発表!お金レシピ番付(2016年1月第10位~第6位)

このレシピを実行して

5,500円貯まる!
<材料>

・2016年1月度お金レシピ番付(第10位から第6位)

<How to>

1注目記事を読み返す

2読み返すだけでなく、実行してみる

32016年1月度の上位番付の確認もお忘れなく!

4119.jpg

2016年1月度に人気を集めたマネーゴーランドのお金レシピを編集部がランキング!効率よく節約し、お金をしっかり稼ぎ、正しい知識で賢く増やす。シンプルだけどいちばん確実な、お金持ちへの道標の厳選した第10位から6位はこちら!

●第10位 『お得だと話題!ふるさと納税と株主優待はどっちがいい?』
どちらもお金ではなく品物やサービスを手に入れられるふるさと納税と株主優待がランクイン。どちらもよく聞くのですが中身をしらないという方がまだまだ多いマネーゴーランドの中でも注目度が高いキーワードです。マネーゴーランドは、気になるキーワードで記事検索してお金レシピを探すことができますので活用してみてくださいw

●第9位 『おうちに眠っていませんか? 余った年賀状の再活用法』
1月中旬に発表されたお年玉付き年賀はがきの当選番号を確認をされた方も多いのではないですか?1月らしい記事がランクイン。このレシピを実行して4,500円貯まります。

●第8位 『あなたは大丈夫?株主優待と確定申告の話』
確定申告の時期も迫ってきましたが、年が明けて1月になって急に注目が集まってきた確定申告関連の記事がランクイン。株主優待の所得によっては確定申告が…という、知らなかった!という方も多かったのでは。

●第7位 『大型品購入は計画的に!家具を安く購入できる時期って?』
1月といえば商業施設や百貨店などでセールが行われる時期ですが、家具も購入する時期が大切ということを編集部スタッフも初めて知りました。このレシピを実行して1,000円貯まります。

●第6位 『2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~』
テレビでもおなじみの経済ジャーナリストの荻原さんがマネーゴーランドに登場!独自の視点で2016年の家計の大予想をしていただきました。将来に希望が持てる明るい年となるためのポイントを解説していただきました。

以上、2016年1月度の人気お金レシピの中から第10位から6位をご紹介しました。気になる上位番付の発表もご覧ください!

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

その”すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピとは!?

通勤通学などの移動時間、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

ほとんどのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見たりしているのではないでしょうか。その“すき間時間”をお小遣いに換えるサービスが『サーチーズ』です!

マネーゴーランドでは、みなさんのお金にまつわる興味・関心をもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。このサーチーズとは、配信されるアンケートに回答するとポイントが貯まるシステム。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもでるサービスアプリです。

今回はアンケートに答えてAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年2月末までの限定コードとなります。

3.アンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.ポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり、豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第38回 「成功するための条件とは?」

成功する為の最低条件とは?

能動的に行動すること。
これに尽きます。

当たり前ですかね・・・・・。
でも、本当のことだから仕方ないです。

いくつか理由があるんですけど、一つには、脳の構造がそうなっているというのがあります。
脳にはRASという機能があって、そこの働きによって得るべき情報と、そうじゃない情報を分けています。

「ベンツが欲しい」と思ったとします。
そうすると、その後は、やけにベンツが多く走ってるのが目に入る。
そういうことがあります。

「彼女が浮氣をしてるんじゃないか?」と疑ったとします。
そうすると、週刊誌のそういう記事がやたらと目につくようになったり・・・・。

RASを働かせると、意識したものだけを受信するんです。
人間には、そういう機能があります。

能動的な行動をするということは、目標があるはずです。
それがあると、欲しい情報を意識することが出来ます。

欲しい情報・なりたい自分を意識しながら行動するのと、受動的に行動するのでは、全く受信出来る情報量が変わります。

目標に対して能動的に行動するとします。
そうすると、課題が出来てきます。
能動的な人は、課題を自分のこととして捉えるので、課題をクリアすべく情報が目に入るようになる。

