【ペーパードライバーは損!?】文系ちゃんが始めるカーシェアリング~第一話~

4310.jpg

主人公の文系大学生”文系ちゃん”と相棒の”ピコリ”が、利用者も続々と増えている「カーシェアリング」をお得に賢く活用していくシリーズの第一話。

<登場人物>

文系ちゃん:22歳の文系大学生。おトクなことが大好きだけど、計算はニガテで世間知らず。本と映画が大好き。

ピコリ:4歳の黒い犬。文系ちゃんの相棒的存在でツッコミ役。お得な情報をたくさん知っている……が、犬なので自分では利用できない。

免許を使わないと年間7,000円の損!?

文:実は、このあいだの更新でゴールドになったの!

ピ:へーすごいじゃん。じゃあ今度ドッグランでも連れてってよ。

文:え…いや、車ないし…もう5年以上運転してないし…

ピ:って、ペーパーかよ……

学生時代に「とりあえず」で取った普通運転免許証。
若いうちは保険料も高いし、電車やバスで移動できるし、駐車場は高いしローンは怖いし…
と、結局ペーパーにしちゃいがちではありませんか?

教習所で取得時に250,000円前後の出費、そして更新時講習費も必要…
仮に20歳で取得、60歳まで使わずに持ち続けるとしたら、
年間にして約7,000円ずつ、合計274,000円という高〜い身分証に…
(免許取得料金250,000円、優良講習費3,000円として概算。)

確かに維持費や購入費を考えると、車をもつのには二の足を踏みがち…
でも、せっかくバイトや授業の合間を縫って取ったはずの運転免許証。
使わなきゃもったいない!ですよね。

文:確かにもったいないけど、車って、買うとなると高いし、中古車でもメンテナンス費ですごくかかるらしいし、維持費もかかるっていうし…

ピ:確かに車の維持費は平均で月額13,900円だから年間で約170,000円(注1)。新車と中古の平均価格が1,700,000円くらい(注2)だから、平均車齢が8年(注3)だとしても、年換算で約220,000円だもんね。

文:え、えっと、つまりいくら必要なの…?

ピ:つまり車を持つと年間350,000円〜400,000円の支出になるってことだよ。

文:やっぱり、まだ車を買うのは無理だなあ…

ピ:じゃあ、レンタカーを使ってみたら?

文:手続きが大変そうだし、遠くまでドライブ行かないし、買い物のときだけあればOKなんだけどなー。

ピ:じゃあ、とりあえずカーシェアでも使ってみれば?

レンタカーを借りるほどじゃなくても、ちょっとした買い物や短いお出かけの時間だけ車があったら便利…と思っている人は多いのでは?
そんなジレンマに悩む人に、今オススメなのが「カーシェアリング」なのです。

カーシェアリングはどこで使える?

文:カーシェア?聞いたことはあるけど…実際にはどうやって使うのかな?

ピ:カーシェアだったら、そこの時間貸駐車場で使えるじゃない。

文:えっ、気付かなかった…これが使えるってことなの?

ピ:そういうこと。車の前に看板が置かれてるのはカーシェアの車だよ。

時間貸駐車場を覗いてみると、カーシェア用の看板が置かれた車が何台か混じっているものです。
全国7,000件以上のステーションがあり、車両台数も12,000台以上。1台だけでも置かれている駐車場は珍しくありません。
クラウドシステムで近くのステーションや使える車も検索できます。
その便利さから、いまや会員数は460,000人を超えています。(注4)

文:ここだったら歩いてすぐ来られるし、車庫や契約駐車場がなくても使えるのね。

ピ:予約はWeb上でできて、入会時に発行されるカードでロックが解除できるようになってるんだよ。

文:じゃあ受付が必要ないってこと? それなら手続きもカンタン!

文:でもお手軽なのはわかったけど、肝心の料金は?

ピ:お金、お金って、ニンゲンは大変だなあ…。じゃあ、次回は実際に値段を計算してみようか。

文:け、計算……

ピ:本当に計算嫌いだね。ま、おトクにしたいなら頑張るんだね〜。

さて、カーシェアリングは実際いくら位お得になるのでしょうか。
次回は、カーシェアリングの料金を詳しく比較しながらみていきます。
詳細は次の記事でどうぞ!

