“半個室”も!お得なだけじゃない!東京-大阪間のいまどきの移動手段

4271.jpg

東京の大阪の間といえば新幹線を使う人が多いが、陸路や空路を好んで選ぶ人もいる。女優でタレントの堀ちえみさんは2月初旬、自身の公式ブログで「大阪への移動が飛行機の訳」と題した近況を伝えた。あえて“新幹線以外”を選ぶ人たちに聞いてみた(写真24枚)。

1983年のテレビドラマ「スチュワーデス物語」(TBS系)で客室乗務員を演じ脚光を浴びた堀さんは、「最終の新幹線で大阪に戻り、寝てる2人の(子の)手を握って、翌朝始発の新幹線でまた東京へということも多々ありました」とかつてを振り返り、新幹線から飛行機に切り替えた理由をこう伝えた。

「新幹線だと座っている時間が多くて、おまけにメイクしている間や、本番もずーっと座っているので、腰がもたなくなり、飛行機通勤にしたというのが、きっかけです」

「安いから」という理由で空路を選ぶ人もいる。成田~関空を結ぶ“LCC派”だ。この路線には、ピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパンなどが就航し、片道4000円程度からチケットが売られている。

「全部で7000円ぐらいならばLCCを選ぶかも」と話すのは、都内の女性団体職員。アイドルグループのコンサートなどを追いかける彼女は、週末午後の開演にあわせ、「東京から1000円の空港連絡バス、5000円のLCC、1000円の南海線やJR線と乗り継いで大阪に行く」という。

また、彼女は「夜行バスで帰るときもある」と続ける。「最近、大阪市内のホテルや宿がどこもいっぱいで、そういうときはできるだけ“寝れるタイプ”の夜行バス」とも教えてくれた。

大阪のホテルなどがインバウンドたちでどこも満室だった2月中旬、新幹線の東京行き最終「のぞみ64号」のあとに大阪を発つウィラーエクスプレスの“半個室バス”で帰京する機会があった。カプセルホテルの空間に似た「コクーン」だ。

その名の通り“まゆ”のような楕円形の独立シート空間は、窮屈感があるのは否めないが、入口以外は壁・窓に囲まれているので、となりの乗客が気にならない。この日、通路をはさんだとなりのカプセルには「テストがあるから、新幹線よりも早く東京に着くバスを選んだ」という都内の大学生が乗っていた。この日の車内は満席で、半数が女性だった。

「夜行バスで壁がない席だと、スマホとかパソコンの明かりが気になる。となりでスマホが光るのもいやだし、自分もそう思われたくない。あしたのレポートのために、コンセントに充電しながらウェブ見たり、本読んだり。さすがに2時半ごろ寝ちゃったらしく、清水(PA)に止まったのは気づかなかった」(同)

このコクーンは、梅田の専用バスターミナルを21時50分に発ち、名神高速道の草津PAで最初の休憩(25分)、鉄道の“運転停車”に似た乗務員交代用停車を経て、3時過ぎに新東名道の清水PA(NEOPASA清水)、6時20分に池袋駅前へと滑り込む。

運賃は、梅田から池袋までで8200円で、前出のLCC利用の大阪市内~都心の料金とほぼ変わらない。新幹線利用と比べ、陸路・空路とも5000円前後安いうえ、コクーンには電源やエンタメモニターがひとりにひとつ付き、ゴロンと横になれるという利点もある。

池袋で降りたスーツ姿の男性は、「東京に出張。大阪の自宅で子どもたちといる時間を多めにとりたいので、夜行バスを選んだ。これから神田へ向かう」と伝え、スーツケースを転がしながら、足早に駅へと向かっていった。

