企業だけじゃない!私たち消費者も安心!PL保険

4053.jpg

このレシピを実行して

貯まる!
<材料>

・PL保険

<Point>

1PL保険は製造者・販売者が掛ける保険

2製品・業務が原因で消費者が損害を被ったときの補償をしてくれる

3輸入品・輸出品も安心

※知識として知っておくのみ

私たち一般消費者には聞き慣れないかもしれませんが、生産物賠償責任保険(通称PL保険)という保険があります。
我々一般消費者が購入する様々な製品が不幸にして事故を起こし、ケガなどの損害を与えた場合、製造側は賠償しなければいけません。そのための保険です。

個人が加入することはありませんし、もちろん製造者が保険に入っていないからといって、損害賠償を請求してはいけないということはないのですが、知識として知っておくと便利なのでご紹介しておきます。

1.PL保険とは
今から約20年前にPL法という法律が施行されました。それまでは、製品で損害を被っても、被害者側が製造者側の過失を証明しなければいけなかったのでなかなか訴えることができなかったのですが、この法律の施行により、製造者に責任がなくても、製品に欠陥があれば責任を負わなければいけなくなりました。その対策のための保険です。
そのため、保険に加入するのは製品を作っている製造者や、売っている販売者(輸入品の販売業者も含む)、業務を行っている業者などになります。

2.対象となるケース
例えば、
 *レストランで食事をして、食中毒を起こし入院した
 *テレビが発火してケガをした
 *水道菅の工事が不十分で、水漏れを起こした
など、製品・業務が原因で、身体・財物に生じた損害が対象となります。
通常、ケガで入院・通院をした場合、治療費・休業損害・慰謝料を請求できますが、これらが保険の対象となるということです。
逆に、欠陥商品そのものや、それを回収する費用は対象外です。

3.海外では
通常、われわれは日本国内で生活し、日本国内で販売されている製品を使っていますが、海外の場合はどうでしょうか。
海外PL保険に加入している場合、海外に輸出された製品による損害も対象となります。
例えば、海外で生活することになって電気製品を買うことになり、なじみの日本のメーカーのものを買ったら、それで事故が起こった、という場合も保険の対象となります。

製造者・販売者がPL保険にも加入していても、この保険に入っていることをPRすることが禁止されているため、なかなか消費者にはわかりづらくなっているのが難点ですが、製造者側もこのように万が一に備えています。
一般消費者としては、信用のおける製造者・販売者から購入することを心がけておけばいざというときも安心です。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

阿部理恵

約20年間商社勤務。貿易部門、印刷部門などで営業職として従事。保険部時代に個人向け医療保険・法人損保などを担当し、 FPの資格取得。 自ら大病、転職、起業を経験し、お金の知識が必須であると実感。 心理カウンセラー、LABプロファイルインストラクターなどの知識と併せ、メンタル面からお金の話を解説。 俳人としての顔も持ち、経済的豊かさと心の豊かさをテーマに活動中。 ★ブログ:http://ameblo.jp/kittywhite2000/

阿部理恵

関連記事

特集

関連記事

請求漏れしてませんか?事故時諸費用特約って?

せっかく保険に入っていても、そして万が一のことが起こっても、請求しなければ保険金はおりません。本体の契約はどんな保険に入っているかわかっていても、それにどのような特約が付いているのかまで把握してないのが請求漏れが起こる原因です。

請求漏れの一つに「事故時諸費用特約」があります。これは火災保険についている特約です。

1.事故時諸費用特約とは
事故の際に必要となる諸費用を補償する特約です。例えば、火災事故が起こった場合、燃えた残骸を撤去する費用も必要になりますし、新しい家を建てるまでの生活の場所も必要となります。使い道は特に決められていませんので、自由に使うことができます。
保険会社や商品によって違いはありますが、だいたい損害金額の10~30%、上限金額が100~300万円としているところが多いようです。

例えば、事故時諸費用特約が20%の保険に入っていて、火災事故で1000万円の損害が起こった場合、
  1000万円x 20% = 200万円
本体1000万円に事故時諸費用特約200万円が上乗せされて支払われます。

2.なぜ事故時諸費用特約が必要か
昔の火災保険は時価(物件のその時の価値)で契約することが多かったのですが、建物は年数とともに価値が下がっていくので、今評価されている建物の価格よりも、実際に家を建て直すとなるとそれよりも費用が掛かるのが普通です。その差額を埋めるためにこの特約が生まれました。
現在は新価(新しく立て直す場合の価値)で契約することもできるので、立て直しの際にも差額はそれほど生まれませんが、先に述べたように、残骸の撤去費用や家ができるまでの住居費用が掛かってきます。

