今どきのバレンタインは「友だち」が主役~チョコレートコミュニケーションの現実~

4122.jpg

「本命チョコ」「義理チョコ」「世話チョコ」「ファミチョコ」「友チョコ」。あなたはいくつわかりますか?

あげる立場の女性だけではなく、もらう男性にとっても気になるのがバレンタインデー。そこでマネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査をおこない、バレンタインデーにおけるチョコレートコミュニケーションを検証してみました。

「ホワイトデーは3倍返し」という都市伝説~バレンタインデーの費用対効果~(同じ調査結果より)

愛の告白をチョコレートともに!というバレンタインデーは昔のこと。アンケートの結果で見えてきたのは、いまどきのチョコレートコミュニケーションの主役です。

●チョコレートコミュニケーションの相手は…恋人ではなく友達?
思いを込めて好きな相手に、好きではないけど仲の良い相手に。同僚や上司にも気を配らないと…などなど。バレンタインデーのチョコレートは時代とともにその対象や目的を変えてきましたが、今やチョコレートコミュニケーションの中心となっているのは「友チョコ」というコトバに表されているように、やはり「友だち」のようです。

一方で世代別でみても、バレンタインデーにプレゼントを渡した相手のトップが「恋人」となったのは、実に20代のみなんですね。そしてシェアも2割を下回っています。アンケート結果の「友だち」が恋人未満友達以上の存在であってほしいと思うのは編集部スタッフだけでしょうか…。

●バレンタインは奥様の優しさを再確認できる日!?
プレゼントを渡す相手の主流が「友だち」になった一方で、編集部の想定以下のスコアとなったのが「上司・同僚・部下」のいわゆる『社交チョコ』。たくさんのプレゼントを手に満員の通勤電車に揺られる姿はあまり見られないようになるのでしょうか…。

そんな『社交チョコ』の停滞も既婚者にはうれしい結果が。それは30代以上の既婚者のプレゼントを渡しているシェアのトップが「旦那さん」であること。今年も同僚からはチョコレートがもらえなかったなぁとうなだれて家に帰ると、奥様がやさしくチョコレートを渡してくれる…そんな様子が見えてくるようです。

アンケートから見えてくるチョコレートコミュニケーション、いかがでしたか?

※上記集計は2015年12月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の女性、回答数960名)

(リサーチ&まとめ マネーゴーランド編集部)

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

「ホワイトデーは3倍返し」という都市伝説~バレンタインデーの費用対効果~

あげる立場の女性だけではなく、もらう男性にとっても気になるバレンタインデー。今年は2月14日が日曜日なので、「義理チョコに悩まされなくていい」とひと安心している女性も多いのではないでしょうか。

そんなバレンタインデーの季節が訪れると、どこからともなく聴こえてくるのが「ホワイトデーは3倍返し」という都市伝説。男性はもらったチョコレート代金の3倍相当を贈り返すという暗黙のルールは、はたして事実なのでしょうか。そこでマネーゴーランド編集部では独自のアンケート調査をおこない、都市伝説を検証してみました。

今どきのバレンタインは「友だち」が主役(同じ調査結果より)

●9割の女性がバレンタインにお金を使っている
バレンタインのプレゼント代金は、1,000円~5,000円未満(49%)がいちばん多く、次いで1,000円未満(29%)、お金はかけない(10%)という順番になりました。ちなみに5,000円~1万円未満と答えた女性は9%も存在します。つまりたとえ1,000円未満だったとしても、バレンタインにお金を使っている女性は全体の9割にも上っているのです。

●13%の女性が損をしている!?
そして気になるホワイトデーのお返し総額。はたして「3倍返し」は本当なのでしょうか。こちらも1,000円~5,000円未満(37%)がいちばん多かったのですが、注目したいのは、お返しをもらっていないと答えた女性が23%もいるという事実。3倍どころか、1円ももらっていない女性が約2割も存在しているのです。最初からお金をかけない女性が10%いることを差し引いても、13%の女性は損をしていることになります。

●バレンタインの主役はさらに…!
ホワイトデーにお返しをもらっていないと答えた女性が23%だったというなかで、最もその比率が高かったのが20代。この年代はアンケートにご協力いただいた女性層でいちばんアンケート数の多い年代です。バレンタインの主役ともいえるこの年代が、いちばんお返しをもらえてないというのも皮肉な結果です。

●バレンタインを贈る”本命”のお相手は?
ホワイトデーは3倍返しというキャッチフレーズが空しく聴こえる今回のリサーチ結果。では、女性たちはいったい誰にバレンタインをプレゼントしているのでしょうか。意外なことに、第1位は恋人でも旦那さまでもなく、いまや義理チョコを上回る「友チョコ」の友だちがランクイン。次いで旦那さん、父親、恋人と続きます。バレンタインにも草食○○の流れが…。

