毎月1万円の副収入!在宅ワークで稼ぐ方法とは

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングの仕事を受けるまで

<Point>

1在宅ワークは難しくない

2マッチングサイトも数多く存在

3契約時に細かい希望は必ず伝える

4197.jpg

あと少し給料が多ければ…

社会人であれば誰もが考えることではないでしょうか。昇進するまでの数年間、現状以上に給料が増えることは考えにくいですし、時間をかけてようやく昇給したとしても満足いく給料を受け取ることは難しいかもしれません。
そのような環境の中で、最近副業という言葉が頻繁に叫ばれるようになりました。株式投資やネットビジネスなど、リスクがあるものから在宅ワークまで様々な副業があります。

今回はその中で在宅ワークの仕事を受け取るまでの流れについて説明していきます。
在宅ワークで仕事を受け取るまでには以下のような3つの流れがあります。

1. 仕事のマッチングサイトに登録する
2. 希望の案件に連絡をする
3. 発注者と契約をする

という流れです。1つずつ見ていくことにしましょう。

1. 意外と知らない人も多いですが、在宅ワークをがしたい人を応援するために、仕事のマッチングサイトが存在します。在宅ワークで稼ぎたい人はこのマッチングサイトを通して仕事を探すことができるのです。
有名なマッチングサイトであれば、CrowdWorks(クラウドワークス)@SOHOCraudia(クラウディア)といったサービスがあるので、まずは登録だけでもしてみましょう。

2.次に希望の仕事を探します。
とりあえずマッチングサイトを通して、仕事を一度してみたい!という初心者の方は簡単なアンケートから始めてみてはいかがでしょうか。
アンケートの案件は報酬が高くないので、それだけで月に1万円、2万円と稼ぐことは難しいですが、仕事内容が非常に簡単なので初心者でも安心して受けることができます。まずはアンケートをしてみて、それから記事ライティングやその他の仕事を始めてはいかがでしょうか。

3.最後に発注者との契約です。
多くの場合、給料や仕事内容が明記されているので、それほど契約に困ることはないでしょう。
しかし、自分の経験の仕事経験を聞かれることも多いので、初心者の人は「初心者歓迎」と書かれているような仕事を受けるのがいいです。安定して稼げるようになるまでは地道かもしれませんが、月に1万円程度であれば、それほど難しくありません。

ですから、地道ながらも一生懸命案件をこなしていってみてください!

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

子育てママ必見!1日1時間の在宅ワークで月に5万円稼ぐ方法とは

突然ですが、あなたは毎日家計簿をつけていますか?
毎日忙しくて家計簿はつけていないという人も多いかもしれません。しかし、光熱費を少しでも減らそうとこまめに電気を消すことや冷暖房をできるだけ使わないという主婦は意外といるでしょう。

特に子育ての時期となると、夫の収入だけが頼りになります。以前より節約していてもお金が足りないという場面に遭遇することも多くなり、ストレスを抱えることも増えるかもしれません。そんな環境に不満を感じて家にいながら稼ぐ方法はないか?といろいろ探してみた主婦もいるのではないでしょうか。
しかし、家で稼ぐ方法というと株やアフィリエイトのようなリスクや時間のかかる不安定な投資、ビジネスばかりが見つかります。リスクがなく、稼ぐ方法を探しているのに選択肢がなかなか広がらないのです。

そのようなリスクを取らずに稼ごうと思うと、やはり在宅ワークという選択肢になるでしょう。しかし、在宅ワークは一般的にあまり稼げないといわれます。おそらく月に安定して数万円稼いでいる人は、ごく少数ではないでしょうか。
今回はそんなあなたのために、月に数万円を在宅ワークで稼ぐ方法についてお話しします。

