究極のホスピタリティ体験!東京タワー大展望台にお風呂が出現!?

4363.jpg

レクサスは、3月4日より東京タワー大展望台に「天空の湯会」と銘打ち、小山薫堂プロデュース、隈研吾デザインによる「風呂」を展示する。

レクサスは、今の時代にふさわしい「LUXURY」を追い求め、独創的な活動を続けている。今回の施策は、レクサスの考える新しい上質探しの旅を続けるテレビ番組「上質の地図-GRAND ATLAS-」のスペシャルプロジェクトとなる。

プロジェクトリーダーを務める小山薫堂氏は、日本が世界に誇ることのできる可能性を秘めた文化として「風呂」に着目。この文化を広げるために考えた方法は、高さ150メートル東京タワー大展望台に「風呂」を設置するというものだ。湯室を設計するのは、国際的建築家、隈研吾氏。隈研吾氏ならではの解釈により「風呂」は分解、再構築され湯道へと昇華する。

レクサスでは、究極のホスピタリティ体験「天空の湯会」を3月4日から31日まで東京タワー大展望台1階で展示。3月4日には応募当選者のみが入れる特別入浴体験も予定している。

<関連記事>

画像一覧

  • レクサス 天空の湯会
  • 小山薫堂氏
  • 隈研吾氏

提供元

関連記事

特集

関連記事

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

【電力自由化アンケート調査】発見!電力選びが楽しくなる方法

私たちの生活や家計に大きな影響を与える「電力自由化」。自由化によってお得になるのだろうということは想像つくけど、実際はよくわからない…。

ということで、「他の人はどうなんだろう」というみなさんの素朴な疑問におこたえするために、マネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査を実施。その調査結果から見えてきた、「電力自由化」に関する”今”を検証する第2弾。

●電力自由化で知りたいことは?
そもそも「自由化」って何だかわからない!という方は、ぜひこちらをぜひお読みください。

さて、本題にもどります。アンケート調査の『電力自由化で知りたいことは何ですか?』という質問への回答結果はこのようになりました。

「料金」や「支払いについて」などのお金に関することは42.2%と4割を超え、一番の関心事であることがわかります。その上で注目したいのが「サービス内容」や「ポイント還元」、「導入メリット」などの料金以外メリットが37.8%と4割近くになったという結果。つまり、今回の「電力自由化」において、多くの人が料金と同じように料金以外のメリットに注目していることがわかります。

●電力選びを楽しむ方法は、ズバリ「料金以外に注目する」!
日々ニュースで流れてくる「電力自由化」の情報。正直、お腹いっぱい!という方、結構いるんじゃないですか?しかし、実行するとお金が貯まる私たち『マネーゴーランド』は、みなさん自身にとってお得なプランを楽しみながら選んでいただきたい!と考えています。

そこで、電力選びを楽しむ方法として、「各社の料金以外のメリットに注目する」ことをおススメします。そうです、楽しみながらというのが大切なんです!

これは、「 電力会社の変更を検討する際に、料金以外で選択に影響の大きいサービスはどれですか?」という質問の回答結果です。「ネット通信と電話料金との提携や割引」、「家庭用ガス」などの家計に大きくかかわることとの関わりが大きいようですね。そして…各種ポイントサービスとの提携にも期待が集まっているようです。

いかがでしたか。″他の人はどうなんだろう”から見えてくる「電力自由化」。楽しくお得に4月の本格スタートを迎えましょう。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,000名)

【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAの超カンタンおさらい

こんにちは。突然ですが、「2月13日」は何の日か知ってますか?

「NISA(に・い・さ)の日」なのです。金融庁がNISAを広めようと昨年より制定しました。編集部では「NISAの日」にちなみ「NISA特集」として、マネーゴーランドに記事を執筆中のファイナンシャルプランナーのみなさまにアンケートを実施しました。マネーゴーランドのメイン読者層である、NISA/ジュニアNISA初心者へのオススメファンドをセレクトしていただきました。ことばはよく耳にする「NISA」ですが、実際にファンド購入までは、、という人がまだまだ多いようです。日銀のマイナス金利施策により、超低金利がさらに低くなり、銀行の定期預金はほぼ金利ゼロの現在、多少のリスクは引き受けても投資をする必要がありそう。まずは運用益が非課税になるNISAからはじめてみる、というのが編集部のオススメです。

(株)プラチナコンシェルジュのファイナンシャルプランナー國場弥生さんに、制度のおさらいやアンケート結果のまとめをしていただきました。全体を2部構成とし、前編は、「NISA」と「ジュニアNISA」の概要のおさらい。後編はアンケート結果とそのまとめです。


