毎月2万円の副収入!在宅ワークで高収入を稼ぐには?

4405.jpg

このレシピを実行して

20,000円貯まる!
<材料>

・インターネット

<Point>

1高収入案件を探す

2とにかく仕事の数をこなす

3専門性の高いスキルを身につける

毎日満員電車に乗って会社に行って、朝から晩まで働いてくたびれて帰る。収入を得るためには会社に行くしか方法がないと考えられていました。

しかし、近頃はインターネットの普及により家にいながらも副収入どころか、自分の本業以上の収入を稼ぎ出している人すら存在します。
例え自分がどこにいようと、何をしていようと時間の確保さえできればインターネットで月に数万円の副収入を生み出すことが可能なのです。
今回は場所に依存しない働き方で月に数万円の副収入を稼ぎたい!という人のために、在宅ワークで高収入を稼ぎ出す方法についてお話しします。

といっても在宅ワークで高収入を稼ぎ出すには基本的には3パターンしか存在しません。

まず1つ目は、高収入案件を探すということです。大抵の在宅ワーク初心者は、自分のスキルでこの案件を受けて大丈夫なのか?と不安になり、高収入の案件を避ける傾向にあります。
しかし、このようにせっかく目の前に宝の山があるのに、罠ばかりを警戒していても仕方ありません。スキルが足りないときはクライアントから注意される点も多いですが、それも経験と思って思い切って高案件に手を出してみてはいかがでしょうか。

2つ目の方法として、とにかく仕事の数をこなすことです。わかりやすいと思いますが、1つの案件からの収入が低くても、とにかく数をこなせば月に1万円程度なら難しくはないでしょう。
時間が十分にある人は、自分が暇なときは、とにかく在宅ワークをし続けるというのも一つの手だと思われます。

最後に、専門性の高いスキルを身につけるということです。これは最も大変ですが、最も高収入への近道と言えるかもしれません。
専門スキルを身につけている人はどのような分野でも重宝されます。イメージしやすいものとしては、プログラミングやイラストレーターなどでしょうか。
専門スキルで在宅ワークができる人は、それだけで生計を立てているという人もいるくらいで、かなりの収入を期待できます。

数年後の自分に期待して、勉強を始めてみるのも一つの手ではないでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

毎月1万円の副収入!在宅ワークで稼ぐ方法とは

あと少し給料が多ければ…

社会人であれば誰もが考えることではないでしょうか。昇進するまでの数年間、現状以上に給料が増えることは考えにくいですし、時間をかけてようやく昇給したとしても満足いく給料を受け取ることは難しいかもしれません。
そのような環境の中で、最近副業という言葉が頻繁に叫ばれるようになりました。株式投資やネットビジネスなど、リスクがあるものから在宅ワークまで様々な副業があります。

今回はその中で在宅ワークの仕事を受け取るまでの流れについて説明していきます。
在宅ワークで仕事を受け取るまでには以下のような3つの流れがあります。

1. 仕事のマッチングサイトに登録する
2. 希望の案件に連絡をする
3. 発注者と契約をする

という流れです。1つずつ見ていくことにしましょう。

1. 意外と知らない人も多いですが、在宅ワークをがしたい人を応援するために、仕事のマッチングサイトが存在します。在宅ワークで稼ぎたい人はこのマッチングサイトを通して仕事を探すことができるのです。
有名なマッチングサイトであれば、CrowdWorks(クラウドワークス)@SOHOCraudia(クラウディア)といったサービスがあるので、まずは登録だけでもしてみましょう。

2.次に希望の仕事を探します。
とりあえずマッチングサイトを通して、仕事を一度してみたい!という初心者の方は簡単なアンケートから始めてみてはいかがでしょうか。
アンケートの案件は報酬が高くないので、それだけで月に1万円、2万円と稼ぐことは難しいですが、仕事内容が非常に簡単なので初心者でも安心して受けることができます。まずはアンケートをしてみて、それから記事ライティングやその他の仕事を始めてはいかがでしょうか。

3.最後に発注者との契約です。
多くの場合、給料や仕事内容が明記されているので、それほど契約に困ることはないでしょう。
しかし、自分の経験の仕事経験を聞かれることも多いので、初心者の人は「初心者歓迎」と書かれているような仕事を受けるのがいいです。安定して稼げるようになるまでは地道かもしれませんが、月に1万円程度であれば、それほど難しくありません。

ですから、地道ながらも一生懸命案件をこなしていってみてください!