●結論:バレンタインは費用対効果が低いのか?
3倍返しを期待してチョコレートを贈っても、3倍どころか等倍のお返しすらもらえない人が多いという衝撃の事実。もちろんお金がすべてではありませんが、チョコレートを贈る女性は、その点は十分に考慮するべきでしょう。さらに男性諸兄は、金額にかかわらずもっときちんとホワイトデーに参加するべきです。もらったらきちんと返す。そんな当たり前の対応すら怠っている男性が多い今こそ、ライバルにしっかり差をつけておきたいものです。


※上記集計は2015年12月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の女性、回答数960名)また、ホワイトデーのお返し総額はもらった女性が独自に金額を想定し判断した金額となります。

(リサーチ&まとめ マネーゴーランド編集部)

義理チョコ、友チョコ…「バレンタイン」で人間関係を壊さない方法4選

もうすぐバレンタイン。最近は、義理チョコを禁止している学校や会社もありますが、街を歩けばチョコ、チョコ、チョコ…。まだまだ根強い行事と言えます。

「自分には関係ない」という人もいますが、贈って喜んでくれる相手がいるのなら、この行事を賢く使って、人間関係を円滑に進めるのもひとつの方法。
本命チョコはもちろん、義理チョコも友チョコも、賢い気配りで人気者になれること必至! タブーを避けた上で、相手の気持ちを考えてチョイスすることが成功の鍵です。

・相手の好みを探って贈る「本命チョコ」
彼女からプレゼントされる「本命チョコ」は、「どんなものでも嬉しい。それが“重い!”と言われがちな手作りチョコであっても…」というのが男性の本音。ただし、「できれば、自分の好みを知っていてほしい!」という声もチラホラ。自分を喜ばせるために、女性がチョコ探しに奔走する姿を想像して、独占欲を満たす男性も少なくないようです。甘口なのかビターなのか、高級志向か面白さ優先か——。食べ物の好みや言動などから探ってみましょう。中には、「手作りチョコは苦手」というタイプの男性もいるので注意!

・上司への「献上チョコ」は、女性同士の和を大切に
女性社員がお小遣いを寄せ合って上司へのチョコを購入、というのはバレンタイン前によく見る構図。これらの「献上チョコ」は、上司の機嫌をうかがいながら、業務に差し支えない時間に渡すのが鉄則です。オススメは、ふ〜っと一息つける、昼休みに突入したタイミング。
ちなみに、同じ上司へのチョコでも、昇進や昇給を目的とした「抜け駆けチョコ」には要注意。仲間との和を重んじる女性のことですから、バレてしまっては、同僚同士で溝を作ってしまう結果になることも。もはや昇給どころではありません。

・「義理チョコ」とはいえ、同僚や男友達にも気を使おう
「義理でチロルチョコをもらったけど、あれはちょっと…」という声を聞いたことがあります。義理チョコだって、もらったら返すのがルール。もらって楽しめるものじゃないと嬉しくない!というのが本音だとか。たとえば、同じチロルチョコでも、1ダースがセットになったプレゼント用なら、選んで食べる楽しみも。同僚や男友達には、男性同士の話のネタになるチョコ、巷で話題のB級チョコなど、「さすが!」と言われるような気の利いたチョコがベターと言えそうです。

・その場で食すこともある「友チョコ」は、手作りチョコに注意
仲が良い女性同志で贈りあう「友チョコ」は、“親しき中にも礼儀あり”が大前提。その場でワイワイと試食することも多いため、特に手作りチョコには気をつけましょう。「友達からもらった生チョコを食べたら、お腹を壊しちゃった」というエピソードもあるのです。「友達だからいいか」ではなく、友達だからこそ細やかな気配りをして、楽しいイベントにしましょう!

チョコだけじゃない!お得に盛り上がるバレンタインメニューがあるお店

2016年、今年のバレンタインデーはなんと日曜日!

これはもう恋人と過ごす絶好の機会ですね。せっかくの休日バレンタインですから、少しリッチに、されどお得にバレンタイン特別の食事を楽しんではいかがですか?普段と違う雰囲気で、盛り上がること間違いなしですね。

■ランチコースがあるお店
ディナーよりも価格が抑えられるランチコース。そこまでお金はかけられない学生さんや新社会人の方におすすめです。
・FINE DINING TASTE-6
2月13日、14日限定のバレンタインランチコースがあります。予約限定、ホットペッパーグルメのクーポン利用で1名3000円のコースです。国産牛のポワレや、デザートにはバレンタインらしくチョコレートケーキとバラのグラニテがついてきます。さらに、フリードリンク付きとお得です。
・銀幕の国のアリス
2月14日まで、1日10組限定のクーポン利用で1名2500円のランチコースです。「不思議の国のアリス」の世界をイメージした幻想的な店内で、コース料理もアリスをイメージした内容となっています。デザートには、ハートのホワイトチョコレートフォンデュつき!

