英会話の勉強、オンラインが断然お得!

このレシピを実行して

19000貯まる!
<材料>

・オンライン英会話

<How to>

1オンライン英会話レッスンとは

2オンライン英会話レッスンの仕組み

※月4回の英会話教室の月謝20,000円をオンラインに変更した場合

4090.jpg

多くの人にとって、ビジネスでもプライベートでも英会話が必要とされるシーンは身近にあるのではないでしょうか。

同僚や取引先に外国の方がいるケースも多いですし、社内公用語が突然英語になってしまうかもしれません。就職や出世に英会話やTOEICが必須となるケースは今後どんどん増えるでしょう。ただやはり、もともと英語に慣れ親しんでいないわれわれ日本人には非常にハードルが高いのも事実です。自分で学ぶのは限界がありますが、英会話教室は割高かつマンツーマンでないケースも多いです。そんな時に使えるのが、オンライン英会話です。

1. オンライン英会話レッスンとは
オンライン英会話レッスンをご存知でしょうか。英会話教室といえばこれまではいわゆる塾のように入学金や月謝を払って教室に通い、先生に教えてもらうというケースが主でした。1レッスン5,000~10,000円程度+入学金のような内容が多い印象です。
そんな英会話の常識がオンライン英会話によって覆されました。オンラインを利用して1レッスン124円~といった低価格で、世界各国の外国人講師のレッスンを24時間いつでも受けられるのです。

2. オンライン英会話レッスンの仕組み
なぜそんなことができるのか、という疑問をお持ちの方もいるでしょう。これは一言でいうとインターネットが普及したおかげ、といっても過言ではありません。
受講者と講師がそれぞれスカイプ等の無料通話サービスを使って会話をするので、場所や時間の縛りなくお互いの都合に合わせて授業をセットできます。
しかし、デメリットもあります。それは、向こうもプロの講師でない可能性があるということです。また、日本語が全く話せないといったケースもあるので、本当の初心者の場合コミュニケーションがとりにくいケースも考えられます。そのあたりは無料お試しや講師の評価等を参考にしてみると良いでしょう。

今、オンライン英会話市場が非常に伸びているため、各社とも優秀な講師を揃えているようです。満足のいく講師のみつけて、英会話をお得に学びましょう。

画像一覧

執筆者

林誠二 (はやし せいじ)

大学卒業後、雑誌社、web関連会社勤務。 オシャレしてブラブラすることが大好きです。

林誠二

関連記事

関連記事

インターナショナルスクールレベルを提供!オンライン英語学校開校

 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSは10月19日より、グローバル人材育成に特化したオンライン学校「GLOBAL STEP ACADEMY」で、特定の目的に特化した「マスター・コース」を新設し、サービスを本格的に開始した。

「GLOBAL STEP ACADEMY」は子どもを21世紀のグローバル人材に育てたい家族のための、子ども向けオンライン英語学校。英語に慣れるためだけの英会話学校ではなく、グローバル人材として活躍するためのスキルを身につけることを目的とし、インターナショナル・スクールレベルの英語教育を低価格で提供している。

「ベーシック・コース」は月額9,800円(税込)で25分の授業を週2回から受講でき、自宅で生きた英語教育を受けることができる。生徒のペースに合わせながら基礎英語を学ぶ楽しさをインターアクティブなレッスンを通して感じてもらい、日常生活の中に英語教育を浸透させ、継続を通して上達する実感と喜びを感じてほしいという。

 今回新設された「マスター・コース」は、インターナショナル・スクールなど英語ベースの学校へ入学するための入学支援を目的とした「インターナショナル・スクール入学支援プログラム」、海外居住予定者や現移住者の子どもの英語や海外教育・生活サポートを目的とした「海外留学支援プログラム」、帰国子女の生徒向けに英語レベルの維持やさらなる向上などを目的とした「帰国子女支援プログラム」の3つのプログラムが用意されている。

 「マスター・コース」は、英語学習の基礎技能である4技能(reading、writing、listening、speaking)を学ぶ「ベーシック・コース」を経て、特定の目標達成のために受講する上級コース。エッセイ・ライティングやディベート、プレゼンテーションなどの方法を活用し、批判的思考力や問題解決力の基礎強化に集中する。最終的には、ネイティブスピーカーと同じように英語をツールとして使える力を身につけていくという。レッスン時間はベーシック・コースの2倍の50分で、毎月8回のレッスンを月額35,000円(税込)で提供する。

 プログラムの実施にあたり、必ず個別のカウンセリングを行うので、生徒の英語レベルや目標を把握・再確認し、生徒ひとりひとりのニーズに合わせたプログラムを提供できるという。さらなる上達を支援するため、課外授業やキャンプ、個別指導などの提案も行っている。

オンラインで格安または無料で勉強して学校外教育費を抑えよう

「教育格差」という言葉が雑誌などにたびたび登場します。

親の所得や住んでいるところの違いによって、受けられる教育に差が起こっているという現象を指す言葉ですが、インターネットが普及した今、こうした格差を少しでも縮めようと、各社が工夫をこらして様々なサービスを提供しています。

基本的に塾というのは「売り手市場」。学校に受かりたい!学校の勉強についていきたい!といった希望がある子どもに、どうしてもできるだけお金を出してしまうのが親というもの。塾も商売ですので、出す親がいる限り、その価格はめったなことでは下がりません。そのため、年収平均が下がっていても教育費は上がり続けているのですね。

そこで、最近増えている格安または無料のオンライン教育サービスで支出を抑えて勉強し、足りない部分を塾で補うという方法にすると、だいぶ学校外教育費を抑えられるのではないでしょうか。代表的なオンライン教育サービスを紹介します。