アフィリエイト初心者でもアクセスが集まる良質な記事の書き方とは

突然ですが、アフィリエイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
アフィリエイトとは自分のブログ記事に広告を貼り、訪問者がこのアフィリエイトサイトをクリックすることで報酬が出るというネットビジネスです。

アフィリエイトで稼ぐためには良質な記事を書く必要があります。良質な記事が書ければ人が多く集まりますし、逆にどれだけSEO対策やブログデザインを凝っていたとしても、記事の内容が薄ければ長期的に稼ぐことはできません。
今の時代ネットビジネスへの参入の壁が低くなり、誰でもアフィリエイトをしようと思えばできるようになりました。しかし、誰でも参加できるがゆえに、記事の書き方までこだわっていない人が非常に多いです。

そこで今回はそのような人のために、良質な記事を書く最も重要なポイントについてお話しします。
このポイントは非常に重要で、良質な記事を配信し続けている人は必ず意識しています。このポイントを実践していれば、数ヶ月後にはまるでプロ作家が書いたような、読者にとってわかりやすく良質な記事を書くことができます。
あなたの記事は人を引き込み、フェイスブックのシェアやツイッターのリツイートは止まることはありません。あなたが記事を一度書けば、電車内で隣の人がその記事を読んでいるということすらありえます。それだけ影響力のある記事を書くためにも、このポイントを必ず意識してください。

それは、読者の像を明確に1人決めるということです。
もっとわかりやすく言うと、あなたの1人の知り合いに話しかけるように記事を書くのです。
どうしてそのような書き方をするのか疑問に思われるかもしれません。しかし、このポイントを意識することは非常に重要で、文章をストレスなく読むためには必ず気をつけるべきポイントだと言えるでしょう。
例えばスマホ初心者向けの記事にROMだとかRAMという言葉が入っていたとすると、あなたならばどうするでしょうか。おそらく意味のわからない言葉が入っている時点で、その記事ページの×ボタンを押し、別サイトのわかりやすいページを探すのではないでしょうか。
情報はいくらでもネットに転がっているので、あなたの記事から読者を離さないためには、いかにストレスを与えずに文章を読ませるかということが、非常に重要になるのです。
ですから、記事を書く時にはしっかりと読者のイメージを作ってから書いていただけたらと思います。

子育てママ必見!1日1時間の在宅ワークで月に5万円稼ぐ方法とは

突然ですが、あなたは毎日家計簿をつけていますか?
毎日忙しくて家計簿はつけていないという人も多いかもしれません。しかし、光熱費を少しでも減らそうとこまめに電気を消すことや冷暖房をできるだけ使わないという主婦は意外といるでしょう。

特に子育ての時期となると、夫の収入だけが頼りになります。以前より節約していてもお金が足りないという場面に遭遇することも多くなり、ストレスを抱えることも増えるかもしれません。そんな環境に不満を感じて家にいながら稼ぐ方法はないか?といろいろ探してみた主婦もいるのではないでしょうか。
しかし、家で稼ぐ方法というと株やアフィリエイトのようなリスクや時間のかかる不安定な投資、ビジネスばかりが見つかります。リスクがなく、稼ぐ方法を探しているのに選択肢がなかなか広がらないのです。

そのようなリスクを取らずに稼ごうと思うと、やはり在宅ワークという選択肢になるでしょう。しかし、在宅ワークは一般的にあまり稼げないといわれます。おそらく月に安定して数万円稼いでいる人は、ごく少数ではないでしょうか。
今回はそんなあなたのために、月に数万円を在宅ワークで稼ぐ方法についてお話しします。

まず、月に数万円稼ぎたいのであればどのような職種があるでしょうか。経験者であればアプリ開発やwebデザインなど、仕事の種類は多岐にわたります。しかし、全くの未経験者と考えると、月に数万円稼ぐためには記事の執筆が最も良い仕事だと思われます。
なぜなら、記事の執筆は特別なスキルを必要としません。文章が書ければ、記事の執筆ができるのでハードルは低いでしょう。もちろん文章が上手い、下手はありますが、勉強しながら書いていくうちに読みやすい記事を書くことができます。

記事を執筆する仕事はインターネットのマッチングサイトでいくらでも見つかります。例を挙げると Craudia(クラウディア), CrowdWorks(クラウドワークス),
@SOHO などが有名です。このようなマッチングサイトで記事の執筆依頼の仕事がたくさん見つかるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

ホワイトデーは「返してくれたら超紳士!?」マネギャルのケツ論

バレンタインのあとと言えばホワイトデー。
マネギャルたちがズバリ、どんなものをホワイトデーで返せばいいか、女子の目線から教えてくれます。ということでテーマは「バレンタインのお返し」。

マネギャルたちは、
「小学校の時に目立っている男子(大体足速いやつ!)にチョコをあげたらかわいいポーチに入ったマショマロを返してもらったことがある!」
「それでバレンタインはなんていいものなんだ、と思った記憶がある」
と子供の頃のピュアなエピソードを語りつつも、

「年を追うごとにそんなピュアなイベントではなくなってるよね」
と大人になってからのバレンタイン事情について話しました。

また、
「てか、忘れられてる率高くない?」
「世間でバレンタインは盛り上がるのにホワイトデーは盛り上がらなくない?
返ってこなかったら二度と渡さない!!
と、バレンタインに比べてホワイトデーは盛り上がらないことや、
お返しが返ってきにくいことについてややご不満な様子。

しかし、そんな状況だからこそ
「逆に、返してきてくれたら超紳士!
とお返ししてくれる男性には紳士的な印象を抱くということです。

果たして、来たるホワイトデーに向けてマネギャル達が出した結論は!?

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

ランキング