でも、受動的だと目に付きません。
意識出来てないですから。

これは、大きな違いです。

24時間・365日、それを意識してる人と、そうじゃない人。
どっちがぶっちぎりになるでしょうか?
これは明らかですね。

二つ目に、経験値というのがあります。
能動的な人は経験値が貯まります。
自分事として行動するとで、どんどん行動をします。
行動をすればするだけ、経験値が貯まります。

受動的な人も行動はします。
でも貯まりにくい。
極力動きたくないので・・・・・。

行動の量が大きく違います。

僕は、ぶっちぎり社員がどんどん増えて欲しいんです。
能動的に行動して、ぶっちぎりになる人が増えると、いろいろなことが良くなると思ってます。

全ての行動を、もっと能動的にしてみてください。
さらに、ぶっちぎれるようになるので。

出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング

今年も…もうすぐあの季節がやってくる。そう、バレンタインデーだ。

最近では、友チョコだの義務チョコだの、より一層お菓子メーカー策略感が増してるけど…それでもやっぱり“堂々と”女性から男性にアプローチができる日ということには変わりがない。

そんなわけで、MGRでは珍しい、大人女子の恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる、いくつかの心理テクニックやマインドについて、数回に分けてお話ししたいと思う。

ところで、恋愛をするために「絶対に必要なこと」…それは、その恋愛をする相手との「出会い」だ。

そして、この出会いを制するものが、恋愛を制すると言っても過言ではない。

大人女子の恋愛力アップ術 1 『出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング』

初頭効果をうまく使え。

心理学者のアッシュが行った実験によれば、ある人に関して「良い情報⇒悪い情報」の順と「悪い情報⇒良い情報」の順で伝えたところ、前者のほうが好印象を抱く結果になった。
つまり、相手に対する印象がまっさらな初対面の段階では、最初に与えた情報によって印象を決定するということだ。
じゃあ、そのタイミングで何をアピールするのかといえば…ズバリ、見た目だ。

「見た目」は、唯一距離が離れていても、相手に何らかのアピールができるもの。
特に女性は、着るものやアクセサリー、メイクはもちろん、しぐさや態度、表情(笑顔)に至るまで…簡単に印象を変える方法がいくらでもあるわけで、ぜひあなた自身の魅力を最大限に引き出すオシャレに気を配ってほしい。

「異性との出会いは第一印象で決まる。」

新近効果で、相手の心に置き土産を残す。

…と、ここまでは、いろんなところでよく言われていること。
実は、人の印象に残りやすいタイミングがもう一つある。それは…別れ際だ。

これは「新近効果」(親近ではない)と呼ばれるもので、人は複数の情報を処理するときに、時間的に現在に近い時点、つまり最後に触れた情報ほど記憶に残りやすい…というものだ。
終わりよければすべてよし…なんて言うけど、スッと背筋を伸ばした凛とした佇まい、最高の笑顔で、爽やかに

「今日は、○○さんとお話ができて、すごく楽しかったです。」

そう言いながら、手を伸ばして握手をする…。
それは、相手の心に残す置き土産のように、五感を刺激する、強烈な印象を残すことになるんだ。

「異性との出会いは最後の印象で決まる。」

オフビートのタイミングでシーディングする。

つまり、最初と最後を「好印象」でサンドイッチすることができれば、その出会いはきっと次につながるってわけだ。

ところで、ここまで読んでくれたあなたは、実際の恋愛のなかでどう使おうか…なんて考えてくれてるんじゃないだろうか?
そして、もしそれがボクに「そう思わされてた」としたら…あなたは信じられるだろうか?

この記事の最初を読み返してほしいんだけど、

「恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる…」

なんて言ってるけど、こんな説明をしなければ、きっと忘れて気づかなかったはず。
これは、ボクがいろんな場面で使ってきた「シーディング」というテクニックで、実は今回一番お話ししたかったことなんだ。

人は、本題に入ると、それが正しいのか、必要なのか、価値があるのか…などなど、意識っていう“フィルター”で、情報をふるいにかけている。
けれども、本題の前後は、文字どおり「本題」じゃないので、意識のフィルターを外して油断してる状態。
そして、そのときこそが、本当に相手に伝えたいことを、相手の心の奥底(潜在意識)に刻み込むための、絶好のタイミング(オフビートのタイミング)なわけだ。

