年利400倍!マイナス金利でデパート「友の会」がお金の貯め方新潮流

このレシピを実行して

29,910貯まる!
<材料>

・1ヶ月 5

・000円~

<Point>

1「利用頻度」「1年1回の爆買い」「その他サービス」から入会する「友の会」を選ぶ

21ヶ月に積み立てる金額を決める

3入会のタイミングは1月か7月がオススメ

※1ヶ月3万円積立後のボーナス30,000円から、36万円を1年間銀行の定期預金(0.025%)に預けた利息90円を引いた金額29,910円(30,000-90=29,910)
利息にかかる税金は考慮せず

4461.jpg

マイナス金利導入で普通預金の金利は「0.001%」になりました。

これは、10万円を1年間預けて利息は1円という金利です。これから税金を引かれると気分はもはやマイナスです(厳密にはマイナスにはなりませんが、1円以下は使えないので気持ちはマイナス)。定期預金でも300万円未満は「0.025%」なので、10万円で25円です。ATM1回の手数料にもなりません。あ、もう無用な計算はやめます。それだけ金利が低い!ということです。

銀行に預けて寝かせてただけで10年後には倍近く増えたというバブルな時代がかつての日本にはありましたが、それは今や昔の今昔物語。今では同じ結果を得るには1000年もかかるというおとぎ話になってしまいました。

「友の会」は年利8.3%の高利回り
でも安心してください!銀行よりも利回りがよくて賢いお金がの貯め方が、わたしたちのごく身近なところにあります。それは百貨店の「友の会」です。百貨店に毎月積立をする「百貨店積立」です。母も高島屋友の会「ローズサークル」の会員でした。

毎月1万円づつ入金して、1年後に13万円分の「商品券」が受け取れる仕組みです。友の会員向けに専用サロン利用やレストラン優待券、展覧会入場券、特別セールなど、充実したサービスがウリでした。百貨店がロイヤルカスタマー向けに顧客囲い込みのために実施していたCRMの一環ですが、当該デパートでしか利用できない商品券というのがなんだかな~だったので当時はさっぱり興味がありませんでした。

が、今は違います。消費者に熱い視線が注がれているのがこの「百貨店積立」。連日入会希望者の行列が絶えないというのが、NHKの「あさイチ」でも紹介されていました。何しろ年利8.3%です!これは、銀行の「0.001%」と比べると400倍です!デパートでしか使えないとはいえ、年に13万円分のお買い物券が手に入ると思えばかなりオトク。「あさイチ」によると、入会希望者が昨年と比較して5倍にもなる人気ぶりです。

ブランド購入には、三越・伊勢丹の「IM友の会」がオススメ
デパートの「友の会」の積立は、1年後に戻ってくるのが「商品券」というのがポイントです。普段デパートを利用しないという人にとっては利回りがよくてもメリットは少ないでしょう。金券ショップでの現金化も投資した額に見合うリターンは見込めません。デパート積立は、1年間で商品券を使いきることが最大のコツです。それには、どこのデパートの会員になるかをよく検討することが必要です。

普段から利用頻度が高いか、あるいは利用頻度は低いものの貯めた商品券を利用して、普段購入できないハイブランドのアイテムを年に1回購入するといった方法がオススメです。頑張った自分へのご褒美にもなるし、1年分だと金額もそれなりになるので、かなりのお買い物ができます。

たとえば、三越・伊勢丹の「IM友の会」。月額5,000円から1万、2万、3万、5万とコースがあり、1年でボーナス1ヶ月分がつきます。毎月3万円で1年間積み立てると、36万+3万で39万円分の商品券がもらえます。伊勢丹・三越には日本のハイブランドがほぼ揃っています。1月と7月にブランドのセールがあり、定価の40~50%で購入できます。セールに合わせて入会すれば、1年分のブランド品の購入費を商品券で賄うことも可能です。モチロン、コムデギャルソンは伊勢丹にほとんどのラインが入っています。

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

〜マイナス金利、住宅ローンがお得!?〜【第29回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜住宅ローンがお得!?〜

マイナス金利政策の導入により多くの金融機関が住宅ローンの適用金利の引き下げを発表しています。

変動金利だと0.5%前後くらいまで下がってきており、長期の10年固定のローンであっても0.8%くらいまで下がってきています。

これは5年前と比べると固定金利だと1%以上低い水準まで下がってきています。
この1%の違いは住宅ローントータルの返済額でいうと何百万という大きな違いになります。

一番メリットを受けられるのはこれから住宅ローンを借りようと考えている人でしょう。これまで住宅ローンを借りている人は、すぐに返済額が少なくなるわけではないのでこのタイミングで借換えを検討するという選択肢があります。

