を持ち、粘り強く取り組むことが重要です。

【クイズの解答】

選択肢A:△ 選択肢B:× 選択肢C:○

選択肢Aは、素早い対応は評価できます。しかし、朝一番に届けるということを勝手に決めてはいけません。顧客がそれで良いというのであればいいですが、選択肢Cのように相手の意向を確認した上で、計画的に行動することが実行力のある対応といえます。
選択肢Bのような行動は、相手の状況を理解しようという姿勢が欠けている、といえます。まずは、すぐに謝罪しましょう。その上で、自らの失態に対してどう対応するか、実行力が試されます。

柴田さんは、〇〇商事へ連絡を入れて、素直に謝罪し、「いつお持ちすれば良いですか?」と相手の都合を聞いて、指定された日時に見積書を届けるようにしました。

まとめ:実行力を鍛える5つのポイント

(1)「まずはやってみよう」という前向きな気持ちを持って、動き出そう!
(2)失敗も経験のひとつと考えることで、失敗を恐れずチャレンジしよう!
(3)目標を達成するための手順や方法を計画的に考えて取り組もう!
(4)「するべきこと」について、常に優先順位を考えて行動しよう!
(5)目標達成のためには強い意志を持ち、粘り強く取り組もう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

あなたの「働きかけ力」を事例でテスト!~社会人、誰からも必要とされるためのスキル~

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル2:【働きかけ力】です。
まずは、あなたの働きかけ力を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】

新人の柴田さんは、上司の伊藤課長から「今週末までに、キャンペーンのチラシを発送するように」と指示されました。
「どうしよう。間に合うかしら?」困った柴田さん。実は、他にも急ぎの仕事を抱えています。このままでは今週中にキャンペーンチラシの作業を完了させることは不可能な見通しとなってしまいました。柴田さんはどうするべきでしょうか?

選択肢A:今週末までには作業が終わらないことを正直に報告し、締切を延ばしてくれるように上司の伊藤課長にお願いする。
選択肢B:残業をしてでも終わらせようと努力しながら、周囲の人間に作業が思うように進んでいないことを伝えていく。
選択肢C:どのくらい時間がかかりそうか見通しを立て、進捗状況を伊藤課長に報告し、一年先輩の石橋さんにサポートを依頼したいと申し出る。

【働きかけ力とは何か】

仕事は一人でできるものではありません。働きかけ力とは、力を合わせ協力してもらうために、周囲の人間を上手に巻き込む能力のことです。

【なぜ働きかけ力が必要なのか】

職場では、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組むべきですが、個人では解決できないこともたくさんあります。そのようなときに周囲に働きかけたり、巻き込んだりすることができれば、一人では困難に思えたことでも様々なサポートにより乗り越えることができるようになります。

【クイズの解答】

選択肢A:× 選択肢B:△ 選択肢C:○

選択肢Aについては、締切を延ばすことが可能かどうかわかりません。勝手に判断せずに、まずは締切を厳守するために何か方法がないか考えましょう。

選択肢Bは、残業をしてでも期限までに仕事を終わらせようとする姿勢は評価できますが、他の人のサポートが必要であれば、きちんと支援を要請しましょう。

選択肢Cのように、進捗状況を確認した上で、見通しも含めて報告することは大変良いことです。先輩に具体的に支援を要請することは、働きかけ力のある行動といえます。

柴田さんは、上司の伊藤課長に、現時点での進捗状況と見通しを報告し、また先輩の石橋さんにサポートをお願いしたい、と申し出ました。

まとめ:働きかけ力を鍛える5つのポイント

(1)意識的に周囲の状況や自分の置かれている立場を確認しよう!
(2)わからないことを教えてもらうときは、必ず相手の状況に配慮して質問しよう!
(3)様々な立場の人に積極的に声を掛け、幅広い人脈作りを心掛けよう!
(4)相手のために何が出来るか考え、常に協力意識を持って行動しよう!
(5)些細なことでも頻繁に感謝の気持ちを伝えて、より良い人間関係を築こう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

存在感が光る!「春に祝電を贈る」世渡りキャリアアップ術

出世したりキャリアアップを目指したりするなら、上司やクライアントに嫌われるより、気に入られた方がいいはず。そんな世渡り上手の人が、実は利用しているのが、電報かもしれません。

