断然お得で移動も楽チン!スキー場へ行くならマイカープラン

このレシピを実行して

10,000貯まる!
<材料>

・マイカー

・リフト券付き宿泊プラン

・ふるさと割

<How to>

1二名以上ならマイカーがお得

2断然お得なリフト券付き宿泊プラン

3ふるさと割を活用

※4名でGALA湯沢スキー場へ行く場合、新幹線と車の交通費の差額一人当たり

4139.jpg

年明けまでは暖冬傾向で雪不足が続き、どこのスキー場も一部のコースしか滑れないかオープンもできないというところが少なくありませんでした。

しかし、ここにきて急に冬将軍の到来により雪不足は解消。ほとんどのスキー場がオープンして全面滑走可能になってきました。親しい友人で集まってワイワイ遊べるスキー・スノボへ今こそ行くチャンスです。そこでお得に楽しむ為のマイカープランのご紹介です。

1. 二名以上ならマイカーがお得
荷物が特に多くなるスキー・スノボは移動が大変です。ウエアにブーツにボードなどを担いで電車に乗るのはかさ張るし重いしで辛いですよね。マイカーでしたら家からスキー場、宿まで積んで運べるので楽チンです。しかも好きな時間に出発して友人たちとおしゃべりしながらドライブ出来るのも魅力的です。そんなマイカー移動ですが、電車と比べると料金的にどのくらい安くなるのか?仮に東京駅から越後湯沢駅直結のGALA湯沢スキー場へ行った場合、新幹線利用では一人往復12,940円かかるのに対し、マイカーでは往復ガソリン代入れて約14,000円(高速道路ETC使用、燃費14km/l、ガソリン価格105円で計算)。4人で行けば一人3,500円という計算に!9,440円も節約出来ちゃいます。これだけ節約できるとリフト券二日分と昼食代まで浮いちゃいますね。

2. 断然お得なリフト券付き宿泊プラン
日帰り旅行ではなく、宿泊してスキー・スノボを楽しむなら断然リフト券付きの宿泊プランがおすすめ。ゲレンデから近い宿はスキー場と提携しているため、格安でリフト券が入るのでスキー場の窓口で買うより圧倒的にお得です。たとえば、池の平温泉スキー場の宿では一泊二食付き、温泉入り放題、一日リフト券付きプランがなんと5,000円からあるのです。通常スキー場窓口で一日リフト券を買うと4,000円するのでいかに破格の料金か分かります。二日間リフト券付きのプランは7,000円。窓口で買うと7,000円。この時点で一泊二食の宿と温泉代がタダみたいになってしまう夢のプランです。他のスキー場でも信じられない格安リフト券付き宿泊プランがありますので行きたいスキー場で探してみましょう。

3. ふるさと割を活用
ここまででも十分お得なマイカープランですが、最大限節約したいなら、ふるさと割を有効活用しましょう。ふるさと割とは国が地方活性の為の交付金でその土地での宿泊に使える補助金です。主にネットでクーポンを取得し予約の際に使います。ただし、利用できる件数の上限がありますので予約はお早めに。各自治体や宿泊費総額によって割引額は違いますが3,000円引き、中には20,000円引きというのもあります。これを使ってちょっとグレードの良い旅館やホテルにゆっくり泊まってスキー・スノボを楽しむなんていうのもいいですね。

画像一覧

執筆者

sun

猫とお酒を愛するフリーライター。 お茶、書道、旅行、音楽活動など、多様な趣味を生かし、エンタメ、カルチャー、グルメ系などを得意とする。

sun

関連記事

関連記事

【スキー】六甲山スノーパーク入園券と乗車券セット「六甲山スキークーポン」発売

阪神電気鉄道、阪急電鉄、神戸市交通局、六甲山観光の4社局は、2015年12月5日(土)より、「六甲山スノーパーク」の入園券とスノーパークまでのお得な乗車券がセットになった「六甲山スキークーポン」を発売する。

「六甲山スキークーポン」は、有効区間の乗車券、六甲山スノーパーク入園券、六甲オルゴールミュージアム入館割引券がセットになったクーポンだ。「六甲山スノーパーク」は、スキーをはじめ、雪遊びやスノーボードなどのウインターレジャー全般を楽しめる雪のテーマパーク。旧称は、六甲山<人工>スキー場。

有効区間は、阪神版が阪神全駅~御影駅までの往復乗車と共通区間、阪急版が阪急全駅~六甲駅までの往復乗車と共通区間。どちらも神戸高速線を除く。有効期間は、発売期間中の乗車当日から連続する2日間、往復1回限りとなる(六甲山上バスは乗り降り自由)。ただし、2016年3月22日(火)は利用できない。

発売期間は、六甲山スノーパークの営業期間と同じとなり、2015年12月5日(土)~2016年3月21日(月)。ゲレンデコンディションにより変更となる場合がある。価格は、阪神版が大人2,850円、小児1,430円、阪急版が大人3,000円、小児1,500円。

■共通区間
●神戸市バス:16系統阪神御影~(阪急六甲経由)~六甲ケーブル下の往復乗車
●六甲ケーブル:六甲ケーブル下駅~六甲山上駅の往復乗車
●六甲山上バス:六甲ケ-ブル山上駅~六甲山スノーパークの乗り降り自由のフリー券

この冬スキーやスノーボードのウィンタースポーツを始めよう!お得に道具を揃えるには?