5年以上前に住宅ローンを借りてそのままになっている人は、今一度、自分自身の住宅ローンの金利がどのくらいなのかを確認してみてもいいかもしれません。

仮に5年前に3000万円借り入れをした方にとって1%適用金利が下がると300万円から400万円トータルの返済額を少なくすることができますので、ぜひご自身のローンの金利を確認してみていただければと思います。

また、不動産投資のために借り入れを利用する場合にも借り入れの金利は下がってきておりますので、少しいい条件でこれからは借りられるかもしれません。

詳しい解説はこちら

マイナス金利って・・・!?私たちの預貯金、どうなるの?

2月16日、ついにマイナス金利政策がスタートしました。1月29日の日銀の決定以来、マイナス金利の影響などについては毎日のようにニュースでも取り上げられていますが、よくわからないため不安に感じているという人も多いのではないでしょうか。

ではこのマイナス金利とはいったいどんなものなのでしょう?普段みなさんが銀行にお金を預けると、預金額に応じた利息を受け取ることができますよね。ところが、マイナス金利の場合は、お金を預けた時にもらえる金利がゼロ%を下回るということ、つまりお金を預ける方が利息を払わなければならなくなるということなのです。「銀行にお金を預けると減ってしまうの・・・?」と心配そうな声が聞こえてきそうですが、今のところは銀行が日銀に預けるお金の一部の金利だけが対象になっているため、当面は私たちが預けている預貯金の金利がマイナスになることはなさそうです。

とはいえ、高い金利で人気のネット銀行でも金利を引き下げた銀行が出ていますし、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など大手都市銀行なども相次いで長期間の定期預金の金利の引き下げを行っています。

ただでさえ低い金利がさらに下がるのか・・・とがっかりしている人もいるかもしれませんね。そんな中でも「プロスポーツチーム応援」や「ふるさとの応援」などで金利を上乗せしたり優遇金利を適用する金融機関もありますので、いくつかご紹介しましょう。

千葉興業銀行「千葉ロッテマリーンズ応援定期2016」では、預入金額10万円以上(1年もの限定)で年0.1%の金利が適用されます。山形銀行の「モンテディオ山形サポーターズ定期預金2016」の場合、チームが勝つたびに金利が上乗せされます。どちらの定期預金も、抽選でオリジナルグッズが当たることも。好きなチームを応援しながら、高い金利が受け取れるのは魅力的ですね。

またふるさと納税をすることで特産品やキャッシュバックだけでなく、高い金利がもらえる定期預金もあります。鳥取銀行とっとり砂丘大山支店の「故郷とっとり応援定期」は、鳥取県外に住む人が対象で、500万円を預け入れると年0.4%の高い金利がつくだけでなく、利息1万円が鳥取県にふるさと納税され、地域の特産品なども受け取ることができます。伊予銀行のインターネット支店でも地元愛知県内に5,000円以上ふるさと納税をすれば、9月末残高に応じてキャッシュバックされる上、年0.225%の金利が受け取れます。

超低金利の時代、こうした銀行のサービス、うまく利用したいですね。

出産間近のパパ・ママ必見!学資保険と預貯金はどっちが得!?

将来の教育費を準備する時、学資(子ども)保険を候補にあげる人が多いですが、一方で、「銀行の積立預金でいいのでは?」という人もいます。さて、どちらが有利でしょうか?

預貯金と学資保険の大きな違いは、「お金の増え方」と「保障」「税金の取り扱い」の3つです。

最初に「お金の増え方」について。
学資保険は、預貯金に比べ相対的に運用成果が高いのが特徴です。低金利時代とはいえ、満期まで続けるとそれなりに増えます。(下表参照)

ただ、注意が必要なのが、学資保険は途中で解約したら損になること(解約時期によります)。「できるだけ積立額を増やしたい」という頑張り屋のパパ・ママもいますが、まずは、長期で継続できるか話し合った上で契約金額を決めましょう。「今は余裕があって、もう少し積み立てたい」という人はプラスαで預貯金を利用するのもいいですね。