メールが当たり前になった時代だからこそ、贈られた方は相手の印象が強く残ることでしょう。

■4月1日は最も祝電が届けられる日

電報サービスを提供している株式会社ヒューモニーが、 法人企業における人事就任のカテゴリにおいて、2016年の1年間で最も祝電が届けられた日を発表。それによると、4月1日が1位で、2位は3月1日、3位が5月15日となっています。

1位の4月1日は多くの企業で新年度を迎え、人事異動が行われる日。そのため就任初日となるタイミングで、祝電を届けることが多いと予想されます。また2位の3月1日は春の人事異動発表のタイミングのため、この段階で祝電を贈る企業も多いようです。さらに3位の5月17日に関しては、3月決算企業の役員人事が内定するタイミングです。

■メールや手紙にはない電報の魅力

今の時代、電報を利用した経験が一度もない人も多いかもしれません。しかしメールでは当たり前で簡単すぎるし他のメールと混ざってしまうことがあるし、手紙では贈られた方が重荷に感じてしまう場合もあり、電報はそんな双方にはない魅力が詰まった、メッセージの伝え方なのかもしれません。

今年は4月1日が土曜日のため、前日の3月31日や週明けの4月3日に配達を依頼する方も多い模様です。

ちなみに、ここで紹介した祝電は法人企業間での場合が多いと思われますが、ここぞというときの連絡手段として電報を考えてみるのも一つの方法かもしれません。尚、ビジネスマンとしてのマナーはくれぐれもお忘れなく。

お金持ちと友達になれる⁉︎ 「実はキャリアにつながるスポーツ」4選

お金持ちが上手なイメージのスポーツと言われると、どのようなスポーツを思い浮かべるでしょうか。

少し珍しいスポーツをしていると、初対面の人にあなたのことを印象づけることができますし、もしかしたら大富豪であっても共通の話題が生まれて、そこからキャリアアップができるかもしれません。

今回は、お金持ちを目指したい方にとってプラスとなる可能性があるスポーツについてお話しします。

■ゴルフ

まず、お金持ちがやっているイメージのある定番のスポーツといえばゴルフですよね。大富豪でありアメリカ次期大統領であるトランプ氏もゴルフが得意ですし、誰でも始めやすいというのもポイントですよね。

サラリーマンの方でもゴルフをしている方は少なくありません。運動不足解消にも繋がりますし、興味があるという方は周りでゴルフをやっている人たちがいないかどうか探してみると良いでしょう。

■スケート

フィギュアスケートのプロになるためには、実はかなりお金がかかっているということをご存知でしょうか。必要なものはアイススケートの靴だけと思われるかもしれませんが、リンク代やレッスンの月謝、衣装代など、かなりお金がかかります。

ただ、お金はかかりますが、スケートは初心者の方はなかなか滑れるものではないので、上手に滑れると印象アップは間違いないでしょう。

■スキー、スノボ

少しスケートと重なる部分もありますが、スキーやスノーボードが上手い人はお金持ちのイメージがありますよね。毎年スキー場に行くわけですし、ボードやウェアなどお金がかかりそうなものがたくさんあります。

ただ、雪山を難なく滑っていく姿は見ている人を魅了します。しかも、かなりの運動量になるのでダイエットをしたいと思っている人にもおすすめです。

■乗馬

最後に紹介するのは、乗馬です。乗馬を始めるなんて自分には無理と思われる方も多いかもしれません。しかし、全国各地に乗馬クラブというものがありますし、一般的な方でも十分に始められる価格です。何より誰もがやっているわけでもないので、初対面の相手からも覚えられやすいですよね。非常にメリットの大きいスポーツと言えるでしょう。

<これであなたも大富豪!おすすめ関連記事>

大富豪は「金」が大好き!お金持ちがゴールドを資産に選ぶ理由
1万円で富裕層の仲間入り⁉︎ 庶民でもできる「ミニ株」とは?
借金も不勉強も大歓迎!庶民は仰天「お金持ち流逆転の発想」とは

「できない上司」に感謝してスキルアップ&ぶっちぎれ!

『ぶっちぎり社員育成塾』第6話。

「上司ができないやつだ!」そう思うことありませんか?

僕は結構ありました・・・・。

  • 上司がもっと僕を活かしてくれれば・・・・。
  • 上司がもっと理解してくれれば・・・・。
  • 上司がもっと仕事が出来れば早いのに・・・・。

って、思ってた。

「できない上司」の方が良い?