3.請求漏れの一番の原因は自動付帯
事故時諸費用特約は火災保険に自動的に付帯されていくことが多く、これが請求漏れの原因にもなっています。
ご自身の保険証券を一度確認してみてください。

また、保険会社によってはこの特約を外すことも可能です。保険料を抑えたいとか、諸費用くらいは自分で賄えるという方は特約を外すという選択もいいと思います。

ボランティア活動の前に!これで安心、ボランティア保険

ボランティア活動を積極的にやることはとてもいいことですね。個人でどこかのNPO団体の活動に参加されてる方もいるでしょうし、最近は企業でもCSR活動の一環としていろいろと取り組んでいるところが多いです。

そんな時必要になってくるのがボランティア保険です。ボランティア活動をする個人、団体のための保険で、全国の社会福祉協議会で申し込むことができます。

ボランティア活動は災害地の支援など危険にさらされることも少なくありませんし、長期にわたることも考えられます。またずっと屋外で活動して熱中症になることもあります。ボランティア保険は、これら活動中のケガや病気はもちろん、ボランティア活動に向かう途中の交通事故などもカバーしてくれます。
また、活動中に誤って人をケガさせたり、物を壊したりすることも考えられますが、その補償もカバーしてくれます。

ここで、ボランティア活動の定義ですが、「(日本国内で)自発的な意思により他人や社会に貢献する無償の活動」とされています。
ですから、学校の管理下にあって学生自身の意思によらないボランティア活動や、地域の親睦目的の町内会の活動、有償のボランティア活動などは対象外です。また、野焼き・海難救助など保険上対象外となっている活動もいくつかありますので、詳しくは社会福祉協議会にお問い合わせください。

加入は一人1口のみで、保険期間は毎年4月1日から3月31日までと決まっています。
補償金額の大きさによってAタイプとBタイプがあり、更に補償の範囲によって、基本タイプと天災補償付きタイプに分かれます。天災補償付きでは、天災(地震・噴火・津波)に起因するケガも補償してくれます。
中途加入・中途脱退の場合も保険料は同じですが、安い保険料で補償はしっかりついていますので、ボランティア活動をする際にはぜひ加入をお勧めします。

もちろん、体調が悪い時の活動は控える・疲れたら休む・周囲との協力など、事故につながらないよう予防も心掛けてください。

あぁ、よそ様にご迷惑を…助けて!個人賠償責任保険

普段生活していると、人のものを壊してしまったとか、ケガさせてしまったということが往々にして起こります。その時の損害賠償を補償してくれるのが個人賠償責任保険です。

今回は、個人賠償責任保険について、その内容、注意点などをお話しします。

大抵の場合、火災保険や自動車保険などの特約として付保されていることが多いので、「火災」あるいは「自動車」など本体の保険に関係ある場合だけと思われている方もいるかもしれませんが、個人賠償責任保険は、日常生活で誤って他人に損害を与えた場合、その損害賠償金や弁護士費用などの負担を補償してくれます。

例えば、

*マンションの階段で遊んでいた子供が誤って瓶を落とし、階下の玄関のガラスを破損させた(55.5万円の保険金支払い)
*物干小屋の屋根が腐食により強風で飛んで、他人に損害を与えた(78.6万円の保険金支払い)
*マンションで水漏れが起こり階下に損害を与えた(19.8万円の保険金支払い)
*子供が友人宅のテレビにぶつかって壊した(21万円の保険金支払い)
*子供が自転車で追突しけがを負わせた(108.9万円の保険金支払い)

といった事例がありますが、どの保険であっても、個人賠償責任保険特約を付保していれば対象となります。

対人になると高額になるケースが多いことと、それに対して保険料はそれほど高くないため、個人賠償責任保険には必ず入っておきましょう。

ここで注意しなければいけないことは、

*特約で付保されている場合は、本体の保険を解約した場合、併せて解約になってしまう
*補償対象外もある

ということです。

補償対象外の例としては、

*職務遂行上や自動車事故(各種賠償責任保険・自動車保険など専用の保険があるため)
*他人から借りて使用していた場合(借りている人の管理下にあるため)
*同居の家族

などが挙げられます。

よそ様にご迷惑をおかけしたとき、すぐに役に立つのが個人賠償責任保険です。お手元の保険証券を確認して、個人賠償責任保険に入っているかどうか、保険金額はいくらになっているのか、すぐに確認してください。

【マネーギャグアニメ動画】ワイドショーでよく聞く「○○金」って?

鷹の爪団を生み出したDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

その第4話は…ワイドショーネタの登場!コンビニのレジで繰り広げられる金男くんとの激しいバトルは、ワイドショーやニュースでよく耳にする「保釈金」に関する鬩ぎあい。見事正解して、わんわんわんコインはこのピンチから逃れられるのか!それとも… !?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

気になる第4話はこちら!

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

ランキング