まず、月に数万円稼ぎたいのであればどのような職種があるでしょうか。経験者であればアプリ開発やwebデザインなど、仕事の種類は多岐にわたります。しかし、全くの未経験者と考えると、月に数万円稼ぐためには記事の執筆が最も良い仕事だと思われます。
なぜなら、記事の執筆は特別なスキルを必要としません。文章が書ければ、記事の執筆ができるのでハードルは低いでしょう。もちろん文章が上手い、下手はありますが、勉強しながら書いていくうちに読みやすい記事を書くことができます。

記事を執筆する仕事はインターネットのマッチングサイトでいくらでも見つかります。例を挙げると Craudia(クラウディア), CrowdWorks(クラウドワークス),
@SOHO などが有名です。このようなマッチングサイトで記事の執筆依頼の仕事がたくさん見つかるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

勉強いらず!あなたの記事に1日1000アクセスを呼び込む方法とは?

ブログや記事の執筆の仕事をしていると、もっと記事のアクセスが増えたら広告収入が大きくなるのに…報酬も上がるのに…と考えることはありませんか?

1日1000アクセスと一言で済ますのは簡単ですが、1つの記事にこれだけ人を集めることはそれほど簡単ではありません。アクセス数を上げるために、一生懸命記事の質を上げる勉強をしている人も少なくないでしょう。
しかし、そのようなライティングの勉強をする前に必ず意識しなければならないことがあります。ここを押さえない状態で、いかに記事の質を上げたところであなたの記事にアクセスは集まりません。どれだけ洗練され、文章の神と崇められ、国民栄誉賞に輝くくらい文章が上手くても、あなたの記事のアクセスは一生上がることはないでしょう。
ですからこのポイントをしっかり押さえてください。
それは記事のタイトルを意識して作るということです。

一般的にタイトルコピーは記事の本文に比べて軽視されやすいです。記事の執筆に1時間かけたのに、タイトルはたった1分で決めたという経験がある人も多いのではないでしょうか。
このようにタイトルコピーはとても軽視されやすいのです。しかし、読み手は記事のタイトルを読むことで、その記事が読む価値があるかどうかを判断します。つまり、いくらあなたの記事が良かったとしても、読み手が読みたい!と思えるようなタイトルでなければ、誰にもその記事が読まれることはないのです。

読まれるタイトルには次の3つの特徴があります。
1. 相手の得になることがタイトルに盛り込まれていること
2. 反常識的なタイトルであること
3. 具体的な数字を入れることです。

例えばこの記事のタイトルを解説してみると、

勉強いらず!あなたの記事に1日1000アクセスを呼び込む方法とは?

というタイトルになっています。
勉強いらず=メリット、反常識的
1日1000アクセス=具体的な数字、メリット

という構成で記事のタイトルが考えられているのです。もしタイトルを読んで思わずクリックしてしまった!という人は記事のタイトルにこの3つのポイントを一度盛り込んでみてください。

クラウドソーシングで稼ぐ、良質な記事を書くポイント

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一度やってみたいと思っていたという人から、全く聞いたことがないという人まで、知っている人も知らない人も多いのではないでしょうか。クラウドソーシングとは簡単に言うと、インターネットなどの媒体を利用することで、不特定多数の人に対して仕事をもらうことを指します。
クラウドソーシングの中には在宅ワークだけでも様々な種類の仕事があります。アプリ開発やwebデザイン、記事の執筆からアンケートまで、スキルの高い人から初心者の人まで、誰でも取り組めるのが特徴です。今回はその中でもクラウドソーシングの記事の執筆という仕事についてお話します。

クラウドソーシングの記事には金融や生活の知恵、他にもいろいろと種類がありますが、全ての記事の執筆において押さえるポイントがあるのです。このポイントが押さえられていれば、あなたには記事の執筆依頼がどんどんと舞い込むでしょう。
あなたにぜひ執筆してほしいと相手から高単価のオファーがあり、あなたは数多ある案件の中から自分の気に入った案件のみを引き受けることができます。在宅ワークという、稼げている人が少ない中でも短時間、高収入を実現することができるのです。