数年間考えた結果、上司はできない人の方が良いと思うようになったんですね。
何故なら、上司ができない人だったら、自分ができるのが目立つから。
だから、上司はできないで良いんです。
上司が、自分と同じ長所を持ってる人だとする。そうなると、自分は目立ちにくい。上司の方が経験はあるし、周囲からの信用がある。
その中で、同じ属性の自分が、多少出来ても目立たない訳です。

「できない上司」のメリット

上司ができないってことは、自分ができる人じゃないといけない。
仕事をうまく行かせようとすると、できない上司の対応をしつつ、自分が動いて成功させないといけない。
部下の自分が、上司をコントロールすることと、仕事を円滑に運ぶことをやらないといけない。

「いけない」って言うと、あまり良い印象じゃないかもしれません。
でも、そのおかげで、鍛えられるんですね。
それって超お得。(笑)上司ができないと、できる自分が目立つし、同時に鍛えられる状態でもあるんだから。
上司になったら、いろいろ大変なことがある。部下のうちに、上司のコントロールまで身に付けることができたら、部下が出来て育成する時の訓練になる。

「できる上司」の方がデメリットが多い?

逆に、上司ができる人だったらどうでしょう?
その場合、自分が「活躍してる感」を感じにくい。上司が、仕事ができて、自分で動くタイプだったら、仕事を任せてくれるチャンスが少ない。

そうすると、仕事はスピードを増すかもし知れないし、成果を出せるかも知れない。
でも、それってどうでしょう?「上司が仕事ができない」って悩んでた時より、あまりプラスになってないと思うんです。
もしかしたら、「上司ができる人で困る」って言い出すかも。(笑)

「できない上司」に当たったらラッキーだと思え!

ぶっちぎり社員になる為には、「上司ができないやつだ!」で困るより「上司ができないやつでラッキーだ」って思った方が良い。
その方が自己成長出来る。

「上司ができないやつで困ってる」ってあなたは、その上司の悪いところを見るのをやめよう。
上司が出来ないことによって、自分が得ているモノに注力しよう。
今すぐノートに得られているモノを3つ書いてみよう。で、それに感謝してスキルアップしよう。

その方がぶっちぎりになる可能性は高いから。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

見聞きした情報からでも成功確率を高めてぶっちぎろう!

『ぶっちぎり社員育成塾』第5話。

成功確率って考えたことありますか?

普通はあまり考えないですよね。でも、意外と大事な考え方だったりします。
企業は3年もたないところが多い。10年はなかなか優秀。30年となると、かなり優秀です。
ということは、普通にやってると、失敗する可能性が高いということです。

どういうことかと言うと、世の中で流通してる情報・考え方は成功の種ではない可能性が高いということです。

世の中に落ちてる情報では99%失敗する!

世の中の情報通りやってるとする。もし、それが成功する考え方だとしたら、全員が成功することになる。
ってことは、世の中に落ちてる情報は、失敗の種かも知れない。
僕は、世の中に落ちてる情報で、成功に直結するものは1%ぐらいだと思ってます。
それだと低いですかね?でも、実際はそんなものじゃないかと思うんです。

なぜ世の中に出てきた情報では成功できないの?

世の中にある情報は、情報になってる段階で古い。
誰かが成功した方法が形となって流れる。
で、それが一般社会に流通するまでに時間がかかる。時間がかかるということは、誰もが知ってる情報は価値が低くなってるということが言えるんですね。

では、新しい情報が大丈夫か?新しい情報も怪しい。
新しいから、サンプル数が少ない。
少ないってことは、再現性が低い可能性があると言えます。

あとは、わかってて、嘘の情報を流す人がいる。
それを掴むと、当たり前のように失敗します。嘘ですからね・・・・・。

そうなる原因は、『思考しない』という点です。その辺に落ちてる失敗しやすい情報を鵜呑みにする。
この業界はもうダメなんじゃないかと思い込む。そういった感じ。
ダメと思いこむのも、情報を鵜呑みにするのも、思考してないのと同じです。

でも情報は世の中から得るのに・・・どうしたら良い?

どうしたら良いか?

有効である情報が1%かも知れないけど、あるということを信じる。
もし、それが世の中にないとしたら自分で生み出す。生み出す意図がないと、生み出すことは不可能です。
ぶっちぎり社員たるもの、世の中にある有益な情報をキャッチし、自分なりに加工する。
で、ぶっちぎりの成果を出す。そういうことです。

道は必ずあることを意図して、思考を止めないようにしましょう。それが成功確率を高める方法です。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

ランキング