新たに創設された少額投資非課税制度「ジュニアNISA」が2016年1月からスタートしました。「ジュニアNISA」は、こどもの将来に向けた資産運用を促進するための制度で、株式や投資信託などに投資して得られた利益に税金がかかりません(一定の条件あり)。成人が利用できる「NISA」も2016年から投資限度額が年間100万円→120万円にアップし、ますます注目されています。

ここで改めて、「NISA」と「ジュニアNISA」について概要をおさらいしておきましょう。
20歳以上の人が誰でも利用できる少額投資非課税制度「NISA」は、年間120万円を限度に5年間、株式や投資信託などに投資して得られた利益が非課税になる制度。例えば100万円の投資元本が3年後に120万円になり、その時点で売却すると利益は20万円です。本来であれば、その利益の20%(4万円)が税金ですが、NISAを利用することで非課税になります。(NISAについてはこちらの記事もご覧ください)
一方、19歳までの人が利用できる「ジュニアNISA」は「NISA」を参考に作られた制度ですが、非課税で投資できる限度が年間80万円となっている点や未成年である本人に代わって親が運用管理を行う点、本人が18歳になるまで現金として払い出すことができない点などいくつかの違いがあります。

例えば、夫婦と子どもといった家族構成なら「NISA」限度額120万円×2人と「ジュニアNISA」限度額80万円×1人で毎年合計320万円分という大きな非課税枠を持つことになります。枠がたくさんあって利用の仕方に迷うときには、目的別に優先順位を考えてみることをおすすめします。子どもが大学や専門学校へ進学したときに使うお金、あるいは子どもが将来自由に使えるお金を準備するという明確な目的があるなら、途中で払い出すことができない「ジュニアNISA」が適しています。親が管理するとはいえ、子どもと一緒に投資について考えることができれば、生きた経済・金融の教材にもなり得ます。老後資金など自分たちが使うため、あるいは使途はまだ決めていないお金は、いつでも払い出すことができる「NISA」が良いでしょう。余裕があれば、親も子どもも1万円ずつ積立投資をスタートするなど、同時並行も可能です。
非課税の対象となるのは株式や投資信託など値動きのある金融商品なので、積立投資は重要なキーワード。大きな値動きにハラハラドキドキしないためには、すぐに使う予定のない“余裕資金”で“一度にまとめて投資しない”が鉄則です。

後編:NISA/ジュニアNISAオススメファンドは?

(執筆:國場弥生

【電力自由化攻略!】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.01】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●電気料金を見直す絶好の機会
2016年4月1日から始まる電力の全面自由化。これまでは住んでいる地域によって契約できる電力会社があらかじめ決まっていましたが、今春以降は自分の好きな電力会社を自由に選ぶことができます。

すでに新規参入する「新電力」会社の登録数は早くも140社を突破。エネルギーを取り扱う企業だけでなく、サービス業などいろんなジャンルからの参入も増えています。

●このシリーズでは「お得」に特化
電力自由化については漠然と分かっているけど、具体的に何をどうすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこのシリーズでは、「お得」を味わうための“有益な情報”を厳選してお届けします。

「毎月の電気料金をなるべく安くしたい」「ライフスタイルに見合ったプランを選びたい」「とにかくポイント還元で得したい」など、みなさんが一番気になるところにスポットを当ててじっくり解説。きっと自分が納得できるプランが見つかるのではないでしょうか。

●まずは関東圏の方が得するプランをお届け
日本全国で一斉にはじまる電力の全面自由化。これまで10社しかなかった電力会社が一気に増えるだけでなく、提携してサービスを開始するプランも一気に増加。その選択肢は非常に豊富で収集がつかなくなってしまうほど。

そこでまずは、関東圏にお住いの方が享受できるプランに絞り込んで、その魅力や特徴などをご紹介します。(関東圏以外のみなさま、ごめんなさい)

●テーマに合わせてカテゴリーを分類
それぞれの会社によって得意なジャンルは違うもの。電力全面自由化がはじまるまでに、毎回テーマごとに絞り込んだサービス&プランを解説します。プランによって異なる特徴やお得ポイントをじっくり読んで判断すれば、4月1日から電気料金の節約やポイント還元がきちんと享受できるようになります。

次回からは、実践編となる各プランをテーマ別にご紹介していきたいと思います。せっかく訪れた絶好のチャンス。電力自由化を正しく理解してきちんと活用すれば、有意義なマネーライフがやってくるでしょう。

ランキング