<関連記事>

画像一覧

  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の最初の休憩地、名神高速道・草津PA
  • 成田と関空の間はジェットスター・ジャパンやピーチが結んでいる
  • 東名阪という日本の大動脈を担う新幹線
  • 再開発がすすむ大阪・梅田エリア。ウィラーエクスプレスの専用ターミナルはこの梅田スカイビル直下にある
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の最初の休憩地、名神高速道・草津PA
  • 関空と大阪・なんばを結ぶ南海線特急「ラピート」車内は、無料Wi-Fi「Osaka Free Wi-Fi」が使える
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の車内。NHKニュースを見ながら、キーボードをたたく。この日は満席
  • ウィラーエクスプレスによる東京~大阪間の夜行バスは、高速道のSAやPAで2回休憩する
  • 成田と関空の間はジェットスター・ジャパンやピーチが結んでいる
  • 東名阪という日本の大動脈を担う新幹線
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の2回目の休憩地、新東名道・清水PA(NEOPASA清水)
  • ウィラーエクスプレスによる東京~大阪間の夜行バスは、高速道のSAやPAで2回休憩する
  • 成田と関空の間はジェットスター・ジャパンやピーチが結んでいる
  • 梅田スカイビル直下にあるウィラーエクスプレス専用ターミナルへ向かうピンクのバス
  • 新幹線派は新大阪駅の進化を肌で感じているという
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の車内。NHKニュースを見ながら、キーボードをたたく。この日は満席
  • ウィラーエクスプレスによる東京~大阪間の夜行バスは、高速道のSAやPAで2回休憩する
  • コンセントが使える新幹線700系車内
  • 成田と関空の間はジェットスター・ジャパンやピーチが結んでいる
  • 関空と大阪・なんばを結ぶ南海線特急「ラピート」車内は、無料Wi-Fi「Osaka Free Wi-Fi」が使える
  • 東名阪という日本の大動脈を担う新幹線
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の最初の休憩地、名神高速道・草津PA
  • ウィラーエクスプレスの東京行き「コクーン」の2回目の休憩地、新東名道・清水PA(NEOPASA清水)
  • 6時20分、定刻に池袋駅に到着したウィラーエクスプレス「コクーン」

提供元

関連記事

特集

関連記事

仕事の出張:一般席並みの料金で新幹線のグリーン車に乗れちゃうお得な裏ワザ3選

先生すらも走り回るほど忙しい季節、師走。年末の決算時期に向けて、国内を出張で飛び回るという方も多いかもしれません。新幹線のチケットはどうやって確保していますか。今回は、一般席並みの乗車料金でグリーン車に乗れちゃうワザを3つ紹介します。

1. こだま専用グリーン券を利用する
JR東日本が販売しているこだま号専用グリーン回数券は、通常の乗車料金にたった500円をプラスするだけで、こだま号のグリーン車に乗れちゃうオトクな回数券です。4枚つづりになっている回数券の有効期間は3か月間。なお、4/27~5/6、8/11~20、12/28~1/6のハイシーズン期間は利用できないので注意が必要です。時間に余裕がある出張のときは、のんびりこだま号を利用してもいいかもしれません。

2.「ぷらっとこだまグリーン車プラン」を利用する
JR東海ツアーズが販売している「ぷらっとこだまエコノミープラン」のグリーン車版 「ぷらっとこだまグリーン車プラン」があります。エコノミープランなら、東京~新大阪間の場合は、料金は通常のこだまより3950円、のぞみの普通指定席より4250円も安くなります。グリーン車プランは、エコノミーより1500円プラスするだけで、こだま号のグリーン車に乗車できます。グリーン車は広くて空いていて快適です。こちらも時間に余裕があるときだけになりますが、オトクにグリーン車を利用したいときはおすすめです。

3.エクスプレス予約を利用してポイントを貯める
新幹線のネット予約、「エクスプレス予約」を利用して乗車すると、乗車区間に応じて自動的にポイントが貯まります。このポイントを一定額まで貯めると、普通料金でグリーン車に乗車できます。「のぞみ」は1000ポイント、「ひかり」は800ポイント、「こだま」は600ポイント必要です。
東京~新大阪間の場合、1回の乗車で90ポイント。のぞみ号のグリーン車を狙うなら、6往復の乗車(1080ポイント)が必要になります。2カ月に1回、出張で新幹線を使えば貯まるペースなので、仕事で出張が多い方なら、ラクラク貯まってしまうかもしれませんね。

その”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピとは!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年2月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

【マネーギャグアニメ動画】意外とやっている!? 仕事上でのポイントカード使用って…。

鷹の爪団を生み出したDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

その第3話は…「業務で物品購入する際に獲得できるポイントを自分のポイントにしてしまうのは罪に問われるか !? 」という会社員もドキッとする金男くんの鋭い質問。わんわんわんコインは見事正解できるのか!それとも… !?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

気になる第3話はこちら!