同じように、合コンやパーティなどでの待ち合わせや終了間際(オフビートのタイミング)に刻まれたあなたの好印象は、心の奥底に種のように植え付けられて、やがて相手のなかで「自分の思い」として発芽する。

つまり、初頭効果と新近効果を利用することで、あなたとの出会いが好印象だったと「自然に」思わせることができるってことなんだ。

「2016年の経済予測?」マネギャルのケツ論

今回のテーマは2016年の経済予測。
マネギャルたちが気になるのは消費税、そしてタバコ税、生活者の視点で考えた場合、毎月最低限払っていかなきゃいけないものが上がるのはデカイですね。

それらを統括し、

お金使わない
お金しまっちゃう
お金動かない

と予測。

そして話は経済予測から、日本の目指す方向の話に。
やはり今回もドラえもんだより?

そしてタケコプターに、空飛ぶ車、未来が広がりますね。

さらに、
iPhone(外国製)じゃなくて日本製のケータイ、パスタではなく米!
など日本がまたバブルになるような提言がされました。

イケメンファイナンシャルプランナー高橋先生による2016年の注目点はこちら

和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」 第2回大江英樹著「知らないと損をする 経済とおかねの超基本 1年生」

1月より始まった、『和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」』。

第2回目は、「わかりやすいにもホドがある!」と大評判の、大江英樹著の「知らないと損をする 経済とおかねの超基本1年生」です。日ごろ何となく使用している経済用語や経済のしくみについて、知っていると知らないとでは大違い。日常生活で損しないように、超基本を学びましょう。

■著者のコメント

何気なく日常で使っている「景気が良い」とか「悪い」とかいう言葉は一体何をあらわしているのでしょうか。あるいはニュースで「GDP」がプラスとかマイナスとか言っていますが、これは何のことなのでしょう。普段使っている経済に関する言葉も実はぼんやりとしかわからないことが多いものです。学校を出て会社に入った時には先輩や上司から「日経新聞を読みなさい」と言われた人も多いと思いますが、読んでもさっぱりわからないのでいつのまにか読まなくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

「生活していく上でそんな経済のことは知らなくてもいい」、そう考える人も多いと思いますが、実は経済のことを正しく知っておくことは日々の生活の中で“損をしない”ようにするために決定的に大事なことなのです。
 そこで、この本の目的は、ズバリ
人生において大きな損をしないために経済のしくみを正しく知ろう! ということです。

 この本の特徴は、経済の基本を知っておくことでいかに損が未然に防げるかということが身近な実例も交えて紹介されていることです。本当はかなりレベルの高い話なのですが、きわめてやさしく解説しています。なぜなら経済用語を知ることが本書の目的ではなく、そのことばの裏側にある考え方を理解するためだからです。本の表紙の帯にも書いてありますが、まさに「わかりやすいにもホドがある」一冊です。経済学を勉強したことがある人もない人もぜひ読んでみてください。そのわかりやすさにきっと驚かれると思います。

大江英樹(おおえ・ひでき)
経済コラムニスト 株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役
企業年金、行動経済学、資産運用、セカンドライフ支援の専門家として各種講演や雑誌への執筆活動等を行っている。日経電子版人気コラム「定年楽園への扉」好評執筆中
CFP(日本FP協会認定)、日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員
主な著書: 「投資賢者の心理学」 日本経済新聞出版
        「知らないと損する 経済とおかねの超基本 1年生」 東洋経済新報社

●和泉昭子のココがオススメ!

これまであまりお金のことに関心を持たずに来た人が、経済の勉強をしようと思っても、専門用語が難しかったり、前提が説明されていなくてよくわからず挫折するケースが少なくありません。そんなとき助けになるのがこの本です。
「効用」とか「最適化」「トレードオフ」など、経済の本質をきちんと理解するための概念を正面から扱っているので、本を開いた瞬間はタイトルの印象よりはちょっぴり難しく感じるかもしれません。でも、読んでいくと表紙の帯どおり、本当にやさしく説明してくれているので、読み進めるうちに、断片的な知識が線でつながり、いつしか面に、そして立体的なものへとつながっていくでしょう。
お金持ちへの扉は、まずここから。さあ、始めましょう。


ランキング