【今週の人気記事】ガス代からFXまで、人気記事ベスト3

4460.jpg

春も近づいてきていますが、まだまだ寒さが続いた今週。
今週アップされた記事の中で、特に人気のあった3つをご紹介します。

1位 冬のガス代を抑える、お風呂代を節約するちょっとした秘訣
寒い日が続くこの時期、やはり皆さんガス代は気になるようで、この記事が1位でした。
記事内では実際にすぐに使える節約術や、節約しながら自分自身にメリットになるような入浴方法を紹介しています。
楽しく有意義に、ガス代節約を目指しましょう!
→気になる記事はこちらから

2位 賢くスマホを選びたいあなたへ!オススメ格安スマホ3選
最近よく聞く「格安スマホ」。気になっている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
新生活に向けてスマホを新しくされる方も、今のスマホ料金は高い!と感じている方も、
格安スマホの検討をこの記事から始めてみてはいかがでしょうか?
→気になる記事はこちらから

3位 稼ぐチャンスは1日4回! 為替が動く時間帯を狙おう
FX市場は眠らず、24時間取引が可能です。
そんなFXですが、利益を狙うためには、取引が活発になり為替が動く時間帯を狙う必要があります。
FXに興味がある方、すでに始めている方もより利益を生むためにチャンスの時間帯を抑えておきましょう。
→気になる記事はこちらから

いかがでしたでしょうか?
それでは皆さん、良い週末をお過ごしください。

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

冬のガス代を抑える、お風呂代を節約するちょっとした秘訣

寒い日が続いてつらいこの季節。

お湯を張った暖かいお風呂に浸かると、寒さで固まった体も心もリラックスできますね。ただ、悩ましいのがガス代。水道水の水温が低い分、温めるのにはどうしても、より多くのガスが必要になります。また、ガスストーブなどの暖房器具を使用すると夏の3倍ものガス代がかかることも。少しでもガス代を節約できないものか・・・。そこで今回は、お風呂でガス代を抑える方法をご紹介します。

1、追い焚き禁止!保温シートを活用しよう
家族や恋人、ルームシェアなど、複数人がお風呂を使う場合は、どうしてもお湯が冷めてきてしまいますよね。必然的に追い焚きをしないといけなくなるわけですが、追い焚きってかなりガス代がかかるのです。例えば、38度のお風呂のお湯(180リットル)を43度に上げるよう追い焚きすると約45円かかります。1回の追い焚きで45円。毎日行えば、
45×30=1,350円
1350×12=16,200円
1ヶ月で1350円、1年間で16,200円程かかっていることになります。意外とガス代がかかっているのがお分かりいただけたかと思います。

そこで保温シートの出番!お風呂用の保温シートを、お鍋の落し蓋のように湯面にぺたっと被せ、その上からさらに浴槽の蓋をするという2重の蓋をすることで、お湯の温度をかなり保つことができるのです。しかもお風呂用の保温シートは100円ショップで購入可能!100円で月々のガス代を節約できるなら、やらないと損ですよね。

お風呂用の保温シートがいかに優秀かをご説明したところで、お風呂のガス代節約になるちょっとした方法をご紹介したいと思います。

2、家族は連携プレーで入浴すべし
浴槽の蓋をしっかりしていても、どうしても1時間に1度程度はお湯の温度が下がってしまいます。42度のお湯であれば、2時間で約40度に。大人から入って最後にこどもが入れば、それぞれがちょうど良い温度で入浴できます。入浴の順番と、1人あたりの入浴時間を決めて連携プレーをすれば家族みんなで節約に取り組めますね。こどもが小さいご家庭では、いっそ全員で一緒に入るというのはどうでしょう?お風呂での家族コミュニケーションが図れるかもしれません。

3、半身浴でダイエットもあり
ダイエットや体の調子を整えている方であれば、お風呂の温度を予め低く設定するか、入る順番を最後にすることで、ちょうど良いぬるま湯になっているので半身浴にぴったりです。節約をしながらダイエットもできちゃうなんて、ちょっとお得な気分がしませんか?