「お金を貯めたい!〜ギャル2016年の抱負」マネギャルのケツ論

2000年に入ってから16年と考えるとだいぶ時間が経ちました。
TK時代(今の若い人はご存知ですか?)ももうかなり過去?
そろそろドラえもんができててもおかしくない?(藤子)不二雄の思考に追いついてない?

そんなことを頭に入れながら、マネギャル(きょん、ふうか、まゆ)の3人に2016年の抱負を語ってもらいました。

きょん「遊びを充実したい、結婚は当分いい、女子遊びがしたい!」と遊びたいがメインだったのに対し、
ふうか「飛躍していくための環境づくりがしたい!」まゆ「この見た目で仕事ができるようになりたい。」と以外に真面目!?ちゃんと未来のことも考えているんです。

マネーゴーランドということでお金、マネーに関する抱負もいただきました。

ふうか「貯金したい!とりあえずしておかなきゃ。何か欲しいわけでもない、だけど今年とか来年とかの規模ではなく、先のことを考えて目標を決めたら意味ができるかなって。」
まゆ「貯金する額が少ないから、増やす何かに回そうって頭になってきた。お金増やしたい!ばらまいたりとか、お金風呂とか、汗拭いたり、札束をマネークリップで持ち歩きたい、俺財布とか持たないからとか言ってみたい!」
きょん「ワンチャン増やしたい、今競馬が気になってる!」と3人それぞれの抱負となりました。

共通するのは、「基盤固めてチャレンジ、稼ぐだけなく、増やす!
色々なことにトライして素敵な1年にしたいですね。

本年度もマネギャルをよろしくお願いします。

2016年の世界経済はどうなるの?その注目点は!

今年の世界経済をアメリカと日本を中心に見ていきましょう。

経済大国・アメリカの景気動向は、世界経済に大きな影響を及ぼします。特に金融政策。異例なペースで金融緩和(マーケットにジャブジャブにお金を供給)を続けてきましたが、これはリーマン・ショックといった非常事態における緊急対策です。その効果があり、アメリカ経済も順調に回復してきましたので元に戻す段階に入ります。具体的にはゼロ金利からの金利引き上げです。

2016年はアメリカの利上げ(いったん始まると、年に数回の段階的な利上げが一般的)により景気は減速し、世界経済も成長が鈍るものと考えられます。特にアメリカの利上げは中国や新興国経済に悪影響が及ぶでしょう。
ここで気をつけたいのは、米国利上げで新興国通貨が減価(通貨安)しやすいこと。ブラジルなどを投資対象とする投資信託が人気でしたが、状況はまったく変わろうとしています。米国利上げで投資マネーが先進国に戻ると、ブラジルレアルなどは売られ(通貨安に傾き)、投資信託の基準価額は下がります。自分のポートフォリオに新興国の投資信託を入れ過ぎている方は、保有を減らすなどの検討が必要でしょう。
次に日本経済ですが、異次元金融緩和が続くなかでも少し停滞感が現われています。頼みの新興国向け輸出は、新興国景気の減速からスローダウン。日本製品を海外で売る環境は厳しくなっています。
そこで期待されるのが“国内消費”。私たちがモノやサービスを積極的に買うかどうかにかかっています。そんなこと言われても、給料が上がらないことには財布の紐は緩みませんよね。賃上げがとても注目される一年になりそうです。

最後に円安ドル高のゆくえです。ここ3年あまり為替の動きによりドル預金など外貨投資が好調でした。でも今年はちょっと様子が変わりそう。これ以上円安が進むと小麦やバターなど輸入品価格が上昇して家計費を圧迫する心配が広がっています。今年は参議院選挙もありますので、政治などの事情から円安警戒の動きが出てくるかも知れません。また、米国は大統領選挙の年。行き過ぎたドル高は、米国の輸出企業にはマイナスですので、こちらはドル高警戒が出てきそう。
両国の為替を巡る環境は、3年続いた円安ドル高にブレーキがかかりそうです。こうした事情から、今年の為替は円安にも円高にも進む可能性があり、見通しはかなり難しくなりそうです。

ランキング