【小中学生向け】
・ 勉強サプリ
月額980円で自宅学習が可能。動画授業を受けてから、ドリルを解きます。小学生は、勉強の進捗状況が保護者に通知されるので、親も安心です。学年を超えた勉強も可能なので、得意分野をどんどん伸ばす、また苦手分野は前の学年に戻って基礎を固めるといったフレキシブルな活用ができるのが嬉しいですね。

・ アオイゼミ
スマホで簡単にライブ授業が無料で受けられる中高生向けサービス。ライブ授業では、コメントなどで講師に質問したり生徒同士で会話をしたりでき、コミュニケーション性がとても高いサービスです。月額3500円のプレミアムプランにすると、テキストをダウンロードでき、録画授業を何本でも見ることができるようになります。

【高校生向け(大学受験)】
・ 受験サプリ
勉強サプリの大学受験バージョン。同じく月額980円でいくらでも講義を受けられます。全国140大学の過去問や、過去6年分・15科目のセンター過去問題集もダウンロードできて嬉しい。

・ manavee(マナビー)
完全無料で大学受験のための勉強ができるサイトです。受験を経験した大学生や社会人が先生なのが特徴的。先生を、先生の特徴(「まじめ」とか「ちょいわる」とか「熱血」など)で楽しく選んだり、全国の生徒が互いにコミュニケーションをとれたりする仕組みがあり、より勉強のモチベーションをアップさせる工夫がされています。

進学したあとにも教育費はまだまだかかります。学費だけでなく、やりたいことなどにかかるお金を取っておくためにも、こうしたサービスを上手に活用して、塾にかかるコストを抑えておきたいものですね。

意識次第で節約も?!自己投資・資格取得費用を減らす!

経済状況が不安定で、一度就職しても、終身雇用を望むのが難しい昨今。資格を取得して転職を狙っている人も多いかもしれません。また、なりたい自分の未来を目指して自己投資にはげんでいる人も多いかもしれません。

しかし、資格取得講座や予備校は長い時間がかかり、その費用も結構な出費……そこで、お金をかけずに合格を目指すワザを紹介します。

■参考書はやりつくす

節約したければ、資格取得のための勉強は自宅での独学をメインにしましょう。
その場合も、参考書を買い込むのは1冊だけにとどめましょう。あれこれと買い込んで結局中途半端になるよりも、気に入った1冊をとことんやりこむほうが、学習効果も高いはずです。

ただ、参考書は古本で済ますのではなく、新品の最新版を購入しましょう。古い版を使うと、法律の改正などが反映されておらず、せっかくの勉強がむだになります。「安物買いの銭失い」は禁物です。

■ウェブを活用する

TOEICのような語学力の試験では、ネット上にたくさん教材がアップされています。参考書を買わずにこういったものを活用すれば、費用が節約できます。
また、高額な英会話スクールに通わずとも、最近人気のフィリピン人講師とのオンライン英会話などを利用すれば、格安の費用でマンツーマンの英会話レッスンが受けられます。

■公的機関、大学の講座を活用する

簿記やパソコン検定など、社会人に必要な知識や資格、ビジネススキルを得るための講座は、地域の商工会議所や市役所などの公的機関などが講座を開いていることがあります。一流の講師ながら、民間のスクールよりも低価格で開催されていることが多いです。

また、大学も地域の住民向けに公開講座を実施しています。芸術系から人文系、スポーツ、社会人向けのビジネススキル講座などさまざまあります。金額も抑えられているので、こうした講座も活用してみましょう。

■体験講座を活用する
お料理教室などは、初心者向けに「ワンコイン体験」などを開催しています。イベントごとに合わせてちょっとやってみたいという時などは、こういった機会を活用するのも手でしょう。

【マネーギャグアニメ動画】ワイドショーでよく聞く「○○金」って?

鷹の爪団を生み出したDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

その第4話は…ワイドショーネタの登場!コンビニのレジで繰り広げられる金男くんとの激しいバトルは、ワイドショーやニュースでよく耳にする「保釈金」に関する鬩ぎあい。見事正解して、わんわんわんコインはこのピンチから逃れられるのか!それとも… !?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

気になる第4話はこちら!

【小さな倹約】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.4

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。

うちには猫が3匹おります。もともとは1匹だけ飼っていたのですが、その猫が老いてきまして、「この猫が死んだら、猫バカな相方が深刻なペットロスになるに違いない」と思ったワタクシ。なんでも、ペットロスになると次の猫が飼えないまま、ずっと傷心のままでいるのだとか。
「この猫が生きているうちに新しい猫を飼ってしまおう、ほかの猫がいるからといって飼い猫が死んだ時の悲しみは減らないだろうけど、とりあえず次の猫が飼えないなどとは言っていられなくなる」と、ワタクシは一念発起して子猫を2匹、愛護団体からもらいうけたのでした。

「猫が3匹もいたら、お金がかかって仕方がないでしょう」と、心配してくださる方が大勢いらっしゃいました。たしかに、エサ代、トイレ砂代などなど、コストはだいぶ嵩みます。ただでさえワーキングプアなこの身に、大きな負荷となりました。

ところが、我が家の猫の画像を表紙カバーにした「僕は猫好きじゃない」という本を出版したところ、都内の猫本専門店で好調に売れまして、昨年、一昨年は、この本の売上げで糊口をしのぐことができました。「表紙カバーの猫ちゃんが可愛くて、ジャケ買いが多いんです。この猫ちゃん、優秀なセールスマンですね」と、猫本専門店の店長さんはおっしゃったのでした。人間万事塞翁が馬ですね。

ランキング