グッズを活用しながら、家族と相談しながらなど、賢く楽しく節約したいものですね。

賢くスマホを選びたいあなたへ!オススメ格安スマホ3選

最近よく聞く「格安スマホ」。気になっている方も沢山いらっしゃると思います。
しかし、これまで国内の主なキャリアのスマホしか使ったことがないと、よく知らないメーカーのスマホを使うのは少し不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

今回、そんな「格安スマホ」について、私がコストパフォーマンスに優れていると思う端末を3つご紹介します!なお、今回紹介するスマホのOSはどれもAndroidとなっています。

■とにかく価格を抑えたい!という方にオススメ
まず1つ目はHuawei(ファーウェイ)というメーカーから、Ascend G6価格は19,224円
スペックがそれほど高い訳ではありませんが、薄型軽量ボディーで片手でも扱いやすいモデル。音声通話付きSIMを挿して通話中心での利用や、データ通信専用SIMを挿してSNSやメール中心での利用を考えている方にオススメです。
(価格参照元:http://my.edion.jp/pc/brand/mobile/smartphone.php#Anc02

■よく写真を撮るからカメラの性能は譲れない!という方にオススメ
2つ目はASUS(エイスース)というメーカーから、ZenFone2 Laser価格は26,784円
1300万画素のメインカメラと500万画素のインカメラを搭載。端末名にもあるレーザーAFによって、カメラ機能が充実しています。スマホでよく写真を撮る方にオススメです
(価格参照元:http://shop.asus.co.jp/zenfone/list/ZenFone%202%20Laser/

■動画も見たいしゲームも楽しみたいからスペックの高いスマホがいい!という方にオススメ
そして3つ目はXiaomi(シャオミ)というメーカーから、Mi 4i価格は31,235円
格安ながらもiPhone6に引けを取らない5インチFull HDディスプレイ。処理能力も格安スマホの中では上位に入ります。日本語には非対応とのことですが、日本語のWebサイトを表示すれば日本語で表示されますし、日本語入力はGoogle IMEで表示されるので普通に使えます。格安でもスペックの高いスマホがいい!という方にオススメです
(価格参照元:http://www.expansys.jp/xiaomi-mi-4i-dual-sim-sim-32gb-dark-grey-285274/

いかがだったでしょうか?
もしかしたらあまり馴染みのないメーカーばかりかもしれませんが、どのメーカーも技術力は確かなもので、世界的に注目されているものばかりです。
新生活が始まるこの時期に、あなたも格安スマホデビューしてみませんか?

稼ぐチャンスは1日4回! 為替が動く時間帯を狙おう

FX市場は眠らず、24時間取引が可能。

そのため、ライフスタイルに合わせ、場所と時間を選ばず取引できるのがFXの特徴ですが、利益を狙うためには、取引が活発になり為替が動く時間帯を狙う必要があります。そのチャンスは1日4回。時間帯ごとにポイントがあるので、一緒に見ていきましょう。

■為替が動く時間帯1 日本時間の午前8時〜9時
 経済・マーケットが活発に動き出すのが午前8時。ウェリントン市場(ニュージーランド)、シドニー市場(オーストラリア)、東京市場が開いていきます。特に、月曜日は要注意。週末に起きた「国際会議などの経済イベント」「中央銀行総裁や政治家などの主要人物の発言」「経済状況」「事件・事故」の影響結果が集約されて為替に反映されます。大きなニュースがあった場合、早朝6時の時間帯に、機関投資家の取引が始まるため、値動きがありますのでこちらも注目しましょう。

■為替が動く時間帯2 日本時間の午前10時半〜11時半
 最近何かと注目されている中国の上海市場。この上海市場が動きだす時間帯が午前10時半。中国はGDPが世界第2位の経済大国であり、株価だけでなく為替にも大きな影響を及ぼします。また、中国の経済指標発表にも注目です。年初の株価暴落・円高の原因は、中国経済が大きく寄与しております。

■為替が動く時間帯3 日本時間の午後4時
 ヨーロッパ市場・ロンドン市場が活発に動きだす時間帯が、午後4時。アジア勢に、欧州勢の参加者が加わることで取引が活発となり、為替が変動します。現在は落ち着きを取り戻していますが、ギリシャショックで世界経済を騒がしていたのは記憶に新しいでしょう。ヨーロッパ各国の経済指標発表も順々と行われていく時間帯ですが、世界第4位のドイツ経済には要注目です。

■為替が動く時間帯4 日本時間の午後9時半〜11時
ニューヨーク市場が開き参加者が一気に増加。24時間の中で、為替が最も動く時間帯が午後9時半から11時です。いわば、”プレミアタイム”の突入です。このプレミアタイムは、仕事から帰ってきたり、家事がひと段落したりと、ゆっくりできる時間帯でもあります。どうしても忙しい方は、この時間帯だけに限定して取引を行うことにしても良いでしょう。
午後9時半から重要な経済指標が順次発表されます。特に重要なのは、毎月第一金曜日に発表される雇用統計です。この日は、FX投資家の中では、「お祭り」と言われるほどです。

以上のように時間帯ごとの値動きを把握しながら、戦略立てていくことが大切です。

ランキング