ですから必ず記事の執筆にあたってこのポイントを意識して書いてください。
それは、1記事に1つだけ読み手に伝えたい内容を盛り込むということです。
つまり、1記事に2つも3つも伝えたい内容を盛り込んでは行けません。読み手に伝える内容が多ければ記事として厚みが増すのではないか?と思われるかもしれませんが実は違うのです。以下の例を見てみましょう。

1. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。なぜならそれ以上時間をかけると自分が何を伝えたいのかわからなくなり、結果的に記事の質も下げてしまう。記事の執筆は時間をかけすぎない方がいい記事が書ける。

2. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。しかし、記事のスキルアップをするなら2時間書くべきだ。場合によっては3回見直すのがいいだろう。

1と2の文章はどちらがわかりやすいですか?
おそらく多くの人は1がわかりやすいのではないでしょうか。1には記事の執筆が1時間で終わらせるべきという項目しかありませんが、2には記事の執筆は1時間以内、スキルアップには2時間、見直しは3回という3つの項目が入っていて、読み手はどの情報が一番重要なのかわかりません。

1つの記事には1つだけ、その1つの内容以外については話さないようにしましょう。

【ふるさと納税】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.5

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

「ふるさと納税」をご存じない方は、もうあまりいらっしゃらないと思いますが、念のために簡単に書かせていただきます。

「ふるさと納税」は「納税」という名前がついておりますが、地方自治体への寄付です。「ふるさと」という名前ではありますが、任意の地方自治体に寄付ができます。
寄付をした地方自治体からは「お礼の品(多くはその地方の特産品)」が送られてきまして、それだけだとバカ高い買い物をしたカンジになるのですが、2,000円以上寄付をしますと住民税の一部が還付、控除されるため、結局はオトクな買い物をしたことになるというものです。

「ふるさと納税」のwebサイトには、「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。」と、書かれていて、まんざらウソではありません。

しかししかし、寄付した地方自治体から忘れた頃に送られてくる受領書を受け取って保管し、確定申告の時にちゃんと引っ張り出すなど、忙しい人や書類仕事がニガテな人にはなかなかハードルの高い手続きが必要になります。

ちゃんと仕組みを理解させて的確な手続きをさせるために、各自治体では噛んで含めるようにご案内する「ふるさと納税コンシェルジュ」のような担当者を置かねばならなくなっているようです。また、「お礼の品」PRが地方間で競争になっていて、宣伝費も使われている様子。それらは税金でまかなわれていると思うと、なんだかなぁ的な気持ちになってしまうのを禁じ得ません。

しかし、「オトクなお買い物ゲーム」的な感覚でやるのであれば、けっこう楽しいので、未体験の方は1回ぐらいトライしてみてはいかがでしょうか。ただし、確定申告はお忘れなく。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】

「軽減税率?どゆこと?」マネギャルのケツ論

今回のテーマは軽減税率

マネギャル達は、
消費税が上がるって言ってるのに軽減?軽くなるってどういうこと?
それな!
と困惑気味。

そもそも内容があまり分からないテーマに対し
「やっちゃおーかじゃねえよ!」
とツッコミを入れる場面も。

生活費需品はさほど上がらないと聞いているが
ボーダーが分かんないよね
とまだまだ制度の情報がはっきりと得られていない様子。

また、
(食品と言っても)白菜とフォアグラで税率違うんでしょ?w
「大人だけじゃなくて子供も全員関係してるよね
駄菓子買うにもどうするの?可哀想
服を買うにしても、みんなファストファッションばかり買うようになって個性が無くなってしまう
などなど時折鋭い意見も飛び出ました。

最終的には
別に(そんな複雑なら)やらなくてよくね?全部10%でよくね?
日本は何がしたいのかよく分からん!
「ギャルやりたい子がお金が無いからできなくなる。ギャルは金かかる!
と。

マネギャルたちが出した結論とは!?

イケメンファイナンシャルプランナー高橋先生による軽減税率制度の解説はこちら

ランキング