車で卒業旅行!観光中の駐車場を安く抑えるために気をつけたいポイント

このレシピを実行して

2,000貯まる!
<材料>

・コインパーキング

・観光スポット併設ショッピング施設

・宿泊先駐車場

・レンタサイクル

<How to>

1コインパーキングの注意書きをよく読む

2利用額に応じた無料サービスを利用する

3宿泊先の駐車場を利用して、移動をレンタサイクルにする

※スカイツリー周辺のコインパーキングに駐車した場合
→平日1時間およそ1,000円、2時間利用で2,000円
ソラマチの駐車場を2時間無料で駐車・・・2,000円節約

4245.jpg

学生生活最後に仲間と楽しく卒業旅行!

車で行けば、1人あたりの交通費が抑えられますし、わいわいがやがやとしていても大丈夫。目的地までにも気になるところへふらっと立ち寄ったり、コンビニに寄って飲み物を買ったりと自由に行動できるのが魅力です。しかし、気をつけなければいけないのが駐車場。観光地の駐車料金って高めに設定されていることが多いのです。そこで、駐車料金をなるべく安く抑えるための注意事項とポイントをご紹介します。

1、コインパーキングの利用規約はしっかり読むべし
コインパーキングには、「1日最大○○〇円」などと大きく書かれている看板がよくありますよね。「1日最大1,000円」と書かれていたら、普通に考えると2日で2,000円だと思いますが、実はちがうことがほとんど。よく見ると、「1日限り」や「翌日からは時間制」などと注意書きされていることが多く、最大料金だけで済む時間帯が限定されている場合も。何日利用してもその額なのか、1回限りなのかはしっかりと確認する必要があります。

2、駐車場はコインパーキングだけだと思うなかれ
観光地付近に駐車場を探す場合、ほとんどの方がコインパーキングや観光地特有の時間貸し駐車場を検討しますよね。ちょっと視点を変えてみて、それ以外の駐車場に目を向けてみましょう。例えば、観光スポットとショッピングモールが併設されている場所の駐車場です。大体の場合、指定の買い物額につき〇時間無料などと利用規則が決められています。例えば、東京スカイツリーを見学する場合、ソラマチの駐車場を利用すると便利です。3,000円以上の買い物で1時間無料、5,000円以上の買い物で2時間無料なので、お土産やグッズなど、旅行仲間各自が購入すれば全く問題ない額ですよね。浅草も近いので、周辺観光にはもってこいです。ただし、駐車場が明らかに混んでいる場合や、長時間の利用はさすがに控えたほうが良いでしょう。

3、宿泊先が近くなら、問題なし
宿泊先の駐車場が、宿泊中無料であるならばそこを利用するしかないでしょう。宿泊先によってはレンタサイクルなどのサービスもありますから、移動手段にも困りませんし、わいわい楽しく観光を楽しめそうですね。

車観光につきものの駐車場問題。規則やマナーに気をつけて、賢く利用してくださいね。

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

卒業旅行、ポイントは早めの予約

長かったような、短かったような、思い出いっぱいの学生生活も残りわずか。春から様々な道へ進むみなさん、卒業旅行の計画は立てていますか?

折角の卒業旅行ですから、気の置けない仲間と是非海外へ!社会に出ると、長期休みはなかなかないので今がチャンスです。学生生活最後に、海外でたくさんの思い出と経験をつくりましょう。

1.早期計画が吉!
国内旅行でしたら直前の計画でも、もっと言えば出発日でもなんとかなるものですが、海外だとそうはいきません。まずパスポートが必要ですし、国によってはビザの申請も必要になります。また、外務省が出している海外安全情報で渡航しても安全であるのか確認することも大切です。

・早期計画で選択肢の幅を広げよう
早期に計画することで、各旅行会社の様々なプランを時間をかけて比較することができます。これが意外と需要で、プランによって現地ガイドがいたりいなかったり、食事があるのかないのかなど様々です。希望する内容のプランでどこが一番安いのかしっかり比較しましょう。