■ディナーコースがあるお店
普段よりもリッチに、雰囲気も楽しみたい方におすすめ。素敵な店内やきらめく夜景など、おすすめポイント盛りだくさんです。
・新横浜ラントラクト
2月14日までの期間限定。スパークリングワイン1杯とバレンタイン限定のチョコレートデザートが付いたフルコースディナーです。デザートにはメッセージのリクエストもできます。こちらのコースは、お料理とドリンクで通常7000円のところ、レストランサイトからの予約で4800円になります!
・イタリアンダイニング ジリオン
新感覚イタリアンが楽しめるレストランで、3月15日までのバレンタイン&ホワイトデープランがあります。ロゼスパークリングとパスタ・ドルチェ・メインが選べる全8皿のコースで、オリジナルチョコレートBoxもついてきます!レストランサイトからの予約で通常9501円のところ 5500円で堪能できます。

この他にもお得なプランがたくさんありますので、是非インターネットのレストランまとめサイトや予約サイトで探してみてくださいね。

その”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピとは!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年2月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

産後、うまくいっている夫婦の共通点『旦那さんのことが大好き』

夫婦、それは時間の長さに関係なく色々と問題が起こるものですよね。時には気を使うのに、ご飯をご馳走したり、服を買ったり、、、と気持ちとは違うことに時間やお金を割いたりしてしまうものです。

どうしたら結婚生活が上手に続けられるのか、日頃数多くの奥様方から話を聞いている産前産後のプロの方にお話を伺いました。

▪️産後、うまくいっているご夫婦の共通点
最近、いろいろお客様から話を聞いて、考えさせられたことがありました。

産後、旦那様とうまくいっているご夫婦の共通点、それは・・・。

まず、「ママから旦那さんの愚痴を聞かない!」ということです。

もちろん、うまくいっているのだから、愚痴なんて言わないだろうと思うのですが、詳しく話を聞くと、「愚痴りたくなるエピソードももちろんある!」らしいです!では、何が違うのか?!

旦那さんのことが大好き!

これです!!これがあるのとないのとは大きな違い!どんなことを旦那さんにしてもらっているのか?を聞くと、
・話を聞いてくれる
・子供を預けて月に1回は2人でランチやディナーを楽しむ
・私の立場に立って行動してくれる
・家事をしてくれる
・旦那さんが自分の事は自分でできる
などなど、ありました。

きっと、これをしてもらっているママ達は、パパが自分自身を大切に思ってくれているって感じると思うのです。
→ キモチ的に余裕が生まれる。
→ パパをいたわるキモチが生まれる。
→ パパに優しくできる
→ パパが大切にしてくれる
→ 夫婦仲良し!

これって、面白いくらい相互に効果的だと思います。

ママにいつも怒られている・・・。せっかく何かしてあげているのに文句言われる・・・。ママはいつもイライラしている・・・。とパパがもし感じているのなら、ご自身が主体的にできることを考えてまずは動いてみてください。

この時のポイントとしては、
「どうするとママが喜ぶか?」
ということです。

ママは何をすると嬉しそうな顔をしますか?
・合理的に家事が進んだ時でしょうか?
・お花を買って帰った時でしょうか?
・子供と遊んでいた時でしょうか?
・パパとお話している時でしょうか?

お二人が付き合いたての時、相手のコトを考えて行動していた時があったはずです。その頃の感覚を思い出していただくとよりイメージしやすいかと思います。

ママもパパから優しくされたい、愛されたいと思っているのなら、相手にも優しく、愛さないと、いけませんよね?

お互いにコミュニケーションが増えると、より関係性も深まります。お互いに好きなら、身体のつながりも深く保ちたいと思えるはずです。

妊娠中はかわいいと思っていた奥さんも出産した途端、余裕がなくなり、大変な時期に突入します。旦那さんもお仕事が忙しい時は、奥さんに何かしてあげたくても
してあげる余裕がなくなる事だってあると思うのです。

そういう時は、余裕がある方が多く優しくしてあげてください。そのためにはコミュニケーションを密にして、状況をわかってもらう努力も大切です。相手の事が好きなら、ある程度の事は我慢したり、許せるって事なのではないでしょうか?

お互いに内面的にも、外見的にも愛されるよう、努力し続けて下さい。

協力および原文:産後、上手くいっている夫婦の共通点とは?(mama loves baby)

ランキング