次に「保障」について。
学資保険は、親(契約者)が死亡した場合、以後の払込みが免除されるという仕組みになっています。もし一家の主に万一が起こっても、満期金を受け取ることができるので安心です。

他には、特約として、育英年金や医療保障を付加できるタイプもあります。育英年金は、親に万一があった時、満期金とは別に年金が受け取れ、医療保障は、子どもが病気やケガで入院した時の保障です。
もちろん特約があると安心ですが、その分、保障にコストが掛かり、お金が増えにくくなるのであまりお勧めしません。まずは何のために加入するのか認識し、保障が気になる人は、既に加入している生命保険等や、自治体によっては子どもの入院費が無料になるなどの助成制度があるので、自分が住んでいる地域はどうか確認することから始めましょう。

最後に、受取時の「税金」について。預貯金と学資保険では課税方法が違います。
預貯金は、利息に対して20.315%(復興税を含む)が源泉徴収され差額を受け取りますが(利子所得)、学資保険は、増えた分が50万円を超えなければ税金が掛からない(一時所得)ようになっており、ほとんどのケースで税負担の心配はありません。

このようなことから総合的にみると、教育費の準備は、預貯金より学資保険が有意義であるといえます。

今回は、預貯金と学資保険を比較しましたが、他にも投資等を含む様々な選択肢があります。迷った時はファイナンシャル・プランナーなどの専門家に相談し、かわいいお子様のためにしっかり教育費を準備しましょう。

「昔は黒髪清楚よりギャルの方がモテた!」マネギャルのケツ論

今や少数派(?失礼!)となってしまっている「ギャル」。
そもそもなぜマネギャル達はギャルになったのか。
今回は、彼女たちがギャルになったきっかけを教えてくれます。

彼女たちが最初にギャル文化に触れたのは子供の頃に見た「雑誌」だったり「漫画(GALS)」なのだそう。

また、今20代のマネギャル達は
「小学校にの時にあゆ(歌手の浜崎あゆみさん)が流行っていて、みんなあゆになりたかった
「当時厚底スニーカーが流行っていて、これが自分の中の超可愛いアイテムだった」
など、小さい時に流行っていたものが、今のギャルの元になっていると話しました。

化粧については、
「雑誌に出ているBefore/Afterのスッピンがビックリで、これなら私にもなれんじゃね?
化粧すれば可愛くなるんだ!
と思ったのが、化粧(ギャルメイク)を意識し始めたきっかけのようです。

また、今の若い女の子については
「今の中高生が何に憧れているのかが気になる」
「今後ギャルが増えてもらっていかないと困る!」

更に
「今のアイドルが増えてきているっていう流れはちょっと敵」
「結局、男は黒髪清楚が好きなんかい!」
昔はギャルの方がモテたのにねー。」
など、昔はギャルでいる方が男の子からも人気だったようで、
今のギャルよりも黒髪清楚が主流の流れは残念な様子。
(今の男性はギャルよりも黒髪清楚が好きなのかは気になります(笑))

果たして、今後のギャルの繁栄のためにもマネギャルが出したケツ論とは!
この先、彼女たちは「ギャルの子孫」は残せるのか!

〜マイナス金利!?〜【第27回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜マイナス金利!?〜

本来お金を預けると利息をもらえるというのが通常の状況ですが、マイナス金利とは、お金を預けると利息を払わなくてはいけない状況のため、預金に手数料がかかるのと同じことになります。

お金を借りている側は、通常は利息を支払いますが、マイナス金利という場合には、お金を借りると利息がもらえます。つまり、お金を借りると利息を払わなくて良いばかりか、ご褒美がもらえるような状況です。

今回マイナス金利政策を導入するということになりましたが、いきなりすべての預金の金利をマイナスにするということではなく、民間銀行が中央銀行である日本銀行に預けている預金の一部にマイナス金利を適用するというのが今回発表になった内容です。

日本は景気の回復が遅れており、物価も上がらない状況が続いています。その状況を変えるために、追加の金融政策の一つとしてマイナス金利が導入されました。
金融緩和、つまり金利を引き下げることによって、民間の会社がお金を借りやすくして、経済を活性化しようということが狙いの一つになります。

個人が預けている預金にもマイナス金利が適用されて手数料を払わなくてはいけなくなるのかということを心配している方もいます。しかし、当面そういった状況になることは考えられません。個人の定期預金の利率が下がることはあっても、マイナスになることはありえないでしょう。

ランキング