2.割引プランでお得に
・ユニークな割引キャンペーン
海外旅行のHISでは、「100個割!!!!」という割引キャンペーンを行っています。
18歳以上29歳以下の方で、学生証提示がまず条件です。それプラス条件となるのが・・・
旅の申し子割・・・名前に「旅」の文字が入る方
当選割・・・宝くじで100万円当てた方
こちらの2つどちらかに該当する人は、なんと99%割引だそう!(諸条件あり)他にも、5000円引きの「またね割(留年決定者)」や1000円引きの「初体験割(海外旅行が初めての方)」など様々な種類があるのでチェックしてみてください。
・カードでお得なキャンペーン
イオンマークのカード会員だと、JALパックや日本旅行などの海外ツアーが最大6%OFFになるという特典があります。イオンマークのカードを持っている友人がいたら、是非ともカードを活用させてもらいましょう!
・大学生協を活用しよう
お世話になった大学生協。なんと、卒業旅行までもお世話になることができます。しかも組合員割引で2000円引き、さらに早期予約割引で3000円引きの合計5000円引きが実現するプランもあるので、これは要チェックですよ!大学生協だけあって、学生にとっても優しいプランが揃っています。
・一番メジャーな早期割引
出発日の30~60日前までなど、早期の申し込みでお得に旅行が楽しめる早期割。通常価格から5000円引きなんてプランもたくさんあります。行きたい場所を最低でも出発予定日の一ヶ月半前までに決めておいて、インターネットで早期割引プランを探すという方法が手っ取り早くおすすめです。

ペットと一緒に卒業旅行!お得で想い出になるおすすめコースとは?

動物好きの友人と、ペットを飼っている者同士で可愛い自慢のペットと一緒に旅行できたら嬉しいですよね。

学校を卒業して、春からペットと離れ離れになってしまう方なら一層思い出を作っておきたいのではないでしょうか。卒業旅行は、ペットと一緒に。お得に楽しんじゃいましょう。

1、交通手段は車で
ペットを連れて行くとなると、公共交通機関では別途料金が必要だったり、動物アレルギーの方への配慮など少し大変ですよね。友人たちや家族と行く卒業旅行なら、車移動がおすすめです。列車や飛行機での移動よりも、1人あたりの交通費が安く済みますし、高速道路では、今流行りのドッグランがあるサーピスエリアも増えています。休憩時にペットを外で気持ちよく遊ばせてあげることができるので、ペットたちも大喜びです。

2、ペットが喜ぶお得なプランがあるお宿を選ぼう
・愛犬と過ごす癒しのバリ風宿 海宿 太陽人
南伊豆にある、ワンちゃんOKのお宿。約3000坪という広大な敷地にはワンちゃんに嬉しいドッグランがあります。館内には、まるでバリにいるかのような、家具も小物も本場バリ島から直輸入されたものがあふれます。露天風呂や、下田港で水揚げされた新鮮な海鮮料理を楽しめるなど、飼い主さんも満足のお宿です。

・カーロ・フォレスタ軽井沢ジャルディーノ
軽井沢にあるお宿。総面積3,300平方メートルという広大な敷地には、愛犬のための施設も充実。ドッグランやセルフトリミングルーム、コミュニティールームなど充実の設備です。また、「ペットのお預かりサービス」もあるので、少しお出かけしたい際は便利です。さらに、期間限定ですが、ワンちゃんの宿泊料無料キャンペーンもあるので是非チェックしてみてください。

・蓼科わんわんパラダイスJr
長野県女神湖にある、一戸建て独立コテージのお宿です。全棟にキッチンと調理器具がついているので、大人数で宿泊する際は、お鍋や焼肉などをしてワイワイと楽しめます。また、近くにスキー場がいくつかあるので、リフト券付きというお得なプランもあります。ワンちゃんには、嬉しいおやつのプレゼントも。

一軒家コテージや貸別荘ですと、1人あたりの宿泊料が抑えられたり、大人数で宿泊することができますし、ペットOKのホテルならばサービスが充実しているなどそれぞれお得な特徴があります。用途や希望に合わせてどのタイプを選ぶか旅仲間と相談するのも楽しいですね。かわいいペットたちと素敵な旅をお楽しみください。

卒業旅行で海外に!そんなとき、ペットはどうするの?