第ニ話【カーシェアの金額を徹底比較!】を読む
第三話【カーシェアの申込みを完全レポート】を読む

====
* 注1 【ソニー損保 2015年全国カーライフ実態調査】
* 注2 【日本自動車工業会JAMAレポートno.89】
* 注3 【(一財)自動車検査登録情報協会 統計情報】
* 注4 【(公財)交通エコロジー・モビリティ財団 わが国のカーシェアリング車両台数と会員数の推移】
※参照は全て執筆時のもの

<関連記事>

画像一覧

執筆者

北町とびら (きたまち とびら)

ライター。ダルダル系アラサーメンヘラ大学院生。 写真・美術など芸術分野が専門。別名義で美術系のライター、地域広報誌記者など。 本好きが高じてセルフパブリッシングの装丁・組版・編集もこっそり請負。

北町とびら

関連記事

特集

関連記事

超時短!経路検索から予約まで30秒!乗換案内とオリックスカーシェア連携

ジョルダンとオリックス自動車、カーシェア・マップは、ジョルダンが提供するスマートフォンアプリ「乗換案内」と、カーシェア・マップが開発したオリックス自動車専用スマートフォンアプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」の連携を8月5日より開始した。

今回の連携により、これまでのウェブサイトへのリンクではなく、目的地の駅周辺のカーステーションをダイレクトに検索し予約することが可能となり、公共交通とカーシェアリングの組み合わせ利用の利便性が飛躍的に向上する。なお、経路検索サービスとカーシェアのアプリ連携は、業界初の取り組みとなる。

予約手順は、スマートフォンアプリ「乗換案内」より経路検索し、検索結果画面の「駅名」をタップ。連携機能の「カーシェアを使う」をタップすると、駅最寄りのカーステーションが地図上に表示される。次に利用したいカーステーションをタップすると設置車両が表示され、希望車両をタップし、利用日時を指定すれば予約が完了。乗換検索からカーシェア予約まで、最速30秒で行うことができる。

事故減少に期待!トヨタ、路車間・車車間通信を活用した世界初の運転支援システム搭載!

トヨタ自動車は9月30日、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITSコネクト」を近日国内で発売する車種に世界初搭載し、本年内に3車種まで展開すると発表した。

ITSコネクトでは、車両に搭載された通信装置や交差点・信号機に設置された通信装置を使用。従来の車載センサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信することで取得し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援する。

路車間通信システム(DSSS)では、交差点で右折待ち停車時、対向車線に直進車や、右折先に歩行者がいるにもかかわらず発進しようとした場合や、赤信号交差点に近づいてもアクセルペダルを踏み続け、ドライバーが赤信号を見落としている可能性がある場合などに、表示とブザー音により注意喚起を行う。

車車間通信システム(CVSS)では、先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車両の場合、車車間通信により取得した先行車両の加減速情報に素早く反応して、車間距離や速度の変動を抑え、スムースな追従走行を実現。また、サイレンを鳴らしている緊急車両が周辺にいる場合に、ブザー音が鳴り、自車に対するおよその方向・距離、緊急車両の進行方向を表示する。

【豪雨】東武鉄道の宇都宮線、10月7日に全線再開へ

東武鉄道は9月30日、宇都宮線安塚(栃木県壬生町)~西川田(宇都宮市)間3.5kmの運転を10月7日に再開すると発表した。

宇都宮線は、新栃木~東武宇都宮間24.3kmを結ぶ東武の鉄道路線。関東・東北豪雨の影響で安塚~西川田間の姿川第二避溢(ひいつ)橋りょうが流失したため、同区間でバスによる代行輸送が行われている。

東武鉄道の発表によると、9月30日時点では仮設橋台の設置作業が引き続き行われている。その後、仮設橋桁の設置作業と線路の復旧作業が行われる予定。10月7日の初発からの再開を目指す。

その運転大丈夫?クラウド連携で安全運転を支援する業務用ドライブレコーダー……富士通テン

 富士通テンは、クラウドと連携して安全運転を効率的に支援する業務用ドライブレコーダー「OBVIOUS(アヴィアス)レコーダー G500シリーズ」2機種を発売する。

 ドライブレコーダー専用モデル「DRU-5010」を18日から、デジタコ搭載モデル「DRD-5020」を12月下旬から発売する。「OBVIOUSレコーダー」はタクシーや運送用の車両など業務用途に適したドライブレコーダーで、今回の新機種では安全運転支援、運行管理データの活用、高画質化、カスタマイズ機能や拡張性といった要素が強化されている。

 クラウドとの連携により、画像自動解析で事故に繋がる可能性が高いヒヤリハット画像を抽出したり、車両の位置や前方車両との車間距離、急ハンドルや急ブレーキといった動態をリアルタイムに事務所で把握することなどを可能としている。オープン価格。

ランキング