ウィンタースポーツの定番といえばスキーやスノーボードが思い浮かびますよね。

やってみたいけれど、なんだか道具をそろえるのにお金がかかったりするし、慣れないことをはじめるのにお金をかけるのもちょっと心配、そんな人も多いかもしれません。確かに、ウェアだけでなく手袋やゴーグル、靴下、シューズなどスキーやスノーボードをはじめるのに必要な道具はいっぱいあります。そこで今回は、お得に道具をそろえて、いざウィンタースポーツを始めるための節約術をご紹介したいと思います。

1. 道具を買う前に、まずはレンタルを利用する
まず、スノーボードをはじめる場合、どれぐらいの道具が必要かまとめてみましょう。
・ゴーグル
・帽子(ニット帽)
・手袋(グローブ)
・厚手の靴下
・ケツパット
・ウェア
・ブーツ
・板(ボード)
・スノーボード用のケース
ざっとこの程度。そして、スキー場や宿泊などのことも含めると
・リフト券
・駐車場代や交通費、宿泊代など
道具代をすべて新品で購入した場合にかかる費用の目安としては、およそ10万円が平均的な金額といわれています。それに旅費や飲食代を含めると12万~15万円くらい。まぁ、決して安い金額ではありませんね。そこで、初心者の方におススメなのは、レンタル。レンタルの場合だと、スノーボードとブーツのセットでおよそ5000円、
上下セットのウェアでおよそ4000円、ゴーグルなどの小物でおよそ1000円と、約1万円でこれらの一式をそろえることができるのです。これくらいの値段であれば、今までやったこととのない人だって、新しく始めてみようって気になりますよね。

2. リフト券は金券ショップやホームページの割引クーポンを利用する
スキーやスノボの節約のときに意外に見落としがちなのがリフト券代です。楽しくなってきた。もっと練習したい。そうなってきたら今度は道具以外にも節約の目を向けましょう。スキー場にもよりますが、1日フリーパスを現地で購入するとおよそ4000円。金券ショップやネットの割引を使うと10%OFFで購入することができます。また、シーズンパスを利用するとおよそ3万円くらいなので、1シーズンに10回くらい利用するのであれば、こちらのほうが断然オトクです。

土日でもスノボをできるだけお得に楽しみたい!

いよいよやってきました、スノボシーズン!

今シーズンは何回滑りに行こうかな~と、わくわくしますね。ただ、滑りに行くにもお金がかかる!平日に行くのが一番安いでしょうけど、土日休みの会社員の方などは有給をつぎ込むわけにもいきませんし、やはり土日という選択肢になってしまいます。土日で人も多いけど、できるだけお得に、浮いた分で1回滑る回数を増やせたら・・・。少しずつでもお得に楽しめる方法をお教えします!

1.セットプランが安心お得
各旅行会社やJRなど公共交通機関が売り出している旅行プランって、本当にお得なの?と思っていたのですが、意外や意外、とっても安くてお得なんです!予約はWEBがおすすめ。お得なプランにさらにWEB割引もされて満足度が高いんです。
JRで日帰り、神立高原スキー場にいくなら・・・
<それぞれ個別に支払った場合>
JR新幹線自由席往復代(東京―越後湯沢)=12300円
リフト1日券(土休日)=4500円
ボードセットレンタル料=4300円
合計=21100円
<セットプランでネット予約した場合>
JR新幹線自由席往復代(東京―越後湯沢)+リフト1日券+ボードセットレンタル料
でなんと・・・11400円!!
ほぼ半額という結果になりました。
プランなら旅行会社を通しているのでなにかあった場合も安心です。

2.独自に節約するなら車中泊
移動費、宿泊費を浮かすなら、断然車中泊です。複数人で行けばその分費用も割安に。
一人一人の往復新幹線代をガソリン代と比較すると
200キロの走行距離として、1リットル10km換算にすると、
200km×2÷10=40 ・・・40リットルのガソリンが必要。
1リットル=120円として、
120×40リットル=4800円 ・・・おおよそ5000円前後で移動費がまかなえます。
二人で行けば2500円~3000円ほどで済みますね!

車中泊なので、宿泊代はタダ!その分防寒具を購入しておきましょう。湯たんぽや断熱シートは必須です。

セットプランなら安心お得、オリジナルの行程を楽しみたいなら車中泊。お好みの節約方法どちらを選んでも、土日でもとてもお得にスノボを楽しめちゃいますね!

【マネーギャグアニメ動画】3倍返しはあるのか!バレンタインの投資対効果の結果は?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第5話は…ついに金男くんの真の姿が明らかに!今回わんわんわんコインに投げかけられた問題は「バレンタインデーの投資対効果」。3倍、4倍返しともいわれるチョコレートマネーの経済効果の質問に見事正解してわんわんわんコインはこのピンチから逃れられるのか!それとも… !?

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

気になる第5話はこちら!

「軽減税率?どゆこと?」マネギャルのケツ論

今回のテーマは軽減税率

マネギャル達は、
消費税が上がるって言ってるのに軽減?軽くなるってどういうこと?
それな!
と困惑気味。

そもそも内容があまり分からないテーマに対し
「やっちゃおーかじゃねえよ!」
とツッコミを入れる場面も。

生活費需品はさほど上がらないと聞いているが
ボーダーが分かんないよね
とまだまだ制度の情報がはっきりと得られていない様子。

また、
(食品と言っても)白菜とフォアグラで税率違うんでしょ?w
「大人だけじゃなくて子供も全員関係してるよね
駄菓子買うにもどうするの?可哀想
服を買うにしても、みんなファストファッションばかり買うようになって個性が無くなってしまう
などなど時折鋭い意見も飛び出ました。

最終的には
別に(そんな複雑なら)やらなくてよくね?全部10%でよくね?
日本は何がしたいのかよく分からん!
「ギャルやりたい子がお金が無いからできなくなる。ギャルは金かかる!
と。

マネギャルたちが出した結論とは!?

イケメンファイナンシャルプランナー高橋先生による軽減税率制度の解説はこちら

ランキング