都心では一人暮らしでペットを飼う人も多くなってきており、学生も例外ではありません。

ペットのことを考えれば1泊以上部屋を空けるのはよくありませんが、海外旅行などで否応なく外泊する場合、どのようなケアサービスがあるのか知っておいた方がいいのではないでしょうか。

1. 「ペットホテル」に預けて安心
ペットホテルとは、通常人間が使うホテルとほとんど変わらない施設を有しているものです。食事、散歩など基本的な世話をしてくれます。犬や猫以外にも、猫やウサギ、鳥、なかには爬虫類なども対応しているホテルもあります。安いところでは一泊2,000円程度で利用可能です。高いところになると、ケージが一匹につき1つつきます。つまり通常のホテルと同様、「一人一部屋」という状況になると料金は高くなっていく傾向にあります。
なお、ペットホテルは一応、市町村に届け出を出して、審査をクリアした業者のみが営業許可をもらえる仕組みになっていますので、ホテルを選定する時には許可証を確認するようにしましょう。

2. ペットのストレスを軽減する「ペットシッター」
前述のペットホテルはペットにとって少なからずストレスです。場所が変わり、初めて会った他のペットたちと過ごすわけですから。「そんなことはさせたくない」、「うちの子には無理」という場合に使えるのが、ペットシッターです。ペットシッターは、飼い主の家まで訪問し、ペットのトイレや食事・散歩などの意世話をしてくれます。その際には当然、合鍵を預けてのサービスになるため、信頼関係や業者としての信頼感が重要になってくるでしょう。また、金額的にはペットホテルよりも若干割高になってきます。

なんにせよ、そのペットの性質や性格に合わせて利用サービス方法を選択しましょう。
その他、宿泊先のホテルでペットも預かってくれるサービスも最近では多く流通していますが、海外旅行となると飛行機の移動もあるため、少し難しいかもしれませんね

事前に調べる事で駐車場代を大幅節約!

自動車に比べてバイクの駐車代は割安なため、節約しづらいと考えられがちですが、そんなことはありません。とくに都心での施設やデパートなどにおける長期滞在においては、駐車場代を節約するテクニックがありますので、今回はそれをご紹介します。

■商品券購入➡チケットショップ転売で、駐車場代大幅節約

百貨店やデパートの駐車場の料金は悩ましいものです。都心のデパートなどは周辺の多くの駐車場と提携しており、基本的に買い物をすれば無料駐車券をもらえたりしますよね。でも、駐車券をもらうために購入しなければと考えながらお買い物をするのもストレスが溜まってしまいますし、それでは買い物の判断に支障をきたします。

こういった場合は、図書券や商品券をデパートで買ってしまいましょう。大抵2,000円前後の券を買ってしまえば無料駐車券はもらえます。各種の券であれば、使いたいときにいつでも使えますし、現金に戻したいと考えれば、チケットショップに売り払うのも手です。また、大抵のチケットショップで、例えば2,000円の図書券は、92%程度(1,840円)で買い取ってもらえます。

ちなみに、換金率の高いチケットというものもあります。例えば、「全国百貨店共通券」であれば額面の97%の換金率で買い取ってくれる事もあります。この場合、図書券の1,840円にくらべて、100円高い1,940円での買い取り金額となります。

こういったことをすることで、もしかしたら数千円かかってしまう駐車券を180円程度で済ませられる計算になるのです。

■駐車場を前もって調べておく

また、目的地に応じて、その近くの駐車場を前もってリサーチしておくことで、節約することが出来ることがあります。行きたい施設の提携駐車場がある場合は、お買い物やお食事で駐車場の割引があることもありますし、逆に、その施設の駐車場よりも、最寄りのコインパーキングの方が安いということもあります。特に、長い時間そこにいる場合は、この差が大きくなっていくので、節約できる駐車場を賢く調べましょう。

車に比べてバイクの駐車代は安いとはいえ、こういったことを知っているだけで節約になるので、ぜひ行動に移してみましょう。

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

ランキング